Appendix

広告

Entries

新型コロナウイルス感染拡大原因は無自覚な若者!と叩くマスコミ


2020/03/30:
●新型コロナウイルス感染拡大原因は無自覚な若者!と叩くマスコミ
●問題解決を遅らせかねない…なぜわざわざ世代間対立を煽るのか?
●安倍首相夫人は自粛せず…若者叩きは高齢者の無自覚招くおそれ
●「公園での花見ではない」と安倍首相反論…東京都の実際の要請は?
2020/04/09:
●外出自粛要請、無視しているのは若者より高齢者だと調査で判明
2020/05/03:
●安倍昭恵・首相夫人、大分でマスクなし50人密集オカルトツアー
●「3密ではない」と安倍首相が正当化し、国民への自粛要請に悪影響
2020/05/10:
●トンデモなふたりを宇佐神宮宮司が案内、カルトに乗っ取られた?
●安倍首相・ドクタードルフィン・宇佐神宮宮司をつなぐ共通点


●新型コロナウイルス感染拡大原因は無自覚な若者!と叩くマスコミ

2020/03/30:新型コロナウイルス感染拡大の原因は若者であるというのが事実でしたらある程度致し方ないところがあるものの、専門家もマスコミも伝え方には注意すべきです。ただ、そういうレベルですらなく、激しく若者をバッシングする特にひどいタイトルの記事がありました。

 それは、<急激な「感染拡大の戦犯」は“無自覚”な若者!? 専門家も指摘「無症状の大学生~40代の行動」 政府、「緊急事態宣言」発令も視野>(2020年3月28日 17時16分)というタイトルの記事。産経新聞社の夕刊フジによるものでした。以下のような内容です。

<急激な「感染拡大の戦犯」は、感染しながら無症状のまま動き回っている大学生から40歳代とされる>
<小池氏(引用者注:感染者が急増している東京都の小池都知事)は25日の記者会見で「首都封鎖」の可能性に言及しながら、次のように語っていた。
 「症状が出ない人、軽い人が無意識にウイルスを拡散させることがある」「若い方が感染した自覚がないまま、あちこちで活動されている」「夜間の外出もお控えいただきたい」「一人ひとり、自覚を持って行動してほしい」>
<東京都医師会の尾崎治夫会長も自身のフェイスブックで、「何故感染者が増えているのか、特に大学生から40歳代の人、コロナに感染しても無症状か、軽い風邪だと思っている人が、アクティブに行動することが、その大きな原因と言われています」と指摘し、「もう少し我慢して下さい。これから少なくとも3週間」と訴えている>
https://news.infoseek.co.jp/article/00fujidom2003280002/


●問題解決を遅らせかねない…なぜわざわざ世代間対立を煽るのか?

 事実であるのなら仕方がないとは書いたものの、若者をターゲットにするような言い方よりも「若者も高齢者も」と注意を促すべきではないかと、個人的には思います。理由の一つは、世代間対立を煽るのは良くないだろうということです。

 上記の記事を紹介した夕刊フジのツイートでは、記事に反発して高齢者を攻撃する人と、記事の主張に乗っかって素直に若者叩きをする人とがそれぞれツイートしていました。ただでさえ、新型コロナウイルス問題で神経質になっているところに、わざわざ火種をまく必要はありません。

 また、こうした世代間対立が増すことで問題解決を遅らせるのではないか?というのも私は心配。同じ産経新聞社の夕刊フジで書いた中国の人工的新型コロナウイルス陰謀論、産経新聞の夕刊フジが報道なんかは、国家対立を煽ることで問題解決が遅れるおそれがあるとというものでした。


●安倍首相夫人は自粛せず…若者叩きは高齢者の無自覚招くおそれ

 それから、もう一つ心配なのは、若者に重点を置いて警告してしまうことで、重症化しやすく本来最も注意が必要な世代が警戒を怠ってしまうおそれがあるということです。若者でない世代で感染している人の中には、実際に出歩いていた…という人もかなりいますので、若者だけ強調した警告は不十分だと感じます。

 若者でない世代が自粛していないという例として象徴的なのが、安倍昭恵氏、花見自粛要請の中で私的「桜を見る会」していた|NEWSポストセブン(2020.03.26 16:30)の件です。安倍首相夫人はもちろん若者世代ではありません。

 記事によると、森友学園問題での近畿財務局職員の手記が報じられていた3月下旬、事件の加害者側の中心人物である安倍首相の妻・昭恵夫人は、私的な“桜を見る会”を開催。芸能人らを集め、桜をバックに肩を寄せ合って記念撮影を行っています。小池百合子・東京都知事が花見の宴会などの自粛を要請する中、都内でこうした催しを行っていたということでもあります。


●「公園での花見ではない」と安倍首相反論…東京都の実際の要請は?

