Appendix

広告

Entries

そうだヘイトしよう!保守転向で稼ぐ青林堂には在特会幹部も入社 米田隆司・在特会広報局長は神原隆夫氏と同一人物?


 右翼化したガロの青林堂、社員に「左翼だ」とパワハラ 『そうだ難民しよう! はすみとしこの世界』などを出版の関連でもう少し検索。

 すると、在特会幹部の方が入社しているという話が見つかりました。在特会広報局長の米田隆司さんで、青林堂など出版界では、神原隆夫をと名乗っているのでは?という話。

 確定的な情報はないものの、青林堂を批判する人だけでなく、応援する人が積極的にそう主張しているため、結構確からしい情報ではないかと思われます。


●そうだヘイトしよう!保守転向で稼ぐ青林堂には在特会幹部も入社

 米田隆司・在特会広報局長は神原隆夫氏と同一人物ではないかというのは、ツイッターなどの情報。

 もともと在特会広報局長米田隆司が、スピリチュアル系出版社、株式会社ヴォイスの社員編集者・神原隆夫さんではないかとされていて、さらにその後、青林堂関連のニュースで出演していて、入社していたんだ!という感じ。

 確かなソースがないものの、「安倍首相こそ世界を救う男だと世界が認めることになるだろう」といった投稿をしている「愛国を考えるブログ」というブログで、「愛国出版社・青林堂に救いの手をお願いします」という記事がありました。

2016年06月26日 愛国出版社・青林堂に救いの手をお願いします。
http://sinnnoaikokuhosyu.seesaa.net/article/439397723.html

 この中で以下のように主張していましたので、保守派にも信じられている話なのかもしれません。

"実は青林堂の社員には米田隆司さんという在特会の幹部がいる。つまり愛国企業の中の愛国企業ということが判明したのだ。これは自民党にとっても大チャンスである。在特会は日本中に支持者を持つ愛国団体。自民党は参院選を優位に進めるためにも在特会と特別な関係を持った方がいいからだ"

11時追記:有料記事であり、無料部分ではその告白は載っていないものの、ジャーナリストの安田浩一さんのサイトで、「ヘイト本」出版社・青林堂の現役社員が激白 「上司は在特会の幹部です」 「シンポジウム『ヘイト本』と表現の自由」現場レポート<後篇> : 「ノンフィクションの筆圧」安田浩一ウェブマガジン(2016年08月02日 9時01分)という記事がありました。

 在特会の方がいらっしゃるのは、ほぼ間違いないと見て良さそうです。


●米田隆司=神原隆夫なら、どちらかが通名

 あと、これって、どちらかが保守派の批判する「通名」のようなものですよねという話でもあります。

 おかしな話なのですが、そもそも在特会は、桜井誠・初代会長も本名ではないことがわかっています。

 なのに、桜井誠さんは、在日韓国・朝鮮人が持つ特別永住資格や通名の使用を在日特権とみなしてこれに反対していました。

 で、この「在日特権」というのが、またそもそもデマあんおです。

 今回の主役である米田隆司さんなのですが、実は以前うちの在日特権リストは全部デマ、在特会広報局長が明言 生活保護などで出てきています。

 タイトルの通り、「生活保護などの在日特権があるというのは捏造でした」と告白していたのです。本当もうここらへんの人たちはめちゃくちゃです。

11時半追記:桜井誠・在特会初代会長は青林堂の雑誌の方にも出ているということです。また、青林堂から書籍が出ていることは、簡単に確認が取れました。



 タイトルでわかるように、韓国ヘイトの話。目次は以下の通りです。

第一章 異常反日が吹き荒れる韓国
第二章 竹島問題の新たな局面
第三章 在日という異常反日集団
第四章 新時代を拓く「行動する保守運動」
第五章 アジア主義との決別


●所在不明の人物が書いた書籍の名誉毀損で謝罪した青林堂

 それから、青林堂関係で昨日取り上げなかった話を一つ追加。

 井上太郎という人物が書いたとされる、青林堂2013年11月に出版した『日本のために 井上太郎@kaminoishi』が、裁判になったことがあります。

 反ヘイトスピーチ運動に取り組んでいる木野寿紀さんが、「極左公安対象者として写真が残っているようです」、「在日左翼暴力集団」の事務所に「出入りしている」などと書かれて、訴訟したという事件がありました。
(反ヘイトスピーチ運動家への「名誉毀損」 出版社・青林堂が「お詫びと訂正」 - 弁護士ドットコム 2015年06月25日 19時55より)

