Appendix

広告

Entries

舛添都知事擁護の佐々木善三弁護士の経歴 猪瀬直樹・小渕優子を救った実績


2016/6/14:
●舛添都知事擁護の佐々木善三弁護士の経歴
●猪瀬直樹元都知事・小渕優子議員を救った実績
●逆ギレで火に油を注いだ佐々木弁護士


●舛添都知事擁護の佐々木善三弁護士の経歴

2016/6/14:舛添都知事に都合の良い「問題なし」という見解を導き出した佐々木善三弁護士。単純に経歴だけ見ても、特におもしろいところはありません。

・1975年3月 中央大学法学部卒業
・1976年10月 司法試験合格
・1979年3月 司法研修所修了(31期)
・1979年4月 検事任官(東京地検検事)
・2000年4月 東京地検特別捜査部副部長
・2002年9月 法務省大臣官房施設課長
・2004年1月 東京地検交通部長・公安部長
・2005年4月 横浜地検次席検事
・2006年8月 和歌山地検検事正
・2008年1月 最高検察庁検事
・2008年10月 水戸地検検事正
・2010年7月 仙台地検検事正
・2011年8月 京都地検検事正
・2012年11月 検事退官
・2013年2月 弁護士登録(東京弁護士会)、晴海協和法律事務所入所
・2016年3月 ナブテスコ監査役
(佐々木善三 - Wikipediaより)


●猪瀬直樹元都知事・小渕優子議員を救った実績

 ただ、過去に実際に関わった案件の方は、たいていおもしろいですね。まず、東京、大阪両地検の特捜部に長く在籍し、リクルート事件や住専事件などを手がけ、執拗な仕事ぶりで「マムシの善三」の異名を取ったとのこと。ここは、まだそれほどおもしろいところではありません。
(上から目線のプロ第三者 舛添氏調査“マムシの善三”の実績 | 日刊ゲンダイDIGITAL 2016年6月7日より)

 おもしろくなるのは、退官後です。弁護士としての腕は確かにすごいようで、活躍はしています。ただ、庶民としては「それでいいのか?」という案件でばかり活躍しているんですよ。どうも不祥事の火消しに定評があるようです。

 2012年に退官すると、猪瀬直樹前都知事の徳洲会からの現金5000万円受領事件で弁護を担当。刑事処分を略式起訴にとどめました。猪瀬直樹知事の恩人ですね。さらに、トヨタの事件でも活躍。

「昨年、トヨタを揺るがせた米国人女性役員による麻薬密輸容疑での摘発事件でも経営陣のアドバイザー役を務め、古巣の動きを見透かしたように当初から『起訴の可能性は低い』とトヨタ側に断言していたと報じられました」(司法関係者)

 これ以外にも、プロ野球の統一球変更隠蔽問題を検証する第三者委員会の委員、さらに小渕優子元経産相の政治資金問題の第三者委の委員長を歴任。「小渕氏の関与なし」との結論をまとめ、問題は幕引きが図られており、右派議員らを何度も救っています。
(関連:証拠隠滅疑惑の小渕優子議員の団体間の寄付、大半が架空か?トヨタ役員不起訴(起訴猶予)はおかしい?オキシコドンで有罪の例あり)


●逆ギレで火に油を注いだ佐々木弁護士

 ただ、法的な部分での火消しは得意であっても、マスコミ対応や国民への疑念払拭といった火消しは得意ではないのかもしれません。

 舛添都知事の「第三者調査」への疑問(前)|データ・マックス NETIB-NEWSによると、記者との質疑応答で、佐々木弁護士が記者に対して”逆ギレ”した様子がネットで話題になってしまいました。

 例えば、NHKの記者がヒアリングを行った関係者について質問すると、佐々木弁護士は次第にヒートアップ。「関係者と言うのは関係者」「そういうヒアリングを行うことに意味はあるのか」「あなたは事実認定を知らない」「全てヒアリングしなければならないというものではない」などと、声のトーンを上げ、早口でまくしたて始めました。

 また、自らの発言の意味を理解しているのか?と思えるような言動も。不適切と判断した千葉県のリゾートホテルへの支出について、会議に出席したとされる出版社の社長に会わないまま調査をしたことを明らかにしていたそうです。周辺に確認して事実と認定したというものの、直接本人に聞いていないのでは、本当に会議があったのかすら疑わしいと考えざるを得ません。

 今回はむしろ燃料投下して炎上させた感じで、決してうまかったとは言えないでしょうね。


【本文中でリンクした投稿】
  ■証拠隠滅疑惑の小渕優子議員の団体間の寄付、大半が架空か?
  ■トヨタ役員不起訴(起訴猶予)はおかしい?オキシコドンで有罪の例あり

【その他関連投稿】
  ■日本最強の弁護士弘中惇一郎 「無罪請負人」「カミソリ弘中」の異名も
  ■升永英俊弁護士 一票の格差違憲無効判決の立役者は超個性的
  ■裁判員制度の問題点3 審理短縮を目的とした拙速さ、素人への配慮による誤判・誤審の誘引
  ■誰得な裁判員制度 遺体写真を見て気を失う・死刑判決も破棄
  ■裁判員は命がけ 暴力団員の殺人未遂事件で圧力、報復恐れ辞退者続出
  ■人生・生活についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

世界一スポーツ選手の平均年収が高いのはサッカーでも野球でもない
チャッカマンは商標・商品名 じゃあ正式名称・一般名称は何?
ジャムおじさんの本名は?若い頃の名前は?バタコさんとの関係は?
ワタミの宅食はブラックじゃなくて超ホワイト?週5月収10万円
朝日あげの播磨屋、右翼疑惑を否定 むしろ右翼に睨まれている?
レーシック難民は嘘くさいしデマ?アメリカの調査では驚きの結果に
赤ピーマンと赤黄色オレンジのパプリカの緑黄色野菜・淡色野菜の分類
アマゾンロッカーってそんなにすごい?日本のコンビニ受け取りは?
就職率100%国際教養大(AIU)の悪い評判 企業は「使いにくい」
ミント・ハッカでゴキブリ対策のはずがシバンムシ大発生 名前の由来はかっこいい「死番虫」
移動スーパーの何がすごいのかわからない 「とくし丸」は全国で約100台
ビジネスの棲み分け・差別化の具体例 異業種対策には棲み分けがおすすめ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
タコイカはタコ?イカ?イカの足の数10本・タコの足8本は本当か?
トンネルのシールドマシンは使い捨て…自らの墓穴を掘っている?
ユリゲラーのポケモンユンゲラー裁判、任天堂が勝てた意外な理由
好待遇・高待遇・厚待遇…正しいのはどれ?間違っているのはどれ?
コメダ珈琲は外資系(韓国系)ファンドが買収したって本当? MBKパートナーズとは?
大塚家具がやばい 転職社員を通報、「匠大塚はすぐ倒産」とネガキャン
不人気予想を覆したアメリカのドラえもん、人気の意外な理由は?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由