 安倍政権は新型コロナウイルス問題において、むしろ解決を遅らせる方向性のことばかりやっているのですけど、安倍首相はよりによってこの自粛無視を擁護してしまっていました。首相の家庭ですら自粛していないのに、国民だけ自粛しろというのはかなりきつい話。これでは、国民が自粛しようとは思わないでしょう。

「都内のプライベートのスペースであるレストランで(昭恵夫人が)知人と会合を持ち、その際に桜を背景に記念写真を撮った」
「レストランの敷地内の桜のもとで撮ったもの」
「東京都が自粛を求めている公園での花見のような宴会を行なっていたという事実はない」
(昭恵夫人の花見問題 安倍首相「花見ではない」答弁は苦しい|NEWSポストセブンより)

 上記のように述べた上で、「レストランに行ってはいけないのか」と激怒。ただ、これは論点ずらし。東京都が自粛を求めているのは、公園の花見だけではなく、不要不急の外出、少人数の集まりなどですから、これらの条件に当てはまるでしょう。そもそも13人は少人数ですらありません。

 自粛要請は強制ではなく、飽くまでお願いなわけで、いちいち晒し上げて叩くのはどうかと思いますが、首相夫人は公的な人物である上に、自粛を要請して経済的な損失などを受け入れてもらっている側の首相が努力せず開き直り…というのは、明らかに国にとってマイナス。非を認めて丁寧に謝罪した上で「これからは自粛するから国民もどうか辛抱してほしい」といった方向性にしてほしかったです。

 安倍首相夫妻の自粛破り推奨とも言える話が長くなってしまいましたが、このように高齢者であっても自粛していない人が多くいるわけです。なので、若者をピックアップして警告するよりも、高齢者を含めた人々に改めて警告した方が良いと思うんですよね…。


●外出自粛要請、無視しているのは若者より高齢者だと調査で判明

2020/04/09:対立のネタに使われると困るのですけど、高齢者も自粛していないという記事がいくつか出ていたのでとりあえずひとつ追記。例えば、新型コロナで外出自粛でも「買い物・旅行」、60代が最も活発――若者は自粛傾向だが…… - ITmedia ビジネスオンライン(2020年04月03日 14時30分 公開)という記事がありました。

 マーケティング分析を手掛けるクロス・マーケティングが、東京都などから大規模な外出自粛要請があった週末に当たる3月27~29日に掛けて調査を実施。全国の20~69歳の男女計2500人にWeb上でアンケートを取りました。

 「現在、どんな行動を実行できているか」と各年代の男女に聞いたところ、例えば「商業施設への買い物」で60代男性が42.8%、60代女性も42%が「できている」などと回答。他の年代が20~30%と自粛ムードなのに比べ、いずれも唯一40%を超えていました。

 他の「家族との外食」(60代男女いずれも34%)や「旅行に行く」「トレーニングジムに行く」といった、主に外出を伴う活動・レクリエーションの11項目いずれでも、60代が男女ともに「できている」の比率トップに。高齢者では自粛が他の世代に比べて低めのようです。

 自粛に協力的なのは特に若い世代で、20代では「商業施設への買い物」が男性25.6%、女性も26.8%にとどまるなど、高齢層に比べ若者が外出自粛に積極的な状況も浮き彫りになったとされています。ただし、より重要なのは、こうした行動を聞くアンケートよりも、実際に感染を拡げているかどうかというデータ。自粛が多くても若者の方が感染拡大の主因になっているという可能性は依然としてあるでしょう。

