Appendix

広告

Entries

アウン・サン・スー・チー氏のノーベル平和賞取り消しを!受賞者らも批判


 ノーベル平和賞受賞者らが批判しているのは、少数民族問題について。さらに、アウン・サン・スー・チーさん率いる与党に都合の悪いことを書いた人らを次々と逮捕というクソみたいな話もあります。これについては、「一部の人がやっているだけ」みたいな声もあるのですけど、詳細を見るとそれは無理そうな言い訳。アウン・サン・スー・チーさんが率先してやっている証拠はないものの、黙認に近い状態。許容とみなせるような発言までしていました。

2021/02/19追記:アウン・サン・スー・チーさん拘束で関心が高まってそうなので再投稿しておきます。私も軍のクーデターは全く支持しておらず批判しているものの、一方で、アウン・サン・スー・チーさんや与党が美化されすぎてしまっているのも、行き過ぎなところを感じます。実は彼らも結構ひどいことをやっていました。

2013/2/28:
●ミャンマー軍事政権が予想外のスピードで民主化を実施
●ミャンマー民主化もアウン・サン・スー・チーに失望 少数民族差別の問題
●アウン・サン・スー・チー氏より軍事政権の方がマシ
2017/01/15;
●軍事政権のテインセイン前大統領に日本の賞を授与
2017/1/18:
●与党批判で逮捕続出のミャンマー アウンサンスーチー氏も黙認か?
●こんなに逮捕者は出なかった…軍事政権の方がマシだったのでは?
●人権より人気取り?ノーベル平和賞受賞者らは少数民族問題で批判書簡
2019/06/30:
●アウン・サン・スー・チー氏のノーベル平和賞取り消しを!


●ミャンマー軍事政権が予想外のスピードで民主化を実施

2013/2/28:10年の20年ぶりの総選挙を経て11年に発足したテイン・セイン政権は、自宅軟禁していたアウン・サン・スー・チーさんに政治参加を促すなど国際社会の予想を上回るスピードで民主化を実施。米欧は2012年4月以降、相次いで経済制裁の一時停止や大幅緩和などに踏み切りました。

 ただ一方で、欧米との関係改善に伴って、蜜月だった中国との関係はやや悪化。中国・ミャンマー双方で密入国者を取り締まりを厳しくした結果、2012年7~9月の貿易額は前年同月比で3割以上減ったそうです。
(ミャンマー民主化で変わる中国との蜜月関係 重慶支局 多部田俊輔 2012/10/11 14:00 日経新聞より)

 テイン・セインさんはちょっと急進的すぎるかなと思って国内の反発と失脚による揺り戻しを心配していましたが、積極的な民主化政策という方向性自体は素晴らしいなと思います。


●ミャンマー民主化もアウン・サン・スー・チーに失望 少数民族差別の問題

 しかし、国内少数民族は現状に不満を持っており、政権を認めてしまったアウン・サン・スー・チーさんへの失望へと繋がっているという記事もありました。「スー・チー神話」に陰り 少数民族に失望の声も 2012/11/25 0:00 日経新聞 特別編集委員 伊奈久喜という記事です。ただ、最初はテイン・セイン政権への不満の話です。

<ミャンマーには約70%のビルマ族のほかに多くの少数民族がいる。カレン、カチン、シャンなどは分離独立を求める。彼らの人権状況は改善していないのに、国際社会はテイン・セイン政権を支援し投資が入り込む。人権活動家や少数民族はそう考え忘れられる不安を語る>

 中国と比べてミャンマーは進歩的で、アウン・サン・スー・チーさんの扱いが典型でしょう。しかし、外国で活動してきたスー・チー支持者のひとりは「スー・チー氏ひとりの待遇の変化で全体を判断しないでほしい」と語ります。ロヒンギャ問題のことも考えて!というメッセージです。

<例えば少数民族ロヒンギャ族の扱いだ。国際人権団体のヒューマン・ライツ・ウオッチ(HRW)によると、ミャンマー国内に約100万人いるとされるロヒンギャは数十年にわたってベンガル湾に面したラカイン州に住むが、1982年の市民権法によって事実上国籍を奪われた。
 ロヒンギャはイスラム教徒であり、10月に仏教徒のアラカン族との間で衝突が起きた。大規模な焼き打ちもあり、同じイスラム国マレーシアに逃れようとしたロヒンギャを乗せた船が沈没し、約130人が行方不明になったといわれる>

 ここだけ読むと、政権の問題なのですが、この後が問題。なんと<AFP時事によれば、スー・チー氏は11月初め「道徳的指導力を発揮すべきではないと考えている」と非関与を表明し、ロヒンギャ、アラカン両者が不満を感じた>とのこと。アウン・サン・スー・チーさんも少数民族問題に消極的だったのです。


●アウン・サン・スー・チー氏より軍事政権の方がマシ

 しかも、この問題で動いたのは、アウン・サン・スー・チーさんではなく、テイン・セイン大統領の方だったという追い打ち。むしろ積極的だったのはテイン・セインさんの方なんですね。

