Appendix

広告

Entries

蛾と蝶の違い そもそも生物分類学上は同じ種類 触覚が見分け方の一例だが…


【クイズ】蝶の古名として正しいものはどれでしょう?

(1)かわひらこ(かはひらこ)
(2)かわひるこ(かはひるこ)
(3)かわひろこ(かはひろこ)


●蛾と蝶の違い そもそも生物分類学上は同じ種類

 また社長交代のベネッセ、問題集で蚕(カイコ)と蝶の幼虫を間違うから発展して青虫や芋虫が蝶になる・毛虫は蛾になるは嘘 蝶の幼虫も皆、毛があるを書きました。

 ところが、これを書いていて、またさらに気になる話を見つけました。

 そもそも蝶と蛾は明確に区別できないという話。ずっと1種だと思われていたキリン、今頃になって4種類いると判明で書いた、見た目を重視しすぎると間違うという話にも繋がる話です。
日本蛾類学会(Q&A)

Q1:蝶と蛾の違いは?

A1:生物分類学上では特に違いはありません。

 ただ、上記では触覚を一つ、見分け方として挙げていました。私もこれで今まで区別していました。蛾の触覚はフサフサなイメージです。(この見分け方で完璧かどうかは不明です)
成虫の形態であえて区別点を挙げるとすると、 触角が異なっています。蝶の触角は棍棒状で、蛾の触角は糸状・櫛状・羽毛状など様々なものがあります。 因みに学名の Rhopalocera は、棍棒状(Rhopalo-)の角(cera)を意味し、 Heterocera はそれ以外(Hetero-)の角(cera)を意味しています。(M)

●昼行性が蝶、夜行性が蛾という見分け方にも例外

 上記では、"昼間の環境に特化して飛翔力の鋭敏な一群を蝶(Rhopalocera)と呼び、 それ以外のものを蛾(Heterocera)"とも書いていました。

 出典不明ということで信頼性に欠けるのですけど、Wikipediaだとこれを否定していました。
例えば、「チョウ」の大半は昼行性であるが「ガ」には昼行性のものと夜行性のものの両方が含まれる。また、「チョウ」は休息時に翅を垂直に立てるか水平に開いて止まるかのいずれかであるが、「ガ」には垂直に立てるもの、水平に開くもの、屋根型に畳むものなど様々な休息形態をとるものが存在する。要するに「チョウ」の特徴をある程度定義することはできるが、「ガ」の特徴は「チョウ」の系統を定義する特徴を用いて、消去法で表現することしかできない。系統分類学的に言えば、チョウはガの一部なのである。

 また、Wikipediaでは上記の前に、系統的な枝分かれで機械的に分けているといったことも書いていました。
チョウとガは同じチョウ目に属している。その境界は曖昧で、形態で分類するには例外が多すぎて、明確に区別することは難しい。その理由として、チョウ目に存在する多数の系統的分枝のうちわずか3上科を擁する1分枝をもって「チョウ」とし、その他大勢をもって「ガ」とする二大別法に系統分類学的根拠が乏しいことが挙げられる。

●そもそも区別していない国もある

 実を言うと、最初のページでも記載があったのですが、そもそも蝶と蛾を区別していない国もあるとのこと。これが正解なんでしょうね。
日本語では「チョウ」と「ガ」をはっきり区別しているが、ドイツ語圏やフランス語圏など、この2者を区別しない言語・文化もある。

 一方、これ以降はWikipediaで独自研究色が強くなります。日本においても蝶と蛾の区別はしておらず、英語の影響で分けるようになったとも主張しているのです。
元来、漢語の「蝶」とは「木の葉のようにひらひら舞う虫」を意味し、「蛾」とはカイコの成虫およびそれに類似した虫を意味する言葉であった。そのため、この漢語概念を取り入れた日本語において、そもそも「チョウ」と「ガ」は対立概念ではなかったのである。当然、今日「チョウ」と呼ぶ昆虫を「ガ」と認識することもあったし、逆もまた真である。さらに、「蛾」という語が産業昆虫として重要であり、しばしば民俗的に神聖視されるカイコの成虫がイメージの根底にあることからわかるように、今日のように不快昆虫というイメージもなかった。漢字文化圏で美人の眉のことを「カイコガの触角のような眉」を示す「蛾眉」なる語で示すことにそうした文化的背景がよく表されている。

