Appendix

広告

Entries

化学賞候補の山本尚教授、ノーベル賞受賞の可能性は消えた?


●触媒の第一人者…ノーベル化学賞候補、山本尚氏の経歴・学歴・受賞歴

2016/10/3:直前に書いていたノーベル賞候補の投稿・日本人ノーベル生理学医学賞候補 森和俊,坂口志文,大隅良典,水島昇では、大隅良典さんの予想が当たり。ただ、そっちを読んでもらうとバレちゃうのですけど、私は大隅良典さんは時期尚早じゃないかと書いたんですよね。見る目ないですわ…。

 書いちゃったもんは仕方ないですし、気を取り直して次はノーベル化学賞に行ってみましょう。・今年のノーベル賞、日本人の有力候補は?  :日本経済新聞(2016/9/23 9:11)の挙げていたノーベル化学賞候補、ほぼ全員うちで紹介済みの方でしたが、中部大学の山本尚教授のみ初耳でした。

 "米国化学会の「ロジャー・アダムス賞」の17年受賞者に決まった"というタイムリーな方。STAP細胞問題で晩節を汚した元理研理事長の野依良治さんなど、"歴代受賞者にはノーベル賞受賞者も多い"そうです。受賞の理由は、"精密に設計した分子を触媒として利用し、有用な化合物を選択的に合成する手法の開発"。山本尚 - Wikipediaでは、"アルミニウムを中心とした、ルイス酸触媒研究の第一人者"という説明がありました。

<略歴>
1967年 京都大学工学部工業化学科卒業[1]
1971年 ハーバード大学化学科大学院博士課程修了(指導教官イライアス・コーリー)[1]
1971年 東レ基礎研究所博士研究員
1972年 京都大学工学部助手[1]
1976年 京都大学工学部講師[1]
1977年 ハワイ大学准教授[1]
1980年 名古屋大学工学部助教授[1]
1983年 名古屋大学工学部教授[1]
1984年 名古屋大学名誉教授
2002年 シカゴ大学化学科アーサー・コンプトンディスティングイッシュトプロフェッサー
2011年 中部大学教授、分子性触媒研究センター長
2012年 シカゴ大学名誉教授
2016年 日本化学会会長[2]

<受賞・叙勲>
1988年 日本IBM科学賞[1]
1992年 中日文化賞
2002年 紫綬褒章受章
2006年 テトラヘドロン賞(英国)
2007年 フンボルト賞(ドイツ)、日本学士院賞
2011年 野依賞
2012年 藤原賞
2017年 ロジャー・アダムス賞(予定)


●山本尚氏の他、水島公一氏,吉野彰氏,西美緒氏,藤嶋昭氏らも有力

 私は実用性が気になるので、オススメはリチウムイオン電池。ただ、直接関係ないものの、テスラの自動車事故で今年はイメージが悪いかもしれません。また、リチウムイオン電池そのものの問題である発火事故もネックだと以前から言われています。というか、しまったと思ったのが、最近も事故ああったこと。今年は絶対無理そうな年でしたね…。(2021/10/08追記:リチウムイオン電池は2019年にノーベル化学賞受賞が決定。吉野彰さんが受賞しています)

<化学分野でノーベル賞に近いといわれる成果にリチウムイオン電池の開発がある。(中略)
 同電池の正極材料を1980年に開発した米テキサス大学のJ・グッドイナフ教授がこの分野の第一人者だ。東芝リサーチ・コンサルティングの水島公一シニアフェローは77~79年にグッドイナフ教授の右腕として働いた。この成果をもとに旭化成の吉野彰顧問らがリチウムイオン電池の原型を試作、元ソニー業務執行役員の西美緒氏らが91年に初めて実用化した。
 全米工学アカデミーは2014年、グッドイナフと吉野、西の3氏らに工学分野のノーベル賞といわれる「チャールズ・スターク・ドレイパー賞」を授与した>

 前述の通り、うちでは過去にも紹介している方々です。ノーベル賞有力候補、西美緒・吉野彰の経歴 リチウムイオン電池の発明ノーベル化学賞日本人予想 柳田敏雄、藤嶋昭、吉野彰、水島公一で書きました。

 上記でいっしょに名前がある藤嶋昭・東京理科大学長は、光触媒の開発というこれまたイメージしやすい成果を挙げた方で、日経新聞でも軽い扱いでさらっと名前が出てきていました。一方、うちの過去の投稿タイトルの中の人物では、柳田敏雄さんだけ今回の日経新聞に名前がなかったです。今、柳田敏雄さんでもう一度検索してみると、どうも以前のノーベル賞(2014年?)で関連研究が取り上げられたみたいですね。ノーベル賞は同じ内容で二度はありませんので、柳田敏雄さんは受賞を逃したという理解で良さそうです。


