Appendix

広告

Entries

とある原発推進派のデタラメ


 福島原発問題の報道の件ですが、ちょっと多数派の意見と違うことを書いただけで原発推進派のように扱われてしまうと、少々頭に来るものがあります。

 私は反原発ではありませんが、別に原発推進派でもありません。


 また、一方を批判したときに「もう片方も批判していないのはおかしい」と言い出すのは話のすり替えにすぎないと思いますが、私は元来なるべく中立であろうと努めますし、この問題においても中立だと思っています。

 と言うことで、もう一方も念のためもう少し批判しておきます。


 ちょうど良い内容の記事として、原発を擁護する アゴラ  2011年03月31日00:57 藤沢数希というものがありましたので、見ていきます。


1.原子力は経済的な電力

原子力はなんといっても安い電力を供給できる。

(中略)

今回の"FUKUSHIMA"の後、原発による電力が一見安いのは、まさにこのような事故による莫大な損害賠償金が考えられていないからだ、という意見がたくさんあった。本当だろうか? 今回、事故のあった原発から半径20km以内の住人に避難指示が出されたが、8万人程度の人々が生活していた。"FUKUSHIMA"は軽水炉型の原発としては、おそらく最悪の規模の事故になってしまったが、仮に半径20kmの地域が完全に住めなくなってしまったとしたらどの程度の賠償金が必要なのだろうか?

1世帯4人だとすると約2万世帯に保証しなくてはいけない。新しく家を買って(2000万円)、新たな生活をスタートするための支援金(500万円)を払うとしよう。そうすると2500万円x2万世帯=5千億円になる。もっと半径を広げて保証する世帯の数を2倍にしたとしてもたったの1兆円程度だ。さらに農産物などの保証に数千億円かかったとしても2兆円はいかない金額である。売上が5兆円を越える東電にとっては簡単に負担できる金額であり、原発が40年も稼働できることを考えると、万が一の事故の損害賠償を考慮したとしても、依然として原発の電力は安いのである。

 最初は賠償額の試算がおかしいと思いましたが、ここはそうでもないのかもしれません。

 焦点:福島原発事故、損害賠償は前代未聞の規模に 2011年 04月 5日 18:47 ロイターによると、「バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチは、福島原発危機が2年続いた場合、東電の損害賠償額は約10兆円に上る可能性がある」と試算しています。

 これは「2年」であり、不確定であるものの「政府は放射性物質の外部流出阻止には数カ月かかるとの見通し」を示しているので、これより下がるかもしれません。ロイターはその「外部流出阻止には数カ月」を元に「最終的に大きくかけ離れた数字にはならないかもしれない」としていますが、私としてはその妥当性を判断できません。

 また同記事では「天災免責の適用に関する前例はなく、東電もおそらく責任を免れないだろう。損害賠償の100%ではないだろうが、地震発生後数週間の失策を考えれば40─60%程度の補償に向き合わなくてはならないだろう」(DLAパイパーの石川耕治弁護士)とあり、2兆円は意外に妥当かもしれません。(ただし、藤沢数希さんはこのパーセンテージは考慮せずに2兆です)

 しかし、それでも問題になるのは、「売上が5兆円を越える東電にとっては簡単に負担できる金額」です。

 売上がそのまま賠償額になるはずもなく、インフォシークマネーによると、10年03月の当期利益は133,775百万円、1300億円程度です。(計算あってます?)

 じゃあ、その前は?と見ると、2009年も2008年も赤字です。さらに忘れちゃ困るのが、今回の震災での(賠償額以外の)莫大な損失です。

 私は生かさず殺さずで払い続けてもらうべきだと思いますが、東京電力には賠償額をほいほいと支払う余裕はなさそうです。


2.原子力は化石燃料に頼らない

日本は、石油のほぼ100%を海外から輸入し、それも地政学的に非常に不安定な中東地域に依存している。世界同時金融危機以降は世界中の中央銀行が超緩和的な金融政策を取る中、原油価格は乱高下を繰り返しながら上昇している。石油に過度に依存することは、日本は避けなければいけないのである。

