Appendix

広告

Entries

昔の人の一番大切なもの、家族より自分や金 伝統的家族の絆は弱かったという事実


 「伝統的家族の絆は弱かったという事実」とタイトルに入れたものの、一応昔の人でも1割くらいは「家族が一番大事」と言っていました。

 ただ、最も多いのは別の項目で、家族は4位に過ぎなかったのも事実。タイトルでは短くするために「自分」としたものの、1958年の1位は「生命・健康・自分」でした。私は自分が一番であることは、全く悪いとは思いませんけどね。

 一方、今はぶっちぎりで「家族」が1位なのですから、家族の絆が強いのはどっちか?となると、「現在だ」と言うしかないでしょう。おまけに、昔は「金・財産」が3位で、4位の「家族」よりも上でした。全然イメージと異なるようです。


●昔の人の一番大切なもの、「家族」より「自分」や「金」

 自民党は今国会で「家庭教育支援法案」の提出をめざしているんだそうです。そして、この法律は、保守派的な「よい家族」像を強制したいのではないか?と見られていました。
(「昔の家族は良かった」なんて大ウソ! 自民党保守の無知と妄想(広田 照幸) | 現代ビジネス | 講談社(1/6) 広田 照幸 日本大学文理学部教授より)

 また別記事においても、家庭教育支援法案には、"戦後日本は「伝統的家族」が壊れ、家族の絆が弱まって家庭の教育力が低下した"という思いが込められているという見方がありました。

 実際に、自民党の上野通子議員が衆院青少年問題特別委で、「家庭の教育力の低下が言われている。どのように道徳やモラルを学ばせれば良いかという問題がある」と発言していた他、安倍首相が以下のような主張をしています。

「(非行問題の背景に)核家族化や離婚による家庭の教育力の低下が指摘できる」(2007年の参院文教科学委)
「かつては大家族、2世代、3世代同居という家族がたくさんあった。その中で親から子に受け継がれた知恵や工夫、地域の規律やモラル、そういうものが家族や地域の中で、教育に対する支援がなされたと言っていい」(第1次政権時の07年5月17日、衆院教育再生特別委での答弁)
(「家庭教育支援法」成立目指す自民 「伝統的家族」なる幻想 家族の絆弱まり、家庭の教育力低下--!? 毎日新聞2017年3月1日 東京夕刊より)

 ただ、おもしろいのが、統計数理研究所が5年おきに行ってきた「日本人の国民性」調査。最初の記事では、「現代の親子関係は希薄化している」「家族のことをかえりみない親が増えている」が嘘である理由として、この調査で「あなたにとって一番大切なもの」として「家族」を挙げる比率が増加してきたことを指摘しています。

 グラフを見ると、他が緩やかに減っている中で、「家族」だけがぐんぐん伸びていました。細かい数値はないので大体ですが、一番古い1958年と一番新しい2003年の順位と比率を書き出してみます。

<1958年の「あなたにとって一番大切なもの」>
1位 生命・健康・自分 22%くらい
2位 愛情・精神 16%くらい
3位 金・財産 15%くらい
4位 家族 12%くらい
5位 子供 11%くらい

<2003年の「あなたにとって一番大切なもの」>
1位 家族 45%くらい
2位 生命・健康・自分 21%くらい
3位 愛情・精神 13%くらい
4位 子供 7%くらい
5位 金・財産 5%くらい

(他の選択肢は、「家・先祖」「仕事・信用」「国家・社会」「その他」「特になし」)


●現代の青少年の規範意識も薄らいでいない

 記事ではもう一つ、「現代の青少年は規範意識が薄らいでいる」という批判についても反論。こちらは経時変化ではないものの、全国学力・学習状況調査(いわゆる全国学テ)で、中学3年生の規範意識を尋ねたものが根拠。

 「当てはまる」「どちらかといえば当てはまる」を足した数字を見ると、学校の規則を守っている や いじめをいけないことだとか思うについては、ともに9割を超えていることがわかります。

 同様に、人が困っているときに進んで助けていると答えた割合は83.8%、人の役に立つ人間になりたいと思っている割合は92.8%に上るということで、規範意識が薄らいでいるとは言えないでしょう。

 そもそも中川雅治,熊田裕通がいじめ自慢 橋本聖子,義家弘介も問題視せずの件でわかるように、いじめを肯定するような規範意識の低さを示しているのは、保守派政治家の方です。

 また、何度も紹介しているように、殺人事件も一番悪かったのは戦後間もない時期。日本がどんどん良くなっているという事実を認めないどころか貶めているというのは反日行為で、彼らは反日日本人なんじゃないですかね?

