Appendix

広告

Entries

日本のGDPが高い理由は単に人口が多いから 中身は先進国で最低、日本の潜在能力はもっと高いはずなのに…


 中国のGDPが多いのは人口が多いからと言えます。数任せなので1人当たりのGDPという別の指標で見てしまうと、全然良くないのです。

 ところが、それを言い出してしまうと、日本の凋落ぶりというのもまた目立ってきてしまうのです。最近の日本人は都合の良い数字を取り出して日本すごい系の話を作り、現実から目を背け自分を慰めている感じがあります。


●日本のGDPが高い理由は単に人口が多いから 中身は先進国で最低

 こうした話があったのが、フジサンケイグループのHARBOR BUSINESS Onlineの記事。日本の国宝や重要文化財のメンテナンスを担う小西美術工藝社のデービッド・アトキンソン社長へのインタビューを載せたものでした。

 実を言うと、1人当たりGDPは結構特殊な国が上位になりますので、あまり変わった国と比較するのはどうかと思います。ただ、下記ではアメリカの名前を出していますし、そこらへんとの比較なら意味があると思われます。
デービッド・アトキンソン――日本が成長できない本当の理由 HARBOR BUSINESS Online / 2016年12月27日 16時10分

――アナリストらしく、「研究開発費」や「高スキル労働者の構成比」、さらには「国民1人あたりのノーベル賞受賞者数」など、いくつものデータを駆使してロジックを組み立てています。

アトキンソン:国民1人当たりのGDPのデータを見ればわかるように、先進国の中で、潜在能力に対して実力以上の力を発揮できている一番の国がアメリカで、逆に、もっとも実力を発揮できていないのが日本です。国力ランキングを見ると、日本は必ず上位に入りますが、それは実力があるからではありません。人口が多いからランク入りしているだけなのに、それを実力があると勘違いしています。

 以下なんかも現実見てないって話です。
――日本が「潜在能力」をうまく成長に結びつけられないのは、自ら「ものづくり世界一」、「吾こそ技術大国だ」と自画自賛してばかりで、客観的なデータ分析を行わず、問題の根本的な解決を怠ってきたと指摘しています。日本人には耳の痛い話でしたが……。

アトキンソン:日本のアナリストが書いた本の多くは、キャッチフレーズを並べているだけで、データ分析が足りません。私も執筆中、常識だと思って書いたことが、後にデータと照らし合わせると、結果がまったく違ったことが何度かありました。それほどデータは大切なのに、なぜか日本ではそれを指摘する声が少ない。

●日本の潜在能力はもっと高いはずなのに…

 ただ、これは日本が単にダメって言っているわけではないんですね。日本の実力は本来もっと高いはずなのに十分に力を発揮できていないという指摘。つまり、日本の潜在能力はむしろ高いと指摘してくれているのです。

 なお、今回の話は数で稼いでいるだけで1人1人のレベルが低いというものではあるんですが、その頼みの綱である人口の減り方もまた日本はすごいです。

 しかし、私はこれを移民で解決するのではなく、国内の少子化対策向上で対応すべきだとしています。この理由の一つは、日本は少子化が最も進んだ国であるのに、少子化対策は先進国の中で非常に遅れた国であるためです。

 やるべきことを何もやっていないというアホ丸出しな話であるものの、逆に言えば、良くできる余地が大きいわけです。

  ■出生率が低いのは必然 少子化対策と言いつつお金を出さない日本
  ■高齢化率ダントツ世界一の日本の未来が明るいはずがない 少子化も深刻

 また、移民より先にやるべきこととしては、そもそも日本の労働環境が悪すぎるのを改善しろという話も何度も書いています。

  ■現代日本の奴隷・外国人技能実習生に異例の過労死認定 122時間残業のフィリピン人男性のケース
  ■移民政策に反対する理由は「外国人労働者は日本人の奴隷じゃないから」

 労働環境向上というのは、当然日本人にとって良い話のはずです。同時に悪い労働環境だということは、外国人がそもそも日本に来たがらないということですし、それを無理やり働かせようとなると奴隷化になるということでもあります。

 ここらへんについてのアトキンソンさんの主張は、私とほぼ同じ感じでした。
今の日本が移民を受け入れたところで、上手くいくはずがないのです。制度自体をポイント制にし、高学歴の移民は受け入れやすくするシステムもありますが、高学歴の外国人が日本で働くことになったら、非効率な今の仕組みそのものを変えようとするでしょう。今議論されているのは、低スキルの人を迎え入れて日本で一定期間働いてもらい、極論を言えば、日本人の年金と医療費を稼いでもらうといった都合のいい話です。それは、奴隷制度と大して変わりません。

●日本の生き残り方は「観光立国」だ!

