Appendix

広告

Entries

頭の良くなる薬スマートドラッグ 日本の中高生でも流行し副作用で本末転倒に


 "「頭の良くなる薬」は本当にある!? ~アメリカでは大学生の間で流行~"(2009/12/23)という話に、"頭の良くなる薬スマートドラッグ 日本の中高生でも流行し副作用で本末転倒に"(2017/05/22)を追加しました。


●「頭の良くなる薬」は本当にある!? ~アメリカでは大学生の間で流行~

2009/12/23:「頭の良くなる薬」って言うと、夢の薬、魔法の薬といった印象の一方、胡散臭さも満点ですが、米大学生の間で「頭の良くなる薬」が流行、将来は試験前にドーピング検査?(AFPBB News、2009/10/3)という題の記事がありましたので、読んでみました。

 記事中では「脳の認知力を高める薬」というワードはあったものの、以下のような書き方であり、直接「頭の良くなる薬」とは書いていませんでした。わかりづらいのですが、おそらくこれらを「頭の良くなる薬」と呼んでいるのでしょう。

"全米の大学を対象に調査したところ、全学生の4分の1が中枢神経を刺激するアンフェタミン(商品名「デキセドリン」)やメチルフェニデート(商品名「リタリン」)を学業成績の向上を目的に使用していた大学もあった"

 アメリカで全学生の4分の1が既にこのような薬を使っているというのであれば、かなりの驚きです。

 これらの薬は本来、認知症や注意欠陥多動性障害(ADHD)患者が服用するものだとのこと。、「徹夜で勉強しやすくなり、記憶力が高まり、覚えたことを試験の本番で思い出しやすくなる」、「適度に脳の認知力を高める」といった作用があるようです。これは「頭の良くなる薬」ではなく、意味合いとしては「記憶力を高める薬」といったところでしょうか。

 いずれにしろ、これを「アカデミック・ドーピング」と呼んで問題視されているようで、「将来の試験会場では、監督官が紙コップを片手に持った学生たちに尿のサンプルを提出するよう求めるといった光景が見られるかもしれない」なんて話も紹介されています。


 でも、実際のところ、どうなのでしょう?劇的な差があるんでしょうかね? そんなに差がないのであれば、あんまり神経質にならなくても良いような気もしますが、スポーツでのドーピングの例を考えれば、厳密に禁止というのもまたわかる気もします。

 それよりも、記事で指摘されている「身体的にも精神的にも副作用があり依存症を起こす可能性」の方が、より重要ではないでしょうか。体壊して学校に通えなくなったら、元も子もないですからね。


●アメリカの「頭の良くなる薬」、日本では覚醒剤扱い

2014/6/24追記:「馬鹿げた話」と思っていたので実際に使う人がいるかもしれないことを想像できませんでしたが、"日本ではアンフェタミンは覚せい剤取締法において禁止薬物"なので、"記載しておいたほうがよろしいのでは"というメールをいただきました。なるほど、そのとおりです。

 一応Wikipediaだけ覗いてみたところ、"強い中枢興奮作用および精神依存、薬剤耐性により、反社会的行動や犯罪につながりやすいため、覚醒剤に指定されている"とありますので、間違いないと思われます。

 もう一つメチルフェニデートの方も本文にあるとおりに副作用や依存症があります。こちらもWikipediaに記載があるのを確認しました。


●頭の良くなる薬スマートドラッグ 日本の中高生でも流行し副作用で本末転倒に

2017/05/22:アホくさい話だと思っていたものの、日本でも「頭が良くなる薬」問題が出てきました。都心のとある進学塾の講師が、以下のような話をしています。

「中学3年生向けの授業の休み時間のことです。1人の男子生徒が見慣れない容器から錠剤をのんでいたので、声をかけたんです。風邪ひいてるのか? と。そうしたら、“いや、これ『スマートドラッグ』っていって、頭がよくなる薬なんです。親からのむよう言われていて”と平然と答えるわけです。驚きましたね」
(集中力高まると中高生に蔓延のスマートドラッグ、怖い副作用 NEWSポストセブン / 2017年5月21日 16時0分より)

