Appendix

広告

Entries

ありがとう安倍首相!ロシア・メドベージェフ首相が北方領土訪問し実効支配を誇示


 外交では通常一方的な勝利というのはなかなかあり得ず、互いに譲歩しつつどちらも利益を得るという形になるはずです。でも、安倍晋三首相とロシアのプーチン大統領との会談は、ロシアの圧勝のような形に見えました。

 これは2016/12/17に書いたもので、当時は「北方領土進展どころか後退?ロシアの主権を認めかねない日本の譲歩 領土問題棚上げで、制裁骨抜き&経済協力ゲット」というタイトルにしていました。そして、実際にその後、ロシアが「主権」を行使して、北方領土の無人島への命名を行うということが起きました。この話を、2017/02/19追記しています。

2016/12/17:
●北方領土問題棚上げで、制裁骨抜き&経済協力ゲット
●北方領土進展どころか後退?ロシアの主権を認めかねない日本の譲歩
●安倍首相はプーチン大統領との親密さアピールに力点
2017/02/19:
●ありがとう安倍首相!ロシアが北方領土の無人島に命名、主権を行使
2019/08/04
●またメドベージェフ首相が北方領土訪問し実効支配を誇示


●北方領土問題棚上げで、制裁骨抜き&経済協力ゲット

2016/12/17:日ロ首脳会談について、16日付のロシア経済紙ベドモスチは1面トップで「両国は(北方領土)共同経済活動の協議の道を歩み始める」と伝えています。その中では、以下のような専門家の発言を載せていたそうです。

「(共同経済活動で)日本が(領土問題の)ゴールに近づくことはない。日本の投資家がロシア領に来るだけのことだ」
「プーチン大統領はニンジン(北方領土)を手に接近し、対ロシア制裁はあるような、ないような状態になった」
(シンクタンクのアジア専門家、共同経済活動、1面で報道=「領土解決にならず」―ロシア紙 時事通信 / 2016年12月16日 14時31分)

 今回の会談では、北方領土問題は何ら進展がありませんでした。その一方で、対ロシア制裁を骨抜きにできた上に、経済協力も得ることができたという説明ですから、ロシアの一方的な勝利という見方です。
日ロ首脳会談 日本側の経済協力3000億円規模で合意へ | NHKニュース 12月16日 4時31分

経済協力プランをめぐっては民間を含め、日本側が総額で3000億円規模となる経済協力を進めることで合意する見通しとなりました。(中略)

8項目の経済協力プランをめぐって、政府間や企業間で、これまでに合意できた内容を確認することにしています。これまでの調整で、政府間では厚生労働省とロシア保健省による医療・保健分野での協力など13件のほか、企業間では東シベリアにおける共同炭鉱開発や、北極圏のLNG=液化天然ガス開発への融資など、60件余りの合意文書が取り交わされる見通しです。

政府関係者によりますと、民間を含めた日本側の経済協力は、総額で3000億円規模に上るということです。

●北方領土進展どころか後退?ロシアの主権を認めかねない日本の譲歩

 最初の記事でさらに気になったのは、共同経済活動の持つ意味についてのロシア識者の見方でした。

「(共同経済活動について)ロシアの主権を認めることになりかねず、日本は拒否してきた。日本がこの道を歩み始めるとすれば、日本からの非常に大きな、いわば歴史的な譲歩だ」(パノフ元駐日大使)

 それまずくない?日本メディアはどういう解説しているの?と、共同経済活動に関する朝日新聞の報道を見てみると、批判的なものではなく、前進といったニュアンスでした。
平和条約「共同経済活動が重要な一歩」 日ロ首脳が声明:朝日新聞デジタル 2016年12月16日15時58分

安倍晋三首相とロシアのプーチン大統領は16日午後に共同記者会見を開き、平和条約の締結に向けて「北方四島での共同経済活動の協議の開始が、重要な一歩になり得る」とする報道機関向け声明を発表した。

 上記の記事は主権に関する話がなかったものの、検索して見つけた中日新聞の記事では、日本が過去に主権を認めかねないと嫌がっていたという話があります。ロシアメディアの言う通りでした。
北方四島帰属、声明なし 日ロ「共同経済活動」:一面:中日新聞(CHUNICHI Web) 2016年12月17日