むしろ日本における今日的な「チョウ」と「ガ」の線引きの起源をたどってみると、英語における "butterfly" と "moth" の線引きと一致し、英語圏からの近代博物学の導入に伴って英語の文化的分類様式が科学的分類法と混在して日本語に持ち込まれたことが推測される。(中略)

日本語では、ハエ、ハチ、バッタ、トンボ、セミなど、多くの虫の名称が大和言葉、すなわち固有語である。しかし、この蝶と蛾に関しては漢語である。蝶、蛾もかつては、かはひらこ、ひひる、ひむしなどと大和言葉で呼ばれていた。その際、蝶と蛾は名称の上でも、概念の上でも区別されていなかった。しかし上記のごとく英語圏からの博物学の導入に伴って蝶と、蛾の区別を明確に取り入れたため、両者を区別しない、かはひらこなどの大和言葉はむしろ不都合であった。そこで漢語の蝶、蛾にその意味を当てたわけだが、それも上記のとおり、本来の字義とは異なっている。

【クイズ】蝶の古名として正しいものはどれでしょう?

(1)かわひらこ(かはひらこ)
(2)かわひるこ(かはひるこ)
(3)かわひろこ(かはひろこ)

【答え】(1)かわひらこ(かはひらこ)


 一般的に蝶は昼行性だというので、「かわひるこ」だと良い感じなのですが、「かわひらこ」とのことでした。ただ、Wikipediaでは、そもそも蛾も「かわひらこ」だという見解。

 他のサイトを見ていると、「かわひらこ(かはひらこ)」=蝶、「ひいる(ひひる)」=蛾としていることが多いです。辞書でも「ひいる」は蛾 の古称で、特に蚕 (かいこ) だとしていました。

 さらに「ひむし」は辞書だと「蚕のさなぎ。また、その羽化したもの」としていました。

 かなり記述が異なっているので、上記のWikipediaは出典が補強されるまで、ひとまず保留ですね。


【本文中でリンクした投稿】
  ■青虫や芋虫が蝶になる・毛虫は蛾になるは嘘 蝶の幼虫も皆、毛がある
  ■また社長交代のベネッセ、問題集で蚕(カイコ)と蝶の幼虫を間違う
  ■ずっと1種だと思われていたキリン、今頃になって4種類いると判明

【その他関連投稿】
  ■蚊に刺されない方法は本当にあるのか?アロマオイルで虫除けなど
  ■大事な役割を持つ便所コオロギ(カマドウマ) 川魚の栄養の6割を占める
  ■【クイズ】次の女王アリ誕生 巣から出るのは新女王・旧女王?
  ■蜂に刺されて死ぬ人は熊による死者の16倍 10年間で200人ほど死亡
  ■動物・植物・生物についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

宝くじ高額当選者3000人のその後……10年後の彼らの生活は?
歴代首相の身長ランキング 背の高い、低い意外な総理大臣 野田佳彦・麻生太郎・鳩山由紀夫・小泉純一郎・安倍晋三など
日本で馴染みのある韓国系企業一覧
国別ノーベル賞受賞者数ランキング 日本は8位、上位はどこの国?
橋下徹大阪市長の出自 同和地区(被差別部落)と父・叔父と暴力団
意外に有名企業があるファブレス企業・メーカー 任天堂・ダイドードリンコ・やおきんなど
飛び降り自殺は意識を失うから痛みはない…は嘘 失敗した人の話
白元・鎌田真の経歴と派手な交友関係 神田うの,松本志のぶ,妻も美魔女など
楽天Edyはコンビニの公共料金の支払い(収納代行)に使える?
楽天Edyの使えるコンビニ・使えないコンビニ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
のれん代とのれん代の償却のわかりやすい説明
消滅可能性都市ランキングと一覧 1800市区町村中896自治体が危機
カルシウムの多い食材ランキングベスト20 牛乳以外に取れる食品
堀越二郎の妻は死んでないし菜穂子でもない モデルは堀辰雄の婚約者矢野綾子
創価学会、会長候補の正木正明氏左遷で谷川佳樹氏重用の理由は?
インチキで効果なし、活性水素水詐欺 誇大広告であるとして排除命令が出た商品も
高カロリー食品ランキングベスト20(100グラムあたり)
EPA、DHA(オメガ3脂肪酸)の魚油サプリ 効果なしどころか危険という説
リチウムイオン電池の寿命を長持ちさせるのは、使い切って満充電?継ぎ足し充電?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由