Appendix

広告

Entries

ヒアリデマ拡散 アメリカで毎年100人死亡・日本のアリが強い・「ゾンビバエ」が天敵説


 日本は現在、ヒアリパニック中。ネットでは、アメリカで毎年100人死亡・日本のアリが強い・「ゾンビバエ」が天敵といった間違った情報が流れているのだそうです。カオスでした。

2017/07/19:今度はヒアリでに刺されても絶対死なないというデマが発生


●日本はヒアリパニックで報道も過熱気味

 アメリカを侵略した日本からの外来種マメコガネ(ジャパニーズ・ビートル)の最初で少し触れていたヒアリ。うちでは書かないかなと思っていたものの、結局、一つ書いておくことに。

 まず、マメコガネの方でも書いていた話から。日本農業新聞 - 戦々恐々 強毒ヒアリ 既に6カ所、女王も 国内で発見相次ぐ(金哲洙、隅内曜子)という記事の以下のあたりで、日本でのヒアリパニックの様子が少しわかります。

"強い毒を持つ南米原産の特定外来生物「ヒアリ」が国内で初めて兵庫県尼崎市で確認されて以来、11日までに繁殖能力のある女王アリも含め4都府県6カ所で見つかり、各地で警戒を強めている"

 環境省によると、ヒアリは、赤っぽくつやつやし、働きアリが2.5~6.5ミリと大きさにばらつきがあるとのこと。大きさすら一定でないせいか、専門家が顕微鏡を使って観察しなければ判断できないとしていました。

 ですから、そもそも素人には無理な話だろうと思うのですが、同省は「ヒアリと疑われる個体や巣を見つけても、踏んだり壊したりして刺激しないで」と呼び掛けているそうです。


●アメリカで毎年100人死亡はデマか?

 ただ、この日本農業新聞の記事自体は、危機感を煽るような内容ではありませんでした。"「殺人アリ」など過剰な報道があることに対し、同省野生生物課の植田明浩課長は「むやみに怖がらず、蜂と同程度の危険度と認識してもらいたい」と冷静な対処を呼び掛け"ているとしています。ハチといっしょだと考えても、危険なことには変わりありませんけどね。

 他に、ヒアリに関する死者数も大げさな報道が出回っていると指摘する根拠は曖昧 北米だけでヒアリ死者年間100人はホントか|暮らし|ライフ|日刊ゲンダイDIGITALという記事も見つけました。

 これによると、東京都は、「毒に対してアレルギー反応を起こす例が、北米だけでも年間1500件近く起こり、100人の死者が出ている」(自然環境部計画課)と明記しています。が、環境省では、「100人という数字は確認できていない」(環境省外来生物対策室)と否定的。

 100人というのは、アリを研究する米生物学者スティーブン・ベルトンさんの著者が元ネタではないかと推測されていました。ただ、根拠のある数字ではなく、"人口3億2000万人の米国で、年間1000万人以上の人が刺されているというのも、フツーに考えれば刺され過ぎ"と疑問を呈していました。32人に1人が毎年刺されているという計算をしているみたいですね。


●日本のアリが強い説も拡散

 もう一つ、ネット上では「在来種はヒアリと戦ってくれるので、むやみに殺虫剤をまくべきではない」とのウワサも流れていたそうです。これについて、“在来種のアリはヒアリの定着を防ぐ”ネット上にウワサ広がる → アリの研究者は「在来種では勝負にならない」 - ねとらぼ[イッコウ,ねとらぼ 2017年07月10日 21時00分 更新]では、アリの生態系に詳しい日本蟻類研究会所属の准教授に取材していました。

 准教授は、「ヒアリは非常に強いため、勝負にならない。戦ってもほぼ在来種が負けてしまうだろう」とコメント。かつて、アメリカにヒアリが侵入した時にもアメリカの在来種はヒアリに追いやられてしまったと説明しています。現状、ヒアリの「弱点は無い」(准教授)ともしていました。


