Appendix

広告

Entries

邪馬台国の読み方は間違い?「やまとこく」や「邪馬壱国」説など読み方でも邪馬台国論争 とよ・いよでも同じ論争


【クイズ】邪馬台国に関して正しい記述はどれでしょう?

(1)新井白石は邪馬台国の場所について、大和国や山門郡を想定していた。
(2)新井白石は邪馬台国の読み方について、「やまとこく」を採用していた。
(3)魏志倭人伝は「邪馬台国」という表記だが、異なる書物も多い。


●邪馬台国の読み方は間違い?「やまとこく」説など読み方でも邪馬台国論争

 邪馬台国論争と言うと、普通は邪馬台国がどこにあったか?という話での論争です。ただ、読み方も諸説あるみたいですね。

 邪馬台国 - Wikipedia(2016年11月20日 (日) 00:39)でも、現在、邪馬台国(やまたいこく / やまとこく)と両方の読み方が併記されています。

 ただ、「やまとこく」という読み方は新しいわけではなく、こっちの方がむしろ古いんだそうな。「やまたいこく」という読み方を広めたのも最近の方ではなく新井白石さんだそうですから、大昔の時代の話です。
古くから大和国(やまとこく)の音訳として認知されていたが[注釈 1]、江戸時代に新井白石が通詞今村源右衛門の発音する当時の中国語に基づき音読した[注釈 2]、ことから(やまたいこく)の読み方が広まった。

[注釈 1]^ 又問耶馬臺耶摩堆之号若各有心哉?答師説雖有三号、其義不異。皆取称倭之音也。(釈紀第一 開題)
[注釈 2]^ 『外国之事調書』新井白石。ただし未公刊の草稿であることから、流布した経緯は不詳。

●魏志倭人伝は「邪馬台国」じゃなくて「邪馬壱国」

 ところが、読み方の邪馬台国論争は、これで終わりません。実は邪馬台国とセットで出てくるあの有名な『魏志』(魏志倭人伝)では、そもそも「邪馬台国」などと書かれていないという衝撃の事実がありました。

 じゃあ、何て書いていたか?と言うと、「邪馬壹国」(壹は壱の旧字)か「邪馬一国」なんだそうな。この読み方も複数見つかります。Wikipediaは「やまいちこく」としかないものの、「やまいこく」としているサイトも見られました。

 「邪馬壹国」と書かれていたことそのものは以上のように事実なのですが、この事実を元に魏志倭人伝の「邪馬壹国」は「邪馬台国」とは別であるという主張があるそうです。こうなってくるとかなり飛躍があり、正直トンデモにしか見えません。
邪馬壹国説 - Wikipedia

邪馬壹国説(やまいちこくせつ)とは日本思想史学者の古田武彦が主張した邪馬台国に関する説である。論文「邪馬壹国」(『史学雑誌』に掲載)、著書『「邪馬台国」はなかった』、その他『市民の古代』、『なかった』等で主張された。

 概要

『魏志』(魏志倭人伝)の原本はどれも例外なく邪馬壹国か邪馬一国となっている。これを邪馬台国とするのは根拠に乏しい。『後漢書』などには邪馬台国とあるものの、『梁書』の例もある通り「魏志倭人伝」以外の全てが邪馬台国というわけではなく、邪馬台国が正しいとする根拠にはならない。

邪馬台国は邪馬壹国よりも狭義の意味での国家と考えられる。(後漢書を見る限り、邪馬台国は倭王のいるところを指す地名のようなものと思われる)邪馬壹国は九州にある国である。

 日本国内の書物でも日本書紀と古事記など、同じ人物と思われる人でも表記がかなり違うことはよくあります。

 邪馬台国の表記ぶれの場合は以下の通りで、むしろかなり近い表記です。

『邪馬臺国』(臺は台の旧字)
『邪馬壹国』(壹は壱の旧字)

 四文字中三文字が同じというだけでなく、これだけよく似た字であるのなら、同じ国を指していると考えるのが妥当でしょう。別の国だとみなすには、相当強い根拠がいります。
「邪馬台国」はなかった - Wikipedia

