Appendix

広告

Entries

岸見一郎氏監修「嫌われる勇気」、日本アドラー心理学会が批判してドラマ放映中止まで要求


 ドラマ「嫌われる勇気」は書籍と同じ名前なのに、著者が関わっていなかったの?と最初思ったのですが、ちゃんと作者の岸見一郎さんはドラマにも関わっていました。

 なので、本人が関わっているのに「日本アドラー心理学会から批判」という、妙なことになっています。



●「嫌われる勇気」、日本アドラー心理学会が批判してドラマ放映中止まで要求

 「嫌われる勇気」はもともと哲学者の岸見一郎さんらの書籍が大ヒットしたもの。シリーズ累計で計180万部を突破するベストセラーになっています。
(香里奈「嫌われる勇気」に放映中止要求 本家・アドラー心理学会の抗議理由 2017年 02月13日 19時53分 提供元:J-CASTニュースより)

 フジテレビはこれをドラマ化。岸見さんらの著書を原案にして、香里奈さん扮する警視庁の刑事がアドラーの説く「嫌われる勇気」を持って難事件に挑むというストーリーです。

 ところが、第5話の翌日となる2月10日になって、アドラーの研究と啓発をしている日本アドラー心理学会が、ホームページ上で中井亜由美会長名によるドラマへの抗議文をアップしました。

・ドラマの内容は、「アドラー心理学における一般的な理解とはかなり異なっている」。
・主人公は、アドラーとして「私はただ、感じたことを口にしているだけ」の人物として描かれているが、それはアドラーの言う「相互理解のための努力」を放棄している。

 学会では、ドラマにも関わっている岸見さんにも事情を聴いたそうです。その上で、「学会の指導的立場にいる人」と相談したところ、「アドラー心理学とは言えません」とコメントされたため、抗議することになったのだそう。

 抗議文は、ドラマについて「アドラー心理学の啓発・普及に対して大きな妨げになる」として、フジに対し、放映の中止か、脚本の大幅な見直しを迫っているというから、穏やかではありません。


●岸見一郎氏が監修していたはずなのに…

 私が一番気になったのは、岸見一郎さんのことです。フジテレビの企業広報部は、「アドラー心理学の描写のバランスを考えつつ、原案書籍の著者に脚本を監修して頂きながら制作しております」と説明しています。監修しているはずなのです。

 ダイヤモンド・オンラインの2月8日付のインタビュー記事でも、岸見一郎さんは「ストーリー部分はテレビ局に任せて、アドラー的な解釈部分をチェックしている」としていました。

 これが本当であるのなら、アドラー心理学で一番有名になった岸見一郎さんが、アドラー心理学を理解していなかったという、衝撃的なことになります。

 ただ一方で、岸見一郎さんは、日本アドラー心理学会の認定カウンセラーや顧問もしています。素人ではないはずです。

 今後説明があるかもしれませんが、フジテレビや岸見一郎さんの主張とは異なり、ドラマは細かいチェックがなされていなかったという可能性もあります。

 例えば、岸見一郎さんがチェックしたのは脚本のごく一部で、それ以外の箇所で勝手にアドラー心理学を誤解したまま利用しているところがある…といった感じです。


●「嫌われる勇気」を知って余計追い込まれてしまう人も

 ブームとなったアドラー心理学ですが、実際のところ、どのような評価なのでしょう?

 素人による感想でしかないものの、とりあえず、Amazonのレビュー(嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え)を見てみました。参考になる上位のレビューでは、5点満点で最低の1をつけているものがありました。「本当に辛い人には本当の意味で劇薬」(投稿者 けんじゅ 投稿日 2015/5/21)というタイトルです。

 この方は当初、「常識を覆す数々の概念がそれぞれに整合性を持って矛盾なく関わり合っているその理論の美しさに心を惹かれ陶酔」したそうです。

 ただ、「果たしてあの本に書いてあることは本当に正しかったのかと疑問に思う」ようになり、1年ほど悩んだ後、書き込んだそうです。

 この方は、中学の頃から今に至るまでずっとうつ病で、大学を中高大と不登校で人生で3回も学校を中退したという経歴の持ち主です。このうつ病の原因に思い当たるトラウマもたくさんあるそうです。

 これをアドラー流に言い直すと、「社会に出るのが怖くてそうしないようにするために、うつ病になったりトラウマを持ち出している」ということになると、この方は理解しました。

