Appendix

広告

Entries

トランプ大統領はオバマ大統領よりむしろ親中か?中国への卑屈な姿勢、保守派も認める


 威勢の良いトランプ大統領の発言と異なり、もしかしたらトランプ政権として見た場合、中国にかなり甘いかもという話。むしろオバマ大統領時代の方が、厳しかったのではないかという見方がありました。

 最初は、米中戦争の確率70%主張の教授がトランプ政権参加 日本に良い影響?に追記していたものの、保守派も同じようなことを書いていたのを見つけたので、そちらも加えて新しく別に作ることにしました。


●トランプ大統領はオバマ大統領よりむしろ親中か?中国が勝利宣言

 北朝鮮問題は中国にとって頭が痛い問題となっていますし、トランプ大統領は「北朝鮮を説得する責任は中国にある」と主張しています。ただ、トランプ大統領のスタッフの姿勢はやや異なるようです。

それどころか、トランプ大統領はオバマ大統領よりむしろ親中かもしれません。中国は米中両国を「新型大国関係」と位置づけていたものの、オバマ政権下では、それを認めた反応は皆無でした。

 一方、ティラーソン国務長官は訪中の際に、北朝鮮問題についてほとんど言及せず。そして、ひたすら「衝突せず、対抗せず、相互を尊重し、ともにウィン-ウィンの精神で対中関係を発展させたい」を繰り返しました。この「不衝突、不対抗......」は、ティラーソン国務長官が、トランプ大統領の伝言という形で、何度も言及していたようです。

 この「不衝突、不対抗......」という言葉が示している内容は、実は中国が望んでいた「新型大国関係」そのものなんだそう。なので、中国はこれを「外交勝利」と位置付けているようです。

 また、トランプ政権の経済政策などについて助言を行う「大統領戦略・政策フォーラム」の、議長を含めた3人のメンバーが、習近平国家主席の母校である清華大学の経済管理学院顧問委員会の委員を兼務しています。

・投資会社ブラックストーン・グループの最高経営責任者(CEO)のシュワルツマン (議長)
・JPモルガン・チェースのCEOであるジェイミー・ダイモン
・電気自動車事業のテスラ・モーターズなどの創設者として知られるイーロン・マスク

 なので、中国はアメリカの対中政策に関しても、不安視していないのでは?とのことでした。
(米中首脳会談ブリーフィング、米中の思惑 ニューズウィーク日本版 / 2017年4月3日 16時0分 遠藤 誉(東京福祉大学国際交流センター長)より)


●中国への卑屈な姿勢、保守派も認める

 上記のトランプ政権への姿勢を、特に保守派は信じようとしないのではないか?と思っていました。ところが、保守派の論客である石平(せきへい)さんが、なぜ米国務長官は、同盟国でもない中国に「平身低頭」なのか? まぐまぐニュース! / 2017年4月4日 16時40分という記事で、同様の見方をしていまいた。

 まず、石平さんは、ティラーソン国務長官の発言を引用しています。日本の保守派が小躍りして喜んだはずの、「一つの中国」政策についても否定せず、肯定しています。

「米国は一つの中国政策を堅持し、中国と衝突せず、対抗せず、相互に尊重して両国関係がさらに発展することを願う」

 また、これを何度も強調していたという指摘も同じ。"中国側との一連の会談においてティラーソン氏は、「衝突せず、対抗せず、互いに尊重」とのキャッチフレーズを盛んに持ち出して中国との友好関係構築の意欲を示した"と、書かれていました。

 そして、「トランプ政権は誕生する前後から示した中国への厳しい対抗姿勢とは打って変わったもの」「トランプ政権の対中姿勢は劇的に転換したと言わざるを得ない」と認めていました。

 さらに、オバマ政権の方が厳しかったというところまでいっしょ。石平さんはどうか知りませんが、保守派は「オバマは中国に対して弱腰だ」とさんざん叩いていたんですが…。
いわゆる「衝突せず、対抗せず、互いに尊重」の表現はもともと、以前のオバマ政権時代において、中国の習近平国家主席がオバマ大統領に対して持ちかけたものである。当時、オバマ大統領はそれに対して否定も肯定もせずにして単に聞き流したが、今、トランプ政権の国務長官は逆に中国側に対してそれを「提案」したとは、中国に対する態度の軟化というよりも、中国への迎合とも捉えるような卑屈な姿勢というしかない。