●山本尚教授と近い研究分野で親交があるドイツ人らがノーベル賞に

2021/10/08追記:<ノーベル化学賞 ドイツとアメリカの研究者2人 有機触媒の研究>(2021年10月6日 20時48分 NHK)を読んでいたら、山本尚さんが出てきたのでこちらに追記。比較的分野が近い研究であり、今回受賞者2人とは親交もあるとのことです。ただ、山本尚さんのコメントの前にまず2021年のノーベル化学賞の受賞者の話をやりましょう。

<受賞が決まったのは、ドイツのマックス・プランク研究所のベンジャミン・リスト氏とアメリカのプリンストン大学のデビッド・マクミラン氏です。
 2人は有機触媒の分野の研究で大きな貢献をしたことが評価され、選考委員会は、彼らが開発した有機触媒を利用することで新たな医薬品などを効率的に作り出せるようになったとしています。
 有機触媒の研究に詳しく、2人とも交流のある学習院大学の秋山隆彦教授は「リスト氏とマクミラン氏は、2000年に化学反応を促す新たな有機触媒をそれぞれ同時に発表した。これまでの触媒はパラジウムなどの金属を使うことが一般的だったが、この触媒は金属を使わないことから、医薬品などを作る際にも、より安全に作ることができるし、安価に作れることも特徴だ」と話しています>
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211006/k10013293651000.html

 ドイツのベンジャミン・リストさんは北海道大学のICReDD=化学反応創成研究拠点にも主任研究者として所属しています。ICReDDの拠点長を務める前田理教授は「金属を使わないことで、薬を作るときに不純物が入らないといったメリットがある」と説明。いつかノーベル賞を受賞するのではないかと期待していたともおっしゃっていました。


●化学賞候補の山本尚教授、ノーベル賞受賞の可能性は消えた?

 山本尚教授が登場するのはこの後。NHKでは、<ノーベル化学賞の受賞が決まったベンジャミン・リスト氏とデビッド・マクミラン氏の2人と以前から親交があり、自身も近い研究分野で世界的な業績を上げている中部大学の山本尚教授>と紹介した上で、以下のようなコメントを載せていました。

「薬品などを作る際、反応を促す触媒として以前は金属が入った物質を使っていたが、金属が入っていない『有機触媒』を開発したことが彼らの大きな業績だ。『有機触媒』は金属を含まないので、環境に優しく、コストも安く薬品を作れるというメリットがある。環境に配慮した今の時代にもマッチした研究だ」

 なお、ノーベル賞では同じ内容のものが二度受賞することはありません。山本尚教授の研究が今回の関連研究だとみなされた場合、ノーベル賞を受賞することはなくなった…と言えます。ただ、もともと書いていたように、山本尚教授が評価されていたのは、精密に設計した分子を触媒として利用し、有用な化合物を選択的に合成する手法の開発。今回とは別件な感じがしますね。

 上記以外にも山本尚教授は、「2人とは20年以上前から親交があるが、研究者としては新たなことに挑戦する開拓者だ」と指摘。他のノーベル賞候補関連の投稿で何度も書いているように、ノーベル賞級の研究で流行りの分野から生まれないことが多く、今の政府の成果主義的な方針が裏目に出て日本の研究が急激に劣化しているところが見られます。

 「有機触媒」が2人の発見の前にどれくらい注目されていたのかわからないのですが、<有機分子で「不斉触媒」開発、2研究者にノーベル化学賞…インフル治療薬などの合成に応用>(10/6(水) 18:59配信 読売新聞オンライン)によると、スウェーデン王立科学アカデミーは、今回の業績について「2人は先入観にとらわれず、化学者が長年苦しんでいた問題の解決を発見した」と評価。当時は注目されていなかった可能を感じさせます。
https://news.yahoo.co.jp/articles/2a86c953c7308c66897604f8a53bc38e3f9f7f84

 また、この発見の後、「有機触媒」論文が大量に出て一気に人気分野となったことも、それ以前は注目されていなかったと感じさせるもの。以前から注目されていても発見が難しいというものもあるでしょうが、その場合は最初の発見後も論文はそれほど激増しないと予想されます。そもそも未発見の「お宝の山」のような状態で、発見後に研究者が殺到した感じです。