 また、トラウマなんか関係ないと頑張ったうつ病は更に悪化し、無理を強いたが故に今に至るまで1か月ほど寝込んで本当に何もできないということが、2度ほどありました。

 これも同様に、アドラー流に言い換えると、「うつ病が悪化したのも寝込んだのも社会に出たくないからだ」となると、理解しました。

 これらの言い換えは、「おそらく大きくは間違っていない」が、ここで、この本に書かれているように「だからこそ勇気を出してやるんだ」と言われたらキツすぎる、まるでブラック企業だとしていました。


●要するに「アドラー心理学は難しい」

 ただ、そもそもこの考え方が間違っているという可能性もあります。

 で、反応を見てみると、「まず本当にこの本を 全て 読まれた方なのでしょうか?」と書いている方(ヘウレカさん 投稿日: 2015/09/06 16:10:21 JST)がいました。以下のような趣旨です。

・あなたは「嫌われたくない、弱い自分を見せたくない」という目的のために「うつ病でありながら無理をする」という選択をしたのではありませんか?
・アドラーの言う「勇気」は「無理をおしてなんかする」のではなく人からどう思われるかよりも自由と自立を元に行動することを指します。
・あなたがすべき勇気は「うつ病の中無理をする」ことではなく、「うつ病を受け入れ治療に専念する」ことです。

 一方で、「まさに、これを読んでいる時にあなたのような人のことを思って苦しくりました。やはり自己啓発本ですから多かれ少なかれブラック企業的な精神論は入ってますよね」(投稿日: 2015/09/07 13:32:20 JST ハムさん)と賛同している人もいます。

 これらの人たちは「嫌われる勇気」を正しく理解していないだけかもしれません。しかし、「嫌われる勇気」を知ったことで余計追い込まれてしまった人たちがいるのは事実です。かなり理解が難しいということでしょう。

 今回のドラマ批判もまさしくアドラー心理学を誤解しているというものでしたから、やはり理解が難しく間違った解釈で暴走しやすいということだと思われます。要注意ですね。


【その他関連投稿】
  ■自衛隊教官の「愚痴を言わない人ほど挫折」に科学的根拠はあるのか?
  ■ニー哲・原田まりるの誤解?「祝福できないならば呪うことを学べ」の意味
  ■死を意識するとパフォーマンス向上 スポーツ心理学の研究で判明、死の恐怖を克服するためというのが理由か?
  ■嘘つきや悪人に罪悪感がないのは、人は不正を忘れやすい生き物だから?
  ■小さな嘘・不正が大きな嘘・不正に繋がる、研究で確かめられる
  ■科学・疑似科学についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

宝くじ高額当選者3000人のその後……10年後の彼らの生活は?
歴代首相の身長ランキング 背の高い、低い意外な総理大臣 野田佳彦・麻生太郎・鳩山由紀夫・小泉純一郎・安倍晋三など
日本で馴染みのある韓国系企業一覧
国別ノーベル賞受賞者数ランキング 日本は8位、上位はどこの国?
橋下徹大阪市長の出自 同和地区(被差別部落)と父・叔父と暴力団
意外に有名企業があるファブレス企業・メーカー 任天堂・ダイドードリンコ・やおきんなど
飛び降り自殺は意識を失うから痛みはない…は嘘 失敗した人の話
白元・鎌田真の経歴と派手な交友関係 神田うの,松本志のぶ,妻も美魔女など
楽天Edyはコンビニの公共料金の支払い(収納代行)に使える?
楽天Edyの使えるコンビニ・使えないコンビニ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
のれん代とのれん代の償却のわかりやすい説明
消滅可能性都市ランキングと一覧 1800市区町村中896自治体が危機
カルシウムの多い食材ランキングベスト20 牛乳以外に取れる食品
堀越二郎の妻は死んでないし菜穂子でもない モデルは堀辰雄の婚約者矢野綾子
創価学会、会長候補の正木正明氏左遷で谷川佳樹氏重用の理由は?
インチキで効果なし、活性水素水詐欺 誇大広告であるとして排除命令が出た商品も
高カロリー食品ランキングベスト20(100グラムあたり)
EPA、DHA(オメガ3脂肪酸)の魚油サプリ 効果なしどころか危険という説
リチウムイオン電池の寿命を長持ちさせるのは、使い切って満充電?継ぎ足し充電?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由