Appendix

広告

Entries

普通の面接は無意味だった 就職後の業績がわかるのは構造化面接


 普通の面接は採用後の業績と関係がないことが研究でわかっていて、業績がわかるのは構造化面接というものだと以前紹介しています。じゃあ、構造化面接ってどんなもの?という話。私自身よくわからなくて検索したというもので、残虐ながらズバッとした話は出てこなかったものの、イメージを少しつかめるくらいにはなったと思います。(2016/12/18)

 また、"普通の面接は第一印象だけで決まっているので完全に無意味"という話も追加しました。(2017/04/28)


【クイズ】Googleの面接についての正しい説明はどれでしょう?

(1)Googleの面接で落とされる候補者は80%と多いが、それでも落ちた候補者が他の人にGoogleを勧めることが多い。
(2)Googleの面接で落とされる候補者は80%と多いため、落ちた候補者の悪い口コミに頭を悩ませている。
(3)Googleは面接前での絞込を重視し、面接で落とす候補者を20%と少なくして、落ちた候補者から恨みを買う機会を少なくしている。


●就職後の業績がわかるのは構造化面接

2016/12/18:仕事ができる人がわかるのはどれ? 字の上手い下手・IQ・面接などで、業績と相関があるとされていたものの一つに構造化面接がありました。ところが、この構造化面接って何?とわからなかったので、調べるハメになりました。

 で、説明を見てみたのですが、おもしろいですね、これ! 誰がやっても大体同じというのは、再現性があり、科学的だと言えそうです。

 以下は、面接法 【構造化面接、半構造化面接、非構造化面接】|カウンセリング用語|ハートフルライフカウンセラー学院からであり、カウンセリングのサイトの説明なのですが、採用面接の例も説明には出てくるので、たぶん採用面接でも基本はいっしょなのだろうと思います。


構造化面接…アンケート形式など、予め決められた質問項目に沿って質問しながら行われる面接。カウンセラーのスキルに多少差があっても、目的とする情報が系統的に得られる。

半構造化面接…志望動機や自己PRなど、誰に対しても必ず聞かれる質問がある一方で、ある質問を掘り下げる・あるいは流すなど、相手によって臨機応変に質問が変える手法。

非構造化面接…自由回答形式・会話形式に沿った面接。コミュニケーションに集中することができるのがメリット。


●普通の面接(非構造化面接)は無意味だった

 普通の面接は構造化面接にはなっていないので、非構造化面接あるいは半構造化面接です。

 前回の仕事ができる人がわかるのはどれ? 字の上手い下手・IQ・面接などでは半構造化面接という項目がなかったので、おそらくそれも含めて非構造化面接としているのだと思われます。

 で、この非構造化面接が前回やったように、あまり採用後の業績とは結びつかないとのこと。構造化面接の方が圧倒的に良いのです。


●面接のゴールは採用ではない、分析せよ

 構造化面接が素晴らしいと思うのは、同じ質問をしているために、面接後に分析を加えることが可能なことです。採用したらそれで終わりな企業の人事なんかはクソですよ。採用の失敗・成功のキーとなった部分を探し出さなくてはいけません。

 別サイトの説明を読むと、この分析のところをもう少しピックアップしていました。これも心理学関係の説明サイトですけどね。
面接法:心理学用語集 サイコタム

構造化面接法は、あらかじめ設定された仮説に沿って、
事前に質問すべき項目を決めておき、
仮説の妥当性を検証するためのデータを統計的に
収集することを目的としています。


●構造化面接=コンピテンシー面接?

 採用面接を前提にした説明も探したものの、わかりやすいものがありませんでした。構造化面接=コンピテンシー面接みたいな説明をしているところもあったんですが、そうなんですかね、これ?

