Appendix

広告

Entries

研究不正大国日本、論文改ざんしても広告じゃないから無罪の判決 ノバルティスも白橋伸雄氏も両方無罪


 記事のタイトル見て目を疑いました。で、中身を読んでみてさらにびっくり。ちょっと何言ってるか分かんないです…というもの。

 私はもともと論文で不正があったのは間違いないが、誰がやったかを証明するのは難しい、なので、不正が認定されないのでは?というのを心配していました。なので、記事もそのつもりで読み始めました。

 ところが、実際に中身を読んでみると、改ざんは認定しているのに「論文は広告じゃないからOK」という内容。信じられません。ちょっと呆然としています。


●研究不正大国日本、論文改ざんしても広告じゃないから無罪の判決

 何度も書いているように、日本は研究不正が他の国と比べてもかなり多い、研究不正大国なんですよ。これは臨床研究においてもそうで、ノバルティス事件のときには「日本は不正をやりやすい国」なんていう、国辱レベルな認識まで判明しました。

 今回の判決は、日本の臨床研究不正にお墨付きを与えるものです。「どうぞ不正をやってください」ってなもんですわ。マジで信じられません。ヤバすぎでしょう、この国…。

 本当、あまりの衝撃であれですが、いい加減記事の紹介を。以下の記事は、タイトルで既に「論文は広告じゃないから無罪」という判決だとわかるもの。

ノバルティス元社員に無罪=論文は広告に当たらず-データ改ざんは認定・東京地裁:時事ドットコム(2017/03/16-16:15)

 東京地裁は、製薬大手ノバルティスファーマの高血圧治療薬「ディオバン」をめぐる論文データ改ざん事件で、薬事法(現医薬品医療機器法)違反(誇大広告)罪に問われた元社員白橋伸雄被告についての判決を16日に下しました。

 辻川靖夫裁判長によると、まず、白橋さんによる改ざんを認定していました。弁護側は「意図的な改ざんをした事実はない」と無罪を主張していたので、これを完全に退けています。前述の通り、私はこの部分が一番難しいと思っていたので、この認定が本来驚くべきところでした。

 しかし、改ざんが事実であっても「論文は広告に当たらない」と判断し、無罪判決を言い渡しました。しかも、法人としてのノバルティス社も無罪となっています。ノバルティス側の完全勝利です。


●法の不備か? 嘘の広告はダメでも嘘の論文さえあれば合法

 ちょっと冷静になってきて考えてみると、これは日本の法律の不備の問題なんでしょうね。おそらく現在の法律だと、虚偽広告は犯罪になっても、論文の改ざんは犯罪にならないのだと思われます。

 とはいえ、そもそも医薬品など、論文の内容を元にした広告というのは、現実に存在します。今回のような論理が認められてしまうとなると、あらかじめ虚偽の広告を作るために、虚偽の論文を作ってそれが罪にならない…といったことも現実になってしまいます。

 どう考えてもヤバイでしょ、これ…。


●日本はこれから活性水素水も水素水もやり放題の国になる?

 薬事法の誇大広告ではありませんが、例えば、過去に活性水素水というものが、誇大広告で景品表示法違反とされたことがありました。

  ■インチキで効果なし、活性水素水詐欺 誇大広告であるとして排除命令が出た商品も

 この場合、広告表示の裏付けとなる合理的な根拠を示す資料の提出を求めたときに、提出された資料が、広告表示の裏付けとなる合理的な根拠を示すものであるとは認められないものであった、というのが、違反の理由とされています。

 つまり、ただ資料を出すだけでなく、その資料が根拠あるものでなくてはいけないわけです。

 今回のノバルティスの場合は、ちゃんと根拠あるものに見えたものの、それが丸っきりイカサマだったという話。活性水素水のケースとは違うものの、それももちろんダメに決っているじゃないですか!

 もしこれが可能であるのなら、活性水素水のケースも、イカサマデータででっち上げた論文を用意しておけばOKだった…ということになってしまいかねません。

 法の不備であるのなら、ただちにその改正が必要だと思うものの、今までの判断からすると腑に落ちない判決ですね。これがまかり通ってしまうと、本当、日本ヤバイですよ…。


【本文中でリンクした投稿】
  ■インチキで効果なし、活性水素水詐欺 誇大広告であるとして排除命令が出た商品も

【その他関連投稿】
  ■白橋伸雄は「おとなしい人」 ディオバン事件で逮捕のノバルティス元社員
  ■論文・臨床研究の捏造大国日本 ノバルティスのディオバンだけじゃない
  ■世界一の研究捏造大国日本 2000年から急激に不正が増えた理由は?
  ■不正関係者対決を制し小室一成が日本循環器学会代表に 下川宏明を破る
  ■興梠貴英らが不正指摘のディオバン ノバルティスは裁判も示唆していた
  ■小室一成東大教授の千葉大ディオバン論文、英医学誌が取り消し
  ■京都府立医大医師、架空症状加筆を告白 ノバルティス・ディオバン問題
  ■研究不正疑惑についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

宝くじ高額当選者3000人のその後……10年後の彼らの生活は?
歴代首相の身長ランキング 背の高い、低い意外な総理大臣 野田佳彦・麻生太郎・鳩山由紀夫・小泉純一郎・安倍晋三など
日本で馴染みのある韓国系企業一覧
国別ノーベル賞受賞者数ランキング 日本は8位、上位はどこの国?
橋下徹大阪市長の出自 同和地区(被差別部落)と父・叔父と暴力団
意外に有名企業があるファブレス企業・メーカー 任天堂・ダイドードリンコ・やおきんなど
飛び降り自殺は意識を失うから痛みはない…は嘘 失敗した人の話
白元・鎌田真の経歴と派手な交友関係 神田うの,松本志のぶ,妻も美魔女など
楽天Edyはコンビニの公共料金の支払い(収納代行)に使える?
楽天Edyの使えるコンビニ・使えないコンビニ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
のれん代とのれん代の償却のわかりやすい説明
消滅可能性都市ランキングと一覧 1800市区町村中896自治体が危機
カルシウムの多い食材ランキングベスト20 牛乳以外に取れる食品
堀越二郎の妻は死んでないし菜穂子でもない モデルは堀辰雄の婚約者矢野綾子
創価学会、会長候補の正木正明氏左遷で谷川佳樹氏重用の理由は?
インチキで効果なし、活性水素水詐欺 誇大広告であるとして排除命令が出た商品も
高カロリー食品ランキングベスト20(100グラムあたり)
EPA、DHA(オメガ3脂肪酸)の魚油サプリ 効果なしどころか危険という説
リチウムイオン電池の寿命を長持ちさせるのは、使い切って満充電?継ぎ足し充電?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
目標1000日更新 不定期複数投稿
サイト説明
ハンドルネームの由来
カテゴリの説明

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由