Appendix

広告

Entries

囲碁AIがさらに進化 世界に置いてかれる日本AIは中国にも完敗


 一番強いの囲碁AIは結局、グーグル傘下ディープマインドのアルファ碁(AlphaGo)の後継機でした。ただ、以前よりAlphaGoより強いと言われるAIはいくつも出ていて、どこが作っているの?と検索したらやっぱり中国でした。

 日本のAIにも既に完勝していますし、現在のAIの世界は日本の未来図のようになっていて、象徴的でした。


●三浦弘行九段事件は日本将棋界のAIへの対応が囲碁界と違ったため?

 最初の記事はAIに関する姿勢について、日本の将棋界を批判したもの。
ネットの謎棋士60連勝、熱狂生んだ陰の主役:日経ビジネスオンライン 広岡 延隆 2017年1月6日

 昨年末、残念な出来事があった。舞台は、AIがプロ棋士を以前から凌駕していたとされる将棋だ。スマートフォンのソフトで指し手を調べていた疑惑があるとして将棋連盟が出場停止処分を下した三浦弘行九段が、第三者調査委員会により不正の証拠はないと認められたのだ。(中略)

 チェスでもソフトの不正使用問題が発生していたのだから、将棋でもいずれは問題になることは予想できた。それなのに将棋連盟は不正防止策を講じず、いざ問題が起きた時には三浦九段ひとりにそのツケを負わせたことになる。(中略)

 記者は原因の1つは、将棋界がAIとの向き合い方に失敗したことにあるのではと考えている。将棋AIの実力が飛躍的に向上してから、将棋界はタイトル保持者をAIと公式に対局させてこなかった。そうこうする間に、人工知能の専門家から「もう人間と勝負を競う段階ではない」と言い放たれる状況になってしまった。「AIが人間を凌駕した」ということを速やかに認め、組織として対策を打っていれば、今回のような事態にはならなかったはずだ。

●囲碁AIがさらに進化 AlphaGoより強いGodMovesより強い刑天より強いMaster

 ただ、囲碁の世界は日本ではなく、中国や韓国が中心でしたからね。日本はもともとあまり強くないようです。(関連:アルファ碁、世界トップ級イセドルに勝利 実は囲碁が弱い日本人)

 また、これも以前やったように、将棋と囲碁では難しさが全然違うそうです。囲碁の方がずっと難しかったため、AlphaGoは衝撃的だったと言われていました。

 ところが、このAlphaGoより強いソフトが次々と出てきています。いま囲碁界では何が起こっているのか - Togetterまとめでは、ドラゴンボールのようだという感想がありました。強さがインフレしてきています。


 で、このMasterが結局、AlphaGoの進化版だったわけですが、それ以外にもいろいろとあるってことですね。
1月4日、ついに正体が明かされた。米グーグル傘下のディープマインドが、アルファ碁の最新試作バージョンだと発表したのだ。韓国の対局サイト「東洋囲碁」にも「Magister」の名で参戦していたという。野狐囲碁の日本語公式アカウントによるツイッター上のコメントによれば、Masterは登場してから60連勝を達成したとのこと。短時間の「早碁」と呼ばれる対局はミスが出やすい人間にとって不利な面があるが、それを差し引いても桁外れの実力だ。(日経ビジネスオンライン)

●世界に置いてかれる日本AIは中国にも完敗

 私が気になったのは、AlphaGo以外はどこが作っているAIか?という話。

 GodMovesは残念ながら不明のようですが、名前からして中国っぽいと感じた「刑天」はやはり中国でした。最もスマートな企業、アップル選外 日本・中国・韓国のランクイン数は?などにも選ばれているテンセントだそうです。


最近ネット囲碁サイトでは中国発の野狐囲碁が盛んですが、そこにも囲碁AIがいます。

世界最大のゲーム会社テンセントが開発したもので「絶芸」「刑天」という二つが確認されています。

 また、実を言うと、この刑天に負けたGodMovesは日本のAIには圧勝しています。刑天 > GodMoves >> 日本のAI なのですから、レベルが違いすぎるようです。
ネットに謎の囲碁棋士「Master」が出現 世界トップ棋士を続々撃破 - ねとらぼ[高橋史彦,ねとらぼ] 2017年01月03日 09時15分 更新

「God Moves」:11月29日に囲碁サイト「KGS」に登場。日本の最強囲碁ソフト「Deep Zen Go」と同じソフトを搭載した「Zen19L」に圧勝 (中略)
「刑天」:12月28日に囲碁サイト「野狐囲碁」に登場。現世界1位、柯潔(かけつ)九段に勝ったり負けたり
「Master」:12月30日に囲碁サイト「東洋囲碁」に登場。トップ棋士を次々と撃破