 アトキンソン小西美術工藝社・社長の話は、過去にも高級な漆器も!日本の漆器に使われる「漆」はほぼすべてが中国産でも紹介しています。

 ただ、アナリスト時代の実績の話については、あまり印象に残っていませんでした。今回での記事での解説によると、かなりすごかったんだそうな。

・バブル崩壊後、銀行がひた隠しにしていた不良債権の総額が20兆円にも上ることを言い当てた。
・当時濫立していた都市銀行が、将来的に「2~4行のメガバンクに収斂される」と予見したことで、’90年代当時「伝説のアナリスト1」と称された。

 また、2つの書籍についても紹介がありました。
昨年したためたベストセラー『新・観光立国論』(東洋経済新報社)では、人口減少社会となった日本で新たな成長を目指すには、これまでの価値観をすべて捨て、官民一体となって戦略的に「観光大国」を目指す以外にない、と説き、政府をも突き動かすほどの大きな反響を呼んだ。いくつものファクト(数値)を執拗に積み上げて答えを導き出す手法は、まさに「伝説のアナリスト」のクールな目線そのものだが、そんな異色の経歴を持つ彼が、新たに世に放った『新・所得倍増論』(東洋経済新報社)が、現在話題になっている。

 観光立国ってのは正直私は全然考えていなかった方向性。ただ、言われてみると、確かに小国の稼ぎ方としては、正攻法なんだろうなと思います。

 で、デービッド・アトキンソン 新・観光立国論の紹介を見ると、これも結局潜在能力との乖離があるという視点でした。なるほど。
本書は、21世紀の「所得倍増計画」の提言です。

少子化が経済の足を引っ張る日本。
出生率は、すぐには上がりません。
移民政策は、なかなか受け入れられません。
ならば、外国人観光客をたくさん呼んで、
お金を落としてもらえばいいのです。

この国には、【世界有数の観光大国】になれる、潜在力があるのですから。

ですが、2014年の訪日客数は1300万人程度です。
日本ほどのポテンシャルをもつ国としては、驚くほど少ない数と言わざるをえません。

日本の潜在力と世界の観光産業の隆盛を考えれば、
2030年までに8200万人を招致することも、決して不可能ではありません。

それを成し遂げることで、日本経済には「第2の高度成長期」が訪れるのです。
本書では、そのための方策を、詳しく解説しましょう。




 トップレビューでは、以下のようなものがありました。
アトキンソン節健在 投稿者 Ragrag 投稿日 2015/6/6

アトキンソン氏によれば、観光立国になるためには、「気候」「自然」「文化」「食事」4つの要因が必要で、この4つに多様性があることが観光大国になるための条件だそうです。こうした視点で見ると、日本は観光大国になるための条件を全て兼ね備えた、希有な国だと言っています。

 一見、日本を褒めてくれているような感じですが、これはどちらかと言うと、耳に痛い話のようです。

 アナリスト時代にも、"銀行の幹部が日本の大手銀行は4つで良いと書いたアトキンソン氏の分析に激怒して、(引用者注:アトキンソン氏のレポートを出した)ゴールドマンの幹部に猛烈に抗議していたのを思い出しました"という話を、このレビュアーは書いていました。
何だか分かったような分からないような「おもてなし」というような抽象的なことを言って自画自賛するのではなく、こうした客観的に見た日本の強みを活かした観光戦略を立てましょうと言っているだけなのですが、半分くらいの日本人はやはりこの本を読んで怒るのでしょうね。

●1人あたりランキングの順位で見ると全然な国日本

 今回の話に関係が深いのは、もう一つの書籍『新・所得倍増論』の方です。


 こちらの内容紹介は以下のようになっていました。1人あたりランキングの順位がズラリと出ています。
デービッド・アトキンソン 新・所得倍増論

日本はいま、潜在能力をまったく活かせない「日本病」に陥っている。
その原因を特定し、「あたりまえの政策」を実行するだけで、
【平均年収2倍】【GDP1.5倍(770兆円)】が可能になる!

データに基づく客観的な分析で解説する、日本に輝かしい未来をもたらす方法。

■潜在能力が活かされていない日本
・日本は「GDP世界第3位」の経済大国
→1人あたりGDPは世界第27位
・日本は「輸出額世界第4位」の輸出大国
→1人あたり輸出額は世界第44位
・日本は「研究開発費世界第3位」の科学技術大国
→1人あたり研究開発費は世界第10位
・日本は「ノーベル賞受賞者数世界第7位」の文化大国
→1人あたりノーベル賞受賞者数は世界第39位

 ただ、基本的にこれは日本の実力はもっとあるはずだという視点に基づいています。
■潜在能力を活かせば、日本はこうなる
・平均給与は男性が1.6倍、女性が2.7倍に。全体では約2倍に拡大
・GDPは1.5倍の770兆円に
・貧困問題、国の借金の問題、社会保障費問題も解決する