●日本のアリが役に立つことがあるのは本当

 ただ、一見問題外とも思える日本のアリが強い説の方が、実を言うと、100人死亡説よりもある程度真実味があります。

 NHKによると、「ヒアリの天敵は日本のアリ」、「ヒアリの敵になれる存在は日本にいるアリだけ。アリというだけで駆除してはいけない」といった書き込みが多く投稿されるようになっているとのこと。これもまあはっきり言っちゃうと嘘なのですけど、日本のアリがヒアリの定着を防げるケースもあると缶がられるのです。
(News Up 敵はヒアリ 頑張れ日本のアリ? | NHKニュース 7月15日 17時02分より)

 「兵庫県立人と自然の博物館」の橋本佳明主任研究員によると、アメリカの研究グループが、在来のアリが生息する「そのままの環境」と「個体数を減らした環境」の中に、それぞれヒアリの女王アリを放しました。

 個体数を減らした環境では繁殖に成功した割合が19%だったのに対し、「そのままの環境」では、ヒアリが定着したかのが0.5%以下と、抑止に大きな効果がありました。女王アリだけぽつんと1匹だった場合は、効果アリの可能性が高いのです。これは日本のアリでも同様だろうと予想されています。


●むやみに殺虫剤を使うな!は正しい

 こういった違いは単純にライバルの存在の有無が大きいのでしょうね。抗生物質のせいで突然変異して薬剤耐性菌が増えるというのは誤解?で出てきた薬剤耐性菌の話も、抗生物質そのものが悪いというよりは、ライバル不在になってしまうことの問題の方が大きそうな話でした。

 そういう意味では、むやみに在来のアリを殺すべきではないというのも事実。今回取材した専門家らはみな、「殺虫剤を使って過剰に在来のアリまで駆除してしまうこと」への警鐘を鳴らしていたそうです。

 殺虫剤では、在来のアリだけでなく、それ以外の生物すら殺してしまいます。その結果、アリ以外の競争相手もいなくなってヒアリが生息範囲を広げる余地を生みだしてしまうとのこと。逆効果でした。


●ヒアリの天敵はいないが、いたとしても導入は危険

 なお、インターネットでは「ゾンビバエ」が天敵だという投稿も多く見られているとのこと。ゾンビになるのはハエではなく、実際にはアリの方なのですが、うちでは奇妙な寄生生物 アリを操り首を切るタイコバエ・魚の眼球に寄生して操る菌などでやっているタイコバエのことだと思われます。

 しかし、外来生物の対策を研究している「ふじのくに地球環境史ミュージアム」の岸本年郎准教授によると、アメリカで、ヒアリの駆除のために導入に向けた実験が行われたものの、成果は上がっていないとのこと。ヒアリに寄生するアリや微生物は知られているものの、結局、天敵と言える存在は見つかっていないともありました。

 ただ、そもそもこういった人為的に在来種を入れる試みは、過去に何度も大失敗している方法です。今までいない種が突然来てしまうと、当初保たれていた生態系がぶっ壊れて、予想外の悪い影響が出てくることがあるためです。

 ということで、間違った情報だらけでした。それだけ混乱しているってことでしょうか?


●今度はヒアリでに刺されても絶対死なないというデマが発生

2017/07/19:おいおいおい!という話。今度は、ヒアリでに刺されても絶対死なないというデマが発生しました。どうなってんの、この国は!?

