Appendix

広告

Entries

国歌歌えないのは日本代表じゃない → 五輪は国家間の競争ではない、オリンピック憲章で規定


 日本代表なんだから国歌を歌わないやつは問題だ!と言う人がいるのですが、実はこれオリンピック憲章に反したものでした。オリンピックは国家間の競争ではなく、選手間のものだって明記されているのです。(2016/7/4)

2017/09/25:期待を裏切った日本代表選手に「非国民」など非難が殺到


【クイズ】「私は(金メダルを)30個取れと厳命している。取れなかったらクビになる人が出ると思っているが、そのくらいの気持ちがないと」と発言した人は?

(1)遠藤利明・五輪担当相
(2)下村博文・前文部科学大臣
(3)馳浩・文部科学大臣


●日本語がわからない森元首相「国歌歌えないのは日本代表じゃない」と苦言

2016/7/4:日本語の表現を理解できない人がいるのは仕方ないのですが、自分が理解できていないだけなのに勘違いして、偉そうなこと言われるのには参ってしまいます。

 東京・代々木の体育館で3日にあったリオデジャネイロ五輪の代表選手団の壮行会。場内ではみんなで声を合わせて歌う<「斉唱」ではなく「国歌独唱」とアナウンスされ、ステージ上のモニターにも「国歌独唱」と表示されていました。

 ところが、これをどうも2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長は、歌うべきなのに歌わなかったと勘違い。 「国歌を歌えないような選手は日本の代表ではない」と来賓のあいさつでそうおっしゃったそうです。
(「国歌歌えない選手、日本代表じゃない」森喜朗氏:朝日新聞デジタル 2016年7月3日18時56分 より)


●国家間の競争ではない、オリンピック憲章で規定

 このニュースに関して、「今回は早とちりだが言っていることは正しい」といった反応が多く見られました。ただ、はてなブックマークでは、この考え方は輪憲章違反だと指摘されていました。

“「オリンピック競技大会は、個人種目または団体種目での選手間の競争であり、国家間の競争ではない」(オリンピック憲章) / JOCによる解説→ http://www.joc.or.jp/olympism/education/20090201.html”(mikawa_1964 2016/07/03)
“森元の通常営業だからこそ、もっと怒るべきと思う。オリンピックの精神に反するんだし、よりによってオリンピック憲章分かってない輩が組織委員長やってるんだから”(penguaholic 2016/07/03)
“私は五輪でも選手のモチベーションは「自身の野心・挑戦欲」でいいと思ってて、「日本の皆さんのためにメダルを」など言わなきゃならない空気には違和感あるので、そういう空気をさらに押し付けてほしくない”(pinkyblue 2016/07/03)
“タイミング的にコーランを暗誦させて出来ないと危害を加えたテロリストと重なる。そのうち君が代を歌えないと非国民にされるようになる。”(s_atom11 2016/07/03)
“日本会議の方向を向いた得点稼ぎ。こういう系でしか存在感示せない無政策政治屋。歌の声量まで文句つけられたくないわ”(banana771 2016/07/03)
JOC - オリンピズム | オリンピズムってなんだろう 第3回 オリンピック憲章を読んでみよう II

第1章では、オリンピック競技大会についてさらにこんなことが書いてあるよ。
オリンピック競技大会は、個人種目または団体種目での選手間の競争であり、国家間の競争ではない。

(中略) つまり、オリンピックは国同士の競争ではなくて、その競技に出場する選手やチーム同士の競争です、と定めているんだ。

でも、表彰式では勝った選手の国の国旗をかかげたり、国歌を演奏したりしているよ。

それは、メダルを獲得した選手たちをたたえるための、ひとつの方法としてやっているんだ。お父さんも含めて、みんなはメダルの数を国別で数えたりして、ついついオリンピックを国同士の競争のように見てしまいがちだろう? でも、オリンピックで勝利をおさめた栄誉は、<あくまでも選手たちのものだとオリンピック憲章では定めていて、国別のメダルランキング表の作成を禁じているんだよ。

●オリンピック精神がない日本

 そうだったのか!と驚いてしまいましたが、そういや、うちでも以前、オリンピック精神がない日本「金メダル30個厳命、取れなきゃクビ」遠藤利明五輪担当相が発言というの似たようなものをやっていました。忘れていましたわ。


【クイズ】「私は(金メダルを)30個取れと厳命している。取れなかったらクビになる人が出ると思っているが、そのくらいの気持ちがないと」と発言した人は?

