Appendix

広告

Entries

早稲田大学でセクハラ・アカハラで解任も パワハラは実質暴行?


2019/04/21:
●早稲田大学のパワハラ・セクハラ懲戒処分 教授の名前は非開示
●パワハラで停職2カ月の懲戒処分…でもそれ暴行じゃ?という事件も
●過去には教え子の論文盗用でも特別に停職止まりの准教授も
2020/01/26:
●同じ年代で同じ性別の教授をアカハラでまとめて処分、一人は解任に
2020/07/11:
●早稲田大学の教授、学生や同僚に威張り散らして停職6カ月の処分に


●早稲田大学のパワハラ・セクハラ懲戒処分 教授の名前は非開示

2019/04/21:早稲田大学では何度か書いていて、早稲田大学でまたセクハラ 渡部直己教授問題では口止めも発覚では、処分された人の名前が出ていない話が一つありました。

 ゼミの授業中にセクハラをしたなどとして、解任された商学学術院の50代の男性教授。この教授は2015~17年にゼミの授業中、性的な発言をして学生の体を触ったり、大声で怒鳴ったりしていたとのこと。教授の氏名や具体的な発言については、被害者の2次被害を避けることなどを理由に公表していないとしていました。

 また、この教授の場合は、13~18年に複数の大学職員を罵倒するなどのパワハラもしていたとのこと。被害者は学生だけではなかったわけですが、被害を受けた学生が18年5月に早大のハラスメント防止室に申し立てて発覚したという経緯だそうです。
(早大でセクハラ 50代の商学学術院教授を解任 毎日新聞2019年2月15日 19時42分(最終更新 2月15日 19時59分)より)


●パワハラで停職2カ月の懲戒処分…でもそれ暴行じゃ?という事件も

 今回の新しい話は、60代教授を停職2カ月=イベントでパワハラ-早大:時事ドットコム(2019年04月19日17時43分)というニュース。文学学術院の60代の男性教授がパワハラにより、停職2カ月の懲戒処分になっています。

 ただ、これ、被害者は外部の人であり、「パワハラ」と表現するのにはちょっと違和感がありました。例えば、Wikipediaでは、社会的な地位の強い者(政治家、会社社長、上司、役員、大学教授など)による、「自らの権力や立場を利用した嫌がらせ」のことをパワハラと説明しています。

 さらにそれ以上にそれパワハラじゃなくね?というのが、内容を見ると実質的には「暴行」であるということ。以下のように犯罪になりそうな案件であり、「嫌がらせ」という領域を超えていると考えられます。

・2018年9月、大学主催のイベントの手伝いをしていた学外関係者の後頭部を3回、素手で殴った。大学職員がこれを目撃しており、発覚。大きなけがはなかった。


●過去には教え子の論文盗用でも特別に停職止まりの准教授も

 上記は犯罪になっておかしくないような内容の割に、処分が軽くて驚き。被害者がもし学内の人であったなら、懲戒処分すらなくもみ消しされそうな勢いでした。冒頭の件のようなもっともな理由がないにも関わらず、名前を非公表なのも怪しいです。偉い人なんでしょうか?

 こうした不可解な対応は、他の大学でもちょくちょくあります。早稲田大学で思い出される例もあり、盗用の早大・田村泰一准教授が解雇じゃないのは文科省出身だから?で書いた件がそうです。

 この事件では、教え子の論文を盗用したにも関わらず、解雇ではなく停職止まりでした。規定にない特別ルールを用いた処分だったようです。当初から変だなと思っていたら、あとで判明した経歴を見ると、文部科学省出身者。加えて、自民党の教育関係議員には、下村博文・元文部科学大臣など、早稲田大学出身の人が多く、結びつきが強いように見えたので、そこらへんがあるのかなと感じた事件でした。


●同じ年代で同じ性別の教授をアカハラでまとめて処分、一人は解任に

2020/01/26:早稲田大学はマンモス校ということもあるでしょうが、ハラスメント問題は豊富な印象。なので、追記していくとあっという間に長くなりそうなのですけど、早大でアカハラ、教授2人処分 学生に「無理な課題」:朝日新聞デジタル(増谷文生 2020年1月24日 17時51分)というニュースがありました。例によって、お名前は公開されていません。

 まず、付属機関の50代の男性教授は、任期付き教員に対し「契約を更新しない」と伝えるなど、職場の環境を悪化させる言動をしました。さらに、授業で突然、対応できないほどの課題を出し、学生に過度な負担を強いるといったこともやっています。これらがアカハラにあたると認定されました。本人も事実関係を認めているとのことです。

