Appendix

広告

Entries

安倍政権官邸と宮内庁が天皇陛下生前退位でバトル、政治利用も


 異動は通例春である宮内庁長官の異例の交代は、天皇陛下の生前退位(譲位)への報復ではないかと見られているという話。実際、政府の人が懲罰が必要だという趣旨の発言をしていたようです。

 また、最終的に生前退位を認めるとしても、なるべく遅らせようといった抵抗も安倍政権は見せていました。(2016/9/26)

2017/12/31追記:
安倍政権官邸と宮内庁が天皇陛下生前退位でバトル
安倍政権のヒアリング対象者の選定が予想外すぎた
安倍政権に天皇の政治利用の指摘も


【クイズ】生前退位に関し、「摂政を置けばすむ」「皇室典範改正は一時的なムードや私的感情だけで結論を急ぐようなことは慎むべき」という生前退位反対論を主張していたのは誰?

(1)『安倍晋三が、日本を復活させる (WAC BUNKO)』を書いた渡部昇一上智大学名誉教授
(2)安倍晋三のブレーンと報じられた八木秀次麗澤大学教授
(3)安倍政権にメンバーが多い日本会議理事の百地章日本大学教授



●宮内庁長官、異例の交代 安倍官邸が天皇陛下の生前退位に反対のためか?

2016/9/26:"宮内庁幹部の異動は春が通例"で、風岡典之・宮内庁長官も"当初は来年3月末まで務めるとみられてい"ました。しかし、このタイミングで異例の交代となっています。
官邸、宮内庁にてこ入れ=お気持ち表明で不満:時事ドットコム

 宮内庁長官の風岡典之氏が26日付で退任し、山本信一郎次長が長官に昇格、後任の次長には西村泰彦内閣危機管理監が就任する。(2016/09/25-14:46)

 "天皇陛下のお気持ち表明に至る過程で、宮内庁の対応に不満を持った首相官邸が、人事でてこ入れを図ったようだ"と、時事通信は説明しています。

 政府関係者が、退任が早まった理由について「お気持ち表明に関し、誰かが落とし前をつけないと駄目だ」と語っていることからすれば、懲罰人事だと捉えるべきでしょう。
 陛下の生前退位のご意向が官邸に伝えられて以降、杉田和博官房副長官らは、退位の自由は憲法上認められていないと判断し、負担軽減策の検討を進めていた。そうした中で陛下のお気持ち表明の動きが表面化した。官邸は宮内庁に対し、「陛下が思いとどまるよう動くべきだった」(関係者)と辛口評価だ。

 「陛下が思いとどまるよう動くべきだった」だけだと、天皇陛下の発言が憲法に抵触することを懸念したようにも読めますが、その前に「官房副長官らは、(中略)負担軽減策の検討を進めていた」とあります。つまり、生前退位ではなく、負担軽減策で済ませようとしていたのを台無しにされたからということでしょう。生前退位(譲位)そのものに不満があるのだと考えられます。


●安倍首相、生前退位について「期限ありきではない」

 生前退位そのものが不満なのだとわかる、さらに決定的な部分は以下。
 ただ、官邸サイドの思惑通りに事態が進むかは不透明だ。安倍晋三首相は政府内の検討について「期限ありきではない」としているが、風岡氏は21日の記者会見で「できるだけ優先的に対応していただきたい」と述べ、ことさら検討をせかした。

 風岡典之・宮内庁長官が生前退位について「できるだけ優先的に対応していただきたい」としたのに対し、安倍首相は「期限ありきではない」と優先させないように念を押しています。やはり生前退位そのものが気に食わないようです。

 なぜ?安倍首相に近い保守派は天皇の生前退位に反対 産経新聞も否定的だったでもやったように、保守派はなぜか天皇陛下の生前退位に反対しますね。


【クイズ】生前退位に関し、「摂政を置けばすむ」「皇室典範改正は一時的なムードや私的感情だけで結論を急ぐようなことは慎むべき」という生前退位反対論を主張していたのは誰?

