Appendix

広告

Entries

秦郁彦酷評の「真の近現代史観」懸賞論文受賞者ら 田母神俊雄以外にも豪華な顔ぶれ


【クイズ】産経新聞客員編集委員で、『正論』、『諸君!』、『Voice』、『WiLL』などの保守論壇系雑誌に寄稿していた花岡信昭さんの出身大学は?

(1)信州大
(2)拓殖大
(3)早稲田大


●秦郁彦酷評の「真の近現代史観」懸賞論文受賞者ら

 田母神さんの話題はいくらでもあるのですが、どこかで一日くらい休みたいです。とりあえず、今日は田母神俊雄支援者リスト 渡部昇一・すぎやまこういち・石原慎太郎・元谷外志雄などで予告した論文の話をやります。

 田母神俊雄さんが世に出るきっかけとなった論文は、「真の近現代史観」懸賞論文であり、第一回最優秀藤誠志賞に選ばれています。「最優秀藤誠志賞」という名前でわかりづらいんですが、これが最も良い賞です。

 普通に最優秀賞とすればわかりやすかったのに、主催のアパグループ代表元谷外志雄さんが自分のペンネームである「藤誠志」を入れちゃったので、妙なことになりました。ナルシストですね。

 それはまあ良いとして、秦郁彦・元日本大学法学部教授は、最優秀評価だったはずの田母神論文を「通常の懸賞論文コンテストなら、選外佳作にもならない内容だ」と言っていました。

 この秦郁彦さんは左翼なんてことはなく、むしろ保守派御用達の方です。つまり、「真の近現代史観」懸賞論文はそれだけレベルが低かったのだと考えられます。
「真の近現代史観」懸賞論文 - Wikipedia

第一回最優秀藤誠志賞(2008年)

最優秀藤誠志賞 田母神俊雄 (航空幕僚長)

●第一回は田母神俊雄氏以外に岩田温・客員研究員

 今回は、この賞に他にどんな方が選ばれたのか?というテーマ。田母神俊雄以外にも豪華な顔ぶれで、結構私でも知っている方がいます。

 まず、第一回から見ていきましょう。


第一回

最優秀藤誠志賞 田母神俊雄 (航空幕僚長)

優秀賞(一般人)

・落合道夫 (近現代史研究家)

佳作

・岩田温 (「日本保守主義研究会」代表、拓殖大学客員研究員)応募論文
・姜永根(株式会社淡海環境デザイン・代表取締役)応募論文
・江崎京 (パートタイマー)
・諸橋茂一(株式会社KBM代表取締役社長、小松基地金沢友の会事務局長、新しい歴史教科書をつくる会監事)応募論文
・原子昭三(元弘前市市議会議員)
・出野行男 (日本語教師)
・木下雅敏 (アパ株式会社リスク管理室・室長)
・志川久 (建設会社勤務)
・三好誠 (不動産賃貸業)
・渡辺映典 (大学生)


 佳作になっていた岩田温・拓殖大学客員研究員は、岩田温が無知晒す 党名募集はおかしい→自民党も公募で大喜利になっていたの人。早速、知っている方がいて安心します。


●第二回には盗撮疑惑の竹田恒泰など

 第二回はなんといっても、竹田恒泰、電車内で女子高生の黒ストッキング盗撮?「ギリギリの写真を撮りました」などでお馴染みの竹田恒泰さんですね。ある意味大物で、ニセ旧皇族の人としてもよく知られています。

 また、佳作の清水馨八郎さんは、学位を金で売る大学に関わっていました。(関連:イオンド大学の有名な教授・博士 矢追純一,羽柴誠三秀吉,清水馨八郎ら)


第二回

最優秀藤誠志賞 竹田恒泰(慶應義塾大学講師)

優秀賞(社会人部門)奥村光太郎(京都市立向島中学校社会科教諭)

優秀賞(学生部門)加藤利則(仙台市立広瀬中学校3年)

