Appendix

広告

Entries

ジェネリック家電の雄YAMAZEN(山善)はどんな特徴?扇風機で最大手


2016/8/4:
●扇風機最大手は老舗の有名メーカーではなく、YAMAZEN(山善)
●大手家電メーカーは客がほしいものがわからない…本当に必要なのは?
●専門企業より素人企業の方が実は良い?異業種参入ならではの強み
2020/04/19:
●2万8000円も一気にアップ!山善は初任給引き上げ企業の代表例
2021/09/02追記:
●山善「最先端の商品や成長分野は間違い。絶対もうからない」 【NEW】


【クイズ】山善の祖業(祖先のはじめた事業。祖先から伝えられた事業)は?

(1)おもちゃ製造
(2)工具の卸販売
(3)レーダー探知機の製造


●扇風機最大手は老舗の有名メーカーではなく、YAMAZEN(山善)

2016/8/4:家電もジェネリック 格安・単機能、パナ出し抜く  :日本経済新聞(中藤玲、中村雄貴)[日経産業新聞2015年8月20日付]によると、2015年8月中旬のヨドバシカメラマルチメディアAkibaの扇風機売り場では、なじみがないブランドがパナソニックなど大手の製品より目立つ場所に立っていたそうです。

 電気店では当然売りたい商品を目立たせるもの。ですので、名前の売れていないメーカーの商品であっても良い商品だと予想されます。

 ここで目立っていた扇風機は、いわゆる「ジェネリック家電」といわれるもの。そして、"その中で最安値が2000円以下と他社を大きく引き離すのが「ジェネリック家電の雄」と呼ばれる「YAMAZEN」"だとのこと。"1947年創業の老舗専門商社、山善(大阪市)が生産する"ブランドです。

 "現在はシェア3割"で、"日本で最も多く「風」を売る企業"としていますので、おそらくシェアナンバーワンなのでしょう。

 私は扇風機だと、バルミューダの優しい風の扇風機GreenFan2、市場に革命を起こすのバルミューダを応援したいのですが、記事では以下のように書いていました。
 家電大手は内需の大幅な拡大が見込めない中で高付加価値品にかじを切り、低価格で単一機能の商品から手を引いた。その間隙をジェネリック家電がついたのだ。

 扇風機では英ダイソンが羽根のない製品、ベンチャーのバルミューダが2枚羽根で音が小さくする技術を導入した高級機種で存在感を増す。ある家電量販店幹部は「大手のブランド力だけでは通用しない」と指摘。二極化する市場で大手は需要をつかみ切れていない。

●大手家電メーカーは客がほしいものがわからない…本当に必要なのは?

 大手家電メーカーは企業向けが勝ち組で、家庭向けが負け組とされています。そのうち勝ち組とされていた東芝は結局誤魔化しだったのですが、まあ、基本的にはそう言われていました。ただ、日本の家庭向け家電が単に儲からなくなったというよりは、大手家電メーカーがお客さんがほしいものを作れないだけかもしれませんね。

 これは昨年同じ記事をベースに書いた大手にないジェネリック家電のすごさ CCPのロボット掃除機・ユピテルのカーナビでも思いましたが、今回引用した上記の部分からもそう感じます。

 一方で、山善はお客さんがほしいものを理解している…という話になります。これは、ジェネリック家電全般にも言えることでしょう。山善はジェネリック家電を以下のように定義付けしているそうです。

(1)大手製品の半分の価格
(2)シンプルな機能
(3)ベーシックなデザイン

 私は前回の投稿のときにシンプルな機能を特に強調しました。日本企業は技術、技術と言って、ありがたくもない高機能や多機能の効果各商品を作りたがりますが、誰もそんなものを欲しがってはいないのです。作り手の自己満足商品であって、そこに客の目線は存在しないと感じます。


●専門企業より素人企業の方が実は良い?異業種参入ならではの強み

 また、前回大手にないジェネリック家電のすごさ CCPのロボット掃除機・ユピテルのカーナビでジェネリック家電メーカーの良さとして強調した、異業種参入ならではのもともとあった強みについては、山善についても言えそうな感じでした。山善の場合もたいへんおもしろい話になっています。