■筆者のコメント
皆さんが学校でこんなに熱心に勉強して、塾にも通って、就職してからも毎日長い時間を会社で過ごし、
有給休暇もほとんど消化せず、一所懸命働いているのに、「生産性は世界第27位」と言われて、悔しくないですか。
先進国最下位の生産性と言われて、悔しくないですか。
こんなにも教育水準が高い国で、世界の科学技術を牽引するだけの潜在能力がありながら、
1人あたりのノーベル賞受賞数が世界で第39位というのは、悔しくないですか。
「ものづくり大国」を名乗りながら、1人あたり輸出額は世界第44位と言われて、悔しくないですか。

私は、悔しいです。日本は、この程度の国ではありません。

日本の実績を「この程度」に押しとどめている原因を特定し、改革を実行すれば、日本は必ずや、劇的な復活を果たせるはずです。
本書がその一助となれば、筆者としてこれほど嬉しいことはありません。

 レビューはトップレビューが何てことないものだったので、次を見てみました。すると、以下のように書いてあって首を傾げました。
最も進んだ資本主義国、日本において成長が止まっているので資本主義は終わった、という論説がある。
そうした本をいくつか読んでも全くピンとこなかった。

 日本は別に資本主義らしい国ではありません。海外では最も成功した社会主義国などと揶揄されていました。先進国の中では最も中国と近い性格の国でしょう。なので、最も進んだ資本主義国なんて自画自賛している識者がいるとは知りませんでした。

 上記は引っかかたものの、この人が書いている生産性に関する話自体はおもしろいです。
実態は本書が書くように、日本は最も進んだ資本主義国どころではなく、生産性は先進国最下位。人口の多さでGDP3位になっているので生産性の低さが覆い隠され正しく認識されていないと説く。
生産性最下位ということは、それだけ「伸びしろ」があるということであり、一人当たりGDPを2倍にすることも日本の労働力の質(潜在力)から考えてできるはず。つまり、潜在力をフルに生かせていないので改革が必要。
最大の問題は経営者が本来の仕事していないので生産性が上がらない。従って株式市場からのプレッシャーが大事であり、日本の年金基金がより時価総額を重視するようにせよと説く。

資本主義の終焉だから日本経済が停滞しているのではなく、単に諸外国に生産性でおいてけぼりを食らっているだけ。

 基本的には日本はもっと上を目指せるという非常に前向きな話なのですが、これすら日本の悪口だと捉える人が多いというのは、日本人の劣化を感じさせて悲しいです。


【本文中でリンクした投稿】
  ■現代日本の奴隷・外国人技能実習生に異例の過労死認定 122時間残業のフィリピン人男性のケース
  ■移民政策に反対する理由は「外国人労働者は日本人の奴隷じゃないから」
  ■出生率が低いのは必然 少子化対策と言いつつお金を出さない日本
  ■高齢化率ダントツ世界一の日本の未来が明るいはずがない 少子化も深刻
  ■高級な漆器も!日本の漆器に使われる「漆」はほぼすべてが中国産

【その他関連投稿】
  ■中国の逆転以来報じられない日本と中国の名目GDPの比較と推移
  ■一人当たりGDPランキング、ルクセンブルクがダントツ1位の理由
  ■日本は3位どころじゃない?世界のGDPランキングとドイツとの比較
  ■アメリカに世界の警察は無理!世界のGDPに占める米・日本・中国の比率
  ■経済規模7倍、日本は中国に敵わなくなる 頼りのアメリカも重い負担
  ■ビジネス・仕事・就活・経済についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

宝くじ高額当選者3000人のその後……10年後の彼らの生活は?
歴代首相の身長ランキング 背の高い、低い意外な総理大臣 野田佳彦・麻生太郎・鳩山由紀夫・小泉純一郎・安倍晋三など
日本で馴染みのある韓国系企業一覧
国別ノーベル賞受賞者数ランキング 日本は8位、上位はどこの国?
橋下徹大阪市長の出自 同和地区(被差別部落)と父・叔父と暴力団
意外に有名企業があるファブレス企業・メーカー 任天堂・ダイドードリンコ・やおきんなど
飛び降り自殺は意識を失うから痛みはない…は嘘 失敗した人の話
白元・鎌田真の経歴と派手な交友関係 神田うの,松本志のぶ,妻も美魔女など
楽天Edyはコンビニの公共料金の支払い(収納代行)に使える?
楽天Edyの使えるコンビニ・使えないコンビニ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
のれん代とのれん代の償却のわかりやすい説明
消滅可能性都市ランキングと一覧 1800市区町村中896自治体が危機
カルシウムの多い食材ランキングベスト20 牛乳以外に取れる食品
堀越二郎の妻は死んでないし菜穂子でもない モデルは堀辰雄の婚約者矢野綾子
創価学会、会長候補の正木正明氏左遷で谷川佳樹氏重用の理由は?
インチキで効果なし、活性水素水詐欺 誇大広告であるとして排除命令が出た商品も
高カロリー食品ランキングベスト20(100グラムあたり)
EPA、DHA(オメガ3脂肪酸)の魚油サプリ 効果なしどころか危険という説
リチウムイオン電池の寿命を長持ちさせるのは、使い切って満充電?継ぎ足し充電?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由