 AlphaGoが登場したときにも、日本がニコニコ動画でチマチマやっているうちに置いてかれたって書いたのですが、本当、AIの世界では日本は何周遅れかわからないほど置いていかれている感じです。

 ただ、残念ながら将来的に日本の科学技術は米中に太刀打ちできなくなる可能性は高いので、これが未来の日本の姿かもしれません。そして、その場合にニコニコ動画でやっているようなエンターテイメントで生きる道を目指すという選択は、悪くないかもとも思います。

 まあ、エンターテイメントでもアメリカが絶対王者ですし、日本で数少ない有望なアニメ分野でもクリエイターを奴隷搾取しているせいで、中国に奪われているみたいなんですが…。

(アニメについては、日本のブラックなアニメ業界に救いの手? 中国企業が好待遇で人材集めで書いているのですが、実はここでもテンセントの名前が出ていました)


●AIが進化しても人間の戦いはおもしろい

 なお、今回おもしろかったのは、AIに勝てない人間のプロ囲碁棋士の皆さんが、AIの進化を歓迎していたことです。






 将棋ソフト開発者、14歳プロ棋士に「AIに奪われる職業」と煽る ボンクラーズの伊藤英紀氏でも書いたように、AIが人間よりずっと強くなったとしても人間ならではのおもしろさというのは残ると想像しています。

 そして、これはさっきのエンターテイメントで生き残りを賭けるって話にも通じるものがあるんじゃないでしょうか?


【本文中でリンクした投稿】
  ■アルファ碁、世界トップ級イセドルに勝利 実は囲碁が弱い日本人
  ■最もスマートな企業、アップル選外 日本・中国・韓国のランクイン数は?
  ■日本のブラックなアニメ業界に救いの手? 中国企業が好待遇で人材集め

【その他関連投稿】
  ■生徒「なぜ仕事を奪う研究を?」、AI研究者を責める 新井紀子教授の回答は?
  ■浪人してた東ロボくん、東大を諦める AIの弱点と人間との違い
  ■AI(人工知能)で農家の職人技すら不要に グーグルテンサーフローでキュウリの選別や唐揚げの盛り付け
  ■AIで仕事がなくなる…は誤解だった 人間の作業を代替するだけで職業そのものを代替するわけではない
  ■AI僧侶が登場、裁判官も弁護士に「もっとAI使え」 ノーベル賞もAIの時代になるか?
  ■ビジネス・仕事・就活・経済についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

広告

最新投稿

定番記事

宝くじ高額当選者3000人のその後……10年後の彼らの生活は?
歴代首相の身長ランキング 背の高い、低い意外な総理大臣 野田佳彦・麻生太郎・鳩山由紀夫・小泉純一郎・安倍晋三など
日本で馴染みのある韓国系企業一覧
国別ノーベル賞受賞者数ランキング 日本は8位、上位はどこの国?
橋下徹大阪市長の出自 同和地区(被差別部落)と父・叔父と暴力団
意外に有名企業があるファブレス企業・メーカー 任天堂・ダイドードリンコ・やおきんなど
飛び降り自殺は意識を失うから痛みはない…は嘘 失敗した人の話
白元・鎌田真の経歴と派手な交友関係 神田うの,松本志のぶ,妻も美魔女など
楽天Edyはコンビニの公共料金の支払い(収納代行)に使える?
楽天Edyの使えるコンビニ・使えないコンビニ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
のれん代とのれん代の償却のわかりやすい説明
消滅可能性都市ランキングと一覧 1800市区町村中896自治体が危機
カルシウムの多い食材ランキングベスト20 牛乳以外に取れる食品
堀越二郎の妻は死んでないし菜穂子でもない モデルは堀辰雄の婚約者矢野綾子
創価学会、会長候補の正木正明氏左遷で谷川佳樹氏重用の理由は?
インチキで効果なし、活性水素水詐欺 誇大広告であるとして排除命令が出た商品も
高カロリー食品ランキングベスト20(100グラムあたり)
EPA、DHA(オメガ3脂肪酸)の魚油サプリ 効果なしどころか危険という説
リチウムイオン電池の寿命を長持ちさせるのは、使い切って満充電?継ぎ足し充電?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
目標1000日更新 不定期複数投稿
サイト説明
ハンドルネームの由来
カテゴリの説明

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由