 <日ロ共同経済活動> 日ロ両国の政府や民間企業が出資し、北方領土で合弁事業などをする構想。水産資源の加工や養殖などが想定されている。1996年、当時のプリマコフ外相が初めて日本側に提示した。北方領土を実効支配するロシアが自国の法令に基づく実施を前提とする一方、日本は「ロシアの主権を認めることになる」と折り合わず、これまで実現しなかった。ロシア・ソチでの今年5月の首脳会談で安倍晋三首相が8項目の対ロ経済協力と併せて改めて検討を提案していた。

 一応、今回は、"共同経済活動は、互いに主権を主張する両国の立場を「害するものではないことに立脚」して行うとした"ということで、ロシアの主権を日本が認めたわけではないという理屈のようです。

 ただ、以前拒絶していたのはロシアの主権を認めてしまう危険性があったからでしょうし、大丈夫なのかな?というのがあります。

 あと、経済協力そのものでも、第一次安倍政権のときに日本が一方的に搾取されたという過去がありますから、こちらも不安があります。安倍首相はこのときもやられっぱなしでした。

  ■ロシアへの投資リスク・サハリン2事件 天然ガス権益を突然奪取


●安倍首相はプーチン大統領との親密さアピールに力点

 といった感じで、一方的にロシアに良い話ばかりで、日本の得たものがほとんどないように見えます。安倍首相はそれを気にしているのか、それとも全然考えずにやっているのかわかりませんが、プーチン大統領との親密さをアピールするのに一生懸命だったようです。

 安倍首相はプーチン大統領を「ウラジーミル」と、ファーストネームで繰り返し読んでいたといいます。「君(きみ)」という二人称も口にしていました。交渉の中身はともかく、両首脳の親密度を強調する演出が目立ち、「ウラジーミル」はツイッター上でも大きな話題語になったほど。支持者らも大喜びでしょう。

 安倍首相は発言の中で、「ウラジーミル」を5回、「君(きみ)」を3回、質疑応答でも、5回「ウラジーミル」、冒頭発言で「プーチン大統領」という単語を口にしたのは2回だけだったといいます。

 ただ、これもまた一方的で空振り。一方で、プーチン大統領は安倍首相のことを「尊敬する総理閣下」「安倍首相」と呼び、「シンゾー」と呼ぶことはあまりなかったとのこと。

 ツイッター上でも大きな話題語になったものの、「安倍さんは記者会見でも『ウラジーミル』って呼んでたけど、プーチンさんは『安倍首相』って言ってたね。温度差を感じるな・・・」「『ウラジーミル』って言い方は、白々しくて気持ち悪いよ」といったネガティブなものもあり、支持者以外にはマイナスだったかもしれません。

 さらに、「君(きみ)」は、「男の話し手が同輩以下の相手を指すのに使う語。あなた。おまえ」という意味であることも指摘。安倍首相よりプーチン大統領は2歳年上であり、使用法も間違えた感じです。
(全文表示 | 「ウラジーミル」「君」連発する安倍首相 プーチン会談で強調された「親密」 : J-CASTニュース 2016/12/16 20:01より)

 パフォーマンスなんかよりも中身が欲しいところなのですが、国民は本当にこれで満足なんでしょうかね。


●ありがとう安倍首相!ロシアが北方領土の無人島に命名、主権を行使

2017/02/19:「ロシアの主権を認めかねない日本の譲歩」と書いていたら、実際に、主権を行使してきました。

 まず、ロシア政府が、千島列島と北方領土(クリル諸島)で名前がなかった五つの無人島に、旧ソ連やロシアの政治家、軍人らの名前を付けたことが判明しました。無人島の命名は2010年に始まったが、あまり進んでいなかったのですが、ここに来て進展です。

 このうち、北方領土で命名されたのは三つ。歯舞群島の島は、第2次大戦後、連合国対日理事会のソ連代表を務めたデレビャンコ中将にちなんで命名されています。
(北方領土の無人島に命名 ロシア、支配を強調か:朝日新聞デジタル ウラジオストク=中川仁樹 2017年2月13日19時15分より)