 結果は和解であったものの、内容的には青林堂が負けたようなものでした。

・青林堂が記述を取り消す旨の「謝罪広告」をサイトに掲載。
・青林堂が木野さんに慰謝料25万円を支払う。
・ウェブサイトから記事を削除する。
・書籍の改訂版を出す場合に記載を削除する。

 そして、青林堂は当時、自社サイトに次のような謝罪文を掲載しました。

《お詫びと訂正 当社が刊行しました井上太郎著『日本のために 井上太郎@kaminoishi』(以下「本書」といいます。)において、下記の事実とは認められない内容の記載をしたことにつき、木野氏に対してお詫びし、当該部分を取り消します》

 なお、原告代理人の神原元弁護士によると、裁判は当初、出版社の青林堂だけでなく、著者の井上太郎さんも相手取って起こしたが、井上さんについては「所在がつかめなかった」として訴訟を取り下げることになったとのこと。不可解なことになっています。

 これ、普通に考えると、青林堂も住所把握していないってことなのですけど、本当なのでしょうか? 井上太郎というのもまた「通名」で、本当は別の誰かが書いているんじゃないかと思ってしまいます。

12時追記:同様の疑いを持っていた方はいらっしゃったみたいです。








追加:青林堂には幸福の科学も関係?幸福実現党・釈量子党首の書籍出版 在特会・幸福の科学だけじゃなく安倍首相も青林堂の雑誌に登場


【本文中でリンクした投稿】
  ■右翼化したガロの青林堂、社員に「左翼だ」とパワハラ 『そうだ難民しよう! はすみとしこの世界』などを出版
  ■在日特権リストは全部デマ、在特会広報局長が明言 生活保護など

【その他関連投稿】
  ■アニメファン・オタク差別 左翼が宮崎勤のような変質者を作った説
  ■日本のブラックなアニメ業界に救いの手? 中国企業が好待遇で人材集め
  ■少年に読まれていない少年誌は?ジャンプ・マガジン・サンデー・チャンピオン
  ■マシリトが少年ジャンプの原則「友情・努力・勝利」や王道を全否定
  ■文化・芸術・宗教・海外との比較についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

宝くじ高額当選者3000人のその後……10年後の彼らの生活は?
歴代首相の身長ランキング 背の高い、低い意外な総理大臣 野田佳彦・麻生太郎・鳩山由紀夫・小泉純一郎・安倍晋三など
日本で馴染みのある韓国系企業一覧
国別ノーベル賞受賞者数ランキング 日本は8位、上位はどこの国?
橋下徹大阪市長の出自 同和地区(被差別部落)と父・叔父と暴力団
意外に有名企業があるファブレス企業・メーカー 任天堂・ダイドードリンコ・やおきんなど
飛び降り自殺は意識を失うから痛みはない…は嘘 失敗した人の話
白元・鎌田真の経歴と派手な交友関係 神田うの,松本志のぶ,妻も美魔女など
楽天Edyはコンビニの公共料金の支払い(収納代行)に使える?
楽天Edyの使えるコンビニ・使えないコンビニ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
のれん代とのれん代の償却のわかりやすい説明
消滅可能性都市ランキングと一覧 1800市区町村中896自治体が危機
カルシウムの多い食材ランキングベスト20 牛乳以外に取れる食品
堀越二郎の妻は死んでないし菜穂子でもない モデルは堀辰雄の婚約者矢野綾子
創価学会、会長候補の正木正明氏左遷で谷川佳樹氏重用の理由は?
インチキで効果なし、活性水素水詐欺 誇大広告であるとして排除命令が出た商品も
高カロリー食品ランキングベスト20(100グラムあたり)
EPA、DHA(オメガ3脂肪酸)の魚油サプリ 効果なしどころか危険という説
リチウムイオン電池の寿命を長持ちさせるのは、使い切って満充電?継ぎ足し充電?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由