 テイン・セイン大統領のは、ロヒンギャを「少数民族ではなく密入国者」と国民扱いしない姿勢だったのを軌道修正。オバマ大統領の来訪に先立って国連の潘基文(バン・キムン)事務総長に書簡を送り、市民権付与や労働許可など権利の拡大を検討する姿勢を明らかにしています。作者は少数民族問題を含めた人権に関して、以下のように書いていました。

<日本政府はミャンマーに対する債権を放棄し、大規模円借款を再開する。世界中のビジネスマンがこの国に熱い視線を送る。オバマ来訪も経済利益と無縁ではないが、米国も日本も「花(人権、民主化)より団子(経済利益)」とまでは思っていないはずである>

 しかし、ミャンマーで経済的に利益を出すには、どうしても汚いお金が必要なのは事実で、そこは目をつぶっているという面があります。人権問題に関しても優先されずに、「花より団子」となる可能性が否定できないと思われます。


●軍事政権のテインセイン前大統領に日本の賞を授与

2017/01/15;テインセイン前ミャンマー大統領に、アジアコスモポリタン賞という話があったので、ここに追記。<テイン・セイン氏らにアジアコスモポリタン賞 2017年 01月15日 19時39分 提供元:読売新聞>という記事です。日本でも評価されているんでしょうか。

<東アジアの文化や経済発展に功績があった個人や団体を表彰する「平城遷都1300年記念アジアコスモポリタン賞」の授賞式と記念フォーラム(読売新聞社など後援)が15日、奈良市で開かれた。大賞を受賞した前ミャンマー大統領テイン・セイン氏(中略)が出席。(中略)
 「ミャンマー民主化の夜明け」をテーマに講演したテイン・セイン氏は、「国民全員が参加できる政治や若年層の将来の基盤作りを実現した。周辺国にいい影響を与えた証しとして、賞がいただけたと思う」と喜びを語った>
http://news.so-net.ne.jp/article/detail/1340430/


●与党批判で逮捕続出のミャンマー アウンサンスーチー氏も黙認か?

2017/1/18:私はアウン・サン・スー・チーさんに懐疑的で、批判的な話を多数書いてきました。私が主に問題視していたのは、少数民族への迫害を見て見ぬふりしているといった話であって、今回の件とは違います。でも、やっぱりこの人ヤバイんじゃ?と、全体的に疑いを持つ話が出てきました。民主化勢力が政権を握ったミャンマーで、言論の自由が脅かされる懸念が出ているというのです。

 これを報じていたのは、ミャンマー、言論の自由に影 スーチー氏与党批判で逮捕:朝日新聞デジタル(ヤンゴン=五十嵐誠 2017年1月16日05時04分)という記事。なんとアウンサンスーチー国家顧問率いる与党の政治家や軍首脳をネットで批判しただけで、逮捕されるケースが相次いでいるといいます。相当ひどいですね。政党内部からも批判が出ており、一部の下っ端の暴走という擁護的な意見もあります。しかし、最も問題だと言えるのは、""国内外から出ている批判に対して、政権側の動きは鈍い"ということでしょう。

 問題となっているのは、電気通信法違反の名誉毀損による逮捕。政権では一応法改正議論はしたものの、後回し。さらに終わっているのが、アウン・サン・スー・チーさんも2016年11月の来日時の会見で「自由には責任が伴わねばならない。ソーシャルメディアは必ずしも責任が明確でない」と述べていることです。

 これは現在逮捕者を続出させている法律に対し、理解を示したと見られて仕方ないでしょう。右派でよくある自己責任論で、言論弾圧を肯定してきました。少数民族差別もありますし、アウン・サン・スー・チーさんって、民族主義のポピュリストなんじゃないですかね?

 加えてもう一つ決定的なのが、与党・国民民主連盟(NLD)幹部に都合の悪い記事を書いた「イレブン・メディア」の社長と編集長を、幹部が自ら告訴して勾留した事件です。アウン・サン・スー・チーさん率いる与党の幹部がはっきり関わってやっているので、一部の暴走とは言いづらくなりました。


●こんなに逮捕者は出なかった…軍事政権の方がマシだったのでは?