 首脳会談のすぐ後にこういうことをやられたというのは、完全に安倍首相の失敗です。日本政府は例によって「懸念」を表明したものの、これをロシアのペスコフ大統領報道官は、「クリル諸島(千島列島と北方領土)はロシア領土であり、(命名についての)主権を行使できる」と一蹴しました。

 しかも、「我々は両国関係の新しい前向きの動きを高く評価しており、この動きを支えていきたい」とも述べていました。「北方領土はロシアのものだと強調するけど、経済協力などはそのままね」というメッセージです。
(北方領土への命名、ロシア「主権の行使」 日本に反論:朝日新聞デジタル モスクワ=駒木明義 2017年2月14日23時46分より)

 こんなのを、中国か韓国にやられたら、大騒ぎでしょう。自称愛国保守の方が、なぜこれを大きく問題視しないのか不思議です。


●またメドベージェフ首相が北方領土訪問し実効支配を誇示

2019/08/04:安倍政権の親ロシア方針の中で、ロシアの北方領土支配の既成事実化がさらに進んでいます。ロシアのメドベージェフ首相が2019年8月2日、北方領土の択捉島に上陸。メドベージェフ首相の北方領土訪問は、大統領時も含めて4年ぶり4度目となります。

 日本側の中止の呼びかけを無視しての訪問という形であり、日本としては当然受け入れられるものではありません。学校やアパートの建設現場などを視察予定で、インフラ整備の進む様子を内外にアピールし、ロシアの実効支配が進む実態を誇示する狙いがあるとみられています。
(メドベージェフ首相、択捉島を訪問 日本政府の懸念無視:朝日新聞デジタルより)

 記事では、今後の日ロの平和条約交渉や北方領土での共同経済活動にも影響する可能性がある、としていました。ただ、安倍首相は一部の国以外には土下座的な外交を続けていますので、今後もロシアに一方的に貢ぐ形を続ける可能性もあると思います。


【本文中でリンクした投稿】
  ■
ロシアへの投資リスク・サハリン2事件 天然ガス権益を突然奪取

【その他関連投稿】
  ■親日なロシアのプーチン大統領 日本の軍国主義に言及し中国に同調
  ■保守派・ネトウヨは北方領土二島返還を批判せず?櫻井よしこは過去に国益損なうと主張
  ■北方領土四島返還は無理がある 日本よりロシアの主張が正しい理由は日本が択捉島・国後島を放棄したから
  ■海外・世界・国際についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

世界一スポーツ選手の平均年収が高いのはサッカーでも野球でもない
チャッカマンは商標・商品名 じゃあ正式名称・一般名称は何?
ジャムおじさんの本名は?若い頃の名前は?バタコさんとの関係は?
ワタミの宅食はブラックじゃなくて超ホワイト?週5月収10万円
朝日あげの播磨屋、右翼疑惑を否定 むしろ右翼に睨まれている?
レーシック難民は嘘くさいしデマ?アメリカの調査では驚きの結果に
赤ピーマンと赤黄色オレンジのパプリカの緑黄色野菜・淡色野菜の分類
アマゾンロッカーってそんなにすごい?日本のコンビニ受け取りは?
就職率100%国際教養大(AIU)の悪い評判 企業は「使いにくい」
ミント・ハッカでゴキブリ対策のはずがシバンムシ大発生 名前の由来はかっこいい「死番虫」
移動スーパーの何がすごいのかわからない 「とくし丸」は全国で約100台
ビジネスの棲み分け・差別化の具体例 異業種対策には棲み分けがおすすめ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
タコイカはタコ?イカ?イカの足の数10本・タコの足8本は本当か?
トンネルのシールドマシンは使い捨て…自らの墓穴を掘っている?
ユリゲラーのポケモンユンゲラー裁判、任天堂が勝てた意外な理由
好待遇・高待遇・厚待遇…正しいのはどれ?間違っているのはどれ?
コメダ珈琲は外資系(韓国系)ファンドが買収したって本当? MBKパートナーズとは?
大塚家具がやばい 転職社員を通報、「匠大塚はすぐ倒産」とネガキャン
不人気予想を覆したアメリカのドラえもん、人気の意外な理由は?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由