Appendix

広告

Entries

研究で判明!フェイスブックとツイッターは人をうつ病にし不幸にする


2016/5/22:
●研究で判明!フェイスブックとツイッターは人をうつ病にする
●他人の不幸は蜜の味の逆パターン?
●フェイスブックの利用で不幸になるという研究も
2017/05/28:
●「いいね!」を押せば押すほど精神面に問題が起きやすく…
●フェイスブックは論文に「生活満足度は高い」と反論!
2017/07/22:
●もともと不幸な人ほどSNSに熱心になる?
●今までの研究は1期間しか見ていないのが良くなかった
2019/01/05:
●Facebookの投稿でうつ病患者を発見…その特徴とは?


【クイズ】英国のウォーリック大学のAndrew J. Oswaldらの研究によると、生活満足度1位であるユタ州の自殺率は、全米で何番目に高かったでしょう?

(1)9位
(2)27位
(3)45位


●研究で判明!フェイスブックとツイッターは人をうつ病にする

2016/5/22:まず、うつ病の話から。これはフェイスブックやツイッターだけでなく、いくつかのSNSを含めた調査。YouTubeも調査対象に入っていますね。日本で言うと、ニコニコ動画みたいなのもそうでしょうか? 私は唯一このジャンルだけはよく利用しています。
フェイスブックは「人生の幸福度を下げる」 米研究結果 | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン) Amit Chowdhry ,CONTRIBUTOR

博士(引用者注:ピッツバーグ大学医学部のブライアン・A・プリマック(Brian A. Primack)博士)と研究チームは、米国に住む19歳から32歳までの1,787名を対象にアンケート調査を実施。その回答をうつ病の評価法に組み込んだ。対象となったSNSはフェイスブック、ユーチューブ、ツイッター、Google+、インスタグラム、スナップチャット、Reddit、タンブラー、ピンタレスト、Vine、リンクトインなどだ。(中略)

アンケートの結果、SNSの利用時間は1日平均61分で、利用回数(複数のSNS)は週平均30回だった。(中略)SNSの利用頻度が低い人と比べ、頻度が高い人がうつ病になるリスクは2.7倍だ。また、利用時間が短い人と比べ、1日中SNSを利用していると答えた人は、うつ病になるリスクが1.7倍だった。

 ただ、この結果だけだとSNSでうつ病になったと言えないかもしれません。うつ病の人やうつ病予備軍の人がSNSをやりやすかった場合は、SNSの利用はうつ病の原因ではなく結果に近いものです。

 ところが、"論文の筆頭著者、Luiyi Linによれば、うつ病の人がSNSで喪失感を埋めている可能性もあるが、それがSNSのさらなる利用を促進し、依存症を発生させていると"説明していました。


●他人の不幸は蜜の味の逆パターン?

 このうつ病になるシステムはある程度想像できますよね。簡単に言うと、他人の幸福な姿ばかり見ていると、自分が惨めに思えてきてしまうのです。

 論文では、「SNS上で友人らの投稿を目にすることで、自分以外の人たちは幸せで充実した人生を送っているという歪んだ認識と、うらやむ気持ちが生じる」と指摘していました。

 SNS上でただ見ている傍観者でいると、自分は時間を無駄にしていると感じるようになるのだそうです。みんなキラキラしているのに自分だけ…って感じなのでしょう。その結果として、うつ病になるのだと、説明されていました。


●フェイスブックの利用で不幸になるという研究も

 うつ病になる時点で不幸だと言って良さそうですが、もう一つの研究は幸福度だけを調査したもの。これはさらに、フェイスブック限定という調査でもあります。
 昨年、ヒューストン大学の研究チームは『Journal of Social and Clinical Psychology』で、フェイスブックの利用増加は、うつ症状と密接な関係にあり、「社会的比較」として知られる心理現象を引き起こすという研究結果を発表した。2013年8月には、ミシガン大学の研究チームが、「フェイスブックの利用が若者の主観的幸福感を低下させる」という研究論文を発表した。それによれば、フェイスブックの利用が増えれば増えるほど、幸福感は低下したというのだ。

 フェイスブックのようなSNSはリア充がやるものというイメージがあります。今回の研究でこのイメージが間違っていると言えるか?と言うと、そうとは限らないと思います。

 実際にリア充が平均より多かったとしても、そういった投稿を見ることでダメージを受ける人も一定数出てくると考えれば両立できます。とても幸福な人ととても不幸な人という両極端になっている可能性があるのです。

 これで思い出したのが、過去の自殺に関する研究結果で、幸福度と自殺率の関係 幸せな国や都道府県ではむしろ自殺が多い?で書いたものです。タイトルだけで中身がわかるように、かなり残酷な話でした。冒頭でクイズにしたのは、その一例です。


【クイズ】英国のウォーリック大学のAndrew J. Oswaldらの研究によると、生活満足度1位であるユタ州の自殺率は、全米で何番目に高かったでしょう?

