Appendix

広告

Entries

直接民主制が解決しないもの


 以前も直接民主制の長所と短所を書いたのですが、もう少し調べているとおもしろい話を見つけました。


 直接民主制は「民主主義」? 2002年10月22日 辻雅之は、

民主主義をトレーニングするシリーズ第2弾。直接民主主義こそ本来の民主主義だ、という主張がありますが、どうなんでしょうか。先人たちの言葉を借りながら、解説していきます。

 という趣旨らしいです。

 「シリーズ」と書かれていながら第3弾以降は見つからなかったのですけど、この「第2弾」はおもしろかったです。


 で書いたように現代における直接民主制の一つの形である国民投票(住民投票、レファレンダム)ですが、これにも「いろんな問題点があります」とのこと。


 その例としては、まずスウェーデンで1980年に行われた原発についての国民投票。(この投稿の下書きを書いたのは2月26日のことであり、原発が出てきますが他意はありません)

 選択肢は「原発容認」「12の稼働中原発のみ容認」「原発反対」の3項目で、

●原発容認 904,968票 18.9%
●稼働中原発のみ容認 1,869,344票 39.1%
●原発反対 1,846,911票 38.7%

 といった結果に。スパッとした結果になりません。

 そのせいかなかなか決まらず、1988年になってようやく「2010年メドに原発を廃棄」を決定。これは国民投票の結果を汲んでいるのか、汲んでいないのか難しいところです。

 しかも、スウェーデンはその後1997年に閉鎖期限を撤廃して、政策転換へと徐々にかじを切っていき、既存の原発の原子炉建て替えを認める法案を賛成174、反対172の小差で可決したそうです。(スウェーデン、脱原発政策を転換 30年ぶり、小差で可決 共同通信より。日付未記載ですが、おそらく法案可決は2010/6/17)

 ちなみに「スウェーデンの電力の原発依存度は約48%」とのことで、転換するにしても相当時間がかかりそうです。


 このまま原発の話を書くと話が逸れるので切り上げますが、国民投票では選択肢作り、あるいは投票結果の評価などを考えると、複雑な意思決定には向かないということなのかもしれません。


 じゃあ、イエスか、ノーか?という単純な投票なら、直接民主制は理想的なのでしょうか?

 1995年にカナダの一州、ケベックの独立を問う住民投票では、

●独立賛成 49.4%
●独立反対 50.6%

 という極めて小差で独立が否決されたそうです。

 これについて、記事では、

これなんかのはずみで、ケベックが独立していたかもしれない感じですよね。そのとき、ほぼ半数の人々は、わずか数人かもしれない差のために、カナダという国から無理矢理お別れしなくてはならないわけです。

 とありましたが、この時点で既に独立賛成派の人々は苦い思いをしています。ほぼ半数の賛成派の人にしてみれば、「わずか」な差のために独立することができず、「無理矢理」カナダに留まらねばいけなかったのです。

 まあ、これもその前のものも直接民主制に限らず、民主主義自体の問題ではあります。少なくともこの点に関しては、直接民主制であるからといって、解決することではないということでしょう。


 また、ルソーは『社会契約論』のなかで「一般意志は誤ることができるか」という章を立て、「誤ることはないが、徒党を組んで人を欺き、かれらのための意志(特殊意志)を一般意志だとみんな勘違いしないようにしよう」と書いたそうです。

 これは「一般意志とちがうものを一般意志だと間違えることはあるから注意しよう」という意味で、マスメディアによる世論操作や、一部政治家のデマゴーグ的言動など、現代民主政治にもあてはまる重要な教訓だと言います。

 結局、これも間接民主制でもいっしょの問題ではありますが、直接民主制の方がより危険だと考えます。だって、今まで何度も「政治家に騙された」「マスコミに騙された」と嘆くことを人々は繰り返してきたわけです。

 そもそも自分たちで選んでおいて、政治に不満があるというのは、選択が失敗しているということに他なりません。政治家と国民のどちらが騙されやすいかと言うと、やはりそれは国民でしょう。


 さらに記事では、”ルソーは「一般意志=みんなのための意志」と思ってますからこれは1つしかない、全員一致になるはずだ、という前提ですが、どうでしょうか”と疑問を投げかけています。

 実はその例が先のケベックの独立を問う住民投票で、私が順番を入れ替えたのですけど、意見が分かれることが往々にしてあるよということです。と言うか、分かれないのが明確でしたら、投票なんかしなくても済みそうです。


 その他、プラトンの書いた『クリトン』でのソクラテスの、

「多数の意見は、必ず正しいのかね」

 という言葉が引用されており、実際ソクラテスは多数の意見によって死刑を命じられました。(後に人々は後悔したようですが、後の祭りです。一般意志が間違っていた例と言えそうです)


 結局、間接民主制だろうと直接民主制だろうと、民衆みんなが賢くなる以外に、良い政治が行われる方法はないと思います。


 関連
  ■直接民主制の長所と短所
  ■民主主義は戦争の副産物
  ■アテネの直接民主制がうまくいったのは短期間
  ■その他の政治について書いた記事
  ■浦安市前代未聞の選挙拒否
  ■リバタリアン・パターナリズムの例

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

世界一スポーツ選手の平均年収が高いのはサッカーでも野球でもない
チャッカマンは商標・商品名 じゃあ正式名称・一般名称は何?
ジャムおじさんの本名は?若い頃の名前は?バタコさんとの関係は?
ワタミの宅食はブラックじゃなくて超ホワイト?週5月収10万円
朝日あげの播磨屋、右翼疑惑を否定 むしろ右翼に睨まれている?
レーシック難民は嘘くさいしデマ?アメリカの調査では驚きの結果に
赤ピーマンと赤黄色オレンジのパプリカの緑黄色野菜・淡色野菜の分類
アマゾンロッカーってそんなにすごい?日本のコンビニ受け取りは?
就職率100%国際教養大(AIU)の悪い評判 企業は「使いにくい」
ミント・ハッカでゴキブリ対策のはずがシバンムシ大発生 名前の由来はかっこいい「死番虫」
移動スーパーの何がすごいのかわからない 「とくし丸」は全国で約100台
ビジネスの棲み分け・差別化の具体例 異業種対策には棲み分けがおすすめ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
タコイカはタコ?イカ?イカの足の数10本・タコの足8本は本当か?
トンネルのシールドマシンは使い捨て…自らの墓穴を掘っている?
ユリゲラーのポケモンユンゲラー裁判、任天堂が勝てた意外な理由
好待遇・高待遇・厚待遇…正しいのはどれ?間違っているのはどれ?
コメダ珈琲は外資系(韓国系)ファンドが買収したって本当? MBKパートナーズとは?
大塚家具がやばい 転職社員を通報、「匠大塚はすぐ倒産」とネガキャン
不人気予想を覆したアメリカのドラえもん、人気の意外な理由は?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由