 ただ、今回の元ネタは既存マスコミで、日本テレビの誤報が原因。ヒアリ死亡例確認できず 環境省HP削除 2017年7月18日 14時33分 日テレNEWS24という記事が出ていたのです。

 これはタイトルだけが問題というわけではなく、中身もまずいですね。以下のように書いており、これを見たら、死亡例そのものがないのだと解釈して当然。たぶん日テレ自身誤解して書いています。

"環境省は、アメリカ農務省の報告などに基づいて「アメリカで年間100人程度の死亡例もある」などとしてきたが、専門家からの指摘で死亡例が確認されていないことが分かったという。死亡例は台湾や中国でも確認されておらず、環境省は該当する表現をホームページなどから削除した"

 「ヒアリ死亡例は確認されなかった」という一部報道を検証する - クマムシ博士のむしブロ( 2017-07-19 )によると、「アメリカで年間100人がヒアリで死亡という表記を削除した」ときちんと書いているメディアもあり、100人という人数が不正確ということでしょう。作者のクマムシ博士も、"1998年までに累計で少なくとも44例のヒアリによる死亡ケースが確認されている"と強調していました。

 そして、日テレの誤報から、"LINE社系の信憑性が低いまとめサイトなどがこぞって「ヒアリでは死なない」という誤情報を拡散しており、悪影響が広がっている"とのこと。地獄絵図ですね。まとめサイトのユーザー層なんかはもともとフェイクニュースに踊らされている人たちのため仕方ないところがあるものの、ため息が出るほどめちゃくちゃになっています。


【本文中でリンクした投稿】
  ■アメリカを侵略した日本からの外来種マメコガネ(ジャパニーズ・ビートル)
  ■奇妙な寄生生物 アリを操り首を切るタイコバエ・魚の眼球に寄生して操る菌など
  ■抗生物質のせいで突然変異して薬剤耐性菌が増えるというのは誤解?

【その他関連投稿】
  ■蜂に刺されて死ぬ人は熊による死者の16倍 10年間で200人ほど死亡
  ■ミント・ハッカでゴキブリ対策のはずがシバンムシ大発生 名前の由来はかっこいい「死番虫」
  ■青虫や芋虫が蝶になる・毛虫は蛾になるは嘘 蝶の幼虫も皆、毛がある
  ■思わず仲間のイモムシを共食いするほど不味い味の物質を出す植物
  ■動物・植物・生物についての投稿まとめ

Appendix

広告

ブログ内 ウェブ全体
【過去の人気投稿】厳選300投稿からランダム表示









Appendix

最新投稿

広告

定番記事

宝くじ高額当選者3000人のその後……10年後の彼らの生活は?
歴代首相の身長ランキング 背の高い、低い意外な総理大臣 野田佳彦・麻生太郎・鳩山由紀夫・小泉純一郎・安倍晋三など
日本で馴染みのある韓国系企業一覧
国別ノーベル賞受賞者数ランキング 日本は8位、上位はどこの国?
橋下徹大阪市長の出自 同和地区(被差別部落)と父・叔父と暴力団
意外に有名企業があるファブレス企業・メーカー 任天堂・ダイドードリンコ・やおきんなど
飛び降り自殺は意識を失うから痛みはない…は嘘 失敗した人の話
白元・鎌田真の経歴と派手な交友関係 神田うの,松本志のぶ,妻も美魔女など
楽天Edyはコンビニの公共料金の支払い(収納代行)に使える?
楽天Edyの使えるコンビニ・使えないコンビニ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
のれん代とのれん代の償却のわかりやすい説明
消滅可能性都市ランキングと一覧 1800市区町村中896自治体が危機
カルシウムの多い食材ランキングベスト20 牛乳以外に取れる食品
堀越二郎の妻は死んでないし菜穂子でもない モデルは堀辰雄の婚約者矢野綾子
創価学会、会長候補の正木正明氏左遷で谷川佳樹氏重用の理由は?
インチキで効果なし、活性水素水詐欺 誇大広告であるとして排除命令が出た商品も
高カロリー食品ランキングベスト20(100グラムあたり)
EPA、DHA(オメガ3脂肪酸)の魚油サプリ 効果なしどころか危険という説
リチウムイオン電池の寿命を長持ちさせるのは、使い切って満充電?継ぎ足し充電?

ランダムリンク
厳選200記事からランダムで









アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由