(1)9位
(2)27位
(3)45位

【答え】(1)9位


 こういう研究からすると、SNS利用が人を不幸にするという結果になるというのも十分にあり得るだろうなぁと理解できます。


●「いいね!」を押せば押すほど精神面に問題が起きやすく…

2017/05/28:研究である結果が出たとしても、それが正しいとは限りません。なので、できれば似たような結果になる研究が複数欲しいところです。そうすると、かなり確からしいものなのだなとわかります。で、そういう似たような話がありそうな、フェイスブックはわれわれを不幸にするか? - WSJ( By Susan Pinker 2017 年 5 月 26 日 14:35 JST)という記事を見つけました。

 今回の研究は、米国の疫学専門誌「アメリ力ン・ジャーナル・オブ・エピデミオロジー」に最近掲載されたもの。カリフォルニア大学サンディエゴ校のホリー・シャキヤ助教(公衆衛生)と、イェール大学ヒューマン・ネイチャー・ラボのニコラス・クリスタキス所長らが著者です。

 研究では、成人5208人を対象に、彼らのメンタルヘルスと社会生活を2年間にわたってモニターしました。そして、その結果、フェイスブックの利用は、社会的、身体的および精神的な健康の低下と密接に関連しているということがわかりました。

 例えば、"他人の投稿に「いいね!」を押す、他人のリンクをクリックする、あるいは、自分のステータスを更新する回数が多くなると、その後に精神面の問題を経験する可能性が5―8%高くなった"といったことが、わかりました。


●フェイスブックは論文に「生活満足度は高い」と反論!

 一方、フェイスブックはこれに反論。"同社の研究者とカーネギー・メロン大学のロバート・クラウト教授が発表した論文"では、"フェイスブックで親しい友人から平均より多いコメントを受け取った人の生活満足度は、1~3%高かったとされていた"とのこと。

 でも、こちらは「コメントを受け取る」という別の条件の話ですから、同時に成立する話ですけどね。ある人たちが幸福になっていく一方、別のある人たちが不幸になっていく…といった感じです。

 また、同種の研究が多くあった方が良いという話では、前述のもの以外にもこの2カ月で、2件のネガティブな研究論文が発表されているとのこと。以下のようなものです。

・米国人1787人を対象にした研究で、ソーシャルメディアが孤独感を募らせることが分かった。
・英国人1500人を対象にしたもので、ウェブサイト、とりわけ画像中心のサイトが、不安感を増幅し、自分にはあまり価値がないという感情を強めることが示された。

 結構注目されている感じですので、この分野の研究は今後もどんどん出てきそうです。


●もともと不幸な人ほどSNSに熱心になる?

2017/07/22:5月にも追記した投稿であり、なおかつ当時の論文と同じものの話なのですが、補足的に。論文著者ら自身が書いたフェイスブックを使うほど幸福度が下がる? | HBR.ORG翻訳リーダーシップ記事|DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー(2017年06月09日 ホリー B. シャキア,ニコラス A. クリスタキス)に、もう少し詳しい話が載っていました。

 ここではまず先行研究で、異なる主張が出ていたことを明記しています。

<SNSのデメリット>
・生身の人間関係から関心が逸れて希薄になり、有意義な活動に費やす時間が減少する。
・画面を見て過ごす時間が増えるため、座ってばかりになる。インターネット中毒のもとになる。
・他人と自分を比べて卑下するため自尊心が傷つく。

 一方、上記への反論もありました。

<SNSのデメリットへの反論>
・ソーシャルメディアが人を不幸にするのではなく、そもそも幸せをあまり感じていない人がソーシャルメディアに没頭する

 ただ、上記の反論ですらフェイスブックにとっては、あまり良くない研究。フェイスブックの熱心な利用者は、不幸な人ばかりだってものですからね。フェイスブックにとって良い研究というのは、結局、以下の例しかありませんでした。

<SNSのメリット>
・ソーシャルメディアの利用によって社会的支援と生身の人間関係が強化され、幸福度を高める。


●今までの研究は1期間しか見ていないのが良くなかった

 上記のように今までの研究では結論が分かれていたわけですが、今回の研究では先行研究の弱点を克服する工夫をしました。

(1)3期間分のデータがあり、多くの回答は2年間にわたっている。これにより、ソーシャルメディアの利用の変化と幸福度の変化との相関を経時的に追跡できた。
(2)我々はフェイスブックの利用について、回答者の自己申告ではなく、フェイスブックアカウントから直接収集した客観的な指標を用いている。
(3)フェイスブックのデータに加え、回答者の現実の社会的ネットワークに関する情報もある。これにより、2種類のつながり(生身の人間関係とオンライン上の交流)がもたらす影響を直接比べることができた。

 ということで、今までの研究より精度が高いという主張なのですが、この結果が前述の通り、フェイスブックにとって悪いもの。フェイスブックの利用は総合的幸福度を下げる、特に精神の健康において顕著だということがわかったという話でした。

 なお、現実の社会的ネットワークの場合は、総合的幸福度を高めることがわかっています。SNSというのも、"有意義な社会的交流をしているという印象を抱いてしまう"ものの、実際には逆だったという話。残念な結果になってしまいました。


●Facebookの投稿でうつ病患者を発見…その特徴とは?

