Appendix

広告

Entries

海外で汚染物扱い…日本の野菜の残留農薬基準緩く多すぎって本当?


 日本の野菜が化学肥料を使いすぎているから、海外で汚染物扱いされていると不安を煽っている方がいたものの、例によってデータはありませんでした。で、データを見ると、特に日本の農産物の残留農薬が多いってことはありませんね。日本の基準で基準値を超える割合は、国産品・輸入品大差ありません。また、基準そのものが緩すぎるという話もありますが、これも特に根拠はありませんでした。

2022/03/07追記:
●「国産だから大丈夫」どころか、日本の残留農薬はむしろゆるい? 【NEW】
●「残留する農薬の数値は高いよりも低い方が安全」が実は間違い 【NEW】


●海外で汚染物扱い…化学肥料を使いすぎだからという主張

2017/2/15:私は主に海外の農産物は危険!というデマを普段潰しているんですけど、逆に日本の農産物が危険!というデマもダメですよ。ここらへんでタチが悪いのは、金儲けに利用されていることです。今回不安を煽っていたのも、書籍の宣伝記事でした。

日本人だけが知らない!日本の野菜は海外で「汚染物」扱いされている(木村秋則,高野誠鮮) | 現代ビジネス | 講談社 木村秋則,高野誠鮮
<「奇跡のリンゴ」を作った男・木村秋則と、「ローマ法王に米を食べさせた男」・高野誠鮮の二人が、往復書簡のやりとりで日本の農業の未来を語り尽くした刺激的対論集『日本農業再生論』が発売され、話題となっている。(中略)
 高野<日本は農薬大国、化学肥料大国です。海外では日本の農産物は「汚染野菜」扱いされているんです>
 一方、木村さんが始めた自然栽培は、メイド・イン・ジャパンとして世界に誇れるものです。東京オリンピック・パラリンピックの選手村での自然栽培の食材提供、私は大賛成です!>


●日本の野菜の残留農薬基準多すぎって本当?

 では、残留農薬のデータについて。名称が変わったのか、新しいものは見つからないものの、平成16年度あたりのものがありました。その後の2年を含めた3年間のデータを見ても、特に輸入品に比べて国産品の農産物の残留農薬が多いという証拠はありませんでした。

【平成16年度】
1 検査数   2,439,341件
2 農薬検出数 4,895件(0.20%)
国産品 1,260件(0.32%) 輸入品 3,635件(0.18%)
3 基準値を超えた数 65件(0.01%)
国産品 14件(0.01%) 輸入品 51件(0.01%)

農産物中の残留農薬検査結果等の公表について(概要)(平成16年度) |厚生労働省

【平成17年度】
 1 検査数 3,473,921件
 2 農薬検出数 7,010件(0.20%)
     国産品 1,778件(0.35%)輸入品 5,232件(0.18%)
 3 基準値を超えた数 59件(0.0070%)
     国産品 8件(0.0032%)輸入品 51件(0.0086%)

【平成18年度】
 1 検査数 3,455,719件
 2 農薬検出数 9,804件(0.28%)
     国産品 2,314件(0.36%)輸入品 7,490件(0.27%)
 3 基準値を超えた数 417件(0.012%)
     国産品 21件(0.003%)輸入品 396件(0.014%)
食品中の残留農薬検査結果の公表について(平成17~18年度) |厚生労働省

 平成18年度だけは農産物だけでなく、加工品のデータもあったのでついでに掲載。

【加工食品の検査結果】
 1 検査数 463,330件
 2 農薬検出数 954件(0.21%)
     国産品 29件(0.27%)輸入品 925件(0.20%)
 3 基準値を超えた数 84件(0.02%)
     国産品 0件(0.00%)輸入品 84件(0.03%)


●輸入品が危険だという証拠もない

 これは逆に言えば、国産品に比べて輸入品の方が危険とも言えないという話です。この手のものに関しては、中国食品が危険…は大嘘、むしろ他国より安全性が高い 米国は4倍の違反率をやっています。中国より違反が多い国もあるのですが、その国でも十分に低い割合ですから、そもそも問題ありません。

 例えば、今回の話で見ると、平成18年度の農産物中の残留農薬は、345万5719件を検査して、基準値を超えた数はわずかに417件でした。これは0.012%と表されていますが、わかりにくいので1万件中何件か?と見ると、1.2件です。このときの調査では輸入品の方が多く出たものの、こちらも1万件中1.4件しかありません。


