Appendix

広告

Entries

忖度で「日本会議の研究」が異例の出版差し止めに? 板挟み産経新聞は偏向報道・公正報道どっちを選んだ?


 日本会議の研究 (扶桑社新書)が出版差し止めと知ってびっくりしました。

2017/04/01:その後、販売差し止めの仮処分が取り消しとなったので、最後に追記。これも今考えてみると、安倍首相に配慮しての「忖度」だったんでしょうね。通常では考えられない差し止め処分でした。



●扶桑社「日本会議の研究」が出版差し止めでAmazonベストセラーに

 もともとベストセラーだった書籍ですけど、この影響もあってか、Amazon.co.jp 売れ筋ランキング: Kindleストア の中で最も人気のある商品ですで今(1/8 20時半)見たら3位でした。1時間ごとに更新されますので、1位だった時間もあるかもしれません。

 以下のように、すべての本で1位だというツイートもありました。


 私が見たときのKindleストアの記述は以下。

Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 3位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)

1位 ─ Kindleストア > Kindle本 > 社会・政治 > 政治
2位 ─ 本 > 社会・政治 > 政治 > 政治入門

 紙のページは以下でした。

Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1位 (本の売れ筋ランキングを見る)

1位 ─ 本 > 社会・政治 > 政治 > 政治入門
1位 ─ 本 > 新書 > 扶桑社新書
1位 ─ 本 > 社会・政治 > 外交・国際関係


●ベストセラーの出版差し止めは異例の事態

 さて、出版差し止めの話。実は最初読んだ時事通信は悪い記事。かなり偏った内容でした。
販売禁止認める仮処分=扶桑社「日本会議の研究」-東京地裁:時事ドットコム

 扶桑社が昨年5月に発売した新書「日本会議の研究」(菅野完氏著)で虚偽の記述をされ、名誉を毀損(きそん)されたとして、宗教団体の元幹部が同社に販売禁止などを求めた仮処分申請で、東京地裁(関述之裁判長)は6日、記述の一部を削除しない限り販売を禁止する決定をした。
 同書は、保守系団体「日本会議」の沿革や活動をまとめた内容で、元幹部について「(同団体を)支配する人物」などと記載している。
 関裁判長は、元幹部の宗教団体での活動に関する一部記述について「著者は元幹部に取材自体を行っていないと自認しており、第三者に取材したという資料も提出されていない」と指摘。真実ではない可能性が高く、元幹部が受ける損害を避けるために販売差し止めが必要だと判断した。(2017/01/06-20:31)

 上記だと元幹部の宗教団体での活動の記述がデタラメで、「(同団体を)支配する人物」という点も今回事実ではないとされたかのように見えます。

 ところが、そういった理解は全然違うのだそうな。東京新聞ですと、以下のように書かれていました。
東京新聞:ベストセラー「日本会議の研究」 異例の出版差し止め決定:社会(TOKYO Web) 2017年1月7日 朝刊

 書籍では、保守系団体の日本会議と宗教法人「生長の家」の関係を記載。生長の家幹部だった男性は、六カ所について真実ではないとして仮処分を申し立てていた。

 決定は、男性の布教活動に関する一カ所の記述が真実とは言えず、著者の菅野完(すがのたもつ)さんは男性に取材していなかったと指摘した。その上で、販売が続くと男性の社会的評価が低下して回復困難な損害を受けるとし、この部分を削除しなければ出版は認められないと結論付けた。その他の記述は、うそとは言えないなどと判断した。

●時事通信はかなりの偏向報道

 時事通信がひどかったのは、扶桑社のコメントでもそうです。時事通信は以下のような記述。

「一部削除を求められたことは誠に遺憾。今後の対応は決定内容を精査し決める」

 しかし、東京新聞では以下の通り。

当社の主張がほぼ認められた決定ではあるが、一部削除を求められたことは誠に遺憾だ」

 時事通信では印象がガラリと異なる前半を削っていたのです。うーん、かなりこれヤバイですね。相当な偏向報道です。

 なお、著者の菅野完さんも「こちら側の主張の通り、請求がほぼ全面的に却下され、言論の自由の観点からも安堵(あんど)している」と説明していました。


●言論弾圧の一環とも著者の菅野完氏は主張

 ただ、一方で菅野完さんは、次のようなコメントもしていたようです。

「一カ所だけ削除修正を求められていることは極めて遺憾。本件は言論弾圧の一環と言わざるを得ない」
「これまでも嫌がらせは絶えなかったが、誰からの弾圧であれ、自分の言論活動に引き続きまい進していきたい」

 日本会議は以前やったように、安倍首相に近い団体です。なので、安倍首相による言論弾圧だ!なんて言っている人もいました。証拠はありませんけどね。

  ■安倍内閣の閣僚のうち95%が神道政治連盟、84%が日本会議に所属 みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会・創生「日本」なども多い
  ■日本会議支部長、アグネス・チャンへの名誉毀損で削除と謝罪


●板挟み産経新聞は偏向報道・公正報道どっちを選んだ?