(引用者注:古田武彦が繰り広げた「魏志倭人伝に書かれている国名は『邪馬臺国』ではなく『邪馬壹国』である」とする説は、)、専門家からの具体的な反論が比較的多く存在しており、古田がそれに再反論する形で論争を繰り広げている。

●とよ・いよでも同じ論争

 最初のWikipediaに戻って、「邪馬台国」の読み方についてもう少し。
 発音

邪馬臺(台)國(国) 秦 漢 ʎia mɔ dʰəɡ kwək 魏  jia ra əї ək  隋 jia ma dʰɑ̆i  kuək 現代 Xié ma tái guó 実際にはさらに複雑多岐で時代や地方で発音が異なる上に忘れ去られたと考えられる発音もある。

「邪馬壹國」と「邪馬臺国」の表記のいずれも、発音の近さから「やまと」の宛字ではないかとする説がある。これは、邪馬台国と同じく「魏志倭人伝」に登場する対馬國を対馬,一支國を壱岐,末廬國を肥前國松浦郡といったふうに発音の近さを手掛かりの一つとしてあてはめるのと同様に、邪馬台国も発音から場所をあてはめようとするものである。新井白石が記した「古史通或問」や「外国之事調書」では、その場所を大和国や山門郡と説いていることから、白石は「邪馬台」を「やまと」に近い音と想定してその場所を比定したと考えられている。

「邪馬壹國」の表記から、三世紀の音符は【 旁 】(つくり)にあり【 壹 】の旁は【 豆 】であって「登」あるいは「澄」と同様に「と」と発音されていたして、「やまと」と読む説もある[注釈 16]。

なお、『隋書』『北史』は、邪馬臺国の発音に関する記述(邪靡堆、邪摩堆)があるが、堆は過去にも現在にも「壹」(イ)の音には発音しない[4]。

 また、この字は卑弥呼の跡継ぎとされた「とよ」(いよ)にも使われており、同様の問題が発生しています。
台与 - Wikipedia

臺與(生没年不詳)は、日本の弥生時代3世紀に『三国志 (歴史書)』、魏志倭人伝中の邪馬台国を都とした倭の女王卑弥呼の宗女にして、卑弥呼の跡を13歳で継いだとされる女性である。魏志倭人伝中では「壹與」であるが、後代の書である『梁書』『北史』では「臺與」と記述されている。

「台与」は「臺與」の代用。臺與の表記・読みについては異説が多く詳細は後記。(中略)


 発音に関する議論

「臺與」を「とよ」と読むのが通説となっているが、これには議論がある。

・「臺」の文字は中国の時代ごとにより、また地方ごとにより異なる。昔は[də]と表現していた時もあった。「ト」「ド」の音韻の音節があるとすればこれに該当する。但し一般には「ダ」が主流であり、隋の時代に「ダイ」に変化し、それがそのまま今の日本の発音になり、中国ではその後に「タイ」と変化していった。

・「台」であれば、「と」と読めるということに異論は無いようである。しかし、「臺」と「台」は異なる文字である[2][3]。

・「臺」を「と」と読む根拠は、例えば藤堂明保『国語音韻論』[4]に、「魏志倭人伝で、『ヤマト』を『邪馬臺』と書いてあるのは有名な事実である」と記載されていることに求められているが、これはすなわち「邪馬臺=ヤマト」という当時の通説に基づいた記述に過ぎないとする指摘がある[5]。もしこの意見が妥当なら、漢和辞典の記載を根拠に「『邪馬臺』はヤマトと読める、『臺與』はトヨと読める」と言ったところで、大元にある通説の同義反復に過ぎないことになるが、「臺」の発音に関する中国語音韻論による議論はこの意見とは無関係である[6]。また、そもそも「魏志倭人伝」には「邪馬臺」とは書かれておらず、「邪馬壹」(=邪馬壱)と書かれており、前提からして誤っている。

 というか、ここの項目では「邪馬台国」=「やまどこく」説まで出てきました。もうわけわからんです。
・邪馬臺(邪馬台)の発音をヤマドとする説がある[7]。

●「やまたいこく」不採用は九州説論者のせいか?