●残留基準の100倍の量を毎日食べ続けても障害は起こらない

 さらに言えば、そもそもこういった基準はかなり余裕を持って決められています。基準値を超えたものを1回でも食べればアウトなんてことはありません。

 以下は「残留基準の100倍の量を毎日食べ続けても障害は起こらない」と書いていてかなり過激ですが、少なくとも残留基準超えのものを続けて食べた程度ではどうってことないです。しかも、その基準値超えは前述の通り、1万件に1件しかないんですから、ほとんどあり得ないことです。

「240万件のうち65件に残留」をどう評価するか | FoodWatchJapan 2013年1月30日 岡本信一
<農薬の残留基準とは、どのように決められているのだろうか。それは、ヒトの1日の許容摂取量を元に算出される。農薬全体が一律の基準で決められているのではなく、それぞれの農薬の特性に応じて個別に基準が定められているため、それぞれ農薬によって使用基準の内容はさまざまになっている。(中略)
 1日当たりの許容摂取量というのは、ヒトが毎日口から体に取り込んでも影響がないと計算した量の1/100で定められている。言い換えれば、毎日食べ続けても問題が起こらないであろう量の1/100である。逆に言えば、仮に残留基準の100倍の量を毎日食べ続けても障害は起こらないであろうと考えることもできるから、安全を担保し得る余裕を相当に見積もっていると言える。とは言え、この1/100の余裕を持たせているのは、未知の事柄や個人差など不確定のものを避けるにはこれだけあればよかろうという意味であるから、やはり基準を超えてはいけないし、試しに食べてみるということもやめていただきたい>


●日本の残留農薬基準は海外と比べて緩いのか?

 上記にあったように、そもそもかなりの余裕を持たせた厳しい基準になっていますので、海外と比べてどうこうという話は重要ではないでしょう。

 ただ、海外と比較した場合でも、日本の基準が緩すぎるというわけではありません。また、念を押しておきますが、海外の農産物の方も基準が緩すぎて問題という意味でもありません。ここらへんは国によって基準が異なっており、一概にどちらが甘いとはいえないという話です。

残留農薬 |厚生労働省
Q4.日本の残留農薬等の基準は国際的に見て厳しいと聞きますが?

<残留農薬の基準の設定に当たっては、物質ごとに、毎日一生涯にわたって摂取し続けても健康への悪影響がないと推定される一日当たりの摂取量 (ADI:一日摂取許容量)を食品安全委員会が設定した上で、これを基に農薬等として使用される物質の推定される摂取量がこのADIを超えないよう、食品 ごとの基準を設定しています。
 このADI設定の考え方は国際的に共通していますが、食品ごとの基準については、各国がそれぞれの国の事情に基づいて定めています。例えば、残留 農薬の基準を個別に比較した場合、日本と諸外国との気候風土(高温多湿等)や害虫の種類の違いなどにより、農薬の使用方法や検査する部位が異なる(玄米と 籾米など)ことなどから、基準値が異なる場合があります。
 そのため、残留農薬の基準について、日本の基準が厳しい場合があれば、諸外国又は国際基準の方が厳しい場合もあり、どちらが一概に厳しいとは言えません。

 諸外国と日本、どちらであってもかなり厳しい基準になっているのですから、多少基準が異なったところで大きな問題ではありません。この手の不安煽りは大抵の場合は、悪質なデマと考えた方が良いでしょう。


●「国産だから大丈夫」どころか、日本の残留農薬はむしろゆるい?

2022/03/07追記:例によって根拠薄弱な不安煽りだと思うのですが、<「国産だから大丈夫」は本当か  実は緩い? 残留農薬、日本の安全基準>(47NEWS / 2021年2月19日 6時0分)という記事が出ていました。「本当は危ない国産食品」(新潮新書)の著者であるジャーナリストが解説した記事だそうです。

 ここで問題視されていたのは、殺虫剤のネオニコチノイド系農薬(ネオニコ)。北海道大学の池中良徳准教授らが発表した論文によると、出された数値で最も高かったのはジノテフランは3004ppb(ppbは10億分のいくらかを示す濃度)。これはEU基準値の300倍だそうです。