佳 作

・大谷雄一(奈良大学非常勤講師)
・亀岡隆之(「慶應塾」主宰)
・坂下実(コンサルタント)
・重浪明こと永野聖(フリーライター)
・清水馨八郎( 千葉大学名誉教授)
・高津朝秀(久留米大学法科大学院生)
・堤香彰(歴史研究家)
・東尋坊堪山こと柴田正洋(思想家)
・森嶋雄仁(近現代史研究家)
・山下正仁(思想家)


●第三回はキャスターの佐波優子氏など

 次は正直私は知らない方ばかり。Wikipediaがあるのは、最初の佐波優子さんと高田純さんでしたので、ここらへんが有名な方なのだと思います。


第三回

最優秀藤誠志賞 佐波優子(キャスター、「祖父たちの戦争体験をお聞きする孫の会」代表)

優秀賞(社会人部門)高田純 (札幌医科大学教授)

優秀賞(学生部門) 岩井秀一郎 (日本大学文理学部史学科4年)

佳作

・青柳武彦 (国際大学GLOCOM客員教授)
・有馬光正 (宅建業)
・大倉富美男 (予備陸上自衛官陸士長)
・芝田信一 (元公務員)
・長田泰治 (自営業)
・西木戸未來(フリーライター)
・野中卓人 (エコノミスト)
・細谷清 (専門学校非常勤講師)
・森嶋雄仁 (近現代史研究家)
・諸橋茂一 (株式会社KBM代表取締役社長)


●第四回はドクター中松が登場!

 第四回で優秀賞だったサー中松義郎博士って聞いたことある名前かもと思ったら、いわゆるドクター中松でした。

第四回

最優秀藤誠志賞 高田純(札幌医科大学教授)

優秀賞(社会人部門)サー中松義郎博士 (セントルイス大学教授)

優秀賞(学生部門) 志村高洋 (中央大学法学部政治科4年)

佳作

・阿笠力 (国府学院大学大学院後期2年生)
・有馬光正 (不動産業)
・落合通夫 (東京近代史研究所代表)
・塩澤修平 (慶應義塾大学経済学部教授)
・豊田虎穴(本名:豊田拓男) (物流会社監査役)
・豊田昌靖(元航海士)
・中川暢三 (社団法人兵庫総合研究所理事長、前加西市長)
・西木戸未來 (本名:錦戸永宗)(フリーライター、元大学教授、理学博士)
・乗附久 (私立大学非常勤講師)
・若狭和朋 (発言集団シューレ代表、元高校社会科教師)


●第五回は保守派議員の秘書など

 再びここは私が知っている方がいない回。

 何も触れないのは寂しいので、佳作の田沼隆志さんの公設秘書・瀬利太陽さんの関係で、田沼隆志さんを見てみました。日本維新の会→次世代の党という普通に保守派な経歴の方でした。


第五回

最優秀藤誠志賞 一色正春(元海上保安官)

優秀賞(社会人部門)中村敏幸(元会社員・近現代史研究家)

優秀賞(学生部門)タランガ・クマーラ(青山学院大学 法学部2年)

佳作

・井手匠(物流会社 監査役)
・上田真弓(フリーライター)
・大林敬史(アパグループ常務取締役 代表室長)
・落合道夫(東京近代史研究所 代表)
・鍛冶俊樹(軍事ジャーナリスト)
・塩澤修平(慶應義塾大学経済学部教授)
・瀬利太陽(田沼隆志の公設秘書)
・田坂富代(静岡県下田市議会議員 副議長)
・西木戸未來(本名 錦戸永宗)(フリーライター 元大学教員 理学博士)
・三荻祥(全日本学生文化会議事務局長、「大学の使命」編集長)


●第六回は新しい歴史教科書をつくる会会長など

 第六回はいろいろといます。ドクター中松が佳作で再登場。最優秀藤誠志賞は何と元国務大臣の松原仁さん。この人は今、民進党ですので、意外性あるでしょうね。

 また、新しい歴史教科書をつくる会会長の杉原誠四郎さんもいました。


第六回

最優秀藤誠志賞 松原仁(衆議院議員・元国務大臣)

