Appendix

広告

Entries

アンチエイジングなんてもう古い!ストップエイジングなら老化を完全停止


【クイズ】ミトコンドリアは真核生物の細胞小器官です。二重の生体膜からなり、独自のDNAを持ち、分裂、増殖します。このミトコンドリアの複数形のつづりとして、正しいものはどれでしょう?

(1)mitochondria
(2)mitochondrias
(3)mitochondrion


●アンチエイジングなんてもう古い!ストップエイジングなら老化を完全停止

 日本抗加齢医学会と不正疑惑研究者 門脇孝・小室一成・森下竜一らでも書いたように、私はそもそもアンチエイジングの時点でかなり胡散臭いと感じています。今回はもっと胡散臭いストップエイジングという話です。

 今回の話は最近の記事ではなく、2012年の記事がベース。この20年後ということですから、2032年頃に「不老不死」達成といったことが言われていました。
世界中で話題になっている画期的研究 20年後、人類は「不老不死」になる 2012年09月26日(水) 「週刊現代」2012年9月22・29日号より

「アンチ・エイジングではなく、ストップ・エイジングだ」。孤高の科学者は、そう豪語して憚らない。(中略)

「歳をとるにつれて体に蓄積されていくダメージを、薬や治療で修復すれば、人は老化せず、病気も食い止められる。老化や病気の原因は、突き詰めれば、細胞の細かい損傷です。つまり、傷ついた細胞を修復し続けることができれば、人は永遠に生き続けられるのです。そのために必要な薬と技術は、今後20年ほどで完成する可能性が高い」

 英ケンブリッジ大学研究員で老年医学を専門とするオーブリー・デグレイ博士は、こう断言する。(中略)

 デグレイ博士は、不老不死の研究に本気で挑んできた、世界でただ一人の科学者といっても過言ではない。彼は'09年にSENS(老化防止のための工学的戦略)とよばれる国際的な基金を創設し、ハーバード大学をはじめ、世界の名だたる研究機関と老化克服のための共同研究を進めている。また、老化に関する国際学会のみならず、グーグルなどの革新的な企業にも迎えられ、持論を語ってきた。

 その博士が今回、本誌のインタビューに答えた。(中略)

「研究を始めた当初、私の考え方はあまりに突飛だったので、多くの研究者に否定されました。しかし10年あまりの研究で、徐々に主張が理解され始めました。現在は20人もの著名な科学者の賛同を得ています」

●老化の原因は7種類ある

 デグレイ博士は老化の原因を7種類に分けています。

(1)再生不可能な、脳や心臓の細胞が死ぬこと。
(2)細胞が正常に分裂せず、がん化してしまうこと。
(3)死んだ細胞が毒素を出し、周囲に影響すること。
(4)細胞が生み出す老廃物が、除去されずに細胞の中にたまってゆくこと。
(5)細胞の中でエネルギーをつくるミトコンドリアのDNAが、傷ついたり突然変異して、正しく機能しなくなること。
(6)細胞と細胞をつなぐコラーゲンなどのたんぱく質が、加齢とともにしなやかさを失うこと。
(7)新陳代謝によって生まれる老廃物が、細胞の外側にも付着すること。


 クイズにしたミトコンドリアはここで登場。実はmitochondrionが単数形で、mitochondriaは複数形だそうです。 

【クイズ】ミトコンドリアは真核生物の細胞小器官です。二重の生体膜からなり、独自のDNAを持ち、分裂、増殖します。このミトコンドリアの複数形のつづりとして、正しいものはどれでしょう?

(1)mitochondria
(2)mitochondrias
(3)mitochondrion

【答え】(1)mitochondria


●老化の原因は今のところすべて未解決

 7種類に分けて言われるともういくつかの段階をクリアしているのかと思っちゃいますが、実際には一つも解決されていない感じのことを言っていました。なので、もしこれらが全部解決されれば…という結局夢みたいな話なんだと思います。
「最初の問題は、幹細胞を補うことによって対処することができるでしょう。
 現在われわれが特に力を入れているのは、細胞の内部を治療するための薬の開発です。この薬を用いて、細胞にたまった分子レベルの微細なごみを取り除き、ミトコンドリアの機能不全を修復できれば、(4)や(5)の問題は解決します。
 七つの中では(2)のがん化した細胞の修復が最も難しいですが、これも染色体にはたらく特定の酵素を取り除くことで解決すると考えられます」(デグレイ博士)

