Appendix

広告

Entries

ノーベル賞候補と言われていた井上明久・元東北大総長に不正疑惑


2016/10/2:
●ノーベル賞候補と言われていた井上明久・元東北大総長に不正疑惑
●常識的に考えてあり得ない論文数 総長になってからむしろ急増
●異常な論文数は中国人留学生の仕事だと思わせる記述があるも…
●ほとんど関係ないのに論文に名前だけ載せるのも立派な不正!
2019/10/15:
●ついに不正疑惑論文撤回!偉い人に対抗するには偉い人が必要だった?


●ノーベル賞候補と言われていた井上明久・元東北大総長に不正疑惑

2016/10/2:以前から何度も書いている井上明久・元東北大総長の不正疑惑。今回、特に新ネタはないのですけど、そうだったんだ!と思ったのが、過去にはノーベル賞候補だと言われていたという話。これは知りませんでした。

 古い記事ですので既に消えているものの、以前、“ノーベル賞候補者に不正疑惑…東北大が正式調査へ”. テレ朝news. (2013年3月16日) という記事が出ていたようです。Wikipediaの引用元タイトルで確認できます。

 また、ダメ元で検索してみると、2011年とさらに古い記事で「ノーベル賞候補」と紹介されているものを見つけました。魯迅ゆかりの東北大学で研究不正疑惑に失望する中国人留学生たち|China Report 中国は今|ダイヤモンド・オンライン(姫田小夏 [ジャーナリスト] 【第78回】 2011年7月1日)という記事です。

 記事では、東北大学総長の井上明久さんは、<新素材「バルク金属ガラス」の世界的権威と言われ、日本学士院賞、米国物理学会マックグラディ新材料賞など複数の賞を受賞する人物であり、ノーベル賞候補の一人とも言われている>としていました。

 ところが、2007年以降、その研究に不正の疑いが持たれ、データの捏造、二重投稿など次々と指摘されることに。記事では、研究不正は名誉や地位、金銭にも結びつき、大学そのものの存立基盤を崩壊させ、また次世代を担う学生らのモラル荒廃をももたらすだけに、大きな問題だとしています。


●常識的に考えてあり得ない論文数 総長になってからむしろ急増

 また、海外でも2011年2月に、世界最高権威の学術誌『Nature』が同総長の論文捏造疑惑に注目、同年6月25日には米国物理協会速報紙『Applied Physics Letters』に投稿した論文が、同紙発行母体である米国物理学協会(American Institute of Physics: 略称AIP)により、二重投稿を理由に取り下げられる、という事態となっていました。

 この二重投稿とも関連しそうなのが、以前から言われていた井上明久さんの疑惑の一つである「考えられない量の論文」。記事でも触れており、東北大学のサイト「研究者紹介」によれば、2011年までに合計2784本の論文を書いたとされていたことをまず指摘。

 また、同総長は05年までの登録数ですでに1900本の論文実績があることから、総長就任以後06~11年の5年間で書いた本数は800本と、総長になってむしろ増えていることも指摘。年平均にして約160本、1週間に換算すれば約3本以上を書き上げる、超人的大量生産ぶりだとしていました。


●異常な論文数は中国人留学生の仕事だと思わせる記述があるも…

 私はこの論文の多さは、前述の二重投稿や捏造などの不正を行ったためではないかと見ていました。井上明久さんの件では、証拠となる当時の実験記録や試料などが「コンテナごと海に落ちた」と説明されるなど、不正を疑われて仕方ない話が出てきます。

 ただ、記事では、<そこには、裏方として疑惑に巻き込まれた中国人留学生の存在がある>とあったので、この後てっきり影で超人的大量生産をさせられたのは中国人留学生だよ、って話になるのかなと思いました。

 ところが、実際はそうではなく、疑惑の論文のセカンドオーサーが"チャンタオという北京航空航天大学から来た研究員"だったという話だけ。本当とは思えない論文数の多さには話が絡んできませんでした。

 なお、この記事ではタイトルになっている「魯迅ゆかりの東北大学」というのは、魯迅がかつて留学していたということで、東北大学は日中友好のシンボルとしての役割を今も担っているという話でした。


●ほとんど関係ないのに論文に名前だけ載せるのも立派な不正!

