Appendix

広告

Entries

花押は重要文書で現役! 印鑑は日本の伝統文化ではない新しい慣習


【クイズ】日本の花押の最古例はいつ?

(1)10世紀
(2)12世紀
(3)15世紀


2016/9/29:
●花押なんて使わない…と思いきや重要文書で現役!
●はんこは日本の伝統文化ではない新しい慣習
●はんこなんかより花押の方が日本では歴史が長い!
●伝統的に重要文書で使われるのははんこではなく花押
●はんこではなく印章の伝統ならもっともっと長い?
●明治政府も印章を悪習と考えていた!しかし改革には失敗


●花押なんて使わない…と思いきや重要文書で現役!

2016/9/29:電子決済に長所 はんこ文化なくした中国韓国台湾、なぜ日本だけ?で書いたように、はんこは日本の伝統文化ではなく非伝統的であるという主張がありました。

 こんなことを言うと、日本の伝統文化を汚すのか左翼め!と怒る保守の方がでてきそうですが、何と愛国保守とされる産経新聞の記事なんです。書いているのは、本郷和人という方。検索すると、歴史学の東大教授みたいですね。

 非伝統的とタイトルにあったのは後半なのですが、まず前半から。この話のきっかけは私も前回書いた遺書の有効性について花押を認めさせるための裁判の件です。

 これまでの1審と2審の判決は、男性が長く花押を使ってきたことや、花押が「認め印よりも偽造は困難」であるとして遺言は有効と認めていました。ところが、最高裁第2小法廷は、「重要な文書は署名、押印して完結させる慣行がわが国にはある」と述べ、花押は民法968条(本人自筆の遺言書には、ア自筆の署名、イ押印。この2つが必要だと規定している)の要件を満たさない、それゆえに遺言書は無効であると断じたといいます。
(【本郷和人の日本史ナナメ読み】「花押」いまだ現役!?(上) 大物政治家の「必修技能」 - 産経ニュース 2016.7.7 07:21 より)

 本郷和人教授はこれについて、「いや、しかしこれは、ツッコミどころの多い判決ですねー」とした上で、「重要な文書は署名、押印して完結させる慣行がわが国にはある」という裁判所の認識は果たして正しいのでしょうか?としています。要するに事実ではないってことですね。以下のような理由です。

<何でこんなことを言うかと申しますと、花押が実は、いまだに使われているからです。それも、これ以上ないだろうという重要な場面で。お分かりになりますか? それは、閣議決定において、です。閣議決定の際には、首相や大臣が筆で花押を書くことが慣例になっているのです>


●はんこは日本の伝統文化ではない新しい慣習

 そして後半の【本郷和人の日本史ナナメ読み】「花押」いまだ現役!?(下)「重要文書にハンコ」実は非伝統的 産経ニュース(2016.7.14 08:28)、はんこは伝統文化などではないという話に繋がります。

 遺言書に書かれた花押の有効性をめぐる裁判では、判決文に「重要な文書は署名、押印して完結させる慣行がわが国にはある(傍点は筆者)」とされていました。これは一応ギリギリ嘘ではないようです。

 そして、これがもし、「重要な文書は署名、押印して完結させる伝統がわが国にはある」となっていれば、「それは違う!」と突っ込まねばならないとしていました。署名して押印する、というのは、伝統ではないため。古くて明治時代からの行いだそうです。


●はんこなんかより花押の方が日本では歴史が長い!

 また、歴史の長さにおいても、花押がはんこに勝ります。まず原則として、花押というものは、実名の代わり。花押を用いる以前は、自分の名前をくずして、草書で書いていました。これは草名(そうみょう)というそうです。次の段階で、この草名を記号化しました。これが「花押」であるようです。

 「花押はそもそも、実名の代わり」というのは重要であり、鎌倉時代の幕府の公文書には「実名プラス花押」という組み合わせはなかったといいます。

 ところが、花押がそもそも実名であることが、時とともに忘れられていくと「実名プラス花押」が次第に姿を現してぉ、あし。室町時代には、幕府の公文書でもそういった例がすでに登場。そして、戦国時代になると、印判というものが出てきます。印判はハンコの先輩といったものだとのこと。花押を書く代わりに、印判を押すという使い方をしたそうです。


●伝統的に重要文書で使われるのははんこではなく花押

 ただし、印判が出てきても、花押がなくなったわけではありません。そして、印判は他の人が押すことも可能だったため、花押の方が丁寧であると認識されていました。

 このことから、花押の方が重要だとも言えます。したがって、日本の伝統的にも、花押の方が重要文書で使われるというのが本当なのです。

 印判が登場した戦国時代においても、印判よりも花押が丁寧。重要な文書は署名して花押。だから「重要な文書は署名、押印して完結させる慣行がわが国にはある」というのは、この時期にはあてはまらず。

 本郷和人教授はおそらく江戸時代でも同じだろうとしていました。これは理由がないわけではなく、明治になっても閣議書に花押が持ち込まれたというのは、そういう理解があってこそだろうという見方。閣議では前述のように、現在でも残っていますしね。

 ただし、「慣行というのは、ここ数十年(引用者注:実際にはもうちょっと長い?)のことだ。それはそれで問題ありません」ともおっしゃっています。花押を認めなくちゃいけないという主張ではないわけです。

 とはいえ、前回書いたようにサインの類が認めらないという社会は妙な感じがして、何かしっくり来ないものが残りますけどね。


●はんこではなく印章の伝統ならもっともっと長い?

 ああ、でも、単純に古さなら印章の方が古いですし、重要文書にも使われていましたね。


【クイズ】日本の花押の最古例はいつ?

