Appendix

広告

Entries

最も暖かい最強の順番は?毛布・掛け布団・敷き布団の位置を実験した結果


 <最も暖かい最強の順番は?毛布・掛け布団・敷き布団の位置を実験した結果>の他、布団関係ということで、<どっちが良いの?ベッドと布団を比較 メリット・デメリット両方アリ>といった話もまとめています。


●最も暖かい最強の順番は?毛布・掛け布団・敷き布団の位置を実験した結果

2016/11/18:これを書いている11月は、まだそんな暖かくしなくて良い時期ではないとは思うものの、今後寒くなってきたときに覚えておくと良い話を紹介します。ポイントは毛布の位置だそうです。まず、「最も暖かい最強の順番」ではなく、一般的な順番から。スタンダードな順番は以下だと思われます。

掛け布団
毛布
(人の身体)
敷布団

 ところが、毛布は一番上にした方がもっと暖かい!と、だいぶ前に言われていて驚きました。斬新な順番です。

毛布
掛け布団
(人の身体)
敷布団

 ただ、昨年あたりかな? 毛布は上に掛けずに下に敷くのが最強だという話を知りました。さらにマジかよ!?という話。斬新すぎます。発見者は別かもしれませんが今回「テレビで実験したよ」という話があったので、既に知っている人も多いかもと思いつつ今回書きました。

掛け布団
(人の身体)
毛布
敷布団

 この話があった【インフルエンザ対策の睡眠術】“口呼吸予防・毛布の順番”が鍵 Fuminners / 2016年11月18日 12時20分はその名の通り、インフルエンザ対策が主題の記事で、一つは口呼吸に関する話。まとめると、大体以下のような内容で、2つ目が毛布の順番だったのです。

(1)インフルエンザ・ウイルスは、ノドの粘膜から身体に入り増殖します。睡眠中の口呼吸は厳禁です。口を開けて呼吸すると、ノドや口の中が乾燥します。鼻がつまっている人は、きちんと治療して鼻の通りを良くすれば、口呼吸を防げます。
 特に病気がなくて口呼吸をしている人は、起きているときに口や舌の運動をしたり、眠る前に「口閉じテープ」を貼ったりして、鼻呼吸をしやすいように準備しましょう。

(2)かけ布団と毛布、敷布団の順番を変えて、どれが最も温かく眠れるか、という実験をしたところ、「かけ布団-体-毛布-敷布団」が一番でした。通常の順番に比べて、比べて30分間で2度も高くなりました。


●熱帯夜でも同じ位置が大事…毛布を下に敷くと暖かい理由は?

 毛布を下に敷くと暖かい理由について、記事では"布団の中の熱は上よりも下に向かって逃げやすいため、毛布を下に敷くと熱が寝床の中にとどまったから"と説明していました。また、単純な温度だけでなく、体感的にも大きいのではないか?と思ったのが、全く逆のシーズンである真夏の涼しい寝方の話である寝苦しい熱帯夜でも快眠するための工夫 ダンボールが役に立つ?でした。

 この熱帯夜のときやった話では、苦しい熱帯夜にはダンボールを使うと良いとされています。そして、ダンボールを置くべき位置とされていたのが、今回と同じ「背中の下」だったんですね。ただ、よくこの投稿を読み返してみると、このときは背中の温度ではなく、背中の湿度(しつど)が問題だとされていました。

 お風呂上がりに最も冷えると感じる部分が背中ですので、背中を温めたり冷やしたりするのが効くのでは?と私は思っていたものの、あんまり関係ないのかもしれません。あと、ダンボールの話は飽くまで代用品で、王道は敷きパッドなどのちゃんとした商品です。この知識も役に立つので覚えておいてほしいのですが、何しろ真夏の話ですから忘れてしまいそうですね…。



●どっちが良いの?ベッドと布団を比較 メリット・デメリット両方アリ

2016/1/9;そんなもの、普通に一長一短でしょ?と思ったベッドと布団、体にいいのはどっち?専門家に聞いてみた! - ZAK女 - ZAKZAK(2015.06.28)という記事。「睡眠環境アドバイザー」というよくわからない肩書の水澤かなえさんによると、「布団もベッドもそれぞれに長所と短所があるんです」で、やっぱり普通に良いところもあれば、悪いところもありました。やはり、そりゃそうですよね、というお答えです。