●日本人も得意な分野で「名前がないのは残念」「複雑な思いもある」

 2人と親交があり、自身の研究分野も近い学習院大学の秋山隆彦教授も、「それまでは金属を用いて化合物を合成するのが主流だったが、高価だったり、毒性があったりするなど問題点があった。2人の研究は、比較的小さな有機分子を用いて医薬品の開発などにつながるいろんな化合物を合成できるようにしたのが特徴で、その後、非常に活発な研究が行われるようになった。ある意味パイオニア的な2人だと思っている」と解説していました。

 一方、2人と同じ分野の研究をしていて、20年以上の親交がある東北大学大学院理学研究科の林雄二郎教授は、「「この2人が切り開いた有機触媒の分野では、その後複数の日本人研究者が独自の触媒を開発し、大きな貢献をしていて、日本も世界的にこの分野の研究をリードしている。受賞者に日本人の名前がなかったことは少し残念」としています。山本尚教授のことも意識した発言でしょうか。

 そうした研究者の一人なのか、同じ分野で研究を進めていて、リストさんと親交が深い東北大学大学院の理学研究科長を務める寺田眞浩教授は、「正直なところ、うれしい反面、複雑な思いもある」と吐露。リストさんの論文発表から4年後の2004年に、「秋山・寺田触媒」という金属を使わない新たな有機触媒を開発し、論文で発表していたそうです。開拓者・先駆者の方が評価されるので仕方ないだろう…とは思いますけどね。

 寺田眞浩教授は、「この分野の研究が実用化につながった例はまだ少なく、今度、リスト氏に会ったときは今回の受賞をきっかけに実用化に向けてこの分野を盛り上げていこうという思いを共有したい」とも説明。ただ、先の林雄二郎教授は「これまで合成が難しかったタミフルなどの医薬品や、香料、農薬などさまざまな化合物が簡単に作れるようになった」としており、現時点でもかなり実用化されているようでした。


【本文中でリンクした投稿】
  ■ノーベル賞有力候補、西美緒・吉野彰の経歴 リチウムイオン電池の発明
  ■ノーベル化学賞日本人予想 柳田敏雄、藤嶋昭、吉野彰、水島公一
  ■日本人ノーベル生理学医学賞候補 森和俊,坂口志文,大隅良典,水島昇

【その他関連投稿】
  ■ノーベル物理学賞を逃した鈴木厚人・鈴木洋一郎・西川公一郎・戸塚洋二ら
  ■ノーベル医学生理学賞有力日本人、満屋裕明の経歴 本庶佑,遠藤章も候補者
  ■ノーベル物理学賞候補の飯島澄男の経歴 十倉好紀・大野英男も有力
  ■科学・疑似科学についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

世界一スポーツ選手の平均年収が高いのはサッカーでも野球でもない
チャッカマンは商標・商品名 じゃあ正式名称・一般名称は何?
ジャムおじさんの本名は?若い頃の名前は?バタコさんとの関係は?
ワタミの宅食はブラックじゃなくて超ホワイト?週5月収10万円
朝日あげの播磨屋、右翼疑惑を否定 むしろ右翼に睨まれている?
レーシック難民は嘘くさいしデマ?アメリカの調査では驚きの結果に
赤ピーマンと赤黄色オレンジのパプリカの緑黄色野菜・淡色野菜の分類
アマゾンロッカーってそんなにすごい?日本のコンビニ受け取りは?
就職率100%国際教養大(AIU)の悪い評判 企業は「使いにくい」
ミント・ハッカでゴキブリ対策のはずがシバンムシ大発生 名前の由来はかっこいい「死番虫」
移動スーパーの何がすごいのかわからない 「とくし丸」は全国で約100台
ビジネスの棲み分け・差別化の具体例 異業種対策には棲み分けがおすすめ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
タコイカはタコ?イカ?イカの足の数10本・タコの足8本は本当か?
トンネルのシールドマシンは使い捨て…自らの墓穴を掘っている?
ユリゲラーのポケモンユンゲラー裁判、任天堂が勝てた意外な理由
好待遇・高待遇・厚待遇…正しいのはどれ?間違っているのはどれ?
コメダ珈琲は外資系(韓国系)ファンドが買収したって本当? MBKパートナーズとは?
大塚家具がやばい 転職社員を通報、「匠大塚はすぐ倒産」とネガキャン
不人気予想を覆したアメリカのドラえもん、人気の意外な理由は?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由