(1)遠藤利明・五輪担当相
(2)下村博文・前文部科学大臣
(3)馳浩・文部科学大臣

【答え】(1)遠藤利明・五輪担当相


 あと、五輪憲章絡みだと、<LGBTを差別する国はオリンピック開催国として失格 東京五輪は大丈夫なのか?>(LGBT法案反対の理由 差別解消で息苦しい社会に・納税者にも不公平にまとめ)というのもやっています。保守思想はことごとくオリンピック精神に反しており、汚職以外の意味でも東京五輪は返上した方が良いんじゃないの?と、おすすめしたくなります。


●期待を裏切った日本代表選手に「非国民」など非難が殺到

2017/09/25:9月4日(21:00~22:54)に放送される同局系バラエティ特番『くりぃむしちゅーの掘れば掘るほどスゴイ人』で、アテネ五輪マラソン金メダリストの野口みずきさんが北京五輪辞退後の失そうの話をする…という宣伝みたいな記事がありました。

 野口さんは、2004年アテネ五輪で金メダル獲得。翌05年にも今も破られていない日本記録2時間19分12秒を打ち立てていました。北京五輪も金メダルが確実…という期待の中で、マラソンスタートの5日前に、ケガのために出場辞退を発表。以下のような理由があったそうです。

「2個目の金メダルを獲りたいという目標があったので、アナネ五輪よりもさらに強い脚力を鍛えようとして、脚のケガに至ってしまいました…」

 タイトルになっていた失踪というのは、「極秘で北海道に身を潜めていました…」という話。ただ、私が一番気になったのは、出場辞退のときの国民の反応です。バッシングされ、非難のメールや手紙が殺到、「非国民」という声まであがったというのが、身を潜めざるを得なかった理由でした。
(野口みずき、北京五輪辞退後の失そう初告白「極秘で北海道に身を潜めて…」 マイナビニュース / 2017年9月4日 4時0分より)

 これなんかも完全にオリンピックの精神に反するもの。マスコミはもっとここらへんの指摘をして、日本の民度を高めた方が良いです。野蛮で下卑た行いでした。


【本文中でリンクした投稿】
  ■オリンピック精神がない日本「金メダル30個厳命、取れなきゃクビ」遠藤利明五輪担当相が発言
  ■<LGBTを差別する国はオリンピック開催国として失格 東京五輪は大丈夫なのか?>(LGBT法案反対の理由 差別解消で息苦しい社会に・納税者にも不公平にまとめ)

【その他関連投稿】
  ■不正誘致ならロンドン五輪の報道も日本人は歓迎、東京五輪返上ムードが蔓延
  ■費用3倍・維持費激増でも新国立競技場に木製いすを!自民議員らが要望
  ■舛添要一都知事が叩かれるのは、東京五輪で自民党利権を潰したせい?森喜朗元首相との確執などが動機
  ■東京五輪は絶対盛り上がる!歓迎しない人はむしろ非国民と叩かれる
  ■東京五輪中止問題:裏金は2億円じゃなくて37億?竹田恆和会長が物証があることを証言
  ■文化・芸術・宗教・海外との比較についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

世界一スポーツ選手の平均年収が高いのはサッカーでも野球でもない
チャッカマンは商標・商品名 じゃあ正式名称・一般名称は何?
ジャムおじさんの本名は?若い頃の名前は?バタコさんとの関係は?
ワタミの宅食はブラックじゃなくて超ホワイト?週5月収10万円
朝日あげの播磨屋、右翼疑惑を否定 むしろ右翼に睨まれている?
レーシック難民は嘘くさいしデマ?アメリカの調査では驚きの結果に
赤ピーマンと赤黄色オレンジのパプリカの緑黄色野菜・淡色野菜の分類
アマゾンロッカーってそんなにすごい?日本のコンビニ受け取りは?
就職率100%国際教養大(AIU)の悪い評判 企業は「使いにくい」
ミント・ハッカでゴキブリ対策のはずがシバンムシ大発生 名前の由来はかっこいい「死番虫」
移動スーパーの何がすごいのかわからない 「とくし丸」は全国で約100台
ビジネスの棲み分け・差別化の具体例 異業種対策には棲み分けがおすすめ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
タコイカはタコ?イカ?イカの足の数10本・タコの足8本は本当か?
トンネルのシールドマシンは使い捨て…自らの墓穴を掘っている?
ユリゲラーのポケモンユンゲラー裁判、任天堂が勝てた意外な理由
好待遇・高待遇・厚待遇…正しいのはどれ?間違っているのはどれ?
コメダ珈琲は外資系(韓国系)ファンドが買収したって本当? MBKパートナーズとは?
大塚家具がやばい 転職社員を通報、「匠大塚はすぐ倒産」とネガキャン
不人気予想を覆したアメリカのドラえもん、人気の意外な理由は?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由