 ただ、説明自体はわかりやすいですし、悪くない内容の記事だと思います。そちらの方がわかりやすいと思うので、うちでは記事とは順番を入れ替えて、お互いの長所と短所をセットで紹介する形にしました。まず、「布団の長所とベッドの短所」から見ています。

【布団】

 ・利点
 1.布団の天日干しができる
 2.睡眠のスペースを自由に選べる
 3.落下、転倒の心配がない
 4.寝床をしまうことで、生活にメリハリがつけられる

【ベッド】

 ・欠点
 1.部屋のデッド・スペースができてしまう
 2.ベッドの下の掃除がしにくい
 3.価格によって寝心地に極端な差がでてしまう
 4.処分するときに手間とお金がかかる



●ベッドのメリットと布団のデメリット…健康・衛生面の問題は?

 基本的には上記の裏返しになるわけですが、次は「ベッドの長所と布団の短所」番です。

【ベッド】

 ・利点
 1.床のホコリを吸い込みにくい
 2.起き上がるのが楽
 3.万年床だけど布団に比べて衛生的
 4.さまざまな用途から形・バリエーションが選べる

【布団】

 ・欠点
 1.床のホコリを吸い込みやすい
 2.定期的なメンテナンスが必要
 3.出し入れに手間がかかる
 4.収納場所が必要

 以上のように一長一短なわけですが、最も気になるのは健康・衛生面だと思われます。水澤さんによると、"就寝中の人が部屋の中を動き回らない時間帯でも、床から30cmまでの高さにホコリは舞っている"そうです。したがって、床に敷いて寝る布団はホコリのゾーンで寝るということでした。

【ベッド】 ・利点 1.床のホコリを吸い込みにくい
【布団】 ・欠点 1.床のホコリを吸い込みやすい

 これによって具体的にどのような健康被害があるかは記事では書かれておらず根拠は不明ですが、何か健康に良くないぞ…という雰囲気は醸し出していました。研究などの裏付けがあると良いものの、そういうのは全然なし。やっぱりあまり良くない記事だったかもしれません。なお、上記は布団のデメリットでしたが、同じ衛生面でも布団が負けっぱなしというわけではないようです。

【布団】 ・利点 1.布団の天日干しができる
【ベッド】 ・欠点 2.ベッドの下の掃除がしにくい

 「布団はお天気の日に干せば、寝ている間にかいた汗の湿り気を乾かしながら殺菌もできます。一方、ベッドの下も掃除がしにくいのでホコリがたまり放題になりがちです」(水澤さん)とのこと。また、例によって根拠は不明ですが、先述の「ベッドのメリット」では「3.万年床だけど布団に比べて衛生的」と言い切っていました。


●ひと晩にコップ1杯分の汗…布団はカビるおそれがあることも注意

 衛生面ではもう一つ、布団の敷き方に対する注意点があります。「板の間やそれに準じるフローリングのような床に直接布団を敷いた場合、実はカビが発生しやすいことを知らない方が多いんです」の他、以下のような話をしていらっしゃいました。

「人間は、季節にかかわらず、ひと晩にコップ1杯分の汗をかきます。その水分がシーツや敷き布団を通して床まで達すると、いわゆる『結露状態』になります。その湿気のせいで、早ければ1週間でカビが生えることもあります」

 床にカーペットどころか、通気性を保つためにスノコを敷いても、カビる可能性があるとのこと。ただ、これ、"マメに布団の上げ下ろしをしないと効果はないそうだ"としていたのが気になります。どれくらいの頻度を想定した話なのでしょう?  とりあえず、「専用の『除湿マット』がおすすめなんですが、手っ取り早くてお手軽なのは、バスタオルか新聞紙を布団と床の間に敷いて、毎日交換することですね」(水澤さん)とされていました。