 本当かな?と思って、コンピテンシー面接、構造化面接でコトバンクで検索したものの、特に無し。書籍で構造化面接で検索しても、医療関係の話ばかり。うーん、ごめんなさい、よくわかりませんでした。

 とりあえず、コンピテンシー面接の簡単な説明としては、一つの内容についてどんどん質問して詳しく聞いていくものといった感じ。掘り下げて質問していくので、作り話が通用しないと言われています。


●グーグルの構造化面接の例

 あっ、構造化面接では以下の説明が良いかも。前回も書いたように、これはグーグルの採用している面接なのですが、そのグーグル絡みの記事でありました。
Googleが面接で優れた人材を見出すためにやっていることとは? - GIGAZINE 2015年04月08日 19時00分56秒

構造化面接法には「行動的面接」と「状況的面接」の2種類があり、「行動的面接」は面接を受けている候補者に対して「あなたの過去の業績を説明してください」「その業績をこの仕事にどう生かせると思いますか?」という質問を投げかけるもので、「状況的面接」は「もしこういうような状況になったらどうしますか?」というように、仮定の状況に対して候補者に回答を求めるものです。この方法によって、面接者は候補者の考え方や誠実さなどを測れると言われています。

(中略)なぜ構造化面接法があまり採用されないのかというと、それはひとえに、正しい方法で実行することが難しいため。面接者自身が候補者に集中し、メモを取りながら彼らをテストする必要があり、また候補者があらかじめ解答を用意しないように連続的に質問を行う必要もあります。

(中略)Googleで開発されたのが「qDroid」という社内ツール。qDroidは、面接者が求人対象となる仕事のポストを決め、そのポストにつくために必要な特性をチェックすると、面接ガイドと仕事のパフォーマンスを測るための質問がメールで送られてくるというものです。これによって優れた質問を導き出すのが劇的に簡単になるとのこと。

また、面接者が他の社員とも質問内容を共有し、実際に面接する人以外の人が関われるようにすることで、面接における質問が多面的な内容になるようにもしています。例えば面接者が「あなたの行動がチームにポジティブな影響を与えた時のことを教えてください」という質問を考えついた時に、他の誰かが「その時あなたの目的は何でしたか?そしてなぜその行動を取りましたか?チームはどのように反応しましたか?」と質問をブラッシュアップさせていくことが可能になるわけです。

●落とされて好感を持つグーグルの面接

 途中で出てきたコンピテンシー面接は圧迫面接と勘違いされることがあると、圧迫面接のような馬鹿なことをする企業の意図とコンピテンシー面接で出ていました。

 私は採用者を不快にする企業はバカだと思っています。潜在顧客を逃しますし、口コミで印象の悪化も招きます。頭の悪いやり方です。

 このコンピテンシー面接と構造化面接がイコールかはイマイチよくわからなかったものの、グーグルの場合は好評でした。
候補者を評価することだけではなく、「候補者があなたにホレるように仕向けること」も重要です。面接において、候補者は非常に無防備なポジションにおり、面接者と親密な会話を交わすことになります。候補者は自分の経験について他の人に話すため、よい面接のための投資は、十分に価値あることなのです。Googleの面接では80%の候補者が落とされますが、それでも落ちた候補者は他の人にGoogleを勧める、とのこと。

【クイズ】Googleの面接についての正しい説明はどれでしょう?

(1)Googleの面接で落とされる候補者は80%と多いが、それでも落ちた候補者が他の人にGoogleを勧めることが多い。
(2)Googleの面接で落とされる候補者は80%と多いため、落ちた候補者の悪い口コミに頭を悩ませている。
(3)Googleは面接前での絞込を重視し、面接で落とす候補者を20%と少なくして、落ちた候補者から恨みを買う機会を少なくしている。

【答え】(1)Googleの面接で落とされる候補者は80%と多いが、それでも落ちた候補者が他の人にGoogleを勧めることが多い。


 構造化面接採用前かな?と思うのですが、そういや以前読んだグーグルに入った人は、面接そのものがエキサイティングで刺激的だったと言っていました。グーグル社員らのズバ抜けた聡明さに感動するみたいですね。

 この種の感動を与えよってのは普通の企業には無理な話でしょう。ただ、少なくとも候補者を不快にするのはダメダメだってことくらいは、わかってほしいところです。


●普通の面接は第一印象だけで決まっているので完全に無意味

2017/04/28:補足的な話を追加。「世界を変える人材」をどう採用し、成果を出すのか?[橘玲の日々刻々]|橘玲の日々刻々 | 橘玲×ZAi ONLINE海外投資の歩き方 | ザイオンライン(2015年12月17日)にあった話です。

 かつてグーグルの面接は回数が多いことで有名でした。面接の回数は15回から25回にも達したそうです。ところが、採用プロセスを見直したところ、面接回数を増やしてもパフォーマンスが向上しないことがわかり、現在は原則4回に減らしているそうです。