(1)『安倍晋三が、日本を復活させる (WAC BUNKO)』を書いた渡部昇一上智大学名誉教授
(2)安倍晋三のブレーンと報じられた八木秀次麗澤大学教授
(3)安倍政権にメンバーが多い日本会議理事の百地章日本大学教授

【答え】(3)安倍政権にメンバーが多い日本会議理事の百地章日本大学教授 (他の二人も生前退位反対だそうです。2017/12/31追記:二人に関しては、渡部昇一氏「天皇陛下は皇室典範に違反」「特例法はインチキ」八木秀次教授、安倍政権の憲法改正に逆らう天皇陛下を批判していたといった話も書いています)


●天皇陛下のコントロールも安倍官邸で

 また、同時に今回は安倍官邸で直接天皇陛下をコントロールできるようにという策も忍ばせました。後任の次長に西村泰彦内閣危機管理監を当てたことです。
 宮内庁次長には、事務次官経験者が各省の顧問などを経て就任する例が多く、西村氏の「官邸直送」は異例。

 官邸は負担軽減策を検討してきたと先ほどあったんですが、産経新聞・正論でお馴染みのある保守派学者は生前退位反対に絡んで、「閉ざされた皇室」とすべきだとも主張していました。

 どうも保守派の人は現在の天皇陛下のような天皇陛下は嫌いらしく、良い機会だからこのまま外に出てこないと良いと思っているように見えます。


●安倍政権官邸と宮内庁が天皇陛下生前退位でバトル

2017/12/31追記:天皇、皇室と近代政治の関係についても研究した政治学者である御厨貴・東京大学名誉教授は、「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」において座長代理を務めていました。その立場から見えたのは、今回のプロセスを通じて、官邸と宮内庁が一貫して熾烈(しれつ)なたたかいを続けていた、ということだったといいます。

 官邸側からは、退位を認めるけれども、退位に反対する一部保守派への配慮もあってか、やすやすとそこへ持っていくわけにはいかないという思いを強く感じたとしています。ちょうど最初の投稿では、「できるだけ優先的に対応していただきたい」というお願いを安倍首相が蹴ったという話が出ていました。なるべく天皇陛下の退位を妨害しているんだと、保守派の支持者にアピールしたかったのかもしれません。

 御厨名誉教授は、同様に「いつ平成を終わらせ、次の天皇が即位するのかも、両者のさや当てになっていた」と見ています。実は宮内庁は4月1日を希望していたものの、最終的に安倍官邸は5月1日で決定しました。
((耕論)天皇と政治 御厨貴さん、河西秀哉さん:朝日新聞デジタル 2017年12月2日05時00分より)


●安倍政権のヒアリング対象者の選定が予想外すぎた

 なお、御厨名誉教授ら有識者会議の委員は、ヒアリング対象者20人の選定には全く関わっていなかったそうです。ただ、御厨名誉教授としては、思想的歴史的に研究した碩学(せきがく)を中心に話を聞くのだと予想していました。

 しかし安倍官邸は、5大新聞などへの登場数も基準に人選を進めたようです。そして、その選ばれたメンバーを見ると、5大新聞というか、産経新聞への登場回数じゃないの?というほど、保守派が多く選ばれました。彼らからは天皇陛下を強く批判する発言まで飛び出していましたので、強い抵抗を印象づけるのが狙いであれば、十分に成功だったかもしれません。

  ■天皇陛下はちょっとおかしい 平川祐弘、自作自演の生前退位の理屈を批判
  ■渡部昇一氏「天皇陛下は皇室典範に違反」「特例法はインチキ」
  ■生前退位・譲位問題、安倍首相は結論ありき? 反対派が多い有識者会議ヒアリングの人選


●安倍政権に天皇の政治利用の指摘も

 もう一人記事で話を聞いていた、専門が日本近現代史で天皇に関する著作のある河西秀哉・神戸女学院大学准教授の場合は、天皇と政治との関係性について話していました。確かにここはかなり微妙なところがあります。

 ただし、河西准教授はかなり前向きな捉え方。天皇陛下が政治に近づいてきたというのは、「象徴天皇制の本来のあり方からの逸脱というより、時代の変化に応じた適応だ」としています。

