Appendix

広告

Entries

下着泥棒がおばあちゃんの下着までコレクターするのはなぜ?


●白老のコンビニで出た露出狂の自宅で1000点もの下着見つかりびっくり!

2021/09/26追記:別投稿の関係で白老町の話を検索。アイヌ文化施設のウポポイ開設で明るい話題がありそうだと思ったら、変質者という明るくない話題が出てきたので、これを当時取り上げています。ただ、この件だけで深堀りしても興味深いのではないか?と思って、以前書いたものとは別に、ひとつ投稿を作っておくことにしました。

 まず、これがなぜ白老町関係なのかというと、逮捕のきっかけが白老町の事件だったため。容疑者は2020年11月、白老町のコンビニエンスストアで、レジにいた女性従業員に向けて下半身を露出させた公然わいせつの疑いがあるのです。逮捕自体は2021年9月8日。1年近く経っていますが、こうした事件ではすぐには容疑者が判明しないということはよくあります。

 予想外の展開になるのがこの後。41歳であるこの男性の苫小牧市の自宅を家宅捜索したところ、およそ1000点もの女性用の下着やスカートなどが見つかりました。露出狂と下着ドロでは、変態業界においてもジャンルが異なるようなイメージがあるんですけど、どうなんでしょうね。私は方向性が異なる気がして、意外に感じました。

 また、この下着の山から再逮捕に発展。2020年12月18日から20日までの間、苫小牧市の30代の女性の家に忍び込み、下着やスカート、ストッキングなど17点を盗んだ疑いで再逮捕したとのこと。容疑も認めているといいます。なぜこの女性の件だけ再逮捕?と思ったら、下着に名前を書いていたとのこと。なかなか珍しいことだと思います。
(女性従業員に向けて下半身露出の41歳…家宅捜索で約1000点もの下着など見つかり、再逮捕「性的な欲望のまま行動」 9/17(金) 16:10配信 HBCニュースより)
https://news.yahoo.co.jp/articles/ec0e7c14c9f2be9bdfeded6c9b3e746b0380b366


●下着泥棒がおばあちゃんの下着までコレクターするのはなぜ?

 コメント欄では、「母親が老衰で亡くなり衣類を古着屋へ持って行こうと洗濯して干したらパンツだけ盗まれたことがあった。誰が使っていたか定かでない下着を盗む人の真意が理解できない」というものがありました。同様に「ずっと気になっているんですが、そもそも盗んだ下着をどうするんですかね。(中略)一度、犯人に聞いてみたいです」というのもあります。

 以前見たニュースで、下着の持ち主を想像しながら使っている…と言っている人がいた記憶。ただ、基本的に下着ドロの人って捨てずによく集めてますよね。戦利品として収集したいというコレクター欲もあるのかもしれません。また、下着だけでなく、「下着を盗んだ」という自分の行動そのものに性的興奮を覚える人もいるでしょう。実物があるとそういった記憶を呼び覚ましやすいのだとも想像します。

 ビジネスではモノよりコト、体験が大事と言うように、おそらく変質者の人も体験が重要なんじゃないかと以前から思っていたんですよね。性的興奮を覚えるサイコキラーでは、少年も殺す他、老婆まで犯している人がいて驚きます。性犯罪調査を見ても、意外に相手の容姿をあまり気にしない人が多いんですよ。

 なので、ある程度の好みはあっても、誰の下着であるかは厳密に調査していない人も多いんじゃないかと…。ということで、下着泥棒はなぜおばあちゃんの下着まで盗み、下着を集めているのか?と言うと、「下着を盗む」という「体験」そのものに価値を感じているために、いろんな人の下着を盗むし、結果的に数も集まるのだと想像しました。


●変質者の人は、痴漢、盗撮、下着泥棒ドーパミンが分泌される体になっている

 白老町関連の投稿では上記の部分まで書いていたのですが、これらの話は飽くまで私の想像。専門家の話もうかがいたいと思って検索すると、精神科医が分析する「下着ドロの快楽心理」 | 東スポ(2017年05月17日)という記事が出てきました。データ的な根拠はない可能性があるものの、お医者さんならある程度の信頼性があるでしょう。

 豊島区にある依存症専門医(ギャンブル依存症、性依存症、薬物依存症)である榎本クリニックの山下悠毅院長は、ドーパミンの話をしています。まず、ドーパミンが分泌されるのは、おいしいものを食べる、好きな異性と性的接触をする、たばこを吸う、飲酒や違法薬物を使用するといったことです。