 もう一つ興味あったのは、産経新聞の報じ方。日本会議は産経新聞とも近いのですけど、扶桑社というのは産経新聞のお仲間であるフジサンケイグループで、産経新聞系の書籍も出してもらっていました。どのように報じるかは見ものです。

 産経新聞は韓国での朴大統領に関する報道の件では言論弾圧だ!とやっていたんですし、本来ならこんな枝葉末節で出版差し止めはけしからん!と言って良さそうなものです。

 で、どうしたのかな?と読んでみたら、時事通信に近い偏向報道でした。そっちについたか!
「日本会議の研究」販売差し止め 東京地裁が仮処分決定 - 産経ニュース 2017.1.6 19:46

 決定によると、同書は平成28年5月発行。男性が所属する宗教法人の機関誌の発行部数を拡大する運動を進めた結果、「自殺者も出た」などと指摘していた。

 関述之裁判長は決定で、記述が「男性の社会的評価を低下させる」と判断。自殺者が出たという部分については、菅野氏の説明以外に客観的な資料がなく、男性に取材していないことを菅野氏が認めたことなどから、「真実でない可能性がある」とした。

 その上で、該当部分を削除しない限り、販売などを差し止めるとともに、扶桑社にある在庫を地裁の執行官に引き渡すよう命じた。

 扶桑社は「一部削除を求められたことは誠に遺憾」とコメントしている。

 最後の扶桑社のコメントは時事通信に近く、多くの箇所で真実と認められたことにも全く触れられていません。

 なお、「自殺者も出た」については、他の記事と書き方が違っている点も気になりました。
ベストセラー「日本会議の研究」に出版差し止め仮処分命令 著者は「こちらの主張ほぼ通った」

関係者によると、裁判所が削除・修正を命じたのは第6章の1カ所。宗教団体の活動の中で自殺者が出たが、宗教団体の幹部だった男性がそれについて「馬耳東風であった」とする記載だった。

東京地裁はこうした記述について、客観的な資料が存在しないことや、男性への直接取材をしていないことなどから、「真実でないと言わざるを得ない」と判断した。

 かなり報道によって差が出ており興味深いと思ったものの、偏向報道の可能性が高く、おもしろがっている場合じゃありませんね。ひどい話でした。


●忖度で「日本会議の研究」が異例の出版差し止めに? 無事処分が取り消しに

2017/04/01:書籍「日本会議の研究」の販売差し止めについては、出版元の扶桑社が保全異議を申し立ていました。そして、2017年3月31日、東京地裁(中山孝雄裁判長)が、仮処分を取り消す決定を出しました。

 決定では、「出版物の差し止めは、真実ではないことなどが明白の場合に例外的に許される」と指摘。今回の場合は、「真実ではないことが明白であると認めるのは困難」としました。
(「日本会議の研究」販売差し止めの仮処分取り消し:朝日新聞デジタル 塩入彩 2017年3月31日21時32分より)

 別記事では、 「出版差し止めが認められるほどの名誉毀損はない」という部分を紹介しているところもありました。当初から「異例」と言われていたように、やはりかなり無理のある差し止め処分だったと考えられます。

 うちでは最初の投稿時に、「安倍首相による言論弾圧だ!なんて言っている人もいました」と紹介しています。私はこれに賛同していたわけではないのですが、今思うと森友学園問題で話題になっている「忖度」(そんたく)がまさに働いていた可能性はありそうです。

 あちこちで日本がおかしくなっていってる感じがありますね。衰退が止まりません。


【本文中でリンクした投稿】
  ■安倍内閣の閣僚のうち95%が神道政治連盟、84%が日本会議に所属 みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会・創生「日本」なども多い
  ■日本会議支部長、アグネス・チャンへの名誉毀損で削除と謝罪

【その他関連投稿】
  ■安倍首相、天皇陛下のモノマネをして茶化す 保守派雑誌が暴露
  ■橋下徹氏が生前退位(譲位)問題で安倍首相に近い保守派を痛烈批判
  ■捏造デマを信じるのは右か左か?運営者が語る保守派とリベラルの反応の違い
  ■渡部昇一氏、スピリチュアルに傾倒し進化論批判 幸福の科学・統一教会とも関係
  ■渡部昇一氏「天皇陛下は皇室典範に違反」「特例法はインチキ」
  ■政治・政策・政党・政治家についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

宝くじ高額当選者3000人のその後……10年後の彼らの生活は?
歴代首相の身長ランキング 背の高い、低い意外な総理大臣 野田佳彦・麻生太郎・鳩山由紀夫・小泉純一郎・安倍晋三など
日本で馴染みのある韓国系企業一覧
国別ノーベル賞受賞者数ランキング 日本は8位、上位はどこの国?
橋下徹大阪市長の出自 同和地区(被差別部落)と父・叔父と暴力団
意外に有名企業があるファブレス企業・メーカー 任天堂・ダイドードリンコ・やおきんなど
飛び降り自殺は意識を失うから痛みはない…は嘘 失敗した人の話
白元・鎌田真の経歴と派手な交友関係 神田うの,松本志のぶ,妻も美魔女など
楽天Edyはコンビニの公共料金の支払い(収納代行)に使える?
楽天Edyの使えるコンビニ・使えないコンビニ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
のれん代とのれん代の償却のわかりやすい説明
消滅可能性都市ランキングと一覧 1800市区町村中896自治体が危機
カルシウムの多い食材ランキングベスト20 牛乳以外に取れる食品
堀越二郎の妻は死んでないし菜穂子でもない モデルは堀辰雄の婚約者矢野綾子
創価学会、会長候補の正木正明氏左遷で谷川佳樹氏重用の理由は?
インチキで効果なし、活性水素水詐欺 誇大広告であるとして排除命令が出た商品も
高カロリー食品ランキングベスト20(100グラムあたり)
EPA、DHA(オメガ3脂肪酸)の魚油サプリ 効果なしどころか危険という説
リチウムイオン電池の寿命を長持ちさせるのは、使い切って満充電?継ぎ足し充電?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由