また、長い目で見れば、地球環境問題も深刻だ。原発を減らしていくとなると、石油、石炭、ガスなどの化石燃料に頼らざるをえないわけだが、いずれ枯渇し、CO2を大量に放出するこれらのエネルギーが持続可能でないことは明白だ。

 一つの発電方法に頼らないということ自体は、反対しません。ただ原子力と火力しか書いていないのは、アンフェアです。

 水力は制約が大きく代替として有力じゃないのかもしれませんし、他の発電は現状救世主とはならないというのもわかりますが、まるっきり無視するのは卑怯でしょう。

 私も即廃止は無茶だと思っていますが、方向性が決まれば今まで原子力発電に向かっていたお金や研究などを他に回せます。それでも劇的には変わらないかもしれませんが、原子力政策は一度しっかり議論されるべきで書いた通り、だからこそ今後日本は原子力発電とどう付き合っていくのかをしっかり決めなくてはいけません。

 いずれにしろ、このままなあなあで済ますとまた必ず事故を起こすだろうと言うほど、今回は問題が続出しました。推進するにしても、廃止方向でも、現に今動いているものがあるのですから、安全面は根本的に見直すべきです。

 途中からすっかり話が逸れましたが、とにかく原発と地球温暖化の二択は卑怯です。さらに言うなら、地球温暖化問題を捨てるということも、もう少し検討されてよいはずです。



3.客観的には他の電力よりも安全

"FUKUSHIMA"の前までは、史上2番目に最悪の原発事故であるスリーマイルではひとりの犠牲者も出さなかった。史上最悪の原発事故であるチェルノブイリでは、高放射線環境で事故処理に従事した作業員が数十名死亡し、近隣住民が牛乳を通して摂取してしまった放射性ヨウ素131による甲状腺癌で、数百人から数千人が死亡した。

史上最悪の原発事故であるチェルノブイリを含めてみても、世界の電力をこれだけ供給する原発の貢献に比して、その犠牲者の数は少ない。炭鉱では毎年のように崩落事故があり多くの犠牲者が出る。メキシコ湾原油流出事故では多くの犠牲者が出た。石油の採掘も非常に危険な作業なのである。その上、石油を燃やす自動車の排ガスによる喘息などでは毎年おびただしい数の人が死ぬ。原発事故の犠牲者に比べれば、自動車事故で死ぬ人の数はゼロの数が3つ以上違う。ある研究によると、石油と石炭と原子力を比べた場合、1テラ・ワット・アワー当たり、石油では36人が死に、石炭では161人が死に、原子力では0.04人が死ぬ。

 最後の研究結果は興味深いですが、その内容が前述のものでしたら信用できなそうです。

 原子力の死者は発電所の事故ですが、石油、石炭の死者はそうではなく、自動車の排ガスなどは発電所と全く関係ありません。本当酷いですよ、ここの部分は。

 あと、そもそも原発に使うウランも元を辿れば、鉱山で取ってくる気がするのですがどうなんしょう?(元のブログでは多量の批判コメントがあるものの、これについては触れられていないようですので私の勘違い?)

 もしそうであれば、採掘段階同士の安全性を比べたときや、燃料と発電効率との関係での犠牲者(要するにちょっと取るだけで済むから犠牲者も少ないという理論)を比べるのならまだわかりますが、そういった論旨にはなっていません。(鉱山で死ぬのは覚悟の上だから良いけど、発電所事故で市民が死ぬのは駄目という考え方もできそうですが、私はそれを積極的には支持しません)


4.そもそも日本だけ原発をやめても意味がない

中国は国策としてこれから多数の原発を稼動させる。また、世界中は核ミサイルで溢れている。原子力が利用されるのは、発電所やミサイルだけではない。今回の大震災ですぐに救助に駆けつけたアメリカの空母、ロナルド・レーガンは原子力エネルギーで推進する。また今回、被災者の状況を宇宙から詳細に明らかにしたアメリカの多くの軍事衛星も、原子力電池を搭載している。