 山善は自社工場を持っていません。これは日本人の感覚だと、ダメな企業でいろいろな面で不利に見えるかもしれません。ただ、前回機能の絞り込みがうまいと書いた世界のアップルも実はそういう企業なんですよ。他にも、意外に有名企業があるファブレス企業・メーカー 任天堂・ダイドードリンコ・やおきんなどで書いたように、こういう企業は結構あります。

 アップルは交渉力が強く、下請けの島野製作所がアップルを提訴 特許漏洩や脅迫まがいの値下げ要求なんて事件も起こしました。ただ、自社工場がないということは、交渉力が弱い企業にはマイナスに働く可能性があります。デメリットもあるにはあるんですね。ただし、山善がおもしろいのは、優良工場の確保が難しくなった中国において、全く苦労しなかったこと。これは山善の本業に関連します。山善はもともと工作機械の商社・卸売業で、これが強みになっているのです。

<15年3月期の全売上高4358億円のうち約7割は国内外の工作機械や機械工具の卸事業。1978年に卸で参入した家電事業は746億円にすぎない。工作機械を中国企業に卸すなかで現地で豊富なネットワークを築いてきた。
 深圳の協力工場は、もともと台湾企業で工作機械の得意先だった。80年に山善の自社ブランド品開始にあわせて生産受託を決め、コストが安い中国に移った。今は年600万台の扇風機を生産し、ほかの企業にも供給。米ウォルマート・ストアーズ向けに調理家電も生産するが、川辺係長は「山善の生産を最優先にしてくれる」と強調する>


【クイズ】山善の祖業(祖先のはじめた事業。祖先から伝えられた事業)は?

(1)おもちゃ製造
(2)工具の卸販売
(3)レーダー探知機の製造

【答え】(2)工具の卸販売 (おもちゃ製造とレーダー探知機は、大手にないジェネリック家電のすごさ CCPのロボット掃除機・ユピテルのカーナビで書いたCCP・ユピテルから)


 本当おもしろいなぁと思うのが、山善は中国の工場だけでなく、国内の販売店とも繋がりをもともと持っていたということです。やはり卸売業の関係ですね。記事では、<商社の強みは国内の販売戦略にも息づく>とした上で、以下のような話を書いていました。

<祖業は地域販売店への工具の卸販売だ。ホームセンター(HC)にも強く、HCが生活家電を扱い始めたころ、競合企業との違いを出すために家電の卸事業に参入した経緯がある。現在もパナソニックなど大手の製品を卸すが、その販路で大手にはない商品を売る。すみ分けを確立した品ぞろえが大手量販店の目にとまり、今は商品リクエストが後を絶たない>

 「大手にはない商品」「すみ分けを確立した品ぞろえ」とあるように、差別化できていて商品に魅力があることは必須なわけですが、本業が異業種参入にうまく活きているというのに関心しました。



●2万8000円も一気にアップ!山善は初任給引き上げ企業の代表例

2020/04/19:山善に関する新しい記事を探したのですけど、あまりおもしろいものはないですね。とりあえず見つけた山善の名前が出ている記事としては、関西企業、3割超が初任給上げ 14社が1万円以上: 日本経済新聞(2018年4月23日 20:22 )というもの。初任給を引き上げ企業の代表例として、山善が2万8000円が挙げられていました。

 また、本来は商社だということを思い出す極寒の地・ノルウェー発の「millヒーター」を山善が販売開始! 日本オリジナル機能も - 価格.comマガジンという記事も発見。これは山善が作っているわけではなく、日本での総代理店として取り扱いをスタートしたというニュースです。

 ここで出ていた「mill」というのは、2012年にノルウェーで設立されたヒーターブランド。ブランド設立からわずか8年にして、高品質な暖房器具が必須となる北欧で人気を博したとされていました。オイルヒーター、コンベクションヒーター、パネルヒーターなどを開発したもので、製品はデザインまで含めてすべてノルウェー内で設計。メイドインノルウェーな感じですね。

 特徴としては、シンプルで部屋に馴染むデザイン。デザインだけでなく、操作もシンプルだそうです。ノルウェーでは就寝中もずっとヒーターをつけっぱなしにしておくのが普通であるものの、日本向けに「おやすみタイマー」機能も追加。現地に合わせるのは大事だと私は常日頃言っており、良い対応だと思います。


