Appendix

広告

Entries

スペースデブリ問題は日本にチャンス?JAXAが除去用のロボット衛星を開発


 スペースデブリは宇宙ゴミとも言い、その名の通り、宇宙で邪魔になっているゴミです。そして、ゴミであるので、できれば掃除しておきたいところ。ということで、日本のJAXAはこのスペースデブリを除去する技術を開発しているみたいですね。私はビジネスチャンスとしても期待したいと感じました。

2011/4/26:
●問題あるスペースデブリ、日本のJAXAが除去用のロボット衛星を開発
●除去方法は二通り…スペースデブリと心中する方法も検討
●漁網メーカー「日東製網」も宇宙ごみ除去システムを開発
●スペースデブリ問題は日本にチャンス?ビジネスになりそうな予感

元JAXA研究員も驚いた!ヤバい「宇宙図鑑」 [ 谷岡憲隆 ]


●問題あるスペースデブリ、日本のJAXAが除去用のロボット衛星を開発

2011/4/26:間に、なぜ落下しない?人工衛星が地球に落ちてこない理由などの投稿をはさみましたが、中国だけじゃなかった…スペースデブリ大量発生で事故の問題を起こしていた国の続きです。

 このシリーズ最初の中国だけじゃなかった…スペースデブリ大量発生で事故の問題を起こしていた国で書いたように、スペースデブリ(宇宙ゴミ)は他の人工衛星などと衝突するおそれがあり、迷惑極まりないゴミでした。そこで、このゴミを取ってしまおうという研究があるのです。

 元記事がとっくの昔に消滅しており詳細はわかりませんが、スラッシュドットジャパンによると、JAXA(宇宙航空開発研究機構)は、地球軌道上の大型デブリをロボット衛星で捕獲し、地球に再突入させて除去する技術を開発し、2011年度に実験を行うとNIKKEI NETが報じていました。

 JAXAのWebサイトでは取り上げられていないため、詳しい内容についてはわかりません。ただ、以前からJAXAではデブリ除去のための研究を行ってきたことは知られています。なので、実験衛星を打ち上げるめどがついたのではないだろうか?と予想されていました。


●除去方法は二通り…スペースデブリと心中する方法も検討

 また、ここのコメント欄では、以下の二通りに解釈し得る、と指摘していました。

・地球軌道上の大型デブリをロボット衛星で捕獲し、「ロボット衛星もろとも」地球に再突入させて除去する
・地球軌道上の大型デブリをロボット衛星で捕獲し、「大型デブリだけ」地球に再突入させて除去する

 これを受けてさらに別の人が補足。リンク先を読むと、両方想定しているようで、小型衛星で捕獲し、もろとも落下するタイプと、テザーを取り付けて廃棄衛星のみ落下させるタイプの2種類が研究されている、としていました。なお、この説明の中で出てきたテザーとは紐のことで、次の話でも出てきます。


●漁網メーカー「日東製網」も宇宙ごみ除去システムを開発

 上記の投稿は2009年03月17日のことですが、2011年01月27日23時00分の宇宙で網漁!? 漁網メーカーとJAXAがコラボって開発中の「宇宙ごみ除去システム」、そして「宇宙ごみ」とは何なのか? GIZMODOという新しい話もあります。

 こちらは広島県の老舗漁網メーカー「日東製網」が、宇宙航空研究開発機構(JAXA)と「宇宙ごみ除去システム」というものを開発していることを伝えるものでした。以下のようなしくみです。

1.ロボットアームを使って、金属で編んだ長さ数キロの「導電性テザー」と呼ばれる細長い網をスペースデブリにとりつける。
2.デブリにとりついた網は地球のまわりを周回するうちに電気を帯び、地球の磁場と影響し合ってデブリごと大気圏まで高度を引き下げる。(リンク先には図があり、ローレンツ力がどうのとあって、フレミングの左手の法則で考えましたがよくわかりません)
3.大気圏へ再突入させ燃やしてしまう。


●スペースデブリ問題は日本にチャンス?ビジネスになりそうな予感

 最初の引用ページのコメントには、今は採算が取れなくても、今後釣り合うときが来るのではないかと予想していました。

<今いくら効率悪くて採算合わなかろうが、
放っておいたら、宇宙開発のコストはどこまでも上がるわけですから、
必ずどこかで採算は合いますよね>

 人工衛星を飛ばせば飛ばすほど、スペースデブリも増えてリスクが上がっていくでしょう。そして、これを積極的に排除しなくてはいけなくなるときが来れば、そこに商機があるのではないか?と私も思いました。JAXAにはたっぷりと技術を上げといてもらって、日本の有望産業にしてくれたらなぁと夢を見ておきます。


【本文中でリンクした投稿】
  ■中国だけじゃなかった…スペースデブリ大量発生で事故の問題を起こしていた国
  ■なぜ落下しない?人工衛星が地球に落ちてこない理由

【関連投稿】
  ■月が地球から遠ざかる理由 逆に言えば昔はもっと近い距離にあった?
  ■小惑星の衝突から地球を守る方法
  ■科学・疑似科学についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

世界一スポーツ選手の平均年収が高いのはサッカーでも野球でもない
チャッカマンは商標・商品名 じゃあ正式名称・一般名称は何?
ジャムおじさんの本名は?若い頃の名前は?バタコさんとの関係は?
ワタミの宅食はブラックじゃなくて超ホワイト?週5月収10万円
朝日あげの播磨屋、右翼疑惑を否定 むしろ右翼に睨まれている?
レーシック難民は嘘くさいしデマ?アメリカの調査では驚きの結果に
赤ピーマンと赤黄色オレンジのパプリカの緑黄色野菜・淡色野菜の分類
アマゾンロッカーってそんなにすごい?日本のコンビニ受け取りは?
就職率100%国際教養大(AIU)の悪い評判 企業は「使いにくい」
ミント・ハッカでゴキブリ対策のはずがシバンムシ大発生 名前の由来はかっこいい「死番虫」
移動スーパーの何がすごいのかわからない 「とくし丸」は全国で約100台
ビジネスの棲み分け・差別化の具体例 異業種対策には棲み分けがおすすめ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
タコイカはタコ?イカ?イカの足の数10本・タコの足8本は本当か?
トンネルのシールドマシンは使い捨て…自らの墓穴を掘っている?
ユリゲラーのポケモンユンゲラー裁判、任天堂が勝てた意外な理由
好待遇・高待遇・厚待遇…正しいのはどれ?間違っているのはどれ?
コメダ珈琲は外資系(韓国系)ファンドが買収したって本当? MBKパートナーズとは?
大塚家具がやばい 転職社員を通報、「匠大塚はすぐ倒産」とネガキャン
不人気予想を覆したアメリカのドラえもん、人気の意外な理由は?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由