Appendix

広告

Entries

日本やアメリカは中国のわがままを聞かざるを得ない 大国が身勝手なのは今も昔も大して変わらない?


【クイズ】IMFによる2015年10月時点の推計値によると、中国の名目GDPは日本の何倍?

(1)1.27倍
(2)1.93倍
(3)2.77倍



●日本やアメリカは中国のわがままを聞かざるを得ない

 アメリカに世界の警察は無理!世界のGDPに占める米・日本・中国の比率でやったように、相対的に見ると、日本が大きく力を落としたことは否定できませんし、アメリカもかなり衰退しています。そして、一方で中国が以前より力を増したことも事実です。

 なので、中国との関係は今後さらに難しくなるでしょう。日本やアメリカが中国のわがままを聞かざるを得ない場面も増えてきそうです。

 これを精神論でどうこう言っても無駄です。日本は下手に栄華を極めた時代があって、凋落したとはいえ大国であるということが災いしてなかなか受け入れられないでしょうが、小さい国で考えればわかりやすいでしょう。

 例えば、中国の隣国の一つであるベトナムに、経済力や軍事力で中国に対抗せよと言っても無理だとわかります。相対的に弱い国は、弱い国なりの戦い方をせねばなりません。

 中国のわがままをすべて聞くべきと主張したいわけではなく、もちろんなるべく日本の意向を反映させていきたいのですけど、現実的な対応をしないと、余計悪くなる可能性があります。


●大国が身勝手なのは今も昔も大して変わらない?

 ここまでは今までも考えていたのですが、ふと思ったのは、そもそも力が強い国がわがままを言うという構図は、残念ながら今も昔も大して変わらないのでは?ということです。

 例えば、戦前であれば、これはわかりやすかったでしょう。以下は欧米の例ですが、未だに正当化している人がいるように、日本もいろいろ理由をつけて侵略してきました。(関連:アフリカ人は人間ではないから文明化 フランスの植民地正当化の論理)
G7サミットに象徴される帝国主義時代とたいして変わっていない統治の仕組み[橘玲の世界投資見聞録]|橘玲の世界投資見聞録 | 橘玲×ZAi ONLINE海外投資の歩き方 | ザイオンライン 2016年6月9日

 トラスティーシップは信託における受託者のことであり、信託を受けた者の責任をいう(日本語では「信託統治」)。五十嵐氏(引用者注:『支配する人道主義』の著者・五十嵐元道)はこの言葉を、「国際社会における介入、統治を「する側」と「される側」の非対称な関係、および介入・統治の場を指すもの」と定義する。国と国との関係が対等でなく、非対称であれば、そこにトラスティーシップが生まれるのだ。この定義により、帝国主義時代の宗主国/植民地はもちろん、第二次世界大戦後の開発援助国/被援助国、平和構築におけるPKO実施国/紛争(後)地域の関係を包括的にとらえることができる。

 トラスティーシップは受託国が相手側の主権を一定程度侵害するのだから、そこには道徳的な正当化が必要になる。それが「人間の痛み」(human suffering)で、貧困、飢餓、紛争、大量虐殺といった悲劇を防ぐには人道的介入が不可欠で、そこでは例外的に主権の侵害も許される、という論理になる。

●自分勝手なアメリカという批判

 上記の後は、"冷戦時代の歴史をすこしでも振り返れば、アメリカや旧ソ連が「人道」の名の下に他国への侵略や干渉を繰り返してきたことは明らかだ"と続きます。

 日本では今でも保守の立場からでも、アメリカはわがままだという批判が出てきます。現時点で中国以外の国もやはりわがままなのです。

 以下は日本を中心とした見方ではなく、左派よりなものでもありますが、批判の例として出しておきます。
アメリカ合衆国の外交政策 - Wikipedia

 批判

左翼の側からはアメリカが左翼政権を軽視していることやイスラエルを支持していることに対する批判がある。アメリカは人権を侵害し、国際法を踏みにじっていると批判する者もいる。アメリカの大統領は民主主義を海外への軍事介入の正当化に利用しているという批判もある。[78][79]アメリカはイランやグアテマラ、他の国において民主的に選出された政権を転覆させたという批判もある。

