Appendix

広告

Entries

日本に忘れられる権利なんかない、裁判所が明言 表現の自由侵害とも弁護士が指摘


 忘れられる権利に関する弁護士の話を2016/10/29に投稿。その後、2017/02/01に最高裁判決を追加。さらに、2017/03/21、"盗撮常習者がグーグルに削除と慰謝料要求…している最中にまた逮捕"を追加しました。

2017/09/02追記:医師が逮捕歴削除を要求 仮処分で削除命令出たが裁判では敗訴


【クイズ】グーグルが多くの検索結果を非表示とした件でのイギリスBBCの対応として、正しいものはどれでしょう?

(1)グーグルで表示されなくなった自社記事のリストを公開した。
(2)グーグルで非表示とされた記事をウェブ上から抹消した。
(3)訴訟リスク回避のために、一定期間が経過した記事をすべて削除するように仕様変更した。


●「忘れられる権利」は「表現の自由」を侵害 認めるべきではないと弁護士

 盛り上がっているときに出そうと長く待っていた投稿。一向に話題にならないので、出してしまいます。

 最初の記事のメインはウェブ魚拓が「忘れられる権利」で停止すると発表したのは、飽くまで一部の機能であり、全部なくなるわけじゃないよという話でした。

 ただ、おもしろかったのが、「忘れられる権利」は国による「表現の自由」の侵害なので、簡単に認めるべきではないと言っている弁護士さんもいたことです。

 「忘れられる権利」が認められると削除依頼がはかどり、むしろ弁護士さんの儲けどころになるのでは?と思っていたので、こういう観点は意外でした。
ウェブ魚拓はサービス継続「忘れられる権利」対応で一部機能削除しただけ posted on 2016/03/03 14:37  渡辺一樹 BuzzFeed News Reporter, Japan

一方で、ITと法律の関係に詳しい吉峯耕平弁護士は次のように話す。

「忘れられる権利は、裏返すと『忘れさせられる義務』です。これは、過去について情報をやり取りする国民の権利を、国家が制限するものです。国が前科情報を公表してはいけないといった議論とは異なります。

仮に認められるとしたら、『表現の自由』を制限し、多くの人の自由を縛ることになります。

忘れられる権利は、プライバシー権の一種と位置付けられると思いますが、キャッチーなネーミングと議論の難しさがあいまって、委縮効果が大きいのも問題です。安易に認めるべきではありません。EUの尻馬に乗るような議論はしたくないですね」

●「表現の自由」や「知る権利」を侵害する可能性が高い

 この「表現の自由」という観点がどれくらいあるのか?と軽く検索。Wikipediaにも載っていましたが、わりとあっさりとした記述でした。
忘れられる権利 - Wikipedia

他方で検索エンジンは、人々がウェブ上で情報の発信と受領をマッチングさせるのに不可欠なインフラとして機能している。発信・受領される情報には、個人情報でありながら公益に資するものが相当量ふくまれる。そのため、検索結果に特定の情報が表示されないようにする措置を安易に認めると、情報発信者の「表現の自由」や情報受領者の「知る権利」を侵害する可能性が高い。そこで、プライバシーの一内容として「忘れられる権利」を認める必要があるのか、また、仮にあるのだとすれば「表現の自由」や「知る権利」といった既存の権利と、いかにバランスをとるべきなのかが議論されている。

●検閲につながる可能性や萎縮のおそれをヨーロッパでも懸念

 他には神戸新聞が社説で懸念を示しているのを見つけました。
神戸新聞NEXT|社説|忘れられる権利/表現の自由とバランスを 2015/12/16

 ただ、安易な削除は表現の自由や知る権利を侵害しかねない。プライバシー保護とのバランスについて議論を深めていくべきだ。

 積極的なように見えるヨーロッパにおいても議論があるようです。
「忘れられる権利」を初めて認めたのは、昨年5月の欧州連合(EU)司法裁判所の判決だ。(中略)

 判決後、グーグルは欧州限定で削除申請を受け付け、40万件以上を非表示にしたという。しかし、懸念の声もある。英BBC放送は「何が消されたか分からなければ議論できない」とし、表示されなくなった自社記事のリストを独自に公開した。

 公益に値しない情報を削除するのがEUのルールだが、検閲につながったり、検索サイトが責任回避のために必要以上に情報を削除したりする可能性もある。どこで線を引くかの判断は難しい。

 ということで、むしろBBCは反発した対応でした。


【クイズ】グーグルが多くの検索結果を非表示とした件でのイギリスBBCの対応として、正しいものはどれでしょう?

