Appendix

広告

Entries

中国が主要分野で重要論文数世界一に 日本人のノーベル賞は将来激減する


 当初は、"日本人ノーベル賞受賞者は将来激減 既に中国に大敗の重要論文数"(2016/10/6)というタイトルで書いていた話。ただ、続報を見ると、中国はすでにアメリカと世界一を競うレベルになっており、日本はもうライバルですらなさそうだったので、追記するとともにタイトルも変えました。(2017/06/14)


●重要論文とノーベル賞の関係

2016/10/6:日本人がノーベル賞を取れるのは今だけ?既に中国に負けている分野もの最後に追記で書いた重要論文数の件。文部科学省の科学技術・学術審議会学術分科会の資料で、以下のようなものがありました。

(PDF)科学研究のベンチマーキング -論文分析でみる世界の研究活動の変化と日本の状況- 2012年9月28日 文部科学省 科学技術政策研究所 所長 桑原輝隆

 日本では政府の予算削減のおかげで論文数が増えていない唯一と言って良い国になっているのですが、これは重要論文数においても状況は変わらない…というより、むしろ深刻な感じになっています。

 ここで言う「重要論文」というのは、具体的に言うと、「Top10%補正論文数」です。"Top10%補正論文数とは、被引用回数が各年各分野で上位10%に入る論文の抽出後、実数で論文数の1/10となるように補正を加えた論文数"と、ここでは説明されていました。

 被引用回数が重要というのは皆さんの大好きなノーベル賞でも同じで、ノーベル賞予想として使われるトムソン・ロイター引用栄誉賞でもこれを重視しています。今年(2016年)ノーベル賞を貰った大隅良典さんも、トムソン・ロイター引用栄誉賞の2013年の受賞者でした。


●日本人ノーベル賞受賞者は将来激減 既に中国に大敗の重要論文数

 前述のレポートでは、まず論文数の低下について示しています。

【論文数 1998年~2000年の平均】
1位 アメリカ
2位 イギリス
3位 日本

 ↓

【論文数 2008年~2010年の平均】
1位 アメリカ
2位 中国
3位 イギリス
4位 ドイツ
5位 日本

 ここでは既に2010年の時点で中国に抜かれていることがわかります。ただ、「問題は重要論文数だ、日本は中国とは質が違う」と思う人もいたかもしれません。

 ところが、先ほど言ったように、むしろ日本は重要論文数の方が順位が悪い国のようで、中国にも既に負けていました。日経新聞が書いていた「分野によっては中国に負けている」というのは現実を直視していないかなり日本に甘い見方で、実際には既に大差で負けています。

 前回も書いたように、ノーベル賞というのは過去の遺産です。したがって、このランキングを見ると、日本人のノーベル賞受賞は将来激減すると予想されます。


【Top10%補正論文数 1998年~2000年の平均】
1位 アメリカ
2位 イギリス
3位 ドイツ
4位 日本

 ↓

【Top10%補正論文数 2008年~2010年の平均】
1位 アメリカ
2位 イギリス
3位 ドイツ
4位 中国 9,813 (日本より54%多い)
5位 フランス
6位 カナダ
7位 日本 6,375


●分野ごとの重要論文数は、2勝6敗で日本が中国に負け越し

 主な国の記載がなく、個々の正確な順位は不明なのですが、分野ごとに見てももちろん中国に負けています。

 ここでは、主にノーベル賞に関連しそうなところを見ていきましょう。

【化学 Top10%補正論文数 2008年~2010年の平均】
日本 1,006
中国 1,958 (日本より95%多い)

【物理学 Top10%補正論文数 2008年~2010年の平均】
日本 1,121
中国 1,246 (日本より11%多い)

 ノーベル生理学・医学賞は、該当がよくわからず。基礎生命科学あたりですかね。ここなら中国にまだ負けていませんでした。

 というか、8分野での勝敗は日本2勝、中国6勝。既にほとんどの分野で負けており、先ほどの「分野によっては中国に負けている」がおかしいことがよくわかります。「分野によってはまだ日本が勝っているところもある」が正解でしょう。

