Appendix

広告

Entries

虫の声が聞こえるのは、世界で日本人と~人だけ?外国人には聞こえない…という話


 虫の声が聞こえるのは、世界で日本人以外にはもう1つの民族だけで、外国人には聞こえないという研究があるらしいです。

 ただ、正直全然信じられない話ですし、研究者の説明を見るだけで間違った理解をしていることがわかります。検索してみると、既にもう否定された研究みたいですね。


●虫の声が聞こえるのは、世界で日本人と~人だけ?

 この研究の話があったのは、なぜ日本人には虫の「声」が聞こえ、外国人には聞こえないのか? まぐまぐニュース! / 2017年1月10日 20時0分で、『Japan on the Globe-国際派日本人養成講座』(伊勢雅臣)というメルマガを載せたもの。

 発見者は東京医科歯科大学の角田忠信教授。1987年1月にキューバのハバナで開かれた第一回国際学会「中枢神経系の病態生理学とその代償」に参加したとき、キューバ人は虫の音に全く気づかないか、何日も指摘し続けてやっと気づくかだったことで、日本人の耳と、外国人の耳は違いがあることを知りました。

 で、ここからこれまた胡散臭い右脳・左脳論が出てきます。
人間の脳は右脳と左脳とに分かれ、それぞれ得意分野がある。右脳は音楽脳とも呼ばれ、音楽や機械音、雑音を処理する。左脳は言語脳と呼ばれ、人間の話す声の理解など、論理的知的な処理を受け持つ。ここまでは日本人も西洋人も一緒である。

ところが、虫の音をどちらの脳で聴くかという点で違いが見つかった。西洋人は虫の音を機械音や雑音と同様に音楽脳で処理するのに対し、日本人は言語脳で受けとめる、ということが、角田教授の実験であきらかになった。日本人は虫の音を「虫の声」として聞いているということになる。(中略)

このような特徴は、世界でも日本人とポリネシア人だけに見られ、中国人や韓国人も西洋型を示すという。

●日本人の脳の問題というよりは、日本語の脳の問題

 中国人や韓国人と違うことに優越感を覚えた方もいらっしゃるかもしれませんが、これは血統的な問題ではないとされていました。言語的な問題のようです。まあ、でも、日本語は他と違うとなるわけですから、やはり嬉しい話でしょうか?
さらに興味深いことは、日本人でも外国語を母国語として育てられると西洋型となり、外国人でも日本語を母国語として育つと日本人型になってしまう、というのである。(中略)

朝鮮人・韓国人はもともと西洋型なのだが、日本で日本語を母国語として育った在日の人々は、完全な日本型になっている。

こう考えると、西洋型か日本型かは人種の違いではなく、育った母国語の違いである可能性が高い。「日本人の脳」というより、「日本語の脳」と言うべきだろう。角田教授の今までの調査では、日本語と同じパターンは世界でもポリネシア語でしか見つかっていない。

●「音楽脳」「言語脳」という言葉は本当にあるの?

 ここで出てきた「音楽脳」「言語脳」はたぶん医学的な用語ではなく、俗な言葉かもしれません。Wikipediaで出てくる例は3件ありますが、2つが本文ではなく書籍などの名前。造語的な使われ方です。

 そして、例外の1つ、本文で出てくるものも出典なしということになっています。医学的な分野で支持されている話ではなく、疑似科学的なものの可能性が高いです。
調子外れ - Wikipedia

言語脳と音楽脳の混乱

 話し言葉では正しくイントネーションを表現できるのに歌になるとうまく行かない。これは、話し言葉は左脳(言語脳)が司るのに対し音楽は右脳(音楽脳)が司るため、その発達が遅れていたり連携がうまく行かなかったりするためである。

●「言語野」という概念ならあるが必ず「左脳」にあるわけではない

 なお、比較的近い考え方としては、「言語野」というものがあります。これは本当に使われている言葉です。ただし、そもそも言語野は場所が決まっているものではなく、人によって異なるものなのです。

 したがって、上記の説での「左脳は言語脳と呼ばれ、人間の話す声の理解など、論理的知的な処理を受け持つ」という前提条件が崩れてしまっていることがわかりました。言語脳説やそれをベースにした角田教授の説は間違っている、とこの時点で言うことが可能です。
脳機能局在論 - Wikipedia

 言語野

病理学の分野において、言語能力が著しく損なわれる失語症の原因を調べていくなかで、脳の特定の部位の損傷と失語症に強い関係があることがわかった。このことから、損傷すると失語症を起こすような部位を言語機能の中枢である言語野とみなすことができる。(中略)