優秀賞(社会人部門)塩澤修平(慶應義塾大学経済学部教授)

優秀賞(学生部門)山本みずき(慶應義塾大学 法学部1年)

特別賞

・西鋭夫 スタンフォード大学フーヴァー研究所教授
・杉原誠四郎 新しい歴史教科書をつくる会会長

佳作

・青柳武彦(国際大学客員教授・学術博士)
・石井義哲(元空将補・アパグループリスク管理室長、次世代の党所属政治家)
・伊藤祐靖(元2等海佐)
・高橋富代(下田市議会議員)
・高山秀幸(通訳官)
・サー中松義郎博士 (セントルイス大学教授)
・西木戸未來(本名:錦戸永宗)(フリーライター 理学博士)
・諸橋茂一(株式会社KBM代表取締役社長、教育を考える石川県民の会会長)


●第七回には杉田水脈・元議員など

 第七回は結構話題になった杉田水脈・元議員がいます。わかりやすい感じで保守派な思考の方です。


第七回

最優秀藤誠志賞 杉田水脈(衆議院議員 次世代の党 国対副委員長)

優秀賞(社会人部門)青柳武彦 (学術博士・国際大学グローコム客員教授)

優秀賞(学生部門)日置 沙耶香 (筑波大学大学院 人文社会科学研究科法学専攻 2年)

佳作

・大野徳兵衛(本名:大野善也)(元日本海軍艦上爆撃機 パイロット)
・落合道夫(東京近代研究所 代表)
・騎士崚史朗(本名:髙山秀幸)(公的機関 上席通訳翻訳官 近現代史研究家)
・草間洋一 (フリー・ライター&エディター 文明工学研究家)
・久野潤  (大阪国際大学非常勤講師)
・斎藤剛  (城西国際大学講師 近現代史研究家)
・津田幸男 (筑波大学名誉教授 一般社団法人平和言語学研究所所長)
・豊田昌靖 (元航海士)
・中村敏幸 (近現代史研究家)
・山下英次 (大阪市立大学名誉教授 経済学博士)


●第八回はケント・ギルバート氏が登場

 前回の田母神俊雄支援者リスト 渡部昇一・すぎやまこういち・石原慎太郎・元谷外志雄などで書いた朝日新聞批判のケント・ギルバートさんはここで登場。経歴を汚しています。

 落選して時間に余裕がありそうな杉田水脈さんも再登場。


最優秀藤誠志賞 ケント・ギルバート(外国人タレント、外国法弁護士)

優秀賞(社会人部門)中村敏幸 (近現代史研究家)

優秀賞(学生部門)小野寺崇良 (立命館大学法学部2年)

佳作

・青柳武彦(国際大学グローコム客員教授)
・大石英樹(チャンネルajer歴史講座講師 「福住蟷螂」名で出演)
・呉亮錫(ウェブメディア「ザ・ニュー・スタンダード」編集長)
・杉田水脈(次世代の党所属政治家)
・辻本貴一(元MYO社長、ライター 「中韓を知りすぎた男」ブログ主)
・針原崇志(大東亜青年塾事務局長)
・松木国俊(松木商事株式会社代表取締役、朝鮮問題研究家)
・山口富士夫(早稲田大学名誉教授)
・山下英次(大阪市立大学名誉教授)
・ロバート・D・エルドリッヂ(政治学者、世界平和研究所客員研究員、エルドリッヂ研究所代表)


●選考委員ももちろん豪華な顔ぶれ

 また、選考委員のメンバーもおもしろいです。問題の論文の田母神俊雄さん自身がいますし、彼を支援してしまった渡部昇一さんや小堀桂一郎さんもいっしょにいます。

 政治家では、自民党の馳浩・文部科学大臣や中山泰秀議員・原田義昭議員がいらっしゃいます。保守の論客でデマを流して裁判で負けた花岡信昭さんも選考委員でした。(関連:土井たか子・朝鮮半島出身在日李高順説 花岡信昭裁判と加賀孝英)


