Appendix

広告

Entries

経歴詐称疑惑の櫻井眞(桜井真)日銀審議委員、無名で謎の人物とされていた


★2016/5/9 経歴詐称疑惑の櫻井眞(桜井真)日銀審議委員、無名で謎の人物とされていた
★2016/2/6 安倍政権の意のままに動く日銀政策委 トヨタ自動車の布野幸利氏は利害関係者


★2016/5/9 経歴詐称疑惑の櫻井眞(桜井真)日銀審議委員、無名で謎の人物とされていた
●経歴詐称疑惑の櫻井眞日銀審議委員、無名で謎の人物とされていた

 櫻井眞・日銀審議委員に経歴詐称疑惑 東大博士号・大蔵省は嘘か?で書いた櫻井眞(桜井真)さんは、過去にも一度書いていていたと思ったのですが、記憶違いでした。注目されないと思ってボツとしたのかもしれません。

 この櫻井眞さんを当時検索したものの、あまり情報がなくて困りました。それもそのはず、無名で謎の人物とされていたようです。


●自民党の勉強会に参加していた

 ただ、おそらく安倍政権のスタンスとしてリフレ政策に積極的な人だろうという見方はありました。ちょうど任期を迎えていた人がリフレ政策に消極的な人でしたので、入れ替えてより日銀総裁らの意見が通りやすくしたものと理解されていたのです。
政府、日銀委員候補に桜井真氏を提示 政権に近いとの見方も | ロイター  2016年 03月 4日 17:40 JST

桜井氏は1976年に東京大学大学院・博士課程修了し、日本輸出入銀行(現国際協力銀行)に入行。大蔵省、経済企画庁などで研究員を務めた。92年4月MSK基礎研究所(現MS&AD基礎研究所)国際金融研究センター長、同年6月三井海上投資顧問取締役を経て、2007年4月にサクライ・アソシエイト国際金融研究センター代表となった。

BNPパリバ証券・チーフエコノミストの河野龍太郎氏は、桜井氏について「自民党の勉強会などでも講演をしており、アベノミクスにもポジティブで政権と距離が近いとみられる」とし、「極めて積極的な金融緩和論者と感じられる。もし円高圧力がかかった際に黒田東彦日銀総裁が付利引き下げを決断した場合、賛成する可能性が高い」とみている。

●知名度は低かった櫻井眞氏

 以下の記事なんかははっきりと無名だと書いています。
日銀審議委員に桜井真氏、白井氏後任で政府案-黒田支持の見方 - Bloomberg 日高正裕、下土井京子 2016年3月4日 11:36 JST 更新日時 2016年3月4日 15:23 JST

 市場での知名度は高くないが、桜井氏は黒田東彦日銀総裁の路線を支持するとの見方が出ている。日銀は1月29日の金融政策決定会合でマイナス金利による追加緩和を5対4の賛成多数で決めたが、この時に白井氏は反対したうちの1人だった。この白井氏が桜井氏に入れ替わる。白井氏の前任、前々任は女性だった。(中略)

 日銀出身で日本経済研究センターの竹内淳主任研究員は桜井氏について「知らない。全く聞いたことがない」と話した。三菱UFJモルガン・スタンレー証券景気循環研究所の嶋中雄二所長も「桜井氏については何も知らない」とした上で「安倍政権による人事の提示なので、黒田東彦総裁をサポートするに違いない」と述べた。

●山本幸三議員「黒田日銀の路線と方向が同じ」

 市場だけでなく、自民党の政治家も同様の見方だったようです。"自民党の山本幸三衆院議員は桜井氏について、基本的に黒田日銀の路線と方向が同じだと評価している"と、ブルームバーグは別記事で書いていました。
(桜井真氏が日銀審議委員に、参院も可決-タカ派の白井氏は月末に任期 - Bloomberg 日高正裕 2016年3月23日 11:24 JSTより)

 山本幸三衆院議員の見方は、最初のブルームバーグの記事の方が詳しく、以下のような記載がありました。
 自民党の山本幸三衆院議員は桜井氏について「親友だ。世の中に知られていないけど、経済学の学識といい見識といい日本有数の人だ」と評価した。桜井氏は基本的に黒田日銀の路線と方向が同じだとして「どんどん追加緩和というより、よく見てタイミングが良ければやるべきだ」との考えの持ち主であることを示した。また浜田宏一内閣官房参与と同じ「トービンの愛弟子だ」ともした。