 左右半球

(中略)言語野は大脳皮質の左半球にあることが多いが、右利きの人で数%、左利きの人で30~50%程度が右半球に言語野をもつことが知られている。総合的には90%以上の人では言語野は左半球にある。

●角田説は既に否定されていた

 また、検索してみると、虫の声を聞き取る日本人の脳は特別か? - 火薬と鋼において、「角田説に学術的な価値はないと考えていい」と一刀両断されていました。

 しかも、そもそも"そもそも虫の音を日本人だけが特に聞き取るという前提からして実証されていない"とのこと。疑似科学だとたまにあるパターンですが、謎理論で結論だけ導き出していて、定義すらしっかり定まっていないんだそうな…。
角田テストでは音に追従して操作する電鍵を押すリズムが乱れることから感受性を判断していたのだが、この「リズムが乱れる」ことをどう定義し、判断するかが明らかではなかった。

このため完璧な追試は実施できず、角田忠信の『日本人の脳』の検証として行われた他の研究者の論文では別の試験法が使われている。1981年の以下の論文では虫の音など環境音の中で英語の数系列を聞き取るテストを英国人と日本人を対象に行った。結果は違いがなかった。
The inferential interference effects of environmental sounds on spoken speech in Japanese and British people. - PubMed - NCBI

 記憶が曖昧ですけど、ゲーム脳もそういう感じだったような? ああ、それより「水からの伝言」の方が良い例かな。(関連:水からの伝言~オカルト道徳教材~)

 水に「良い言葉」を聞かせると「美しい結晶」になるとしているのですが、「良い言葉」も「美しい結晶」も定義不明なのです。そんなのお前の主観でどうとでもなるじゃん!って話でした。

 なお、前述の否定する研究の話は、「左脳・右脳神話」の誤解を解く (DOJIN選書)からとのこと。



 実を言うと、右脳・左脳と言い出した時点でその説はほぼ間違いだと考えて良いと言えるほど、右脳・左脳説はおかしなものばかりです。

 これだけでかなりの話を弾くことができますので、判断基準の一つとして使用してください。


【本文中でリンクした投稿】
  ■水からの伝言~オカルト道徳教材~

【その他関連投稿】
  ■右脳と左脳の働き・機能や利き手との関係はどこまで本当なのか?
  ■脳科学=疑似科学と思え 川島隆太・茂木健一郎など脳科学者に批判
  ■脳トレーニングの効果はない? 脳トレに関するネイチャーの論文
  ■脳トレの効果に科学的根拠なし Lumosityは虚偽で賠償金、川島隆太教授の論文は大丈夫?
  ■ゲーム脳の次はスマホ脳・テレビ脳?学力テストが低下したという主張
  ■右脳派・左脳派なんかそもそも存在しないので、利き脳診断は大嘘
  ■科学・疑似科学についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

宝くじ高額当選者3000人のその後……10年後の彼らの生活は?
歴代首相の身長ランキング 背の高い、低い意外な総理大臣 野田佳彦・麻生太郎・鳩山由紀夫・小泉純一郎・安倍晋三など
日本で馴染みのある韓国系企業一覧
国別ノーベル賞受賞者数ランキング 日本は8位、上位はどこの国?
橋下徹大阪市長の出自 同和地区(被差別部落)と父・叔父と暴力団
意外に有名企業があるファブレス企業・メーカー 任天堂・ダイドードリンコ・やおきんなど
飛び降り自殺は意識を失うから痛みはない…は嘘 失敗した人の話
白元・鎌田真の経歴と派手な交友関係 神田うの,松本志のぶ,妻も美魔女など
楽天Edyはコンビニの公共料金の支払い(収納代行)に使える?
楽天Edyの使えるコンビニ・使えないコンビニ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
のれん代とのれん代の償却のわかりやすい説明
消滅可能性都市ランキングと一覧 1800市区町村中896自治体が危機
カルシウムの多い食材ランキングベスト20 牛乳以外に取れる食品
堀越二郎の妻は死んでないし菜穂子でもない モデルは堀辰雄の婚約者矢野綾子
創価学会、会長候補の正木正明氏左遷で谷川佳樹氏重用の理由は?
インチキで効果なし、活性水素水詐欺 誇大広告であるとして排除命令が出た商品も
高カロリー食品ランキングベスト20(100グラムあたり)
EPA、DHA(オメガ3脂肪酸)の魚油サプリ 効果なしどころか危険という説
リチウムイオン電池の寿命を長持ちさせるのは、使い切って満充電?継ぎ足し充電?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
目標1000日更新 不定期複数投稿
サイト説明
ハンドルネームの由来
カテゴリの説明

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由