Appendix

広告

Entries

出生率高い地域で過疎化 原因は別なので少子化対策では地域活性化しない


 出生率高い地域でむしろ過疎化が進行しているというめちゃくちゃ意外な話。つまり、少子化対策では地域活性化しないんですね。原因は別なのです。

 じゃあ、なぜ過疎化が進行しているのか?と言うと、単純に人が移住してしまうため。ただ、こうした人の移動を逆に多くしていくことが問題解決になるとされていました。(2011/4/3)

2018/05/26:
神戸市より子育て支援します!明石市が次々と住民の獲得に成功


●出生率高い地域でむしろ過疎化が進行している

2011/4/3:地域活性化を促進するとされるITの発展、実は地方の過疎化の原因だったに続き、空振り」「ただ乗り」「横取り」 2011年2月8日 小峰隆夫 日経ビジネスオンラインから。

 ここで衝撃的だったもう一つの話が、都道府県別の人口変化率と出生率の関係でした。人口減少率の大きい順に県を並べ、それぞれの県の出生率が全国平均よりも高いかどうかを調べると、人口減少率の大きい上位10県のうち9県は出生率が全国平均より高いそうです。

 つまり、人口減少の度合いが大きい地域では、むしろ出生率が高いのです。これは出生率が高いことが原因というわkではないでしょうが、少なくとも過疎化の原因は出生率が低いからではないということを示しています。


●原因は別なので少子化対策では地域活性化しない

 出生率が高いのに人口減少率が高いというのは不思議な気がしますが、これは結局「社会移動」によって人口が流出してしまう分が大きいとのこと。要するに田舎で育った人たちが、どんどんと都会に引っ越して行っているってことでしょうね。私もそうでした。

 なので、過疎地域の人口を増やすため、少子化対策によって子育てを支援するという考え方があるものの、これは、全くの無駄。地方部で子育てを支援しても、成人してから都市部に移ってしまうという現象が起きてしまうわけですからね。

 また、これは政策的に言うと、地方の子育て支援は「空振り」で、成人が集まってくる都市部は、子育て時のコストを地方に負担してもらっていることになるから「ただ乗り」であると作者は言います。

 ただ、これを日本全体で考えてみると、今のところはまだぽんぽん海外移住するわけじゃないですし、無駄金になるわけではありません。子育て支援は地域のためでなく日本全体のためであると考えて、国の役割だと考えるべきかもしれませんね。国の税金に占める割合は都市部が多いので、これでバランスが取れる気もします。


●子育て世代支援は「横取り」にもなる?

 作者は、ある地域で子育て世代用の公営住宅を充実させると、周辺部から子育て世代が流入し、その分周辺地域の子育て世代は減少するから、一種の「横取り」となるともしていました。

 ただ、そうやって地域での住みよさを競争するのが、地方自治体の役割ですので仕方ないとも思います。住みづらい町で「来て下さい」「出ていかないでください」と言うのは、無茶な話でしょう。

 …と思ったのですが、これは先の「子育て支援」や「子育て時のコスト」との関係で言うと、どう考えれば良いのでしょう?「公営住宅を充実」も「子育て支援」であり、「子育て時のコスト」を負担する羽目にはならないんでしょうか?「横取り」ですのでこれは得なんだという著者の判断だと思いますが、正直よくわかりませんでした。


●対策は人の移動しやすさを大きくすること

 とりあえず、これらの人口移動が地域の格差を広げているのですが、どのようにして解決したら良いでしょう? 人々から移動の自由を奪う…ってのは、まともな国ではできませんね。北朝鮮みたいです。

 でも、作者は逆に人口のモビリティー(移動性)を大きくすることが、地域問題の解決を容易にすると主張していました。ただ、これは過疎化の解決とはちょっと違う気もします。

<移住による地域の活性化>
 北海道の伊達市は、今後大量に増える引退後の世帯を呼び寄せることを狙っている。また、都市部から農業に関心のある人を探して、農業の担い手を呼び寄せようとしている。

<モビリティー(移動性)を高めることが施設整備の代わりになる>
 各市町村に病院を整備する代わりに、大病院のある隣町へのアクセスを容易にすれば、人が移動することによって利用可能性が広がる。

<過疎地の集約>
 今後人口減少社会で、人が便利なところに移動していくと、過疎地はますます過疎になる。すると、どうしてもサービスを提供するためのコストが高くなるので、人の方が中心部に移住してもらった方がずっと安上がりとなる。(関連:地域活性化を促進するとされるITの発展、実は地方の過疎化の原因だった)
 ただし、一般にはあまり賛同を得られないことが多く、「経済学者はこれだから」という反応をされる。