(1)10世紀
(2)12世紀
(3)15世紀

【答え】(1)10世紀 (最古例という話で言うと、10世紀中葉ごろと花押 - Wikipediaでは書かれていました。)


 印章は上記より古いですし、確認のためにと見たWikipediaでは花押に途中で変わったと説明していました。
印章 - Wikipedia

日本では西暦57年ごろに中国から日本に送られたとされ、1784年に発見された「漢委奴国王」の金印が最古のものとして有名である[39][40]。ただし当時の日本ではまだ漢字が知られておらず、印章を使う風習もなかったため、漢委奴国王印が実際に印を押す用途で使用されたかどうかには懐疑的な意見もある[41]。日本の文献に残る最古の記述は『日本書紀』のもので[41][42]、692年には持統天皇へ木印を奉ったという言及がある[41]。なお『日本書紀』にはそれ以前にも、崇神天皇が四道将軍に印を授けたという紀元前88年頃の記述が見られるが、これについては後世の脚色と考えられている[43]。

日本において印章が本格的に使われるようになったのは、大化の改新の後、701年の大宝律令の制定とともに官印が導入されてからであると考えられる[44]。当時の日本における印章の用法は、隋・唐における用法が模範となったものの、それ以前の中国での歴史的用法は伝播しなかったため、中国とは趣を異にするものとなった[18]。律令制度下では公文書の一面に公印が押されていたが[45][40]、次第に簡略化されるようになり、平安時代後期から鎌倉時代にかけては花押(意匠化された署名)に取って代わられた[46]。しかしながら、室町時代になると宋から来た禅宗の僧侶たちを通じ、書画に用いる用途で再び印章を使う習慣が復活することとなり、武家社会へと伝播していく[47]。戦国時代には花押にかかる手間を簡略化するため、大名の間で文書を保証する用途に、略式の署名として印章が使われるようになる(織田信長の「天下布武」の印など)[48][49]。

 後半の説明は本郷和人教授と同じ。印章文化は断絶がありますし、やはり「略式の署名」です。


●明治政府も印章を悪習と考えていた!しかし改革には失敗

 ただし、江戸時代になると、印章はめちゃくちゃ重要になったと説明されています。
江戸時代には行政上の書類のほか私文書にも印を押す慣習が広がるとともに、実印を登録させるための印鑑帳が作られるようになり[50][51]。これが後の印鑑登録制度の起源となった[52]。江戸時代の日本における印章は命の次に大事なものに例えられるなど、庶民の財産を保証するものとして非常に重く扱われるようになり[52]、日本独自の印章文化が確立した[52]。

 そして、むしろ明治時代にはこれを改めようとしたそうです。
明治政府は印章の偏重を悪習と考え、欧米諸国にならって署名の制度を導入しようと試みたが[53][54]、事務の繁雑さや当時の識字率の低さを理由に反対意見が相次ぎ[55]、以後の議論の末、1900年までに、ほとんどの文書において自署の代わりに記名押印すれば足りるとの制度が確立した[55][56]。また、印鑑登録制度が市町村の事務となったのも明治時代である。

 明治時代にもはんこ文化への改革は頓挫していますし、これはちょっとやそっとじゃ変わらんぞ!という感じです。


【本文中でリンクした投稿】
  ■電子決済に長所 はんこ文化なくした中国韓国台湾、なぜ日本だけ?

【その他関連投稿】
  ■長財布が人気なのは日本だけ?使わない理由は不便だからではない
  ■小学校中退のネジロウ道脇裕社長 母学者・祖父教授・父大手企業役員だった
  ■日本で流通の抗菌せっけん(薬用石鹸)、科学的根拠なく米で販売禁止 トリクロサン、トリクロカルバンなどの殺菌剤
  ■伝線しないストッキングがあるのに売らない…の噂にメーカー激怒
  ■商品・サービス・技術についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

宝くじ高額当選者3000人のその後……10年後の彼らの生活は?
歴代首相の身長ランキング 背の高い、低い意外な総理大臣 野田佳彦・麻生太郎・鳩山由紀夫・小泉純一郎・安倍晋三など
日本で馴染みのある韓国系企業一覧
国別ノーベル賞受賞者数ランキング 日本は8位、上位はどこの国?
橋下徹大阪市長の出自 同和地区(被差別部落)と父・叔父と暴力団
意外に有名企業があるファブレス企業・メーカー 任天堂・ダイドードリンコ・やおきんなど
飛び降り自殺は意識を失うから痛みはない…は嘘 失敗した人の話
白元・鎌田真の経歴と派手な交友関係 神田うの,松本志のぶ,妻も美魔女など
楽天Edyはコンビニの公共料金の支払い(収納代行)に使える?
楽天Edyの使えるコンビニ・使えないコンビニ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
のれん代とのれん代の償却のわかりやすい説明
消滅可能性都市ランキングと一覧 1800市区町村中896自治体が危機
カルシウムの多い食材ランキングベスト20 牛乳以外に取れる食品
堀越二郎の妻は死んでないし菜穂子でもない モデルは堀辰雄の婚約者矢野綾子
創価学会、会長候補の正木正明氏左遷で谷川佳樹氏重用の理由は?
インチキで効果なし、活性水素水詐欺 誇大広告であるとして排除命令が出た商品も
高カロリー食品ランキングベスト20(100グラムあたり)
EPA、DHA(オメガ3脂肪酸)の魚油サプリ 効果なしどころか危険という説
リチウムイオン電池の寿命を長持ちさせるのは、使い切って満充電?継ぎ足し充電?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由