<欧州連合(EU)の基準値10ppbの300倍を超えて、輸出すると検疫ではねられてしまうほど高いレベルだ>
<ネオニコという殺虫剤は、昆虫の中枢神経に働いて、神経伝達をかく乱して殺す仕組みになっている。人間には安全だと言われてきたが、どうも人間の脳神経にも影響する恐れがあることが分かってきたのだ。すべてマウスによる実験(人間ではできない)だが、ネオニコを与えると、ADHD(注意欠陥・多動性障害)、自閉症スペクトラム障害といった発達障害と同じような行動を起こすという星信彦神戸大学教授らの試験結果もあり、関連について研究が進みつつある>


●「残留する農薬の数値は高いよりも低い方が安全」が実は間違い

 記事では、<これまで農薬は「少量だったら安全」と言われてきた。だから残留基準値を設定し、それ以下ならば健康に問題はないとされてきたのだ。ところが、人の中枢神経に影響するとなれば別で、「少量なら安全」とは言えなくなる>としていたものの、これはかなり乱暴です。

 この記事では当初出ていた具体的な数字が、<「少量なら安全」とは言えなくなる>といった主張のあたりになると一切出現しなくなっています。研究が進めばネオニコ使用自体が許されないと考え直される可能性はあるものの、そういった記述は今回の記事の中にはなく、結局、「不安を煽っているだけ」になっていました。
 
 また、その前にあった<食品に残留する農薬の数値は高いよりも低い方が安全であることは言うまでもない>がそもそもおかしな考え方。ほとんどの野菜の残留農薬は、安全を見て極端に厳しく設定した基準値よりはるかに低い値であり、これをさらに減らしたからと言って安全になるわけではありません。

 ある濃度以上の残留農薬を禁止すべきなのは間違いないのですよ。ただ、農薬を減らせば減らすほど良いというのはズレた話。例えば、紫外線には発がん性があるため日光を浴びすぎるのはよくありませんが、浴びなければ浴びないほど良くゼロを目指すべき…というものではありません。根本的に考え方が間違っています。


【本文中でリンクした投稿】
  ■中国食品が危険…は大嘘、むしろ他国より安全性が高い 米国は4倍の違反率

【その他関連投稿】
  ■実は科学的根拠がないR-1ヨーグルトのインフルエンザへの効果
  ■コンビニ弁当を豚の餌にしたら奇形続出はデマじゃなかったの?
  ■ヨーグルトが健康に良い・体に良いに科学的根拠なし 腸には良いと言えそうだけど?
  ■砂糖入り清涼飲料水に課税より人工甘味料禁止!に科学的根拠はあるのか?
  ■ヨーグルトでアレルギー改善・免疫が高まる効果に科学的根拠なし
  ■食べ物・飲み物・嗜好品についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

世界一スポーツ選手の平均年収が高いのはサッカーでも野球でもない
チャッカマンは商標・商品名 じゃあ正式名称・一般名称は何?
ジャムおじさんの本名は?若い頃の名前は?バタコさんとの関係は?
ワタミの宅食はブラックじゃなくて超ホワイト?週5月収10万円
朝日あげの播磨屋、右翼疑惑を否定 むしろ右翼に睨まれている?
レーシック難民は嘘くさいしデマ?アメリカの調査では驚きの結果に
赤ピーマンと赤黄色オレンジのパプリカの緑黄色野菜・淡色野菜の分類
アマゾンロッカーってそんなにすごい?日本のコンビニ受け取りは?
就職率100%国際教養大(AIU)の悪い評判 企業は「使いにくい」
ミント・ハッカでゴキブリ対策のはずがシバンムシ大発生 名前の由来はかっこいい「死番虫」
移動スーパーの何がすごいのかわからない 「とくし丸」は全国で約100台
ビジネスの棲み分け・差別化の具体例 異業種対策には棲み分けがおすすめ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
タコイカはタコ?イカ?イカの足の数10本・タコの足8本は本当か?
トンネルのシールドマシンは使い捨て…自らの墓穴を掘っている?
ユリゲラーのポケモンユンゲラー裁判、任天堂が勝てた意外な理由
好待遇・高待遇・厚待遇…正しいのはどれ?間違っているのはどれ?
コメダ珈琲は外資系(韓国系)ファンドが買収したって本当? MBKパートナーズとは?
大塚家具がやばい 転職社員を通報、「匠大塚はすぐ倒産」とネガキャン
不人気予想を覆したアメリカのドラえもん、人気の意外な理由は?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由