 ところが、「ドーパミンはそれだけでなく、自分の中で価値があると感じたものを得た時や、自分にしかできないであろう、と感じることをやった際にも出るのです。これがギャンブル依存症や、痴漢、盗撮、下着泥棒の病気の原因となるのです」と指摘しています。以下のようにもおっしゃっていました。

「下着泥棒の方を治療していると、たまたま干してあった下着を何の気なしに取ってみた、もしくはお金を盗み入ったところ下着もあったので取ってみたのが最初というケースが多いのです。しかし一度成功したが最後、それが深層心理において価値があることだったら、もうお金よりも何よりも下着を取ることに魅せられてしまうのです」


●下着泥棒は何のために盗むのか?の答えは「盗むために盗む」

 私は「体験」という言い方をしましたが、山下悠毅院長は依存症専門医らしく「プロセス」という言い方をしていました。プロセスに依存する…という言い方は、よくギャンブル依存症の説明で出てきますね。ギャンブル依存の人は意外なことに結果ではなく、行為そのものにハマるのです。下着を際限なく集めるというのも同様の説明でした。

 まず、下着泥棒は大量の下着を盗み続けるのかというと、「ドーパミンを出す神経細胞が、刺激に対し反応が鈍くなっていくから」だそうです。「同じ量のドーパミンを出すためにはより強い刺激や頻度が必要となっていく」ために、どんどんとエスカレートして盗み続けなくてはいけなくなるんですね。

 具体的には、「手が届くところの下着から始まり、電柱に登らないと取れない下着、高層階のベランダの下着とエスカレートし、どんどん命がけの作業になっていく」といった具合。一方で、このエスカレートには「ここまで来たらもう満足」という終わりがありません。ここでプロセス依存の説明が出てきます。

「なぜかというと、彼らは“下着を取る”というプロセスに依存しているからです。だから、彼らの多くは盗んだ下着で性処理を行いません。そして、盗めば盗むほどドーパミンは出にくくなり、完全なあり地獄状態となるのです。だから下着泥棒は捕まるまでやり続けてしまうのです」

 ここでは、あくまでも取ることに価値があるだけで、下着自体にはさして興味を感じないため、「下着泥棒の“戦利品”は際限なく押し入れにたまっていくのです」と説明されていました。下着に価値はないとの説明なので、「じゃあ、捨てればいいのに…」と思いますけどね。とりあえず、老婆の下着まで盗んでしまうというのも、やはりプロセスに価値があるためでしょう。


【関連投稿】
  ■痴漢に遭うのは女性の魅力がある証拠で良いこと尽くめ…と男性が主張
  ■痴漢冤罪保険の海外の反応「日本人はとても奇妙だ」 外国人が考える痴漢の原因
  ■野球大会で中学生が稲村亜美に集団痴漢?武勇伝告白や過去の事件
  ■画期的な痴漢冤罪回避術披露の北村晴男弁護士、過去に逃げることを推奨していた
  ■冤罪が多いは誤解で痴漢したことある人が多い 渋谷で逮捕者続出
  ■社会・時事問題・マスコミについての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

世界一スポーツ選手の平均年収が高いのはサッカーでも野球でもない
チャッカマンは商標・商品名 じゃあ正式名称・一般名称は何?
ジャムおじさんの本名は?若い頃の名前は?バタコさんとの関係は?
ワタミの宅食はブラックじゃなくて超ホワイト?週5月収10万円
朝日あげの播磨屋、右翼疑惑を否定 むしろ右翼に睨まれている?
レーシック難民は嘘くさいしデマ?アメリカの調査では驚きの結果に
赤ピーマンと赤黄色オレンジのパプリカの緑黄色野菜・淡色野菜の分類
アマゾンロッカーってそんなにすごい?日本のコンビニ受け取りは?
就職率100%国際教養大(AIU)の悪い評判 企業は「使いにくい」
ミント・ハッカでゴキブリ対策のはずがシバンムシ大発生 名前の由来はかっこいい「死番虫」
移動スーパーの何がすごいのかわからない 「とくし丸」は全国で約100台
ビジネスの棲み分け・差別化の具体例 異業種対策には棲み分けがおすすめ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
タコイカはタコ?イカ?イカの足の数10本・タコの足8本は本当か?
トンネルのシールドマシンは使い捨て…自らの墓穴を掘っている?
ユリゲラーのポケモンユンゲラー裁判、任天堂が勝てた意外な理由
好待遇・高待遇・厚待遇…正しいのはどれ?間違っているのはどれ?
コメダ珈琲は外資系(韓国系)ファンドが買収したって本当? MBKパートナーズとは?
大塚家具がやばい 転職社員を通報、「匠大塚はすぐ倒産」とネガキャン
不人気予想を覆したアメリカのドラえもん、人気の意外な理由は?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由