Appendix

広告

Entries

無借金経営はデメリット 経営危機の大塚家具・倒産のスカイマーク


 無借金経営と聞くとメリットのように感じられますが、無借金経営にも関わらず倒産、あるいは倒産危機となる企業があります。今回、もともと書こうと思ったきっかけである大塚家具は、まだ潰れていません。一方、この話と合わせることにしたスカイマークは実際に倒産したという例です。

 年収が高い企業ランキング1位キーエンス 滝崎武光会長は長者番付常連でやったキーエンスのように、普通に無借金経営が魅力とされている企業もあります。しかし、無借金経営が絶対に良いというわけではなく、経営危機に陥ることはあるんですね。(2017/3/24)

2019/11/19:
●無借金経営って全然珍しくなかった…その割合はいくら?
●優良企業だと考えて良い?メリットとデメリットを整理
2020/11/29:
●無借金経営はリスクがある上に損!借金をした方が良い理由


●大塚家具の経営危機でわかる「無借金経営はデメリット」

2017/3/24:では、大塚家具の例から。無借金なのに「経営の危機」:日経ビジネスDigital(林 總=明治大学専門職大学院会計専門職研究科特任教授、公認会計士、税理士 2017年01月19日)という記事です。
 
 林總さんによれば、無借金は会社経営の理想のように思いがちであるものの。大塚家具は無借金であるが故に、経営の危機に直面していると指摘していました。理由はいくつかあり、簡単にまとめると以下の通り。ただ、(2)の方はわかりづらい説明だと思います。

(1)銀行づきあいがなく、資金の調達に手間とコストがかかる。
無借金であるが故に銀行との付き合いがない。すると、資金の調達に手間とコストがかかりすぎて、ビジネスチャンスやビジネスの危機に俊敏に対応できない。

(2)資金を有効活用していない。
株主から見ると、資金を有効に活用しておらず、ROE(自己資本利益率)も低くなっているから。


●無借金経営はメリットのはず!スカイマークの経営危機で驚き

 スカイマークについては、うちで2014年8月25日に<倒産・破綻まである?スカイマーク 無借金経営がマイナスの理由>という投稿を書き、その後、実際に倒産しました。このときも「むしろ無借金経営だからマズかった」といった指摘がなされています。

 ただ、無借金経営というのは、普通良いことだと思われているので、当時はそういった記事を最初に紹介していました。、元祖LCCのスカイマークが窮地、誤算は何?今後どうなる?- THE PAGE(2014年8月21日07時00分)という記事です。ここでは、無借金経営だったのに倒産するなんて…という書き方だったんですね。

 記事で、無借金経営の話が出てきたのは、当時購入の見通しが立たずに違約金支払いを求められている、超大型旅客機A380を発注した時点について触れた部分。この旅客機は高額だったものの、"エアバス社に発注した時点では十分な利益を上げていましたし、同社はそれまで無借金経営を続けていましたから、負担が重いとはいえ、当初は問題なく国際線事業に参入できる算段でした"と記事ではしていました。

 私は格安ではなくなったスカイマーク、超大型機で国際線進出の賭けへで書いたように、これはギャンブルみたいなものだと見ていたので好意的ではありませんでしたが、THE PAGEとしては問題なしという判断だったようです。

 では、THE PAGEでは、この目算が狂った理由というのは何だと見ているか?と言うと、"一気に進んだ円安"だとしていました。"燃料費が予想以上に高騰したことで、同社の経営が急激に悪化"したという理由です。無借金経営は問題としていませんでした。

 なお、この記事はスカイマークを元祖LCC(格安航空会社)だとして、"もし同社の存在がなければ、日本においてLCCが普及することはなかったかもしれません"などと書いていていました。私はスカイマークがLCCだなどと言い出す人は初めて見たので、こんな人の話信用できるんだろうか?と思いました。

 しかし、検索してみると稀にスカイマークもLCCだと分類している人がいました。そこまで目くじらを立てるようなことではないかもしれません。「ローコストキャリア(LCC)ではない」「ミドルコストキャリア(MCC)だ」「自分たちはLCCにはならない」(スカイマーク自身の発言)などのように、スカイマークはLCCではないという見方が大半でしたけどね。