●場所を取る?畳むことができる布団のメリットは意外に大きい可能性

 布団では収納に関する話がありました。これもさっきの"マメに布団の上げ下ろししないと効果はないそうだ"の頻度の想定が気になります。

【布団】 ・欠点 3.出し入れに手間がかかる 4.収納場所が必要

 ただ、むしろ狭い部屋で難しいのは、ベッドの方じゃないですかね? 畳むことすらできないので、上をひょいひょいと移動するというわけにもいきません。

【ベッド】 ・欠点 1.部屋のデッド・スペースができてしまう

 ワンルームの狭い部屋にどーんとベッドみたいなのは普通なんでしょうか? 私の部屋は狭いので、ここにベッド入れたら…と想像するだけで嫌になるほどスペースがありません。全体にベッドが良くて布団がダメという結論に持ってきたがっている感じがあって、ちょっと不信感があります。

 項目があるだけで、本文では一切触れられていませんでしたが、【布団】の利点 4.寝床をしまうことで、生活にメリハリがつけられるについて。こんなん大したことないだろうって思います? でも、実は大したことあるかもしれないと、私は考えます。

 というのも、過去にやった睡眠に関する記事では、寝室はなるべく寝るとき以外に使わないようにとされていたため。これは寝室を文字通り「寝る部屋」と意識づけるためです。どうも寝室で余計なことしちゃうと、寝るモードにうまく入れないみたいなんですよ。私はやってみてあまりうまく行かなかったのですが、同じ理由で寝付けなかった場合は寝床で粘るよりも、一旦寝室を出て気分転換した方が良いというアドバイスもされることがあります。

 ただ、問題なのは、そもそも一部屋しかないところに住んでいる人は、寝室を分けることができないということ。そこで、寝室を分けることができない人は、布団の準備をする・しないにより、寝るモードのオンオフという代替策が取れるのではないか?というのが、私の考えです。

 まあ、これは私の思いつきで実際のところどうだか知らないんですが、快眠できるかどうか?というのは健康への影響が大きいですからね。もし本当にオンオフ効果があるのなら、畳むことができるという布団のメリットは、なかなか馬鹿にできないところだと思われます。


【本文中でリンクした投稿】
  ■実は超簡単!眠れない夜の鼻づまりの解消法 鼻水の原因とその源
  ■寝苦しい熱帯夜でも快眠するための工夫 ダンボールが役に立つ?

【その他関連投稿】
  ■早寝早起きが健康に良いに科学的根拠なし むしろデメリットだらけ
  ■長財布が人気なのは日本だけ?使わない理由は不便だからではない
  ■伝線しないストッキングがあるのに売らない…の噂にメーカー激怒
  ■商品・サービス・技術についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

世界一スポーツ選手の平均年収が高いのはサッカーでも野球でもない
チャッカマンは商標・商品名 じゃあ正式名称・一般名称は何?
ジャムおじさんの本名は?若い頃の名前は?バタコさんとの関係は?
ワタミの宅食はブラックじゃなくて超ホワイト?週5月収10万円
朝日あげの播磨屋、右翼疑惑を否定 むしろ右翼に睨まれている?
レーシック難民は嘘くさいしデマ?アメリカの調査では驚きの結果に
赤ピーマンと赤黄色オレンジのパプリカの緑黄色野菜・淡色野菜の分類
アマゾンロッカーってそんなにすごい?日本のコンビニ受け取りは?
就職率100%国際教養大(AIU)の悪い評判 企業は「使いにくい」
ミント・ハッカでゴキブリ対策のはずがシバンムシ大発生 名前の由来はかっこいい「死番虫」
移動スーパーの何がすごいのかわからない 「とくし丸」は全国で約100台
ビジネスの棲み分け・差別化の具体例 異業種対策には棲み分けがおすすめ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
タコイカはタコ?イカ?イカの足の数10本・タコの足8本は本当か?
トンネルのシールドマシンは使い捨て…自らの墓穴を掘っている?
ユリゲラーのポケモンユンゲラー裁判、任天堂が勝てた意外な理由
好待遇・高待遇・厚待遇…正しいのはどれ?間違っているのはどれ?
コメダ珈琲は外資系(韓国系)ファンドが買収したって本当? MBKパートナーズとは?
大塚家具がやばい 転職社員を通報、「匠大塚はすぐ倒産」とネガキャン
不人気予想を覆したアメリカのドラえもん、人気の意外な理由は?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由