 あと、論文による不正もしくは不適切な行為とされるものの一つに、ギフトオーサーシップというものがあります。科学における不正行為 - Wikipediaでは、以下のように説明していました。主に偉い人がやる不正な行為です。

<ギフトオーサーシップ>
<論文の成立に直接貢献していない者が、あたかも「論文の共同執筆者」であるかのように名を連ねるという不正行為。研究室の責任者の立場にいる者などが行うことが多い。これは、立場の強い者が政治力を行使して名を表示させるケースである>

 ですので、二重投稿や捏造だけでなく、このパターンで論文の超人的大量生産をしていたとしても、やはり十二分に悪いことだと言えます。


●ついに不正疑惑論文撤回!偉い人に対抗するには偉い人が必要だった?

2019/10/15:研究不正においては、偉い人ほど不正だと認定されない、たとえ不正だと認定されても処分が甘くなるという報告があったと思います。日本の研究不正疑惑においても、この報告の内容が当てはまるケースが多く、ノーベル賞候補で大学で一番偉い総長にまでなったという井上明久元学長の場合は、絶対に進展はないだろうと完全に諦めていました。

 ところが、その後、東北大が捏造改竄告発無視の井上明久元学長の不正研究論文、撤回されるで書いているように、えらく時間がかかってから3つの論文が撤回されて驚くことに。完全に予想外です。

 それが本当にキーポイントとなったかは不明なのですけど、ここに来て進展があったのは、日本金属学会元会長らも申し入れをしていたからかもしれないなと思いました。残念なことではあり、全く喜ばしい話ではないのですが、権威で不正を握りつぶされそうなときは、不正を追求する側も権威で対抗する必要があるのかもしれません。


【本文中でリンクした投稿】
  ■東北大が捏造改竄告発無視の井上明久元学長の不正研究論文、撤回される

【その他関連投稿】
  ■怪しい井上明久東北大前学長論文不正問題 損害賠償裁判では勝利
  ■裁判で井上明久東北大前総長の主張否定の新証拠 横山嘉彦准教授の論文
  ■研究不正告発に逆風 井上明久東北大前総長論文で告発側に賠償命令
  ■東北大の井上明久前総長の研究不正疑惑 外部調査しないと幹部が決定
  ■研究不正疑惑についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

宝くじ高額当選者3000人のその後……10年後の彼らの生活は?
歴代首相の身長ランキング 背の高い、低い意外な総理大臣 野田佳彦・麻生太郎・鳩山由紀夫・小泉純一郎・安倍晋三など
日本で馴染みのある韓国系企業一覧
国別ノーベル賞受賞者数ランキング 日本は8位、上位はどこの国?
橋下徹大阪市長の出自 同和地区(被差別部落)と父・叔父と暴力団
意外に有名企業があるファブレス企業・メーカー 任天堂・ダイドードリンコ・やおきんなど
飛び降り自殺は意識を失うから痛みはない…は嘘 失敗した人の話
白元・鎌田真の経歴と派手な交友関係 神田うの,松本志のぶ,妻も美魔女など
楽天Edyはコンビニの公共料金の支払い(収納代行)に使える?
楽天Edyの使えるコンビニ・使えないコンビニ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
のれん代とのれん代の償却のわかりやすい説明
消滅可能性都市ランキングと一覧 1800市区町村中896自治体が危機
カルシウムの多い食材ランキングベスト20 牛乳以外に取れる食品
堀越二郎の妻は死んでないし菜穂子でもない モデルは堀辰雄の婚約者矢野綾子
創価学会、会長候補の正木正明氏左遷で谷川佳樹氏重用の理由は?
インチキで効果なし、活性水素水詐欺 誇大広告であるとして排除命令が出た商品も
高カロリー食品ランキングベスト20(100グラムあたり)
EPA、DHA(オメガ3脂肪酸)の魚油サプリ 効果なしどころか危険という説
リチウムイオン電池の寿命を長持ちさせるのは、使い切って満充電?継ぎ足し充電?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由