 私はアウン・サン・スー・チー政権より、軍事政権だったテイン・セイン政権の方がまだ評価できると思っています。ただ、この悪法そのものは、テイン・セイン前政権下で2013年に制定されたものでした。やはり前政権も全然ダメなのです。

 ここで終わると、アウン・サン・スー・チー政権の問題ではない…となったんですが、そうじゃないんですよ。ここでもまたテイン・セイン政権の方がまだマシ、と言える事態になっています。というのも、現政権では、前政権下の2倍超となる少なくとも16人が既に逮捕されているということで、逮捕が続出しているためです。

 アウン・サン・スー・チー政権の誕生は2016年3月末。1年経っていないにも関わらず、前政権下での逮捕の2倍以上というのは異常だとしか言いようがありません。この悪い法律を積極的に利用しているようです。軍事政権よりもよっぽど独裁政権らしくなっていますね。本当ヤバイです。


●人権より人気取り?ノーベル平和賞受賞者らは少数民族問題で批判書簡

 検索してみると、私が最も問題視しているという少数民族問題でも、2016年にスー・チー氏の対応批判 少数派迫害問題で平和賞受賞者ら  :日本経済新聞(2016/12/30 19:48)という記事が出ていました。

<ミャンマー西部でイスラム教徒少数民族ロヒンギャが迫害されている問題で、ノーベル平和賞受賞者ら23人がアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相の対応が不十分だと批判し、国連安全保障理事会で同問題を議題として取り上げるよう促す連名の書簡を安保理に送付した>
<書簡はミャンマー国軍が西部ラカイン州で過去2カ月に実施した武装勢力の掃討作戦によって数百人のロヒンギャが殺害され、3万人以上が家を追われたと指摘。「スー・チー氏はロヒンギャの市民権保障のため、指導力を少しも発揮しておらずわれわれは不満を抱いている」と強調し>

 記事では、仏教徒が国民の9割を占めるミャンマーではロヒンギャへの差別意識が強く、アウン・サン・スー・チーさんは国民の反発を恐れてロヒンギャ寄りの言動を控えているとみられると解説。この件でもさっき勢いで書いてしまった右派的・民族主義的なもの、ポピュリスト的なものが見える気がします。


●アウン・サン・スー・チー氏のノーベル平和賞取り消しを!

2019/06/30:ノーベル賞を取り消せ!って話も、確か出ていたと思ったので検索。すると、スー・チー氏のノーベル賞取り消しを!請願運動に36万人超の署名:AFPBB News(2017年9月7日 23:14)というニュースが出てきました。

 ミャンマー政府によるイスラム系少数民族ロヒンギャへの対応をめぐり、同国の事実上の指導者であるアウン・サン・スー・チー国家顧問に授与されたノーベル平和賞を取り消すよう求める請願運動がネット上で行われ、これまでのところ36万を超える署名が寄せられているとのこと。

 ただし、別記事によると、ノーベル賞委員会のニョルスタッド事務局長はCNNの電話取材に対し、ノーベル賞の規定には、賞の剥奪に関する条項はないと述べ、「ミャンマーの全関係者に対し、ロヒンギャの苦しみを和らげ、迫害と抑圧をやめるよう、引き続き呼びかける」と語っていました。
(CNN.co.jp : スーチー氏のノーベル平和賞は剥奪せず 選考委員会 2018.08.30 より)


【その他関連投稿】
  ■ミャンマーのロヒンギャ迫害への非難、中国が反対し日本も拒否
  ■日本の中古車であふれるミャンマーで異変 日本車輸入禁止の提案も
  ■群馬県館林市にミャンマーの民族ロヒンギャ族定住 グンマーネタと誤解される
  ■大統領に権限なし!アウン・サン・スー・チー氏の独裁宣言(?)に波紋
  ■アウン・サン・スー・チー氏に感じるタレント政治家・世襲議員としての問題点
  ■海外・世界・国際についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

世界一スポーツ選手の平均年収が高いのはサッカーでも野球でもない
チャッカマンは商標・商品名 じゃあ正式名称・一般名称は何?
ジャムおじさんの本名は?若い頃の名前は?バタコさんとの関係は?
ワタミの宅食はブラックじゃなくて超ホワイト?週5月収10万円
朝日あげの播磨屋、右翼疑惑を否定 むしろ右翼に睨まれている?
レーシック難民は嘘くさいしデマ?アメリカの調査では驚きの結果に
赤ピーマンと赤黄色オレンジのパプリカの緑黄色野菜・淡色野菜の分類
アマゾンロッカーってそんなにすごい?日本のコンビニ受け取りは?
就職率100%国際教養大(AIU)の悪い評判 企業は「使いにくい」
ミント・ハッカでゴキブリ対策のはずがシバンムシ大発生 名前の由来はかっこいい「死番虫」
移動スーパーの何がすごいのかわからない 「とくし丸」は全国で約100台
ビジネスの棲み分け・差別化の具体例 異業種対策には棲み分けがおすすめ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
タコイカはタコ?イカ?イカの足の数10本・タコの足8本は本当か?
トンネルのシールドマシンは使い捨て…自らの墓穴を掘っている?
ユリゲラーのポケモンユンゲラー裁判、任天堂が勝てた意外な理由
好待遇・高待遇・厚待遇…正しいのはどれ?間違っているのはどれ?
コメダ珈琲は外資系(韓国系)ファンドが買収したって本当? MBKパートナーズとは?
大塚家具がやばい 転職社員を通報、「匠大塚はすぐ倒産」とネガキャン
不人気予想を覆したアメリカのドラえもん、人気の意外な理由は?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由