【基礎生命科学 Top10%補正論文数 2008年~2010年の平均】
日本 1,595
中国 1,360 (日本より15%少ない)

 こうやって見るとわかるように、ノーベル賞が多いって浮かれている場合じゃありません。前回も書いたように、日本政府は誤りを認めてやり方を改めるべきでしょう。


●中国が主要分野の半分で重要論文数世界一に

2017/06/14:より新しいニュースによると、中国と日本は相手にすらなっておらず、アメリカとの争いになっているようです。科学技術の主要8分野のうち、4分野の重要論文数でアメリカを抜いて世界一となったとのこと。具体的には以下のような内訳です。

中国が世界一 「コンピューター科学・数学」「材料科学」「工学」「化学」
アメリカが世界一 「物理学」「環境・地球科学」「基礎生命科学」「臨床医学」
(世界の科学技術 米中がけん引する時代に | NHKニュース 6月13日 18時19分より)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170613/k10011016451000.html

 "科学技術振興機構が、科学研究へのインパクトの指標となる論文の引用回数が、上位10%の科学研究について、アメリカ、イギリス、ドイツなど主要6か国で比較分析を行った"ことで、わかりました。

 調査を行った科学技術振興機構の伊藤裕子研究員は「『物理学』の分野でもアメリカを抜く勢いで、科学技術立国として、今のアメリカに取って代わろうとしています」としており、アメリカを抜くのも時間の問題でしょう。

 なお、日本に関しては、"各分野で5位から6位と低迷して"いるとのこと。日本には中国やアメリカと争う力はないので、中国をライバル視するのはやめた方が良いのですが、何度も書いているように、政府の方針のせいで本来持っている力すら発揮できていません。これはたいへんもったいないとことです。


【本文中でリンクした投稿】
  ■日本人がノーベル賞を取れるのは今だけ?既に中国に負けている分野も

【その他関連投稿】
  ■ノーベル物理学賞を逃した鈴木厚人・鈴木洋一郎・西川公一郎・戸塚洋二ら
  ■ノーベル医学生理学賞有力日本人、満屋裕明の経歴 本庶佑,遠藤章も候補者
  ■ノーベル物理学賞候補の飯島澄男の経歴 十倉好紀・大野英男も有力
  ■ノーベル化学賞候補、山本尚の経歴 吉野彰,西美緒,藤嶋昭らも有力
  ■科学・疑似科学についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

宝くじ高額当選者3000人のその後……10年後の彼らの生活は?
歴代首相の身長ランキング 背の高い、低い意外な総理大臣 野田佳彦・麻生太郎・鳩山由紀夫・小泉純一郎・安倍晋三など
日本で馴染みのある韓国系企業一覧
国別ノーベル賞受賞者数ランキング 日本は8位、上位はどこの国?
橋下徹大阪市長の出自 同和地区(被差別部落)と父・叔父と暴力団
意外に有名企業があるファブレス企業・メーカー 任天堂・ダイドードリンコ・やおきんなど
飛び降り自殺は意識を失うから痛みはない…は嘘 失敗した人の話
白元・鎌田真の経歴と派手な交友関係 神田うの,松本志のぶ,妻も美魔女など
楽天Edyはコンビニの公共料金の支払い(収納代行)に使える?
楽天Edyの使えるコンビニ・使えないコンビニ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
のれん代とのれん代の償却のわかりやすい説明
消滅可能性都市ランキングと一覧 1800市区町村中896自治体が危機
カルシウムの多い食材ランキングベスト20 牛乳以外に取れる食品
堀越二郎の妻は死んでないし菜穂子でもない モデルは堀辰雄の婚約者矢野綾子
創価学会、会長候補の正木正明氏左遷で谷川佳樹氏重用の理由は?
インチキで効果なし、活性水素水詐欺 誇大広告であるとして排除命令が出た商品も
高カロリー食品ランキングベスト20(100グラムあたり)
EPA、DHA(オメガ3脂肪酸)の魚油サプリ 効果なしどころか危険という説
リチウムイオン電池の寿命を長持ちさせるのは、使い切って満充電?継ぎ足し充電?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由