 生徒たちに聞き取り調査をしたところ、同じ類いの薬をのんだことがある、もしくは存在は知っている生徒が複数いたというので、かなり広まっていたようです。

 ここで出ていた具体名としては、「ピラセタム」「コリン」「チロシン」「アーカリオン」「ストラテラ」などです。タイトルだけ見て書き始めたものの、医療問題に詳しいジャーナリストの説明を見ると、前述のアメリカのと同じものを言っているのかもしれません。以下のような解説をしていました。

「もともとは1990年代後半にアメリカの大学生の間で流行したものなんです。ADHD(注意欠陥・多動性障害)やナルコレプシー(過眠病)などの患者に処方される薬を勉強用に使い出した学生がいましてね。脳の中枢神経に作用して、“集中力を1箇所に集める”という効能に彼らは着目したわけです。その過程で、脳神経系の薬の中で勉強効率の向上に使えそうなものが『スマートドラッグ』と呼ばれて拡散していった。一時はハーバード大学の学生の2割がスマートドラッグを使用しているというアンケート結果が出たほどで、これが今、日本に輸入されて劇的に広がっているんです」

 ただ、最初の話と同様、副作用の問題に触れられています。「まきメンタルクリニック」院長で精神科医の西崎真紀先生は、「イライラしたり吐き気がしたり、覚せい剤と同じ症状が出るものさえある。そもそも本来は別の病気の薬なのです。健常な人間が服用して、リスクがないわけがありません」と言っていました。

 さらに、薬のせいで生活リズムがメチャクチャになり心身に変調をきたす、頭痛もひどくなり仕事にも支障が出始めるなど、本末転倒な事例が載っていました。

 世界で2番目にIQ(知能指数)が高い人の行動が、とても頭が悪いがそういう話であったように、頭が良いように見えない行動です。


【本文中でリンクした投稿】
   ■世界で2番目にIQ(知能指数)が高い人の行動が、とても頭が悪い

【その他関連投稿】
  ■子供に勉強させる方法の助言「偶然を装ってゲーム機を踏んで壊す」
  ■言わない方がいい「勉強しなさい」 逆効果でやる気下がる
  ■テスト前に嫌なことを書き出すと成績アップ
  ■ネットの普及が将棋とポーカーにもたらした変化とeラーニング
  ■集中型学習は間違いだった!効率の良い勉強法は集中させないこと
  ■学校・教育・子どもについての投稿まとめ

Appendix

最新投稿

広告

定番記事

宝くじ高額当選者3000人のその後……10年後の彼らの生活は?
歴代首相の身長ランキング 背の高い、低い意外な総理大臣 野田佳彦・麻生太郎・鳩山由紀夫・小泉純一郎・安倍晋三など
日本で馴染みのある韓国系企業一覧
国別ノーベル賞受賞者数ランキング 日本は8位、上位はどこの国?
橋下徹大阪市長の出自 同和地区(被差別部落)と父・叔父と暴力団
意外に有名企業があるファブレス企業・メーカー 任天堂・ダイドードリンコ・やおきんなど
飛び降り自殺は意識を失うから痛みはない…は嘘 失敗した人の話
白元・鎌田真の経歴と派手な交友関係 神田うの,松本志のぶ,妻も美魔女など
楽天Edyはコンビニの公共料金の支払い(収納代行)に使える?
楽天Edyの使えるコンビニ・使えないコンビニ
主な緑黄色野菜一覧 と 実は緑黄色野菜じゃない淡色野菜の種類
のれん代とのれん代の償却のわかりやすい説明
消滅可能性都市ランキングと一覧 1800市区町村中896自治体が危機
カルシウムの多い食材ランキングベスト20 牛乳以外に取れる食品
堀越二郎の妻は死んでないし菜穂子でもない モデルは堀辰雄の婚約者矢野綾子
創価学会、会長候補の正木正明氏左遷で谷川佳樹氏重用の理由は?
インチキで効果なし、活性水素水詐欺 誇大広告であるとして排除命令が出た商品も
高カロリー食品ランキングベスト20(100グラムあたり)
EPA、DHA(オメガ3脂肪酸)の魚油サプリ 効果なしどころか危険という説
リチウムイオン電池の寿命を長持ちさせるのは、使い切って満充電?継ぎ足し充電?

アーカイブ

説明

書いた人:千柿キロ(管理人)
サイト説明
ハンドルネームの由来

FC2カウンター

2010年3月から
それ以前が不明の理由