 わかりづらいのは、この処分の方ですね。大学の調査委員会が事情を聴くなどし、「懲戒には相当しないが、教員としての適格性を欠く」と判断したといいます。で、軽い処分だったかというとそうでもなく、実際になされた処分は「解任」だとのこと。懲戒解雇ではなく、普通解雇にしたって意味ですかね。

 もうひとりの方は、懲戒ですが、停職1カ月の懲戒処分となったとの発表。むしろ軽いですね。奇しくも同じ50代の教授であり、性別も男性ということで同じです。所属は、国際学術院の教授だとのこと。複数の学部生に対して懇親会に出るよう強要したり、参加しなかったことを責めたりしたとされており、本人も事実関係を認めているそうです。


●早稲田大学の教授、学生や同僚に威張り散らして停職6カ月の処分に

2020/07/11:早大教授、学生に「バカ」 パワハラなどで停職6カ月に:朝日新聞デジタル(2020年7月10日 20時46分)によると、早稲田大学は、学生にパワーハラスメントをしたなどとして、教育・総合科学学術院の60代の男性教授を停職6カ月の懲戒処分としています。教授は学内の調査に事実を認めているそうです。

 教授は2019年4~8月、自らの授業を履修する複数の学部生を「バカ」と呼ぶなど人格を否定するような発言をしてきたとのこと。この説明だけだと細かいところがわからず、「それくらいで処分するなんて最近はおかしい!」と思う人がいるかもしれませんね。

 ただ、過去に普通だったこうした人格否定は、教育として良くないことがわかっており、普通に先生として失格。また、「複数の学部生を」となっていることから、いろんな人に威張り散らすタイプだったのかもしれません。

 そう思うのは、実は問題は上記だけでなかったこと。学内の会議では、自らのキャリアの長さを強調し、複数の教員の提案を一方的に否定して怒鳴り散らすなどのアカデミックハラスメントをしていたといいます。お山の大将みたいな人だったんだと思います。


【本文中でリンクした投稿】
  ■早稲田大学でまたセクハラ 渡部直己教授問題では口止めも発覚
  ■盗用の早大・田村泰一准教授が解雇じゃないのは文科省出身だから?

【関連投稿】
  ■岡山大・大分大で教授や講師がアカハラ パワハラ・研究不正で判断がおかしかった岡山大
  ■女子中学生を盗撮で現行犯逮捕の小島聡志広島大准教授、諭旨解雇 経歴・学歴は?
  ■生酒AWANAMAの新潟薬科大学、寺田弘学長の退職パワハラで准教授に提訴される
  ■香川大学の三原麗珠教授、セクハラツイート 財務省問題も擁護
  ■学校・教育・子どもについての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

世界一スポーツ選手の平均年収が高いのはサッカーでも野球でもない
チャッカマンは商標・商品名 じゃあ正式名称・一般名称は何?
ジャムおじさんの本名は?若い頃の名前は?バタコさんとの関係は?
ワタミの宅食はブラックじゃなくて超ホワイト?週5月収10万円
朝日あげの播磨屋、右翼疑惑を否定 むしろ右翼に睨まれている?
レーシック難民は嘘くさいしデマ?アメリカの調査では驚きの結果に
赤ピーマンと赤黄色オレンジのパプリカの緑黄色野菜・淡色野菜の分類
アマゾンロッカーってそんなにすごい?日本のコンビニ受け取りは?
就職率100%国際教養大(AIU)の悪い評判 企業は「使いにくい」
ミント・ハッカでゴキブリ対策のはずがシバンムシ大発生 名前の由来はかっこいい「死番虫」
移動スーパーの何がすごいのかわからない 「とくし丸」は全国で約100台
ビジネスの棲み分け・差別化の具体例 異業種対策には棲み分けがおすすめ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
タコイカはタコ?イカ?イカの足の数10本・タコの足8本は本当か?
トンネルのシールドマシンは使い捨て…自らの墓穴を掘っている?
ユリゲラーのポケモンユンゲラー裁判、任天堂が勝てた意外な理由
好待遇・高待遇・厚待遇…正しいのはどれ?間違っているのはどれ?
コメダ珈琲は外資系(韓国系)ファンドが買収したって本当? MBKパートナーズとは?
大塚家具がやばい 転職社員を通報、「匠大塚はすぐ倒産」とネガキャン
不人気予想を覆したアメリカのドラえもん、人気の意外な理由は?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由