(1)グーグルで表示されなくなった自社記事のリストを公開した。
(2)グーグルで非表示とされた記事をウェブ上から抹消した。
(3)訴訟リスク回避のために、一定期間が経過した記事をすべて削除するように仕様変更した。

【答え】(1)グーグルで表示されなくなった自社記事のリストを公開した。


 政府批判もガンガンやりますし、BBCは日本のマスメディアと違って肝が据わっていますね。ただ、そういうマスメディアばかりじゃないということが問題です。

 最初の吉峯耕平弁護士も言っていたように、萎縮効果はかなり大きいでしょうね。少し前によく言われた放送局への自民党の圧力は、実際には飽くまで「自粛」という形をとっています。僅かなものでも多大な影響を与えるものなのです。


●逮捕歴表示削除でグーグルに公益性認めた裁判も

 上記までが下書き時点のもの。以下、一応今回のタイミングで出しておこうかと思ったニュース。「忘れられる権利」関係の裁判でグーグル側が勝利しました。前述の通り、大きく注目されているわけではないんですけどね。
東京新聞:逮捕歴表示の削除を認めず グーグル表示「公益性ある」:社会(TOKYO Web) 2016年10月29日 朝刊

 過去に振り込め詐欺で有罪判決を受けた東京都内の男性が、名前と居住地でインターネット検索すると逮捕の事実を記したページが表示されるとして、米グーグルに検索結果の削除を求めた訴訟の判決で、東京地裁は二十八日、「逮捕の事実を低コストで知ることができるようにしておくことには公益性がある」として請求を棄却した。

 判決によると、男性は現金引き出し役のリーダー格で、十年以上前に逮捕され、その後執行猶予付きの有罪判決を受けた。現在は会社社長を務めている。

 岡崎克彦裁判長は「事件は社会的に強い関心を集めたもので、猶予期間の満了後五年程度しか経過しておらず、公共の関心が薄れたとは言えない。取引先が信用調査の一環として知ることは正当な関心事だ」と判断。「検索結果を見た知人が交流を敬遠することも予想される」と男性の不利益も認めた上で、受け入れるべきだと指摘した。(中略)

 検索結果の削除を巡っては、さいたま地裁が昨年十二月の仮処分決定で、ある程度期間が経過すれば犯罪歴を社会から「忘れられる権利」があるとして削除を認めたが、高裁が覆すなど司法判断が割れている。

●最高裁でも削除認めず 個人のプライバシー保護に優越という判断

2017/02/01追記:最高裁でも削除を支持しない判決が出ました。これは大きいです。
ネット検索結果、削除認めず=逮捕歴「公共の利害」-初の判断基準示す・最高裁:時事ドットコム

 インターネット検索サイト「グーグル」で名前などを入力すると、逮捕歴に関する報道内容が表示されるのはプライバシーの侵害だとして、男性が検索サービス大手の米グーグルに検索結果の削除を求めた仮処分申し立ての抗告審で、最高裁第3小法廷(岡部喜代子裁判長)は1日までに、「男性の逮捕歴は公共の利害に関する」として削除を認めない決定をした。決定は1月31日付で、裁判官5人全員一致の意見。
 最高裁は、検索結果の表示の社会的な意義などと比較して「個人のプライバシー保護が明らかに優越する場合は削除が認められる」という判断基準を初めて示した。(中略)
 最高裁は、判断に当たり▽情報の内容▽被害の程度▽社会的地位-などを考慮すべきだと指摘。その上で「児童買春の逮捕歴は今も公共の利害に関する。男性が妻子と生活し、罪を犯さず働いていることなどを考慮しても、明らかにプライバシーの保護が優越するとは言えない」と結論付け、男性側の抗告を棄却した。

●盗撮常習者がグーグルに削除と慰謝料要求…している最中にまた逮捕

2017/03/21追記:最高裁は上記の件の他にも4件、差し止めや損害賠償などを求めた申し立てを退けていました。その中の一つは、「盗人猛々しい」人が含まれていたとする記事がありました。以下は、ある司法関係者の話です。

「京都府在住、50代の盗撮常習者です。09年、電車で女性のスカート内をビデオ撮影し、兵庫県警に条例違反容疑で逮捕されている。また12年にはサンダルにカメラを仕込んでスカート内をのぞき、同じく京都府警が逮捕。翌年4月には懲役8月・執行猶予3年の有罪判決が確定しました」
(過去の罪が消せると思うか 「グーグル犯歴削除」を請求したタワケたち デイリー新潮 / 2017年3月21日 8時1分より)

 その後、ネット上での逮捕記事を削除すべく、男は13年9月、グーグルとヤフーの両社を相手取り、慰謝料など1100万円を求める訴えを起こし、「軽微な犯罪。罪を反省して社会復帰を考えたが、逮捕歴が知られれば再就職にも支障が出る」と主張しました。

 ただ、これらは敗訴し続けた上に、上告中の16年2月、またしても大阪・梅田の靴店で逮捕。さらに、公判中の9月、今度は梅田の書店で、スカート内にスマホを差し入れて逮捕と、全然盗撮癖が治っていなかったようです。

 この人は情状酌量の余地がなくてわかりやすいのですが、難しいケースもあります。集団強姦事件とは無関係であるものの、早大のイベントサークル「スーパーフリー」に入会していた男性が、自分の名前を検索すると『スーフリ幹部』と表示され、犯罪に加担したかのような記述があったというものです。