第8回選考委員

・元谷外志雄(主催者、アパグループ代表、小松基地(第6航空団)金沢友の会会長)
・渡部昇一(審査委員長・上智大学名誉教授)
・田母神俊雄(軍事評論家、元航空幕僚長)
・小堀桂一郎(東京大学名誉教授)
・小山常実(大月短期大学名誉教授)
・原田義昭(自由民主党衆議院議員)
・小松崎和夫(報知新聞社社長)

過去の選考委員

第1回のみ

・中山泰秀(自由民主党衆議院議員(当時))ただし秘書の山本秀一が代理出席

第1回から第3回まで

・花岡信昭(産経新聞社客員編集委員)

第4回から第7回まで

・馳浩(自由民主党衆議院議員)


 クイズは、花岡信昭さんについて。マスコミに多い早稲田大学出身ですが、拓殖大学大学院地方政治行政研究科教授をしていたそうです。拓殖大は本当保守派の人多いですね。

【クイズ】産経新聞客員編集委員で、『正論』、『諸君!』、『Voice』、『WiLL』などの保守論壇系雑誌に寄稿していた花岡信昭さんの出身大学は?

(1)信州大
(2)拓殖大
(3)早稲田大

【答え】(3)早稲田大


 以上。

 保守派のブラックリスト的な感じであり、信頼度をはかる指標としてこれからも役立ちそうです。


【本文中でリンクした投稿】
  ■田母神俊雄支援者リスト 渡部昇一・すぎやまこういち・石原慎太郎・元谷外志雄など
  ■岩田温が無知晒す 党名募集はおかしい→自民党も公募で大喜利になっていた
  ■竹田恒泰、電車内で女子高生の黒ストッキング盗撮?「ギリギリの写真を撮りました」
  ■イオンド大学の有名な教授・博士 矢追純一,羽柴誠三秀吉,清水馨八郎ら
  ■土井たか子・朝鮮半島出身在日李高順説 花岡信昭裁判と加賀孝英

【その他関連投稿】
  ■田母神俊雄の支援者ら 百田尚樹・三橋貴明・中西輝政・WiLLなど
  ■田母神俊雄やはり逮捕 「了承したと言ったがあれは嘘だ」と言い訳
  ■田母神俊雄氏より悪いという島本順光選対事務局長の経歴・学歴 小沢派とされる田村秀昭議員の元秘書など
  ■政治・政策・政党・政治家についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

世界一スポーツ選手の平均年収が高いのはサッカーでも野球でもない
チャッカマンは商標・商品名 じゃあ正式名称・一般名称は何?
ジャムおじさんの本名は?若い頃の名前は?バタコさんとの関係は?
ワタミの宅食はブラックじゃなくて超ホワイト?週5月収10万円
朝日あげの播磨屋、右翼疑惑を否定 むしろ右翼に睨まれている?
レーシック難民は嘘くさいしデマ?アメリカの調査では驚きの結果に
赤ピーマンと赤黄色オレンジのパプリカの緑黄色野菜・淡色野菜の分類
アマゾンロッカーってそんなにすごい?日本のコンビニ受け取りは?
就職率100%国際教養大(AIU)の悪い評判 企業は「使いにくい」
ミント・ハッカでゴキブリ対策のはずがシバンムシ大発生 名前の由来はかっこいい「死番虫」
移動スーパーの何がすごいのかわからない 「とくし丸」は全国で約100台
ビジネスの棲み分け・差別化の具体例 異業種対策には棲み分けがおすすめ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
タコイカはタコ?イカ?イカの足の数10本・タコの足8本は本当か?
トンネルのシールドマシンは使い捨て…自らの墓穴を掘っている?
ユリゲラーのポケモンユンゲラー裁判、任天堂が勝てた意外な理由
好待遇・高待遇・厚待遇…正しいのはどれ?間違っているのはどれ?
コメダ珈琲は外資系(韓国系)ファンドが買収したって本当? MBKパートナーズとは?
大塚家具がやばい 転職社員を通報、「匠大塚はすぐ倒産」とネガキャン
不人気予想を覆したアメリカのドラえもん、人気の意外な理由は?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由