Appendix

広告

Entries

高齢者は機器で扱え!虐待と介護士の腰痛悪化を選んだ安倍政権


【クイズ】戦前は「進め一億火の玉だ」「一億玉砕」「一億(総)特攻」といったスローガンがありましたが、1940年の日本の人口として正しいものはどれでしょう?

(1)7307万5千人
(2)8411万5千人
(3)9430万2千人


●高齢者は機器で扱え!が正しい

 このタイトルで伝わったかどうかわからないんですが、高齢者は機器で扱うのがけしからんって話じゃないんです。全く逆に、高齢者を機器で扱わないとそれが高齢者の虐待に繋がり、介護士の腰痛悪化にも繋がるんだそうです。これは驚きました。
虐待にもつながる「抱き上げ介護」がなくならない理由|医療・介護 大転換|ダイヤモンド・オンライン  浅川澄一 [福祉ジャーナリスト(前・日本経済新聞社編集委員)]【第59回】 2016年8月3日

 見逃してはならない日本特有の遅れた介護手法がまだ残っている。「抱き上げ介護」である。高齢者をベッドから車いすに移譲する際に、抱き上げる。車椅子からトイレの便座に移す時も、あるいは入浴時も同様だ。「せーの」「イチ、ニ、サン」「よいしょ」と声を発しながら持ち上げて下ろす。力仕事だ。

 1日に多くの入居者に何回も同じ動作を繰り返す。そのため、職員の腰痛が職業病としてすっかり定着してしまった。新米職員が苦情を言えば、管理者から「技術が未熟なんでしょう」「腰痛がおきて一人前です」と叱られる。(中略)

 職員だけでなく、抱えられる方も実は苦痛に耐えている。職員の両手が脇の下に強く入ると、高齢者の弱い皮膚が擦過傷や皮膚剥離を招き、指跡が残るほど赤黒く変色してしまうこともある。肋骨が折れ、転倒の危険も高い。

 (中略)しばしば見かける両手が拘縮した姿も、実は、外からの強い力を拒もうと力むことから始まるという。つまり、抱き上げ行為は身体的虐待にもつながる。

●虐待と介護士の腰痛悪化を選んだ安倍政権

 問題はこの日本の悪習を是正するチャンスを、安倍政権が自ら手放してしまったことです。ひょっとしたら別のところで対策を講じる用意があるのかもしれませんが、少なくとも記事には書かれていませんでした。
 安倍政権は政策目標として「新3本の矢」を掲げた。「GDP600兆円」「保育園の待機児童ゼロ」と並んで「介護離職ゼロ」である。家族介護のための離職を防ぐには、介護現場の質と量の充実が欠かせないところから、まず介護職の離職防止が優先施策となるはず。腰痛は大きな離職理由で、リフトは最も有効な対策である。

 一方でロボットの推進も政権は熱心で、成長戦略の柱に据えた。そこで介護職の負担軽減を狙い2015年度の補正予算に52億円も計上し、介護ロボットの利用支援事業を始めた。1つの施設で300万円までの介護ロボットが全額国庫補助という大盤振る舞いである。

 その予算枠内に介護リフトが含まれるか施設関係者から注目された。(中略)このほど厚労省が示した内示でほとんどの介護リフトが外れた。「センサーが付いてないのはロボットではない」という理由だ。

●介護・医療従事者は腰痛予防の対象外

 確かに介護リフトはロボットではありません。それは私にもよく理解できます。しかし、最も求められている機器の一つですから、本来増やせるように後押しすべきです。非常にらしいと言えばらしいのですが、何が必要か?という点は置き去りにしてしまいました。

 もう一つ非常にらしいと思ったのが、労働基準法の話。労働基準法では「女性労働者は30kgの断続作業、20kgの継続作業を禁止」となっているものの、厚労省雇用均等児童家庭局は「この労基法の対象は重量物です。重量物とはモノのことだから人間は含めない」とのこと。

 こちらも確かに言葉通りに捉えればその通りなのですけど、問題は実際に大きすぎる負担が現場の介護士らを追い詰めているということです。

 ここまでは言葉の解釈で四角四面にやったから、仕方ないよとなんとか言い訳できるもの。ところが、こういった言葉の解釈の問題で済まされない問題もあります。

 3年前に改訂された「職場における腰痛予防等指針」。「成人男性は重量物が体重の40%以上、女性は24%以上を扱わない」という基準を記しているものの、わざわざ「人の抱き上げ作業は含めない」としてしまっています。

 どうも法の不備がたまたまあるというわけではなく、意図的なものみたいですね。


●一貫して人よりもモノを重視する安倍政権の方針

 過去に書いた介護の話と検索したら出てきた意味なし政策?1億総活躍社会・介護離職ゼロが現場で批判される理由に関連するクイズ。


【クイズ】戦前は「進め一億火の玉だ」「一億玉砕」「一億(総)特攻」といったスローガンがありましたが、1940年の日本の人口として正しいものはどれでしょう?

(1)7307万5千人
(2)8411万5千人
(3)9430万2千人

【答え】(1)7307万5千人 (2は1950年、3は1960年の人口。1945年は7199万8千人と逆に減っています)


 この投稿の紹介記事で問題視されていたのは、人よりもモノを重視するという点。今回の話もそういった流れで語れそうなものであり、ある意味一貫性があると言えるんだなと、変に感心してしまいました。


【本文中でリンクした投稿】
  ■意味なし政策?1億総活躍社会・介護離職ゼロが現場で批判される理由

【その他関連投稿】
  ■認知症予防に効く高学歴とバイリンガル 低学歴は認知症が多い
  ■アンチエイジングなんてもう古い!ストップエイジングなら老化を完全停止
  ■男性の平均寿命・都道府県ランキング 沖縄県はむしろ短命だった
  ■高学歴は認知症予防にも効く?大卒だけでなく高卒の認知症も減少傾向に
  ■医療・病気・身体についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

宝くじ高額当選者3000人のその後……10年後の彼らの生活は?
歴代首相の身長ランキング 背の高い、低い意外な総理大臣 野田佳彦・麻生太郎・鳩山由紀夫・小泉純一郎・安倍晋三など
日本で馴染みのある韓国系企業一覧
国別ノーベル賞受賞者数ランキング 日本は8位、上位はどこの国?
橋下徹大阪市長の出自 同和地区(被差別部落)と父・叔父と暴力団
意外に有名企業があるファブレス企業・メーカー 任天堂・ダイドードリンコ・やおきんなど
飛び降り自殺は意識を失うから痛みはない…は嘘 失敗した人の話
白元・鎌田真の経歴と派手な交友関係 神田うの,松本志のぶ,妻も美魔女など
楽天Edyはコンビニの公共料金の支払い(収納代行)に使える?
楽天Edyの使えるコンビニ・使えないコンビニ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
のれん代とのれん代の償却のわかりやすい説明
消滅可能性都市ランキングと一覧 1800市区町村中896自治体が危機
カルシウムの多い食材ランキングベスト20 牛乳以外に取れる食品
堀越二郎の妻は死んでないし菜穂子でもない モデルは堀辰雄の婚約者矢野綾子
創価学会、会長候補の正木正明氏左遷で谷川佳樹氏重用の理由は?
インチキで効果なし、活性水素水詐欺 誇大広告であるとして排除命令が出た商品も
高カロリー食品ランキングベスト20(100グラムあたり)
EPA、DHA(オメガ3脂肪酸)の魚油サプリ 効果なしどころか危険という説
リチウムイオン電池の寿命を長持ちさせるのは、使い切って満充電?継ぎ足し充電?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由