Appendix

広告

Entries

マスクに花粉症予防の効果ない?検査すると立体型でもダダ漏れ うがい・洗顔・メガネの花粉症防止効果は?


 過去に、時間の無駄!うがいやマスクでは風邪・インフルエンザを予防できない理由という話をやっています。なので、花粉症もマスクの効果はないのではないか?と思いました。

 検索してみると、やはりマスクをしていても多くの花粉を防げていないようです。ただ、一方で、マスクで低減できると広報している公的機関もあり、意味がないわけではないといった感じでした。

ガーゼのプリーツマスク 普通サイズ 5枚入×5個セット


●マスクに花粉症予防の効果ない?検査すると立体型でもダダ漏れ

 ウイルスと比べると、花粉はかなり大きく、マスクでも防げる可能性についても、一応考えていました。実際、マスクそのものに効果がありそうだったものの、問題はそれよりもマスクと顔の間の隙間のようです。

 国民生活センターでは、市販の「プリーツ型」9銘柄と「立体型」6銘柄について、マスク本体の捕集効率や装着した際の漏れ率などをテストしています。被験者が少ないなと思いますが、男女10人が、実際にそれぞれのマスクを装着し、その際の空気の漏れ率を測定しました。

 漏れ率は、マスクの内側と外側を浮遊する0.3マイクロメートル以上の微粒子を測定することで算出。例えば、マスクと顔のすき間からの漏れにより、マスクの内側に侵入した微粒子の濃度が外側の微粒子の濃度の半分である場合、漏れ率は50%といった具合です。

 まず、長方形の不織布にゴムひもがついた普通のマスクである「プリーツ型」はボロクソでした。7銘柄が80%以上の漏れ率で、そのうち3銘柄は90%超えを記録。残りの2銘柄も65%を超える漏れ率であり、ダダ漏れです。
(マスクでは風邪も花粉も防げない?買うだけお金の無駄 プリーツ型も立体型もダメ | ビジネスジャーナル 渡辺雄二/科学ジャーナリスト 2015.01.23より)

リブ・ラボラトリーズ 立体型不織布マスク 普通サイズ (約165mmX約90mm) 60枚


●頼みの綱である「立体型」も花粉に惨敗

 プリーツ型というのは、どうしても頬とマスクの間に大きなすき間ができてしまいます。そういった点を考慮したのが、鼻と口をすっぽり覆うタイプである「立体型」のマスクです。

 ところが、この期待の「立体型」ですら、ガンガン漏れていました。というか、以下数字を比較してわかるように、「プリーツ型」とそう大きくは変わりません。多少マシな程度。たぶん「立体型」は高いでしょうから、かなり騙されている感じがあります。

「プリーツ型」7銘柄80%以上(うち3銘柄は90%以上) 2銘柄65%
「立体型」  4銘柄60%以上(うち3銘柄は80%以上) 1銘柄60% 1銘柄40%

 記事では、「立体型」の漏れ率は「プリーツ型」に比べるとやや低くなっているものの、それでも60%を超えており、やはり予防効果はほとんどないということになります、と結論づけていました。金の無駄だとしています。

 販売されているマスクには、以下のような記載があり、この表示は事実であろうとは書いていました。もし嘘ということになれば、景品表示法の優良誤認(実際のものよりも著しく優良であると示すこと)に当たり、処罰の対象になるからです。

「細菌・ウイルスを含む飛沫(3マイクロメートル以上)、花粉(30マイクロメートル以上)99%カットフィルタ採用」
「99%ウイルス飛沫をカットフィルタ」

 ただし、それはおそらく飽くまでマスクを花粉が都合よく通ってくれた場合の話でしょう。花粉は彼らが通りやすいところを通るのですから、マスクよりも隙間を狙います。マスクは花粉防止に全然役立っていないように見えました。


●厚生労働省では予防効果ありという文書

 ところが、厚生労働省では、マスクに花粉症予防の効果があるとしていました。完全防止にはならないものの、効果がないわけではないというニュアンスです。

"マスクは、花粉の飛散の多いときには吸い込む花粉をおよそ3分の1から6分の1に減らし、鼻の症状を少なくさせる効果が期待されています。
また、花粉症でない方も、花粉を吸い込む量を少なくすることで、新たに花粉症になる可能性を低くすることが期待されていますが、風が強いと鼻の中に入る花粉はマスクをしていても増え、効果は減弱するといった報告もあります。マスクをしていても完全防備にはならず、過大に信用は禁物です"
(平成22年度花粉症対策|厚生労働省より)