 さらに、(3)と(7)の問題は細胞の免疫系を刺激することによって対処できる。(6)の問題については、絡み合って硬くなったたんぱく質を分解する薬が、大手製薬会社によって完成に近づいているという---。以上でデグレイ博士は、老化の原因すべてに解決の見通しをつけたことになる。つまり彼は、不老不死のために解決すべき問題とその方策を示し、ロードマップを描いた最初の科学者なのだ。彼はいま、これらすべてを実現するための研究費を世界中から募っている。

●2004年時点で20年で成功と言っていたデ・グレイ博士

 "デグレイ博士は、不老不死の研究に本気で挑んできた、世界でただ一人の科学者といっても過言ではない"とありましたが、こんなマッドな感じの博士は他にはそういません。

 以前、超長寿社会は幸せか?1 ~寿命1000歳の世界~で書いた方と同じだろうなと見直したら、やはりいっしょでした。このときはオーブリー・デ・グレイ博士と紹介されていましたね。

 で、このときは2004年の記事がベースにした投稿であり、その時点で"今後10年の間に我々はまずネズミに対して実験を行い、その寿命を著しく延ばす事に成功"するとしていました。つまり、2014年です。もう終わっちゃいました。

 "そしてその次の10年間で、人間にも適用することが可能になると見込んでいます"なので、当時の予定から見てかなり遅れているのは明らかです。

 無闇矢鱈と否定しちゃいけないと思う人もいるかもしれませんけど、既にこうやって当初と言っていることが違っていますからね。ほら話だと思われてしまっても仕方ないと思われます。


【本文中でリンクした投稿】
  ■超長寿社会は幸せか?1 ~寿命1000歳の世界~
  ■日本抗加齢医学会と不正疑惑研究者 門脇孝・小室一成・森下竜一ら

【その他関連投稿】
  ■日本の餓死者数2053人は間違い、2011年は45人 過去30年の最高は93人
  ■認知症予防に効く高学歴とバイリンガル 低学歴は認知症が多い
  ■意味なし政策?1億総活躍社会・介護離職ゼロが現場で批判される理由
  ■日本の死亡率・人口10万あたりの死亡数 男女の性別・年齢別で
  ■日本の餓死による死者数は年間2000人、4.2時間に1人が死亡は本当?生活保護との関係は?
  ■医療・病気・身体についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

世界一スポーツ選手の平均年収が高いのはサッカーでも野球でもない
チャッカマンは商標・商品名 じゃあ正式名称・一般名称は何?
ジャムおじさんの本名は?若い頃の名前は?バタコさんとの関係は?
ワタミの宅食はブラックじゃなくて超ホワイト?週5月収10万円
朝日あげの播磨屋、右翼疑惑を否定 むしろ右翼に睨まれている?
レーシック難民は嘘くさいしデマ?アメリカの調査では驚きの結果に
赤ピーマンと赤黄色オレンジのパプリカの緑黄色野菜・淡色野菜の分類
アマゾンロッカーってそんなにすごい?日本のコンビニ受け取りは?
就職率100%国際教養大(AIU)の悪い評判 企業は「使いにくい」
ミント・ハッカでゴキブリ対策のはずがシバンムシ大発生 名前の由来はかっこいい「死番虫」
移動スーパーの何がすごいのかわからない 「とくし丸」は全国で約100台
ビジネスの棲み分け・差別化の具体例 異業種対策には棲み分けがおすすめ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
タコイカはタコ?イカ?イカの足の数10本・タコの足8本は本当か?
トンネルのシールドマシンは使い捨て…自らの墓穴を掘っている?
ユリゲラーのポケモンユンゲラー裁判、任天堂が勝てた意外な理由
好待遇・高待遇・厚待遇…正しいのはどれ?間違っているのはどれ?
コメダ珈琲は外資系(韓国系)ファンドが買収したって本当? MBKパートナーズとは?
大塚家具がやばい 転職社員を通報、「匠大塚はすぐ倒産」とネガキャン
不人気予想を覆したアメリカのドラえもん、人気の意外な理由は?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由