 もう一つ、以下のあたりも。
アメリカの戦争と外交政策 - Wikipedia

 アメリカの戦争と外交政策の傾向

・アメリカは植民地時代も、建国後の領土拡大時代も、大国となってから第二次世界大戦終結までの時期も、第二次世界大戦終結後から冷戦終結までの時期も、冷戦終結後から2007年8月時点に至るまでも、戦争や武力行使を頻繁に繰り返してきた。また、第二次世界大戦の対日・対独を最後に、合衆国憲法で「議会による宣戦布告」を義務付けながらそれが実行された戦争はない。
・アメリカの戦争・武力行使により、アメリカのインディアン、エスキモー、太平洋諸島民、アメリカに侵攻された各国の軍人、非戦闘員である市民が大量に殺傷され、生活と仕事や社会基盤が破壊されてきた。
・第二次世界大戦終結・国連設立以後のアメリカの戦争・武力行使の事例のうち、国連安保理の承認がある戦争・武力行使は、1950-1953年の朝鮮戦争、1991年の湾岸戦争、1992-1994年のソマリアへのPKFの派遣、1994年のハイチへのPKFの派遣、2003年のリベリアへのPKFの派遣、2003年のハイチへのPKFの派遣であり、それ以外は国連安保理の承認がない戦争・武力行使である。
・アメリカは外交政策において、アメリカ政府・議会の多数派の目的と、政治的、経済的、軍事的な利益を追求することに都合が良いと判断した場合には、独裁政権を支援することもある。アメリカ政府が武力行使の目的として宗教的・思想的な理想を主張する場合は、本質的な目的を隠蔽するための偽装であるか、または、根本的な目的に対する派生的・従属的な目的である。

 中国はアメリカ以上にわがままを言いそうだというのはわかりますが、それだけにむしろ考え方を改めないと痛い目にあう可能性が高そうです。


●中国との日本の差はまだまだ広がることを理解して

 クイズが思いつかなくて、えらく悩んでしまいました。結局、またGDPの話にしたのですが、こうやってクイズ作りに無駄に時間がかかることが多いです。


【クイズ】IMFによる2015年10月時点の推計値によると、中国の名目GDPは日本の何倍?

(1)1.27倍
(2)1.93倍
(3)2.77倍

【答え】(3)2.77倍 (中国の逆転以来報じられない日本と中国の名目GDPの比較と推移より)


 他にも経済規模7倍、日本は中国に敵わなくなる 頼りのアメリカも重い負担というのを書いているように、将来的にはもっともっと差が開くと思われます。

 あらかじめこの差の拡大を見込んだ上で、日本は中国との関係を修正していくべきでしょう。


【本文中でリンクした投稿】
  ■アフリカ人は人間ではないから文明化 フランスの植民地正当化の論理
  ■アメリカに世界の警察は無理!世界のGDPに占める米・日本・中国の比率

【その他関連投稿】
  ■南シナ海問題で経済支援を餌にカンボジアを使おうとする極悪国
  ■中国と韓国が仲良しというのは日本の妄想 北朝鮮・アメリカとの関係で見える中国の意識
  ■予測されていた中国・韓国経済の崩壊 日本の未来も人口動態でわかる
  ■中国・台湾など4カ国が領有権主張の南沙諸島に大した価値はない
  ■ミャンマーのアウンサンスーチー歓迎の中国は内政不干渉の優等生?
  ■海外・世界・国際についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

宝くじ高額当選者3000人のその後……10年後の彼らの生活は?
歴代首相の身長ランキング 背の高い、低い意外な総理大臣 野田佳彦・麻生太郎・鳩山由紀夫・小泉純一郎・安倍晋三など
日本で馴染みのある韓国系企業一覧
国別ノーベル賞受賞者数ランキング 日本は8位、上位はどこの国?
橋下徹大阪市長の出自 同和地区(被差別部落)と父・叔父と暴力団
意外に有名企業があるファブレス企業・メーカー 任天堂・ダイドードリンコ・やおきんなど
飛び降り自殺は意識を失うから痛みはない…は嘘 失敗した人の話
白元・鎌田真の経歴と派手な交友関係 神田うの,松本志のぶ,妻も美魔女など
楽天Edyはコンビニの公共料金の支払い(収納代行)に使える?
楽天Edyの使えるコンビニ・使えないコンビニ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
のれん代とのれん代の償却のわかりやすい説明
消滅可能性都市ランキングと一覧 1800市区町村中896自治体が危機
カルシウムの多い食材ランキングベスト20 牛乳以外に取れる食品
堀越二郎の妻は死んでないし菜穂子でもない モデルは堀辰雄の婚約者矢野綾子
創価学会、会長候補の正木正明氏左遷で谷川佳樹氏重用の理由は?
インチキで効果なし、活性水素水詐欺 誇大広告であるとして排除命令が出た商品も
高カロリー食品ランキングベスト20(100グラムあたり)
EPA、DHA(オメガ3脂肪酸)の魚油サプリ 効果なしどころか危険という説
リチウムイオン電池の寿命を長持ちさせるのは、使い切って満充電?継ぎ足し充電?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由