●岩田規久男副総裁も博士号なしで「博士課程修了」

 なお、今回の問題について、菅官房長官は9日の会見で「週刊誌の指摘は知っている。表現の正確さについての報道だと承知しているので、日銀が適切に対応すると思う」と述べたそうです。
(「博士号は取得していない?」日銀審議委員にも経歴詐称疑惑 政府が起用 | ハザードラボ(2016年05月09日 15時25分)より)

 櫻井眞・日銀審議委員に経歴詐称疑惑 東大博士号・大蔵省は嘘か?で書いたように、安倍首相も「表現の正確さ」に問題がある経歴を記載していたので強くは言えないでしょうね。

 ただ、以下のような説明も見つけたので、安倍首相の方が悪質かもしれません。
日銀「学歴詐称でない」 審議委員の博士課程修了:経済:中日新聞(CHUNICHI Web) 2016年5月9日 19時51分

 日銀は博士号の取得者を「経済学博士」などと明記し、桜井氏の経歴に関しては「一般的に博士課程修了と表記することがあると理解しており、これまでもそうしてきた」とし、学歴詐称ではないと説明している。

 日銀によれば、岩田規久男副総裁に関しても同様に記載、2人の学歴はいずれも「東京大学大学院経済学研究科博士課程修了」となっている。博士課程で必要な単位を取得したが、博士論文の審査を経て学位を取ることのないまま退学したという。(共同)

 しかし、これまた向こうでも書いたように、櫻井眞さんには大蔵省の経歴も怪しんじゃないの?と言われていました。こっちの話はなぜか関係者の反応が皆無ですね。
(追加:経歴詐称疑惑の櫻井眞・日銀審議委員の修士論文僅か4枚で中身もなし)


★2016/2/6 安倍政権の意のままに動く日銀政策委 トヨタ自動車の布野幸利氏は利害関係者

●日銀のマイナス金利導入、薄氷の決定ではない?

 日銀のマイナス金利政策の導入は、"政策委員会の表決は5対4でわずか1票差"であったために「薄氷の決定」といった言われ方をしました。しかし、実際にはそうではないのではないか?という記事が出ていました。
(真相深層)黒田総裁、票読みに確信 日銀、マイナス金利「5対4」で決定 政策委の合議制、色あせる? :日本経済新聞 2016/2/5付(石川潤、川手伊織)

 執行部は(中略)、票読みには自信があった。総裁・副総裁の3票に加え「異次元緩和に理解がある」(政府関係者)として安倍政権が指名した原田泰委員(内閣府出身)、布野幸利委員(トヨタ自動車出身)の2票も確保できる。過半数の5票は堅いとの読みだった。

 実際はどうだったか。決定会合2日目の29日、マイナス金利導入の提案は白井委員のほか、金融界出身の石田浩二、佐藤健裕、木内登英の4委員が反対を表明。「マイナス金利は危機時の対応だ」(木内委員)などと抵抗したが、執行部は事前の読み通りの5票の賛成票を確保し押し切った。

●政策委員会の合議制は名ばかり

 ある反対派の委員は「正論を言っても通らない」としていました。東短リサーチの加藤出社長は「今の政策委には反対派委員の意見を取り込んで合意形成を進める雰囲気がない」と見ています。

 これらはあながち外れた見方でもないようで、「非常時には合議制よりも強力なリーダーシップが必要だ」(日銀幹部)と上記の見方を認めるような声が出ていました。

 このために、記事では以下のような懸念を示しています。
 マイナス金利政策に対して反対に回った白井委員は今年3月、石田委員は同6月に退任する。安倍政権が積極緩和派を後任に据えれば、総裁は追加緩和にも打って出やすくなるが、政策委員会の議論がますます平板になる恐れはないか。

●安倍政権の意のままに動く5人?