 「1.原子力は経済的な電力」のように、競合する可能性がある場合に他国と比べるならともかく、ここで他と比べる必要がありません。

 そして、決定的なのは、日本の発電所の話がいつの間にか世界中の原子力利用をやめさせる話とすり替っていることです。


5.原発は作ることより、壊すことの方がはるかに難しい

これは原発の欠点でもあるのだが、原発は作り、それを稼働するよりも、それを止めて、廃炉にする方がはるかに難しい。今回の福島第一原発の事故からすでに2週間以上が経過している。制御棒が入り核分裂反応を停止されてもなお、残りカスの核崩壊だけですごい熱と放射線をまき散らして制御不能になっている。この核燃料の「余熱」だけでもあと10年は燃え続けるのだ。核反応とはロウソクやダイナマイトのような化学的なプロセスとは全く違ったメカニズムなのである。だからこそ無尽蔵のエネルギーを生み出すことが可能なのだ。

それゆえに原発を止めて、核燃料廃棄物を適切に処理し、廃炉にすることは極めて難しく、その技術もまだ確立されているとはいえない。一番安価な方法は、原発に制御棒を入れ、核燃料の余熱を管理しながら稼動させ続けることだ。そんなリスクのある「発電しない原発」、つまり何の経済的な恩恵もない原発を抱え続けることに何か意味があるのだろうか? 地元住民にとってもそれは決していい選択肢とはいえない、と筆者は思う。

 これだけは理解できる面が多いかなと思います。

 しかし、実は冒頭で著者は、

筆者は、今回の"FUKUSHIMA"の原発事故の後でさえも、日本はより安全な洗練された原子力技術の確立を目指し、さらに原発を推進していくべきだと考えている。以下にその理由を示そう

 と書いています。

 これは”「今すぐ日本中の全ての原発を止めて廃炉にしろ」という過激な意見”(ここも引用)への反論とは成り得るかもしれませんが、決して「さらに推進」の理由には成り得ません。

 むしろ作ってしまったら壊すことが難しすぎるというのですから、廃止・縮小方向の意見を強化するものになっています。


 あまりに酷かったのですが、反原発も酷いものがありますので、釣り合うのかもしれません。(原子力の父 正力松太郎では、大昔の話を現状に当てはめています)


 即廃止でも、縮小方向でも、推進でもどの意見を持ったって構わないのですが、デタラメばかりやっていると本当に大事なことがわからないまま、方針を決定することになります。

 そして、それが良いものではないことは、言うまでもないと思います。


 関連
  ■原子力政策は一度しっかり議論されるべき
  ■原子力の父 正力松太郎
  ■反原発の歴史
  ■その他の災害(地震など)について書いた記事
  ■福島原発問題 動かない→発注では遅いのでは?
  ■情報の質と量 ~情報隠しは駄目~

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

世界一スポーツ選手の平均年収が高いのはサッカーでも野球でもない
チャッカマンは商標・商品名 じゃあ正式名称・一般名称は何?
ジャムおじさんの本名は?若い頃の名前は?バタコさんとの関係は?
ワタミの宅食はブラックじゃなくて超ホワイト?週5月収10万円
朝日あげの播磨屋、右翼疑惑を否定 むしろ右翼に睨まれている?
レーシック難民は嘘くさいしデマ?アメリカの調査では驚きの結果に
赤ピーマンと赤黄色オレンジのパプリカの緑黄色野菜・淡色野菜の分類
アマゾンロッカーってそんなにすごい?日本のコンビニ受け取りは?
就職率100%国際教養大(AIU)の悪い評判 企業は「使いにくい」
ミント・ハッカでゴキブリ対策のはずがシバンムシ大発生 名前の由来はかっこいい「死番虫」
移動スーパーの何がすごいのかわからない 「とくし丸」は全国で約100台
ビジネスの棲み分け・差別化の具体例 異業種対策には棲み分けがおすすめ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
タコイカはタコ?イカ?イカの足の数10本・タコの足8本は本当か?
トンネルのシールドマシンは使い捨て…自らの墓穴を掘っている?
ユリゲラーのポケモンユンゲラー裁判、任天堂が勝てた意外な理由
好待遇・高待遇・厚待遇…正しいのはどれ?間違っているのはどれ?
コメダ珈琲は外資系(韓国系)ファンドが買収したって本当? MBKパートナーズとは?
大塚家具がやばい 転職社員を通報、「匠大塚はすぐ倒産」とネガキャン
不人気予想を覆したアメリカのドラえもん、人気の意外な理由は?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由