 とはいえ、若者叩きの反動で、高齢者の方が自粛していないではないか?と思われてしまうのは確実。最初のときに書いたように、若者バッシング的な呼びかけは良くないですし、逆にこのアンケートを元にした高齢者叩きも良くありません。ここらへんに気を遣った注意喚起をしてほしいところですね。


●安倍昭恵・首相夫人、大分でマスクなし50人密集オカルトツアー

2020/05/03:安倍昭恵・首相夫人の関連での追記。安倍晋三首相が新型コロナウイルスに関する会見を開いた翌日の3月15日に「大分旅行」をしていた件です。独占入手!安倍昭恵さん「大分旅行の全貌写真」50人の参加者と… | FRIDAYデジタル(2020年04月25日)で報じられています。

 このツアーは新型コロナウイルス問題なしでもヤバそうなもの。オカルトなんですよ。主催者は、「ドクタードルフィン」を自称する医師の松久正さんで、「人類救済」を謳った講演活動に励んでいるという人物だとのこと。このツアー『神ドクター降臨 in Oita』では、「卑弥呼のマグマエネルギーと共鳴する講演会」が予定されていたそうです。

 新型コロナウイルス関連で言うと、まず50人も参加していたという時点でアウト。訪問地のひとつ「宇佐神宮」において安倍昭恵さんはマスクをしていませんでしたし、写真を見る限り周囲の方も誰もつけていません。掲載写真でも十分近い距離なんですが、紙面の記事では、「密集・密接」している写真もあるそうです。


●「3密ではない」と安倍首相が正当化し、国民への自粛要請に悪影響

 人は誰しも間違いをおかします。家族を完全にコントロールすることはできず、行動を止められなかったことも仕方ないというのが私の考え。ただ、以前と同じで決定的にまずかったのは、問題が判明したときの安倍首相の対応です。

 いつも書いているように、問題が起きたときの事後対応ってのが大事なのですが、これが安倍首相は大体常に最悪。「3密」には当たらないと妻の行動について正当化してしまったのです。これでは、国民が自粛要請に従おうと思うはずがありません。むしろこれくらいして良いんだ!と思ってしまうでしょう。

 また、政治家が自粛を守る気ないのに自分たちだけ苦労するのは馬鹿らしい…と思ってしまうかもしれません。日本を悪くする対応でしょう。安倍首相は自分たちが特別な上級国民で、自粛をするのは下々のものだけ…って考えているんですかね。とにかく新型コロナウイルス問題の解決を遅らせる行動です。

 以前と同じことを書きますが、安倍首相は国民に自粛をお願いする立場なのですから、明確に謝罪した上で、妻を説得してこれからは自粛する、どうか国民の皆様も自粛に協力してほしい…と、お願いしなければいけませんでした。本当に日本を悪くすることばかりする人です。

 なお、その後、野党が安倍首相にこの関係の質問をしてくれたおかげで、やっと「一応反省している」という風の弁を引き出せました。前述の通り、そうじゃないと新型コロナウイルス対策に悪影響であるため、野党は良い仕事をしています。本当は安倍首相が最初からそうしていなくてはいけなかったんですけどね。


●トンデモなふたりを宇佐神宮宮司が案内、カルトに乗っ取られた?

2020/05/10:大分旅行の件はひどい話が多数ありますが、ツアー主催者のドクタードルフィンさんというのがすごい人。「愛を送ればウイルスは消える」と主張している人で、カルト的と言われていました。また、ドクタードルフィンさんは安倍首相のインタビュー記事が載ったことがある右翼雑誌ジャパニズムに書いたこともあります。右派界隈での近さがあるんですね。

 この右派とカルトという共通点、実は、訪れた安倍昭恵さんらを案内していた「宇佐神宮」にも言えるんですよ。前述の大分旅行の記事では、はてなブックマーク人気コメントで、由緒ある神社が金に困ってカルトに…という感想が複数あったものの、かなり事情と異なる理解だと思われます。

amira13 宮司何してんの……。由緒ある神社の宮司だからこそ今の時期非常識なカルトとは距離を明確にとらないかんやろ……。神社好きとしてドン引きだぞこれは
vosne_romanee 苦しい台所事情からカルトの資金に汚染されてしまう「由緒ある寺社仏閣」は少なくないかもしれない。太閤の花見で名高い京の古刹もキンキラキンの某新興宗教の教祖像が飾ってありますね。


