Appendix

広告

Entries

世界一の研究捏造大国日本 2000年から急激に不正が増えた理由は?


【クイズ】アメリカにおいて、HIVワクチン研究で実験結果を捏造していたハン・ドンピョ研究員が受けた実刑判決は?

(1)懲役7カ月
(2)懲役27カ月
(3)懲役57カ月



●世界一の研究捏造大国日本

 『研究不正 - 科学者の捏造、改竄、盗用 (中公新書)』の作者東京大学の黒木登志夫・名誉教授へのインタビュー記事。

日本が世界一の「研究捏造大国」になった根因 | ブックス・レビュー | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準(塚田 紀史 :東洋経済 記者 2016年05月28日)

 タイトルでは、日本が世界一の「研究捏造大国」とあったものの、本文ではちょっと曖昧な言い方でした。

 まず、撤回数が多い人について。1位ってのはたぶん藤井さんのことでしょうね。(関連:東邦大藤井善隆元准教授の全論文193本に不正・捏造の疑い、世界新記録か?)

「2014年まで11年間の撤回論文数のワーストワンは日本人、ワースト10に2人、30位内に5人も名を連ねている」(東京大学の黒木登志夫・名誉教授、以下同)

 ただ、国ことで合計した撤回数だと、以下のようになります。私が以前見たものとかなり順位が違っている感じです。

「撤回数を国別に見ると、いちばん多いのから順にインド、イラン、韓国、それから中国、日本、米国と続く」

 じゃあ、世界一はインドじゃん!となりそうなのですが、たぶん日本が世界一の「研究捏造大国」というタイトルの根拠は以下から取ったのだと思われます。

「日本は捏造が多く、ほかの国は盗用が多い」

(なお、偽学術論文誌を悪用している日本の大学ランキング 驚きの1位は?でちょっと見たように、人口や研究論文数で見ると、日本は悪化する可能性があります)


●2000年から急激に不正が増えた理由は?

 それから、日本人研究者の不正の理由について。以下にあるように、まず近年急激に増えている点に注目です。

「研究不正は2000年まで日本では目立つものはなかった。2000年に麻酔科医が摘発されて以降、次から次へと出てきている」

 これを踏まえて黒木登志夫・名誉教授は以下のように言っています。直接名前は出していませんが、成果主義的なものも意識した発言でしょう。

「大学、研究機関が経済的に苦しくなって、自らおカネを取ってこなければ研究ができない。任期が不安定化し、腰を落ち着けることも簡単にはできない。そういう研究の競争社会入りがバックにある」

 ただ、私はそもそも人間は不正をする習性があると考えています。この考え方で行くと、一番の問題は「(俗に言う)性善説で動いている」とされる研究の世界の不可思議さだと言えるでしょう。

 通常の社会では不正が行われることを前提として、法律や組織内の制度による対策・抑止策があります。放っておくと、人間はズルをする生き物なのです。

 最近起きた三菱自動車の燃費不正や三菱自動車だけじゃなくてスズキもやっていた測定方法の法律違反というのは、企業自身に測定させていたことに起因しています。そりゃ、企業に任せれば不正が起きるに決まっていますわ、という話です。

 同じく研究者だって、対策されなければ魔が差して不正をして当然なのです。研究者だけは不正をしない人間です…なんてことは、バカの言うことでしょう。

 これは別に不正をした人を擁護しているわけではなく、不正がされることを前提として事前の対策や事後の罰則を厳しくせよ、という意味です。

 黒木登志夫・名誉教授は個人がやったSTAP細胞問題より、組織的なノバルティス問題の方が深刻だとしていましたが、このノバルティスのときには「日本は不正のやりやすい国だ」と言っている人がいました。日本は甘いのです。

 日本の甘さに関しては、日本の研究不正・論文捏造に甘い アメリカでは懲役57カ月の実刑判決もというのも書いています。クイズはここからでした。


【クイズ】アメリカにおいて、HIVワクチン研究で実験結果を捏造していたハン・ドンピョ研究員が受けた実刑判決は?

(1)懲役7カ月
(2)懲役27カ月
(3)懲役57カ月

【答え】(3)懲役57カ月


●成果主義そのものは間違いの可能性が濃厚

 上記で書いたように、私は不正防止のために競争をやめるべきといった見方には賛同しません。ただ、それとは無関係に、研究分野での現在の成果主義的なやり方、競争主義的なやり方そのものは間違いだろうと感じています。

 なぜかと言うと、成果主義的な予算の増加が研究論文数の向上に繋がっておらず、広く配分する予算の低下が論文数の減少に繋がっているという分析があったためです。

 研究論文数という言い方をしてしまうと、量より質だと反論したくなるでしょうけど、国立大学の予算・教員削減で日本の研究論文数減少 重要論文も全分野で顕著に低下でやっているように、重要論文で見ても日本は一つ残らず悪化しているのです。

 ということで、現在の日本のやり方は改めるところがたくさんありそうですね。


【本文中でリンクした投稿】
  ■偽学術論文誌を悪用している日本の大学ランキング 驚きの1位は?
  ■東邦大藤井善隆元准教授の全論文193本に不正・捏造の疑い、世界新記録か?
  ■日本の研究不正・論文捏造に甘い アメリカでは懲役57カ月の実刑判決も

【その他関連投稿】
  ■科学論文ニュースに注意!チョコレートダイエットの嘘に世界が騙される
  ■科学技術立国が聞いて呆れる 日本の人口当り論文数ランキングの低さ
  ■有名な心理学研究の60%に再現性なし 医療分野では70~90%も
  ■研究不正疑惑についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

広告

最新投稿

定番記事

宝くじ高額当選者3000人のその後……10年後の彼らの生活は?
歴代首相の身長ランキング 背の高い、低い意外な総理大臣 野田佳彦・麻生太郎・鳩山由紀夫・小泉純一郎・安倍晋三など
日本で馴染みのある韓国系企業一覧
国別ノーベル賞受賞者数ランキング 日本は8位、上位はどこの国?
橋下徹大阪市長の出自 同和地区(被差別部落)と父・叔父と暴力団
意外に有名企業があるファブレス企業・メーカー 任天堂・ダイドードリンコ・やおきんなど
飛び降り自殺は意識を失うから痛みはない…は嘘 失敗した人の話
白元・鎌田真の経歴と派手な交友関係 神田うの,松本志のぶ,妻も美魔女など
楽天Edyはコンビニの公共料金の支払い(収納代行)に使える?
楽天Edyの使えるコンビニ・使えないコンビニ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
のれん代とのれん代の償却のわかりやすい説明
消滅可能性都市ランキングと一覧 1800市区町村中896自治体が危機
カルシウムの多い食材ランキングベスト20 牛乳以外に取れる食品
堀越二郎の妻は死んでないし菜穂子でもない モデルは堀辰雄の婚約者矢野綾子
創価学会、会長候補の正木正明氏左遷で谷川佳樹氏重用の理由は?
インチキで効果なし、活性水素水詐欺 誇大広告であるとして排除命令が出た商品も
高カロリー食品ランキングベスト20(100グラムあたり)
EPA、DHA(オメガ3脂肪酸)の魚油サプリ 効果なしどころか危険という説
リチウムイオン電池の寿命を長持ちさせるのは、使い切って満充電?継ぎ足し充電?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
目標1000日更新 不定期複数投稿
サイト説明
ハンドルネームの由来
カテゴリの説明

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由