 また、面接者がどのように候補者を評価しているかについても分析。最初の10秒で得た第一印象を確認するためだけに質問していることがわかりました。面接の99.4%の時間はムダで、全然意味がないのです。

 そこで、面接者にはあらかじめ標準的な質問項目を渡しておき、グーグルで成功する適性(一般認識能力、リーダーシップ、「グーグル的であること」、職務関連知識)を持っているかどうかを評価させることにした、とありました。これが構造化面接の関係かもしれません。

 一方、私が今回強調したいのが、最初の10秒で得た第一印象で評価が決まってしまうというもの。これ自体が適切に評価できていないことを示唆しているのですが、記事では、「この無意識の自己正当化は、心理学の実験でも繰り返し確認されている」としていました。

 私もこれは聞いたことがあります。歴代首相の身長ランキングで紹介したものです…と書いて、そっちを見たら、同じ橘玲さんの記事でしたわ。

 まあ、いいや。ここで紹介があったのは、授業風景を撮影したビデオを大学生に見せて、その教師が有能かどうかを判断させるという実験。それを1学期終了後の評価と比べてみると、ほとんど違いがないことがわかりました。しかも、学生たちの観たビデオには音声がなかったと言います。直感だけで決めてしまっているのです。

 さらに驚きなのが、この実験には2秒のビデオも使われており、わずか2秒でも、学生たちの判断はその教師の授業を何度も受けた学生と大差なかったという話。我々はまともに他人の能力を計測する機能を持っていないようです。
([橘玲の日々刻々] ザイ・オンライン 日本を救う政治家を選ぶ方法より)


【本文中でリンクした投稿】
  ■仕事ができる人がわかるのはどれ? 字の上手い下手・IQ・面接など
  ■圧迫面接のような馬鹿なことをする企業の意図とコンピテンシー面接
  ■歴代首相の身長ランキング 背の高い、低い意外な総理大臣 野田佳彦・麻生太郎・鳩山由紀夫・小泉純一郎・安倍晋三など

【その他関連投稿】
  ■他社を早く内定辞退しない就活生はなぜ人として終わっているのか?
  ■字(筆跡)で性格がわかるは非科学的で差別的 手書き履歴書重視企業は要注意
  ■受験料を取るドワンゴの有料入社試験より賢い?SHIFTの新卒採用のすごさ
  ■早く他社を内定辞退しない就活生には人事が報復!悪い部署に配属という切り札
  ■ビジネス・仕事・就活・経済についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

宝くじ高額当選者3000人のその後……10年後の彼らの生活は?
歴代首相の身長ランキング 背の高い、低い意外な総理大臣 野田佳彦・麻生太郎・鳩山由紀夫・小泉純一郎・安倍晋三など
日本で馴染みのある韓国系企業一覧
国別ノーベル賞受賞者数ランキング 日本は8位、上位はどこの国?
橋下徹大阪市長の出自 同和地区(被差別部落)と父・叔父と暴力団
意外に有名企業があるファブレス企業・メーカー 任天堂・ダイドードリンコ・やおきんなど
飛び降り自殺は意識を失うから痛みはない…は嘘 失敗した人の話
白元・鎌田真の経歴と派手な交友関係 神田うの,松本志のぶ,妻も美魔女など
楽天Edyはコンビニの公共料金の支払い(収納代行)に使える?
楽天Edyの使えるコンビニ・使えないコンビニ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
のれん代とのれん代の償却のわかりやすい説明
消滅可能性都市ランキングと一覧 1800市区町村中896自治体が危機
カルシウムの多い食材ランキングベスト20 牛乳以外に取れる食品
堀越二郎の妻は死んでないし菜穂子でもない モデルは堀辰雄の婚約者矢野綾子
創価学会、会長候補の正木正明氏左遷で谷川佳樹氏重用の理由は?
インチキで効果なし、活性水素水詐欺 誇大広告であるとして排除命令が出た商品も
高カロリー食品ランキングベスト20(100グラムあたり)
EPA、DHA(オメガ3脂肪酸)の魚油サプリ 効果なしどころか危険という説
リチウムイオン電池の寿命を長持ちさせるのは、使い切って満充電?継ぎ足し充電?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
目標1000日更新 不定期複数投稿
サイト説明
ハンドルネームの由来
カテゴリの説明

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由