●一見良いはずの「無借金経営」スカイマークが悪かった理由

 無借金経営の件に戻りますが、私が最初に読んだのは上記の記事ではなく、違約金だけではないスカイマーク救済の障害 強みの「無借金経営」と「リース債務」が裏目に|ダイヤモンド・オンライン(ダイヤモンド・オンライン編集部 2014年8月22日)でした。タイトルを見てわかるように、本来強みなるはずの 「無借金経営」が裏目に出たという内容です。私はこれに何で?と興味が湧いたので読んでみたという経緯です。

 ダイヤモンド・オンラインによると、一見良いはずの「無借金経営」が悪かった理由は、一言で言うと「借金しなかった」のではなく「借金できなかった」からというもの。望んだのではない、やむを得ない「無借金経営」だったという見方ですね。

 たとえば、"2010年に破綻したJALは債務過剰が問題となっていたが、裏を返せば、カネを借りられた"という見方ができます。"自社保有の航空機など資産を多く持っていたJALは、それらを担保に日本政策投資銀行やメガバンクから融資を受けていた"のです。

 しかし、スカイマークは借金できない、航空機などは保有せずにリースしている、メインバンクもない…と日本航空などとはかなり状況が異なりました。これらが救済を受ける際に大きく響いてくるようです。

 やむを得ない「無借金経営」が問題という部分だけ見ていると、大塚家具の話と全然違うものに見えましたが、この後銀行づきあいの話が出てきて、大塚家具と似た話になってきます。

 この記事の場合、メインバンクがないというのがなぜダメだとしていたか?と言うと、"経営不振企業は、メーンバンクが面倒を見るという、日本の伝統的な企業再建スキームが成立しない"ためとしていました。支援企業にしても"銀行の支援がないということは、自分の負担が大きいことを意味するマイナスポイント"になるそうです。


●見かけだけの「無借金経営」は当然ダメ、スカイマークがそうだった

 記事では、他の理由も指摘されていました。例えば、資産がないために、JALのように子会社のJALカードやホテルなどの資産を切り売りすることで、破綻までの数年間、時間稼ぎということもできません。

 さらに借金はないとは言っても、リースがあります。なので、事実上の借金という形に。スカイマークは当時、未経過リース料が"908億円(14年3月末)にも上"っていました。これはでかいです。

 大手エアライン関係者は、支援する側からすれば「民事再生法か会社更生法でリース債務を大きく減らせなければ、手を出すのは二の足を踏む」とまで言っています。つまり、破綻するまで待ち、それから触手を伸ばした方が安全という話でした。

 で、実際、スカイマークは破綻まで行ってしまった…という結末。大塚家具も同じ道を歩むのでしょうか?


●無借金経営って全然珍しくなかった…その割合はいくら?

2019/11/19:無借金経営って実は全然珍しくないんですね。全国の「無借金企業」8万4,000社調査 : 東京商工リサーチ(2019.09.11)によると、約34万社の財務データで、借入金のない「無借金企業」は24.4%で8万3,978社もありました。

 ここでは、無借金企業の売上高トップは郵政民営化で発足した日本郵便、利益トップは東京エレクトロンなど、売上高、利益の上位企業は各業界を代表する大手企業が顔をそろえたともしています。やはり無借金経営は良いことのように見えます。

 また、無借金企業の損益別(直近決算)は「黒字」が77.0%と約8割を占め、「赤字」は22.9%と2割。国税庁が2019年2月に公表した「国税庁統計法人税表(2017年度)」によると、赤字法人率は66.6%であり、普通に無借金経営の企業の方が良い感じ。

 とはいえ、データベースや年度が異なるため、比較が適切かというところは大いに疑問。国税庁は271万6,818社なのに対し、東京商工リサーチのデータは34万社しかありません。そして、東京商工リサーチのデータは、比較的成功している企業が多いのではないかと想像されます。


●優良企業だと考えて良い?メリットとデメリットを整理

 東京商工リサーチによると、無借金経営は、優良企業の代名詞。信用向上や利息支出のないメリットもあります。無借金で、かつ売上高や利益の上位には高収益に裏打ちされた大手企業が顔をそろえているとしていました。

 ただし、東京商工リサーチでも、企業の成長のうえでは金融機関からの借入金など、他人資本の導入が欠かせない側面もあることは認めています。金融機関と取引実績がない場合、受注増による資金需要や取引先破綻による回収難など、不測の事態に対応できないリスクも存在するとも指摘。最初の投稿での問題指摘と似たような感じですね。