●人が移動しやすくなると勝ち組と負け組の差が明らかに

 移動性が高まると、発展する地域には人が集まり、停滞地域からは人が出ていく度合いが強まるという、競争の激化をもたらします。作者としては、そうして地域間の競争を促進し、伸びる地域はどんどん伸ばしていき、その中でどうしても立ち遅れた地域にのみ選択的に救いの手を差し伸べるしかないように思われるとのこと。

 確かに地域間競争はほっといても起こるのだから、そこを防ごうとしたって無駄なことです。それよりは、競争を前向きに捉え、地域の魅力を高めていくしかないでしょう。

 まあ、それがまたすごく難易度の高いことだとは思うのですが…。


●神戸市より子育て支援します!明石市が次々と住民の獲得に成功

2018/05/26:"子育て世代支援は「横取り」にもなる?"の項目に関係しそうな話がありましたので追記。実際に住民の奪い合い…というか、一方的に奪いまくっているところがありました。

 兵庫県明石市は、広報紙などで近隣市と比べた子育て環境の優位性を強調。「病院代、薬代、市外の病院ぜ~んぶ無料」「第2子以降の保育料が完全に無料(タダ)」など、手厚い子育て施策を宣伝。特に神戸市、姫路市、加古川市といった近隣市との比較に力を入れているといいます。

 このように具体的に比べているせいでしょうか、明石市は東隣の神戸市からの移住者を着実に増やしているそうです。狙いとしては大当たりです。ただ、住民を奪われる方は、たまったものではありません。名指しで比較ということもあり、神戸市は「人口減社会の中、隣同士で取り合っても意味がない」と反発しているそうです。
(隣の市に移住増、神戸市「取り合っても無意味」 読売新聞 / 2018年5月24日 16時40分より)
https://news.infoseek.co.jp/article/20180524_yol_oyt1t50083/

 私はこうした競争があるのは仕方ないと思うのですけど、最初に紹介した記事ではこういうのが"一種の「横取り」"だという説明でした。


【本文中でリンクした投稿】
  ■地域活性化を促進するとされるITの発展、実は地方の過疎化の原因だった

【関連投稿】
  ■町おこし・地域活性化が失敗する理由 成功事例は真似できない…紫波町「オガールアリーナ」と日向市塩見小原地区「へべす」
  ■伝統を守るべきという無意味で非論理的な主張 なぜと聞かれて説明できない暗黙のルール
  ■伝統とは変わらないことではない 虎屋黒川光博社長は「伝統は変化の連続」と理解
  ■日本の古き良き伝統 年功序列と自治会(町内会)で移住者を村八分
  ■雑学・歴史についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

宝くじ高額当選者3000人のその後……10年後の彼らの生活は?
歴代首相の身長ランキング 背の高い、低い意外な総理大臣 野田佳彦・麻生太郎・鳩山由紀夫・小泉純一郎・安倍晋三など
日本で馴染みのある韓国系企業一覧
国別ノーベル賞受賞者数ランキング 日本は8位、上位はどこの国?
橋下徹大阪市長の出自 同和地区(被差別部落)と父・叔父と暴力団
意外に有名企業があるファブレス企業・メーカー 任天堂・ダイドードリンコ・やおきんなど
飛び降り自殺は意識を失うから痛みはない…は嘘 失敗した人の話
白元・鎌田真の経歴と派手な交友関係 神田うの,松本志のぶ,妻も美魔女など
楽天Edyはコンビニの公共料金の支払い(収納代行)に使える?
楽天Edyの使えるコンビニ・使えないコンビニ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
のれん代とのれん代の償却のわかりやすい説明
消滅可能性都市ランキングと一覧 1800市区町村中896自治体が危機
カルシウムの多い食材ランキングベスト20 牛乳以外に取れる食品
堀越二郎の妻は死んでないし菜穂子でもない モデルは堀辰雄の婚約者矢野綾子
創価学会、会長候補の正木正明氏左遷で谷川佳樹氏重用の理由は?
インチキで効果なし、活性水素水詐欺 誇大広告であるとして排除命令が出た商品も
高カロリー食品ランキングベスト20(100グラムあたり)
EPA、DHA(オメガ3脂肪酸)の魚油サプリ 効果なしどころか危険という説
リチウムイオン電池の寿命を長持ちさせるのは、使い切って満充電?継ぎ足し充電?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由