 この姿勢は、アメリカでも疑問視されているようで、ワシントンポストの「一部の批評家はティラーソンは過度に頭を下げたと見る」という記述があるそうです。

 そして、石平さんは、「トランプ政権は完全に、北京に頭を下げてきた」としていました。トランプ政権が中国に対して軟弱な姿勢であることを、完全に認めていています。


●北朝鮮の暴走は中国の陰謀だった!

 しかし、最初の記事と大きく異なった部分もありました。北朝鮮問題です。石平さんは、アメリカが卑屈と思われるほど中国に平身低頭の姿勢を示したのは、北朝鮮への軍事攻撃をした際に中国に介入しないという協力を得るためというもの。なおかつ、こうした手段を選ばざるを得なかったのが、北朝鮮情勢がミサイル発射などによって、緊迫化してきたためだと見ています。

 そして、北朝鮮の暴走が「外交上の大勝利」をもたらしたところを見ると、北朝鮮のこの一連の動きの背後に中国の暗影があるのではないか?としていました。

 ということで、最後の最後で陰謀論になっていて、ズッコケました。ここらへんは、やっぱり保守派だなという感じです。(関連:アパホテル元谷外志雄代表、今度はユダヤ陰謀論で炎上 カナダのホテルの室内誌が問題に)


【本文中でリンクした投稿】
  ■米中戦争の確率70%主張の教授がトランプ政権参加 日本に良い影響?
  ■アパホテル元谷外志雄代表、今度はユダヤ陰謀論で炎上 カナダのホテルの室内誌が問題に

【その他関連投稿】
  ■トランプは韓国好き?古いサムスンスマホ愛用、韓国防衛に最大限の軍事力と強調
  ■トランプもドイツ移民の孫なのに、独移民創業者のCMで不買運動 支持者「トランプ大統領の政策への批判だ!」
  ■トランプ政権が中国のAIIB参加の意向は本当か?アメリカ加入の日は近い説
  ■トランプと麻生太郎は似てる?安倍首相ではなく麻生氏にラブコール
  ■海外・世界・国際についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

宝くじ高額当選者3000人のその後……10年後の彼らの生活は?
歴代首相の身長ランキング 背の高い、低い意外な総理大臣 野田佳彦・麻生太郎・鳩山由紀夫・小泉純一郎・安倍晋三など
日本で馴染みのある韓国系企業一覧
国別ノーベル賞受賞者数ランキング 日本は8位、上位はどこの国?
橋下徹大阪市長の出自 同和地区(被差別部落)と父・叔父と暴力団
意外に有名企業があるファブレス企業・メーカー 任天堂・ダイドードリンコ・やおきんなど
飛び降り自殺は意識を失うから痛みはない…は嘘 失敗した人の話
白元・鎌田真の経歴と派手な交友関係 神田うの,松本志のぶ,妻も美魔女など
楽天Edyはコンビニの公共料金の支払い(収納代行)に使える?
楽天Edyの使えるコンビニ・使えないコンビニ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
のれん代とのれん代の償却のわかりやすい説明
消滅可能性都市ランキングと一覧 1800市区町村中896自治体が危機
カルシウムの多い食材ランキングベスト20 牛乳以外に取れる食品
堀越二郎の妻は死んでないし菜穂子でもない モデルは堀辰雄の婚約者矢野綾子
創価学会、会長候補の正木正明氏左遷で谷川佳樹氏重用の理由は?
インチキで効果なし、活性水素水詐欺 誇大広告であるとして排除命令が出た商品も
高カロリー食品ランキングベスト20(100グラムあたり)
EPA、DHA(オメガ3脂肪酸)の魚油サプリ 効果なしどころか危険という説
リチウムイオン電池の寿命を長持ちさせるのは、使い切って満充電?継ぎ足し充電?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由