2019/01/05:SNSで不幸になることへの反論ではありませんけど、前向きな話のようにも見えるFacebookの投稿から「うつ病」になる可能性が分かる? 研究結果から明らかに|WIRED.jp(2019.01.03)という記事がありました。

 ペンシルヴァニア大学の心理学者ヨハネス・アイシュテットさんらは、2018年10月中旬、米国科学アカデミー紀要に掲載された論文を発表しています。

 彼らは、フィラデルフィアの救急医療部の患者1万1,000人以上に接触し、電子カルテと7年分に及ぶFacebookの更新履歴を提供してもらえないか打診。同意が得られたのは約1,200人から、うつ病とそうでない人の比率を調整して684人分を研究に用いています。

 彼らはフェイスブックに頻繁に使われる単語やフレーズを分析し、「うつ病関連言語マーカー」と呼ぶ指標を探しました。調査の結果、うつ病を抱える人は診断が下りる数カ月前から、一人称単数形の代名詞である「I(わたし)」や孤独感、他人に対する敵意が読み取れる言葉を多く用いるようになることがわかりました。

 さらに、アルゴリズムをトレーニングしてこれらの言語使用パターンを判別できるようにしたことで、研究者たちは正式な診断が下される3カ月前の段階で対象の人物が将来的にうつ病と診断されることを予測できるようになったといいます。

 先の投稿部分において、同じような研究があった方が信頼性が高いと書いたのですけど、うつ病患者の「I」の使用が増えるというのは、先行研究の結果と一致しているんだそうです。ただ、Facebookに書き込まれた言葉と電子カルテに記載された正式な診断とを比較検討する研究は今回が初めてだったとのこと。全く実用化レベルではないそうですけど、方向性としては正しそうでした。

 なお、「前向きな話のようにも見える」と書いたものの、前述のようにフェイスブックがうつ病を誘発しているのでしたら、フェイスブックが作り出したうつ病患者をフェイスブックで発見するということで、いわゆるマッチポンプ的なところはあります。うつ病患者を放置するよりはマシなので、是非研究を進めてほしいとは思うのですけど…。


【本文中でリンクした投稿】
  ■幸福度と自殺率の関係 幸せな国や都道府県ではむしろ自殺が多い?

【その他関連投稿】
  ■SNS疲れ?Twitter Facebook mixi LINEユーザーで一番不幸なのは?
  ■Facebookを実名ではなく匿名で登録して使うことは可能?
  ■利用者の6割以上が嫌だと思うフェイスブックをやめられない理由
  ■実名主義のGoogle+敗北、匿名を認め謝罪 Facebookは酷いコメントだらけ?
  ■ユーザーがSNS(Facebook)の企業ページを利用する目的・理由は?
  ■Facebookのセキュリティ IPアドレスバレ&ヤフーパスワード要求
  ■ネット・コンピュータ・ハイテクについての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

世界一スポーツ選手の平均年収が高いのはサッカーでも野球でもない
チャッカマンは商標・商品名 じゃあ正式名称・一般名称は何?
ジャムおじさんの本名は?若い頃の名前は?バタコさんとの関係は?
ワタミの宅食はブラックじゃなくて超ホワイト?週5月収10万円
朝日あげの播磨屋、右翼疑惑を否定 むしろ右翼に睨まれている?
レーシック難民は嘘くさいしデマ?アメリカの調査では驚きの結果に
赤ピーマンと赤黄色オレンジのパプリカの緑黄色野菜・淡色野菜の分類
アマゾンロッカーってそんなにすごい?日本のコンビニ受け取りは?
就職率100%国際教養大(AIU)の悪い評判 企業は「使いにくい」
ミント・ハッカでゴキブリ対策のはずがシバンムシ大発生 名前の由来はかっこいい「死番虫」
移動スーパーの何がすごいのかわからない 「とくし丸」は全国で約100台
ビジネスの棲み分け・差別化の具体例 異業種対策には棲み分けがおすすめ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
タコイカはタコ?イカ?イカの足の数10本・タコの足8本は本当か?
トンネルのシールドマシンは使い捨て…自らの墓穴を掘っている?
ユリゲラーのポケモンユンゲラー裁判、任天堂が勝てた意外な理由
好待遇・高待遇・厚待遇…正しいのはどれ?間違っているのはどれ?
コメダ珈琲は外資系(韓国系)ファンドが買収したって本当? MBKパートナーズとは?
大塚家具がやばい 転職社員を通報、「匠大塚はすぐ倒産」とネガキャン
不人気予想を覆したアメリカのドラえもん、人気の意外な理由は?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由