●山善「最先端の商品や成長分野は間違い。絶対もうからない」

2021/09/02追記:シャープの倒産危機は必然?他社社員を「おまえ」と呼んで嫌われるを読見直していて、山善が出ていたことに気づきます。実に山善らしい話をしているものの、当時はどんな会社か知らなかったのでそこらへんについては触れていませんでした。なお、リンク先のタイトルになっていたのは、シャープは入社1~2年目の若手社員でさえも、取引先の従業員を「おまえ」と呼ぶというクソな逸話です。

 一方、山善の話というのは、関西家電の特集で取材していた記者が、山善の取材のときに印象に残ったという話。山善の白石忠史・上席執行役員は「最先端の商品や成長分野をやらないとあかんとよく言うけど、大きな間違い。先端商品は絶対にもうからない」と話していたのが印象的だったという話をしています。

<最先端分野は次にどのような商品が生まれてどう流れが変わるか分からない。価格もすぐに下落する。山善ではコモディティー化した製品に商機があるとみています。ローテクでありふれた製品でも、消費者が本当にほしいものを作れば利益は出る。肝心なのは消費者のニーズにしっかり向き合うことなんですね>

 当時、私は「正解というのは一つではないと思います。なので、先端商品が得意な企業はそれはそれで良いと思いますよ」と書いていました。これは今でもそう思いますが、最先端ではなく注目されない古いありふれた家電であっても消費者に求められるものを作ればきちんと利益を出せる…というのは、本当に「これぞ山善」という考え方でした。


【本文中でリンクした投稿】
  ■シャープの倒産危機は必然?他社社員を「おまえ」と呼んで嫌われる
  ■大手にないジェネリック家電のすごさ CCPのロボット掃除機・ユピテルのカーナビ
  ■バルミューダの優しい風の扇風機GreenFan2、市場に革命を起こす
  ■下請けの島野製作所がアップルを提訴 特許漏洩や脅迫まがいの値下げ要求
  ■意外に有名企業があるファブレス企業・メーカー 任天堂・ダイドードリンコ・やおきんなど

【その他関連投稿】
  ■発熱不具合で評判最悪のスマホARROWS、富士通では良い思い出扱い
  ■ハイアール、壊れやすいけど高アフターサービス 日本メーカーは?
  ■実は革命的だったカカクコムの延長保証アフターサービス・価格.comプラス
  ■アップルや韓国サムスンの危機が、日本が復活せずマイナスとなる理由
  ■企業・会社・組織についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

世界一スポーツ選手の平均年収が高いのはサッカーでも野球でもない
チャッカマンは商標・商品名 じゃあ正式名称・一般名称は何?
ジャムおじさんの本名は?若い頃の名前は?バタコさんとの関係は?
ワタミの宅食はブラックじゃなくて超ホワイト?週5月収10万円
朝日あげの播磨屋、右翼疑惑を否定 むしろ右翼に睨まれている?
レーシック難民は嘘くさいしデマ?アメリカの調査では驚きの結果に
赤ピーマンと赤黄色オレンジのパプリカの緑黄色野菜・淡色野菜の分類
アマゾンロッカーってそんなにすごい?日本のコンビニ受け取りは?
就職率100%国際教養大(AIU)の悪い評判 企業は「使いにくい」
ミント・ハッカでゴキブリ対策のはずがシバンムシ大発生 名前の由来はかっこいい「死番虫」
移動スーパーの何がすごいのかわからない 「とくし丸」は全国で約100台
ビジネスの棲み分け・差別化の具体例 異業種対策には棲み分けがおすすめ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
タコイカはタコ?イカ?イカの足の数10本・タコの足8本は本当か?
トンネルのシールドマシンは使い捨て…自らの墓穴を掘っている?
ユリゲラーのポケモンユンゲラー裁判、任天堂が勝てた意外な理由
好待遇・高待遇・厚待遇…正しいのはどれ?間違っているのはどれ?
コメダ珈琲は外資系(韓国系)ファンドが買収したって本当? MBKパートナーズとは?
大塚家具がやばい 転職社員を通報、「匠大塚はすぐ倒産」とネガキャン
不人気予想を覆したアメリカのドラえもん、人気の意外な理由は?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由