  ■日本の殺人事件被害者数の推移 ピークは昭和30年で現在は20%未満まで低下
  ■日本の凶悪少年事件・殺人事件は減っている 戦後は現在の8倍も


●そもそも昔の家族はしつけをしていなかった?

 毎日新聞の記事の方でも、最初の記事と同じ広田 照幸教授に話を聞いていました。

 こちらでおもしろいのは、大阪商大の佐野茂教授の論文(1992年)の紹介。明治後期から昭和初期の漁村で幼少期を過ごした古老への聞き取りでは、「学校は厳しかったが、家庭でしつけをされた記憶はない」という趣旨の回答が多かったそうです。

 広田教授は、富裕層や役人・知識人ら新中間層は1910年頃から家庭教育に注力し始めたものの、農漁村や都市の庶民は、戦後まで教育に力を入れるゆとりはなかった、と説明しています。

 そして、政治家は「昔から家庭教育を意識できた豊かな家の生まれが多い」ので、「昔はどこもそうだった」と誤解しているのではないか?と予想していました。

 なお、家庭が子供の教育に力を入れるようになったのは、都市化が進み、地域の影響力が低下した高度成長期以降だともありましたが、先ほど出た「ゆとり」というところで言うと経済的な豊かさは重視されるべきかもしれません。

 健康の問題なんかもそうなのですが、様々なところで「経済状況が原因」という意外な答えが出てきます。本当に家庭教育を良くしたいのであれば、全体的な所得の増加や所得再分配を重視していった方が良さそうな感じでした。


【本文中でリンクした投稿】
  ■中川雅治,熊田裕通がいじめ自慢 橋本聖子,義家弘介も問題視せず
  ■日本の殺人事件被害者数の推移 ピークは昭和30年で現在は20%未満まで低下
  ■日本の凶悪少年事件・殺人事件は減っている 戦後は現在の8倍も

【その他関連投稿】
  ■サザエさん一家は日本人の理想の家族像ではない 7,8割が否定的
  ■ドメスティックバイオレンス(DV)の割合 女性だけでなく男性も多い
  ■夫や子の趣味の物を勝手に捨てる妻や親 殺人事件まで発生!
  ■大家族と二世帯住宅が復活の理由 核家族から大家族主義への回帰?
  ■高齢者は家族と同居より一人暮らしの方が満足 大家族復活に逆風
  ■日本の伝統的家族制度と理想の家族観 核家族ではなく大家族を
  ■人生・生活についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

宝くじ高額当選者3000人のその後……10年後の彼らの生活は?
歴代首相の身長ランキング 背の高い、低い意外な総理大臣 野田佳彦・麻生太郎・鳩山由紀夫・小泉純一郎・安倍晋三など
日本で馴染みのある韓国系企業一覧
国別ノーベル賞受賞者数ランキング 日本は8位、上位はどこの国?
橋下徹大阪市長の出自 同和地区(被差別部落)と父・叔父と暴力団
意外に有名企業があるファブレス企業・メーカー 任天堂・ダイドードリンコ・やおきんなど
飛び降り自殺は意識を失うから痛みはない…は嘘 失敗した人の話
白元・鎌田真の経歴と派手な交友関係 神田うの,松本志のぶ,妻も美魔女など
楽天Edyはコンビニの公共料金の支払い(収納代行)に使える?
楽天Edyの使えるコンビニ・使えないコンビニ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
のれん代とのれん代の償却のわかりやすい説明
消滅可能性都市ランキングと一覧 1800市区町村中896自治体が危機
カルシウムの多い食材ランキングベスト20 牛乳以外に取れる食品
堀越二郎の妻は死んでないし菜穂子でもない モデルは堀辰雄の婚約者矢野綾子
創価学会、会長候補の正木正明氏左遷で谷川佳樹氏重用の理由は?
インチキで効果なし、活性水素水詐欺 誇大広告であるとして排除命令が出た商品も
高カロリー食品ランキングベスト20(100グラムあたり)
EPA、DHA(オメガ3脂肪酸)の魚油サプリ 効果なしどころか危険という説
リチウムイオン電池の寿命を長持ちさせるのは、使い切って満充電?継ぎ足し充電?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由