●安倍首相・ドクタードルフィン・宇佐神宮宮司をつなぐ共通点

 まず、全国の多くの神社を束ねる神社本庁ですが、戦前政府と結びついた経緯もあるのか上層部は右翼的で安倍政権や右翼団体日本会議と協力し、神社で右派的な活動を行っています。神社本庁自体がカルト的なところがありました。また、上層部は腐敗も進んでおり、有力神社に介入し乗っ取るなどの悪事を行っています。

 まさか?と思うでしょうし、私も最初信じられなかった話。ここらへんは、神社本庁の腐敗 四代八幡宮の鎮守の森売却、百合丘職舎の疑惑の不動産取引女性宮司は認めない 跡継ぎ不足でも女性差別優先の神社本庁の狙いは?などで書いています。

 で、この話の流れでわかるように、宇佐神宮というのが神社本庁による乗っ取り騒動があった神社だったんですね。なので、特別に案内してもらっていたというのも当然といった感じ。トラブルがあったときに神社本庁にいた打田文博さんは、自民党の支持団体である神道政治連盟や日本会議系で右派が多数所属する美しい日本の憲法をつくる国民の会事務総長でもあります。

 …ということで、安倍昭恵さんの活動は、単に新型コロナウイルス流行の中で問題というだけでなく、右翼とカルトという問題も含むものでした。昭恵さんを「私人」とみなすのは法的にも無理筋だと指摘されており、こちらの意味でも問題のある旅行だったと言えるでしょう。新型コロナウイルス流行時にこういうのをやって、なおかつ首相が正当化していたんですから、たまったもんじゃありません。


【本文中でリンクした投稿】
  ■中国の人工的新型コロナウイルス陰謀論、産経新聞の夕刊フジが報道
  ■神社本庁の腐敗 四代八幡宮の鎮守の森売却、百合丘職舎の疑惑の不動産取引
  ■女性宮司は認めない 跡継ぎ不足でも女性差別優先の神社本庁の狙いは?

【関連投稿】
  ■ヘイトスピーチやデマも表現の自由・言論の自由として守るべき?
  ■部数が減少しない地方新聞の特徴 お悔やみ欄が充実、地元志向を徹底
  ■朝日新聞デマ 選挙前に安倍政権潰しでパナマ文書報道…真実は?
  ■新聞などの過去のネット配信記事は読める?すぐに削除される理由は?
  ■社会・時事問題・マスコミについての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

世界一スポーツ選手の平均年収が高いのはサッカーでも野球でもない
チャッカマンは商標・商品名 じゃあ正式名称・一般名称は何?
ジャムおじさんの本名は?若い頃の名前は?バタコさんとの関係は?
ワタミの宅食はブラックじゃなくて超ホワイト?週5月収10万円
朝日あげの播磨屋、右翼疑惑を否定 むしろ右翼に睨まれている?
レーシック難民は嘘くさいしデマ?アメリカの調査では驚きの結果に
赤ピーマンと赤黄色オレンジのパプリカの緑黄色野菜・淡色野菜の分類
アマゾンロッカーってそんなにすごい?日本のコンビニ受け取りは?
就職率100%国際教養大(AIU)の悪い評判 企業は「使いにくい」
ミント・ハッカでゴキブリ対策のはずがシバンムシ大発生 名前の由来はかっこいい「死番虫」
移動スーパーの何がすごいのかわからない 「とくし丸」は全国で約100台
ビジネスの棲み分け・差別化の具体例 異業種対策には棲み分けがおすすめ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
タコイカはタコ?イカ?イカの足の数10本・タコの足8本は本当か?
トンネルのシールドマシンは使い捨て…自らの墓穴を掘っている?
ユリゲラーのポケモンユンゲラー裁判、任天堂が勝てた意外な理由
好待遇・高待遇・厚待遇…正しいのはどれ?間違っているのはどれ?
コメダ珈琲は外資系(韓国系)ファンドが買収したって本当? MBKパートナーズとは?
大塚家具がやばい 転職社員を通報、「匠大塚はすぐ倒産」とネガキャン
不人気予想を覆したアメリカのドラえもん、人気の意外な理由は?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由