 ここらへんで論争があること自体は健全なことで大いに議論してもらって結構なのですが、話が妙な方向に行くこともあります。

 前述の経緯をご存じない方が、場所の邪馬台国論争で九州説を唱えている方が自説を有利にするために、わざと「やまたいこく」説を取っているのではないか?と邪推していました。
邪馬台国は「やまたいこく」ではなく「やまとこ... - 日本史 | Yahoo!知恵袋

goyaswissさん 2009/1/1417:30:14

邪馬台国は「やまたいこく」ではなく「やまとこく」ではないでしょうか?
邪馬台国を「やまとこく」と読ませると、九州説の方々が不利になるのであえて「やまたいこく」と読ませているような・・・。

卑弥呼の後をついだ台与(とよ)は「たいよ」ではなく「とよ」と読むのに、邪馬台国の台を敢えて「台」と読むのは不自然ではないかと思います。

 前述の通り、この邪推はいろいろと間違っています。

・「やまたいこく」の読み方をしたのは最近の人ではなく、新井白石。
・新井白石も九州説ではなく、大和国説や山門郡説を唱えていた。
・そもそも最初の文献では「邪馬台国」という漢字は使われていない。


【クイズ】邪馬台国に関して正しい記述はどれでしょう?

(1)新井白石は邪馬台国の場所について、大和国や山門郡を想定していた。
(2)新井白石は邪馬台国の読み方について、「やまとこく」を採用していた。
(3)魏志倭人伝は「邪馬台国」という表記だが、異なる書物も多い。

【答え】(1)新井白石は邪馬台国の場所について、大和国や山門郡を想定していた。


 この邪馬台国関連では、もっと露骨な陰謀論も出ていておもしろいので、またやろうと思っています。


【その他関連投稿】
  ■世界最古の土器は日本?
  ■墓暴きをしていた日本人 アイヌ人の墓を掘り起こし遺骨を収集
  ■百人一首は傑作選ではない 実は天智天皇、持統天皇など三流歌人混じり
  ■外人は差別用語?外国人の略称にすぎないので言葉狩り?
  ■シナ(支那)は中国を差別する意味の言葉なのか?
  ■雑学・歴史についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

宝くじ高額当選者3000人のその後……10年後の彼らの生活は?
歴代首相の身長ランキング 背の高い、低い意外な総理大臣 野田佳彦・麻生太郎・鳩山由紀夫・小泉純一郎・安倍晋三など
日本で馴染みのある韓国系企業一覧
国別ノーベル賞受賞者数ランキング 日本は8位、上位はどこの国?
橋下徹大阪市長の出自 同和地区(被差別部落)と父・叔父と暴力団
意外に有名企業があるファブレス企業・メーカー 任天堂・ダイドードリンコ・やおきんなど
飛び降り自殺は意識を失うから痛みはない…は嘘 失敗した人の話
白元・鎌田真の経歴と派手な交友関係 神田うの,松本志のぶ,妻も美魔女など
楽天Edyはコンビニの公共料金の支払い(収納代行)に使える?
楽天Edyの使えるコンビニ・使えないコンビニ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
のれん代とのれん代の償却のわかりやすい説明
消滅可能性都市ランキングと一覧 1800市区町村中896自治体が危機
カルシウムの多い食材ランキングベスト20 牛乳以外に取れる食品
堀越二郎の妻は死んでないし菜穂子でもない モデルは堀辰雄の婚約者矢野綾子
創価学会、会長候補の正木正明氏左遷で谷川佳樹氏重用の理由は?
インチキで効果なし、活性水素水詐欺 誇大広告であるとして排除命令が出た商品も
高カロリー食品ランキングベスト20(100グラムあたり)
EPA、DHA(オメガ3脂肪酸)の魚油サプリ 効果なしどころか危険という説
リチウムイオン電池の寿命を長持ちさせるのは、使い切って満充電?継ぎ足し充電?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由