 ただし、この文書は「平成22年」という古いもの。国民生活センターの調査年度が不明なのですが、おそらくこの調査は踏まえていないと思います。

 微妙なところがありますが、考えてみると効果アリというのもわからなくもありません。というのも、ウイルスと違って、花粉の場合は量を低減することに大きな効果がありそうです。少なければ少ないほど良いので、数割であっても減らすことに意味があるのかもしれません。

 「立体型」の癖に2割くらいしか減らせていないものがあるのはクソだと思うものの、3,4割減らせているだけでも効果ありとみなせる可能性はありそうです。本当はここらへんで専門家の解説がほしいんですけどね。


●うがい・洗顔・メガネの花粉症防止効果は?

 なお、厚生労働省では、うがいなどについても触れていました。

「うがい」
"鼻の粘膜には線毛があり、粘膜の上の異物を輸送します。うがいは、のどに流れた花粉を除去するのに効果があります。
"

「洗顔」
"花粉が人間に付着しやすいのは表面に出ている頭と顔です。外出から帰ってきたら洗顔して花粉を落とすと良いでしょう"

「メガネ」
"メガネは花粉の飛散の多いときには、目に入る花粉を2分の1から3分の1まで減らすことができますが、眼の症状をどの程度弱くすることができるのかは明らかではありません"

 風邪の場合、手洗いが効果的とされています。なぜかと言うと、手についたウイルスで顔を触った際に体内に取り込むという感染経路が多いと、わかっているためです。合理的な予防方法ですよね。

 上記の厚生労働省の説明で言えば、洗顔なんかはそんな感じの予防法でした。


【本文中でリンクした投稿】
  ■時間の無駄!うがいやマスクでは風邪・インフルエンザを予防できない理由

【その他関連投稿】
  ■花粉症は治ることも 原因の腸内環境悪化、ストレス、ホコリの改善で
  ■未発症者も花粉症予防を 子どものうちからの対策がおすすめ
  ■食物アレルギー検査に科学的根拠なし 学会は健康被害の可能性も指摘
  ■遅延型フードアレルギー検査(遅延型食物アレルギー検査)、医療機関で実施
  ■ぜんそくの原因解明でノーベル賞?中山俊憲・千葉大教授の経歴
  ■寄生虫・回虫で花粉症・アレルギー・アトピー対策、サナダムシダイエット 藤田紘一郎博士の説
  ■医療・病気・身体についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

宝くじ高額当選者3000人のその後……10年後の彼らの生活は?
歴代首相の身長ランキング 背の高い、低い意外な総理大臣 野田佳彦・麻生太郎・鳩山由紀夫・小泉純一郎・安倍晋三など
日本で馴染みのある韓国系企業一覧
国別ノーベル賞受賞者数ランキング 日本は8位、上位はどこの国?
橋下徹大阪市長の出自 同和地区(被差別部落)と父・叔父と暴力団
意外に有名企業があるファブレス企業・メーカー 任天堂・ダイドードリンコ・やおきんなど
飛び降り自殺は意識を失うから痛みはない…は嘘 失敗した人の話
白元・鎌田真の経歴と派手な交友関係 神田うの,松本志のぶ,妻も美魔女など
楽天Edyはコンビニの公共料金の支払い(収納代行)に使える?
楽天Edyの使えるコンビニ・使えないコンビニ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
のれん代とのれん代の償却のわかりやすい説明
消滅可能性都市ランキングと一覧 1800市区町村中896自治体が危機
カルシウムの多い食材ランキングベスト20 牛乳以外に取れる食品
堀越二郎の妻は死んでないし菜穂子でもない モデルは堀辰雄の婚約者矢野綾子
創価学会、会長候補の正木正明氏左遷で谷川佳樹氏重用の理由は?
インチキで効果なし、活性水素水詐欺 誇大広告であるとして排除命令が出た商品も
高カロリー食品ランキングベスト20(100グラムあたり)
EPA、DHA(オメガ3脂肪酸)の魚油サプリ 効果なしどころか危険という説
リチウムイオン電池の寿命を長持ちさせるのは、使い切って満充電?継ぎ足し充電?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由