 小・零細企業では、金融機関から借入できること自体が信用力の裏付けともいえ、あながち間違いではないとも書かれていました。つまり、小・零細企業の中には、金融機関が危なかしくってお金を貸せないような企業も多く含まれているということでしょう。結局、無借金経営かそうではないかだけでは、優良企業かどうかを判断できないのだと思われます。


●無借金経営はリスクがある上に損!借金をした方が良い理由

2020/11/29:また無借金経営のデメリットを指摘する記事を発見。無借金経営がリスクになる時代 返済実績なければ貸し渋りも(2020.11.01 11:00  週刊ポスト)というものが出ていました。経済ジャーナリスト・福田俊之さんは、以下のような指摘。これまでと同じような話ですが、新型コロナウイルス問題で借金したい企業が増えている中ではより重要という話も福田俊之さんはしていました。

「平時の無借金経営は評価されるが、いざ有事となると、借り入れ実績がないことが仇になる。普段から融資を受けて返済する実績を積み、メインバンクと付き合って信用を作っておいたほうが、何かのきっかけで資金繰りが悪化したとき、助けてもらえる可能性が高いのです」

 また、福田俊之さんは、「2008年のリーマンショックでは、多くの無借金経営の黒字企業が、金融機関の貸し渋りで融資を受けられず、手元資金が枯渇して倒産しました」という例を出しています。それから、 別のおもしろい視点だったのが、金融ジャーナリストの小泉深さんの見方。借金しないのは損だという指摘でした。これも結構言われますね。

「法人税は会社の利益に税率をかけて算出する。そのため、負債を多くして利益を減らすことで、税額を減らすことができます。むしろ借金をしていない企業はその分税金を多く払っている、つまり“株主の取り分を減らしている”とも言えるのです」


【本文中でリンクした投稿】
  ■年収が高い企業ランキング1位キーエンス 滝崎武光会長は長者番付常連
  ■格安ではなくなったスカイマーク、超大型機で国際線進出の賭けへ

【その他関連投稿】
  ■企業は弱い者いじめすべき!ランチェスター戦略に通じる源頼朝の戦い方
  ■社長はダメ上司とダメ部下をリストラせよ!会社は戦略より人材が大事
  ■一日の来店者3人のお店が絶対潰れない理由 超ニッチ・超高付加価値店のすごさ
  ■エレベーターの待ち時間対策が高速化ではなく鏡の設置である理由
  ■人生で成功する方法は「下手な鉄砲も数打ちゃ当たる」と「グリット」
  ■ビジネス・仕事・就活・経済についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

世界一スポーツ選手の平均年収が高いのはサッカーでも野球でもない
チャッカマンは商標・商品名 じゃあ正式名称・一般名称は何?
ジャムおじさんの本名は?若い頃の名前は?バタコさんとの関係は?
ワタミの宅食はブラックじゃなくて超ホワイト?週5月収10万円
朝日あげの播磨屋、右翼疑惑を否定 むしろ右翼に睨まれている?
レーシック難民は嘘くさいしデマ?アメリカの調査では驚きの結果に
赤ピーマンと赤黄色オレンジのパプリカの緑黄色野菜・淡色野菜の分類
アマゾンロッカーってそんなにすごい?日本のコンビニ受け取りは?
就職率100%国際教養大(AIU)の悪い評判 企業は「使いにくい」
ミント・ハッカでゴキブリ対策のはずがシバンムシ大発生 名前の由来はかっこいい「死番虫」
移動スーパーの何がすごいのかわからない 「とくし丸」は全国で約100台
ビジネスの棲み分け・差別化の具体例 異業種対策には棲み分けがおすすめ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
タコイカはタコ?イカ?イカの足の数10本・タコの足8本は本当か?
トンネルのシールドマシンは使い捨て…自らの墓穴を掘っている?
ユリゲラーのポケモンユンゲラー裁判、任天堂が勝てた意外な理由
好待遇・高待遇・厚待遇…正しいのはどれ?間違っているのはどれ?
コメダ珈琲は外資系(韓国系)ファンドが買収したって本当? MBKパートナーズとは?
大塚家具がやばい 転職社員を通報、「匠大塚はすぐ倒産」とネガキャン
不人気予想を覆したアメリカのドラえもん、人気の意外な理由は?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由