 例えば、天皇陛下は被災地や福祉の現場を訪れました。こうした訪問を批判する人は一部の保守派くらいしかいないのですが、本来問題となるところではあります。
(関連:安倍首相、天皇陛下のモノマネをして茶化す 保守派雑誌が暴露)

 ただ、河西准教授は、「社会の分断を前にして、国民統合の象徴として能動的に動こうとしたからこそ、行動や発言がある種の政治性を帯びざるをえなかった」と理解。昨年8月の「おことば」もその延長線上にあるとしていました。

 では、懸念すべきことはないのか?というと、それはあります。「政治と天皇の距離が縮まるなかで、天皇が能動的な象徴たらんとすることを、政治の側が逆手にとるリスク」について指摘していました。先のような被災地訪問も、"政治がそれを利用しようという気になれば、結果的に被災者の政治への不満を天皇が和らげ、政治の不作為を覆い隠してしまう"といったこともできると指摘しています。

 さらに河西准教授は踏み込んで、政治利用は既に起きているように見えるとしていました。それは、4月29日の昭和の日、退位、即位と続けることで、「国の営みを振り返り、決意を新たにする」と位置づけたこと。「国の営みを振り返り」というのは菅官房長官が実際に会見で述べていた言葉みたいなのですが、"保守層の支持を得るために、天皇制という装置を利用"したのではないかという見方でした。


【本文中でリンクした投稿】
  ■天皇陛下はちょっとおかしい 平川祐弘、自作自演の生前退位の理屈を批判
  ■なぜ?安倍首相に近い保守派は天皇の生前退位に反対 産経新聞も否定的だった
  ■渡部昇一氏「天皇陛下は皇室典範に違反」「特例法はインチキ」
  ■八木秀次教授、安倍政権の憲法改正に逆らう天皇陛下を批判していた
  ■生前退位・譲位問題、安倍首相は結論ありき? 反対派が多い有識者会議ヒアリングの人選  ■安倍首相、天皇陛下のモノマネをして茶化す 保守派雑誌が暴露

【その他関連投稿】
  ■天皇不敬による保守派の仲違い 右翼団体が雑誌WiLLに激怒でテロ行為
  ■左翼のイメージ 異常者の集まり・危険・人間のクズ・攻撃的・すぐ虐殺
  ■岩田温が無知晒す 党名募集はおかしい→自民党も公募で大喜利になっていた
  ■POSSE今野晴貴代表・本田由紀教授が新左翼・革マル派…はデマ
  ■政治・政策・政党・政治家についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

世界一スポーツ選手の平均年収が高いのはサッカーでも野球でもない
チャッカマンは商標・商品名 じゃあ正式名称・一般名称は何?
ジャムおじさんの本名は?若い頃の名前は?バタコさんとの関係は?
ワタミの宅食はブラックじゃなくて超ホワイト?週5月収10万円
朝日あげの播磨屋、右翼疑惑を否定 むしろ右翼に睨まれている?
レーシック難民は嘘くさいしデマ?アメリカの調査では驚きの結果に
赤ピーマンと赤黄色オレンジのパプリカの緑黄色野菜・淡色野菜の分類
アマゾンロッカーってそんなにすごい?日本のコンビニ受け取りは?
就職率100%国際教養大(AIU)の悪い評判 企業は「使いにくい」
ミント・ハッカでゴキブリ対策のはずがシバンムシ大発生 名前の由来はかっこいい「死番虫」
移動スーパーの何がすごいのかわからない 「とくし丸」は全国で約100台
ビジネスの棲み分け・差別化の具体例 異業種対策には棲み分けがおすすめ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
タコイカはタコ?イカ?イカの足の数10本・タコの足8本は本当か?
トンネルのシールドマシンは使い捨て…自らの墓穴を掘っている?
ユリゲラーのポケモンユンゲラー裁判、任天堂が勝てた意外な理由
好待遇・高待遇・厚待遇…正しいのはどれ?間違っているのはどれ?
コメダ珈琲は外資系(韓国系)ファンドが買収したって本当? MBKパートナーズとは?
大塚家具がやばい 転職社員を通報、「匠大塚はすぐ倒産」とネガキャン
不人気予想を覆したアメリカのドラえもん、人気の意外な理由は?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由