「彼は逮捕されていないので、仮にネットで“有罪判決を受けた”と書き込まれてもプライバシーには当たらず、単なるデマでしかない。地裁判決は『検索結果の表示だけを見て、虚偽だと判断できない限りは削除しなくてよい』というものでした。つまり、デマなら原則として自由に載せられるという、ねじれた話になっているのです」(代理人の弁護士)

 これは「忘れられる権利」とは関係なく、そもそもデマなんですからね。こちらの場合は私も削除されて良い、というか、削除されるべきだと思います。


●日本に忘れられる権利なんかない、裁判所が明言

 一方、本来の意味の「忘れられる権利」に関しては、京大大学院法学研究科の曽我部真裕教授が以下のようにおっしゃっていました。

「東京高裁では『そのような権利があるわけではない』と、さいたま地裁の判断が明確に否定されている。最高裁もそれを支持したわけで、今後は法改正をしない限り、『忘れられる権利』が法的に認められることはないと思います」

 今のところ日本では、法改正を求める声は全く大きくなっておりませんので、法改正の動きも起きないでしょう。考えられるとすれば、ヨーロッパで忘れられる権利の定着が進んで日本も真似する、というパターンじゃないかと想像します。


●医師が逮捕歴削除を要求 仮処分で削除命令出たが裁判では敗訴

2017/09/02:ある現役の男性歯科医は、約10年前に逮捕されたことがありました。原告側がプライバシー保護のため請求内容などを秘匿する申し立てをしたため詳細は不明ですが、無実ではなかったようです。罰金刑を受けたことはわかっています。

 この彼の名前を検索サイトのグーグルで自分の名前を入力すると、当時の記事が検索結果として表示されていたとのこと。そこでこの歯科医がグーグルを相手に検索結果の削除を求めた訴訟を起こしました。しかし、横浜地裁は1日、歯科医の請求を棄却する判決を言い渡しています。
(グーグル検索で歯科医の逮捕歴、削除認めず 横浜地裁:朝日新聞デジタル 古田寛也 2017年9月1日18時46分より)

 これだけだと特異な事例ではないと思ったのですが、実はこの逮捕歴の削除を求めた仮処分の申し立てを受け、東京地裁が2015年、グーグルに検索結果削除を命じる決定を出していました。実際、2017年9月1日現在、同社の検索結果には逮捕されたことをめぐる記事が表示されない状態となっているそうです。

 制度としては仕方ないのかなと思いますけど、仮処分の申し立てを使えば一時的に削除が可能といった感じになっていますね。検索サイト側はたいへんだと思われます。


【その他関連投稿】
  ■NHKはイギリスの公共放送BBCを見習え?政府の代弁か政府批判か?
  ■ブログコメントの削除を依頼されたら?情報開示の要請があったら?
  ■ホリエモンこと堀江貴文と東国原英夫が醜く罵り合い 橋下徹元大阪市長の番組がきっかけ
  ■IT化は仕事の効率化の敵? 脱IT化・パソコン禁止のメリット
  ■代表企業が破綻のフィンテック業界はバブル状態 米では既に失速か?
  ■将来性予測が難しいIT企業 成長は早いが没落も早い 勝ち組がいつの間にか負け組に
  ■FAQの読み方4種類
  ■ネット・コンピュータ・ハイテクについての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

宝くじ高額当選者3000人のその後……10年後の彼らの生活は?
歴代首相の身長ランキング 背の高い、低い意外な総理大臣 野田佳彦・麻生太郎・鳩山由紀夫・小泉純一郎・安倍晋三など
日本で馴染みのある韓国系企業一覧
国別ノーベル賞受賞者数ランキング 日本は8位、上位はどこの国?
橋下徹大阪市長の出自 同和地区(被差別部落)と父・叔父と暴力団
意外に有名企業があるファブレス企業・メーカー 任天堂・ダイドードリンコ・やおきんなど
飛び降り自殺は意識を失うから痛みはない…は嘘 失敗した人の話
白元・鎌田真の経歴と派手な交友関係 神田うの,松本志のぶ,妻も美魔女など
楽天Edyはコンビニの公共料金の支払い(収納代行)に使える?
楽天Edyの使えるコンビニ・使えないコンビニ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
のれん代とのれん代の償却のわかりやすい説明
消滅可能性都市ランキングと一覧 1800市区町村中896自治体が危機
カルシウムの多い食材ランキングベスト20 牛乳以外に取れる食品
堀越二郎の妻は死んでないし菜穂子でもない モデルは堀辰雄の婚約者矢野綾子
創価学会、会長候補の正木正明氏左遷で谷川佳樹氏重用の理由は?
インチキで効果なし、活性水素水詐欺 誇大広告であるとして排除命令が出た商品も
高カロリー食品ランキングベスト20(100グラムあたり)
EPA、DHA(オメガ3脂肪酸)の魚油サプリ 効果なしどころか危険という説
リチウムイオン電池の寿命を長持ちさせるのは、使い切って満充電?継ぎ足し充電?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由