 検索してみると、植草一秀さんがほとんど同じ見方をしていました。
黒田日銀のマイナス金利政策|データ・マックス NETIB-NEWS 植草一秀氏ブログ「知られざる真実」 2016年02月01日 13:49

 賛成したのは黒田総裁、岩田副総裁、曽根副総裁と審議委員の原田泰氏、布野幸利氏である。原田泰氏が審議委員に就任したのは2015年3月、布野幸利氏が審議委員に就任したのは2015年7月だ。原田泰氏は経済企画庁のOB、布野氏はトヨタ自動車の副社長経験者である。日銀の政策決定会合の議決権を有する参加者は9名である。5名を押さえると政策決定できる。原田泰氏は宮尾龍三氏の後任、布野氏は森本宜久氏の後任である。2014年10月31日の追加金融緩和策決定においては、森本氏は反対票を投じた。

 何を言っているのかというと、安倍政権は安倍政権の意向に沿う金融政策を遂行するために、日銀政策決定会合の9名の議決権者のうち、5名を支配下に置いているということである。

(中略)これは、政治権力による中央銀行の支配であり、極めて不健全なことである。

●トヨタ自動車の布野幸利氏は利害関係者

 上記以外にも、"2015年7月に、布野氏が審議委員に起用されて以降は、日銀の政策決定会合は基本的に極めて意味の薄いものになっている。政治権力の意向で金融政策が決定されるからである"という記述がありました。

 私が興味を感じたのはこのポイントになったという布野さんです。既に出ているように元トヨタ自動車の方ですね。検索してみると、就任当初はリフレ派とは見られておらず、むしろ無難な人事とされていました。

 ただ、問題なのは、トヨタ自動車出身であるがために円安派と見られていたことです。(ちなみにトヨタグループは、自民党への献金額がトップクラスに多いところです。関連:自民党への献金が多い企業ランキング 国民政治協会の寄付金の内訳)
日銀審議委員の後任は「円安」派 無難な人選だが官邸サイドの思惑は貫かれた J-CASTニュース5月6日(水)17時30分

政府は衆参両院の議院運営委員会理事会で、2015年6月末に任期が満了する日銀の森本宜久審議委員の後任に、トヨタ自動車元副社長で現相談役の布野幸利氏を充てる人事案を提示した。

大規模な金融緩和を主張する「リフレ派」の抜てきを予想する向きもあったが、東京電力元副社長の森本氏と同じ産業界出身者の枠が維持され、「無難な人選」との見方が多い。ただ、官邸周辺では以前から「円安に肯定的な人材が後任にふさわしい」との声が根強くあり、円安メリットを享受する自動車業界からの起用になったようだ。

(中略)円安の追い風を受け、トヨタ自動車の足元の業績は絶好調だ。布野氏の金融政策に対する考え方は明らかになっていないが、「少なくとも現在の緩和路線を支持するだろう」(アナリスト)との見方が強い。金融緩和の恩恵を最大限に受けているトヨタの関係に白羽の矢が立ったのは自然な成り行きだったといえる。

 政治家でも出身企業や業界のために動く人がいますが、こういうのは良くありません。本来、日本全体のことを考えて仕事するべきであり、利害関係が強い人は不適任です。


●安倍政権にべったりの新聞社ですらマイナス金利導入に戸惑い

 さて、クイズにしたマイナス金利の話に移ります。パッと読むと、普段の安倍政権へのスタンスと一致しているように見えます。
日銀マイナス金利は「妙薬」か、「劇薬」か 評価めぐって「社説」も分かれる J-CASTニュース2月6日(土)17時30分

市場と同様、大手紙の論調も評価は分かれている。決定翌日、一斉に取り上げた社説(産経は「主張」)を見ると、日経が「デフレ局面に戻る事態は避けなければならない。そのための日銀の対応は理解できる」、読売も「日銀が機動的な対応を取ったことは評価できる」と、日銀の決定をひとまず支持するのに対し、朝日は「内外経済が不安定になるたびに、新たなサプライズを市場に与える今のやり方がいつまでも続けられるとは思えない。その手法はいよいよ限界にきている」、毎日は見出しからして「苦しまぎれの冒険だ」として、「米国よりはるかに大胆な緩和策を続ける黒田日銀はこの先どこまで突き進むのか。不安は募る一方である」と批判。産経は「世界市場の混乱で脱デフレが滞る事態を絶対に避けるという、強い決意の表れである」と、否定はしない表現だった。

 ところが、おもしろくなるのがここから。"社説をよく読むと、日銀の決定に理解を示す社も含め、懐疑的な見方に大差はない"ということです。
マイナス金利導入の背景について、「効果がはっきりしない政策に頼らざるをえなくなっている日銀の苦しい事情が見える」(朝日)、「従来の異次元緩和策が期待した効果を上げずに行き詰まったから、である」(毎日)、「安倍晋三政権が期待するほどには経済再生を果たせていないことを示している」(産経)など、厳しい指摘が並ぶ。

効果についても、「金利はすでに超低水準にあり、わずかな追加的低下が、設備投資や消費を刺激して物価を押し上げるとは思えない」(毎日)、「巨額の内部留保を抱える大企業は、資金不足で投資を控えているわけではない」(読売)、押し並べてマイナス金利で投資などが増えることを疑問視している。

 ということで、何とまさかまさかの産経新聞が答えでした。

【クイズ】マイナス金利導入についての社説で、「安倍晋三政権が期待するほどには経済再生を果たせていないことを示している」と書いた新聞はどこでしょう?

(1)朝日新聞
(2)産経新聞
(3)読売新聞

【答え】(2)産経新聞

 株価は下がっていますし、円安どころか円高にブレています。トヨタ自動車の布野幸利さんも冷や汗かいているかもしれません。ただ、一応まだまだこれからですからね。マイナス金利導入の評価は、もっと後にした方が良いと思われます。


【本文中でリンクした投稿】
  ■自民党への献金が多い企業ランキング 国民政治協会の寄付金の内訳
  ■櫻井眞・日銀審議委員に経歴詐称疑惑 東大博士号・大蔵省は嘘か?
  ■経歴詐称疑惑の櫻井眞・日銀審議委員の修士論文僅か4枚で中身もなし

【その他関連投稿】
  ■各国の貿易依存度 輸入依存度なら日本は何位?
  ■国際競争力も貿易黒字も貿易赤字も無意味 クルーグマンの主張
  ■マイナス金利がゆうちょ銀行を直撃 公開価格割れで上場来安値更新
  ■日本がギリシャにはならない理由と日本がギリシャより悪いところ
  ■インフレ目標未達で日銀総裁は辞任すべき?辞任要求は短絡思考と高橋洋一教授 黒田東彦日銀総裁も岩田規久男副総裁も変節
  ■ビジネス・仕事・就活・経済についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

宝くじ高額当選者3000人のその後……10年後の彼らの生活は?
歴代首相の身長ランキング 背の高い、低い意外な総理大臣 野田佳彦・麻生太郎・鳩山由紀夫・小泉純一郎・安倍晋三など
日本で馴染みのある韓国系企業一覧
国別ノーベル賞受賞者数ランキング 日本は8位、上位はどこの国?
橋下徹大阪市長の出自 同和地区(被差別部落)と父・叔父と暴力団
意外に有名企業があるファブレス企業・メーカー 任天堂・ダイドードリンコ・やおきんなど
飛び降り自殺は意識を失うから痛みはない…は嘘 失敗した人の話
白元・鎌田真の経歴と派手な交友関係 神田うの,松本志のぶ,妻も美魔女など
楽天Edyはコンビニの公共料金の支払い(収納代行)に使える?
楽天Edyの使えるコンビニ・使えないコンビニ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
のれん代とのれん代の償却のわかりやすい説明
消滅可能性都市ランキングと一覧 1800市区町村中896自治体が危機
カルシウムの多い食材ランキングベスト20 牛乳以外に取れる食品
堀越二郎の妻は死んでないし菜穂子でもない モデルは堀辰雄の婚約者矢野綾子
創価学会、会長候補の正木正明氏左遷で谷川佳樹氏重用の理由は?
インチキで効果なし、活性水素水詐欺 誇大広告であるとして排除命令が出た商品も
高カロリー食品ランキングベスト20(100グラムあたり)
EPA、DHA(オメガ3脂肪酸)の魚油サプリ 効果なしどころか危険という説
リチウムイオン電池の寿命を長持ちさせるのは、使い切って満充電?継ぎ足し充電?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由